焦っても引き寄せないけど、自分を肯定すれば引き寄せます。すべてはあなた次第ってことです。

人生の目的を知るにはワクワク行動する!幸せに成功する7つの行動マニュアル

人生の目的とは?

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

あなたは、人生に目的があると思いますか? それとも、生まれたのはただの偶然で、死んだら、ちりになると思いますか?

この記事を読むあなたは、きっと「人生には目的がある」「生まれたには何か理由があるはず」と思っているのではないでしょうか。

この記事は、「人生の目的」とは? そして人生の目的を見つけるには? という話を書いてみたいと思います。

さて、「人生の目的」を探しているあなたは、「自分には何かやるべきことがあるような気がする、でもそれが何かはわからない」と思っているのではないでしょうか。

「自分が生まれたには何か理由があって、やるべきことがある」という目的意識のことを「人生の目的」(life purpose)とよびます

使命、ミッションなどとも同じ意味です。

「人生の目的」は、日常語では、「生まれた意味」「生まれた理由」「生まれた意義」「なんのために自分は生まれたのか」などと言います。

人は生まれる前に、「人生を計画する」という考え方があります。 今世でどんな学びをするか、そのための配役をどうするか、誰と出会って、どんな仕事をして、どんなふうに生きるのか、そして何を行うのか、といったことを決めるのです。

これが「人生の計画」です。 この「人生の計画」のなかで、「どんな学びをするのか」というのが「人生の目的」です。

つまり、僕たちはで、目的があって生まれている。 偶然生まれているわけではないと考えているのです。

しかし、この「人生の目的」は魂が地球に肉体を持つとき、忘れる約束になっています。

ですから、地球でいろいろなことを体験して、自分の「人生の目的」を再発見し、「人生の目的」に従って生きること自体が、学びの一部なのです。

今、あなたが「人生の目的がわからない」「なぜ生きるのかわからない」「なぜ生まれたのかわからない」「次に何をすればいいのかわからない」「やりたいことがない」といった人生の疑問に突き当たっているときは、「人生の目的」を再発見する途上にいると思っていいでしょう。

心配しないでください。

あなたにも必ず「人生の目的」があります。 なければ生まれていませんから。

人生の目的の具体例は?

「人生の目的」と聞くと、人によっては「すべての人が認めてくれる大きなこと」「目立つこと」だと思うかもしれません。

また、「天職」のようなものだとイメージする方がいるかもしれませんが、天職のことではありません。

実際の「人生の目的」は、非常にシンプルなことが多いです。

例えば、

  • 家族を献身的に愛する
  • 愛の素晴らしさを体験する
  • 勇気を持って何かを成し遂げる

というのもあります。

あるいは、もう少し具体的になると

  • 世界の目覚めに貢献する
  • いにしえの教えを復活させる
  • 人々を精神的に導く
  • 東西の文化の架け橋になる

などもあると思います。

「あれして、これして、こうやって」とたくさんの目的があるのも「人生の目的」であり得ますが、一番抽象度の高い「人生の目的」はシンプルなものです。

それをサブ目的に分割すると、行動レベルに落ちてくると理解すればいいでしょう。

人生の目的に従うとどうなる?

「人生の目的」とはあなたがこの地球に生まれた目的であり理由ですから、「人生の目的」に従って生きると、人生はとても充実したものになります。

「人生の目的」に従うと、こんなことがあなたに起こってくるでしょう。

イキイキ:一番感じられるのは、「今、私は人生を生きている」というイキイキした感覚でしょう。他人の意見や期待を気にして、周りの人の顔色ばかりうかがっていたときとはまったく違って、「自分が人生の主人公」と思えるでしょう。

自分らしい:また、「人生の目的」は自分の内側からやってくるものであり、誰かに押しつけられたものではないため、とても「自分らしい」と思えます。「人生の目的」に従っているとき、「ありのままの自分でいいんだ」と自然に思えるでしょう。

満たされた感覚:「人生の目的」がわからないと、人生の大切なものがない感覚を持ってしまいます。その空虚感は、お金やモノ、人をもっても埋められるものではありません。ところが、「人生の目的」に従うと、自分のなかの大切なパズルのピースが埋まったような満足感を持ちます。やっと、「本来の自分になれた」と満たされた気持ちになるのです。

喜び:この満たされた感覚は、言い換えると「喜び」です。しかもそれはモノでは実現できないたぐいの喜び。「人生の目的」に従うとき、最高の喜びに包まれるのです。

楽にうまくいく:「人生の目的」はあなたが今世で実現することですから、もともとあなたは「人生の目的」を実現するための資質や手段、性質を持ち合わせています。そのため、比較的楽に、うまくいってしまいます。

スムーズ、フロー:物事の流れがスムーズになります。「人生の目的」と関係ないことをすると、扉が閉まっていくように、物事を進みにくいことがありますが、「人生の目的」に従うときは、宇宙の応援を感じられます。「人生の目的」を実行するために必要なお金、資源、人脈、アイデアなどが、あり得ない形でやってくることもあります。流れに乗るように、物事がスムーズに動いていくのです。

自分の内側から湧き上がってくる:「人生の目的」は内側から湧き上がってくる炎のようなものです。やるべきことがどんどん内側から湧いてくる感覚を持つでしょう。外側を気にしなくても、勝手に内側からやってくる。いったん「人生の目的」を見つけると、自分軸を持つことができ、ぶれません。

つまり、「人生の目的」は成功や幸せ、喜びに直結しているのです。 しかもそれは、「人生で何をする必要があるのだろう」と思っていたらそうなったのであって、成功や幸せ、喜びを追い求めたのではないのに実現してきます。

なんて素晴らしいんでしょう!

「人生の目的」に従って生きる3つの質問

あなたが地球に生まれた理由であり、人生を成功と幸福に導く「人生の目的」

「人生の目的」をあなたも知り、自分らしく、人生を充実させたいと思うでしょう。

「人生の目的」を知り、それに従うには、まずあなたが「自分らしくする」「ありのままである」ことです。 あなたが自分らしく、ありのままでないと、あなたの内側にある「人生の目的」はわかりません。

他人の意見や顔色に左右されてしまうでしょう。

なので、他人からもらう評価に従うのはもうやめましょう。 そうではなく、自分を愛して、自分の価値を認めてあげましょう。 それが「人生の目的」を知る第一歩です。

そして、こんな3つの質問をするのがお勧めです。

「私は誰だろう」

「どこにいるんだろう」

「何をしているんだろう」

この3つの質問をたびたび自分に問い掛けてください。

この3つの質問があなたを、「人生の目的」へと戻してくれます。

僕たちは自分が生まれた理由を忘れてしまいます。

そんなときは、この3つの質問を自分にしてみてください。

「私は誰だろう」

と質問したとき、あなたは自分の名前で答えるかもしれません。 職業で答えるかもしれません。

あるいは、この地球で果たすべき役割で答えるかもしれません。

にしきだったら「宇宙の法則エバンジェリスト」です。宇宙の法則をお伝えする人です。

どんな答えもOKです。

「どこにいるんだろう」

という質問には、今いる地名で答えるかもしれません。

日本、地球と答えるかもしれません。

どこにでもいると答えるかもしれません。

どんな答えもOKです。

「何をしているんだろう」

これも今やっていることで答えるかもしれません。

文字を入力しているとか。

あるいは、「記事を書くことで宇宙に愛を広げている」と 答えるかもしれません。

どんな答えもOKです。

あなたの気づきのレベルに応じた答えが出てきます。

これを常に問い続けることで、自分が今世でやるべきことが あぶり出されてくるはずです。

どうぞこの3つの質問を続けてください。

「人生の目的」を見つける7つの行動マニュアル

「人生の目的」を見つけるために、瞑想したり、自分の性質を探ったり、気になる場所に行ってみたりするのはとてもいいことです。

しかし、前もって「私の人生の目的は○○だ!」と明確にわかるのは、難しいのかもしれません。 単なる思い込みかもしれません。

「人生の目的はこれだ」と前もって知るアプローチとは 別の方法もあるんです。

いつでもできる「行動」を通して、「人生の目的」を探していくやり方です。

これは「人生の目的」を探すための方法でもあるけれど、 仕事で成功する方法でもあり、豊かになる方法でもあり、素晴らしいパートナーと出会う方法でもあるんです。

なぜなら、「人生の目的」に従うとき、こういったすべてが実現するからです。

いわば、ここでお伝えする7つの行動マニュアルは 究極の人生の行動マニュアルです。

「こうやって行動したらいいよ」という原則があるんです。

その方法を知りたいですか?

ではどうぞご覧ください。

1.いつも自分の魂が喜ぶ選択をする

僕たちの目の前には、いつもたくさんの行動オプションがあります。 その行動オプションのなかから、自分の魂が喜ぶものを選択する

これがとても大事です。

よく、ワクワクするほうを選ぶなどと言いますが、それと同じことです。

「ワクワク」というと誤解が生じるので、ここではあえて「魂が喜ぶ」ということにします。実はワクワクも魂が喜ぶのも同じことです)

「○○しなくてはならない」といった義務感やルールといった自分の外側にあるものに従うのではなく、「○○したい」という内側から沸き起こってくる気持ちに従うのです。

目の前にはいろいろな行動オプションがありますが、そのなかから一番楽しそうなこと、うれしそうなこと、喜びを増やすこと、エネルギーが増えることを選択して行っていきます。

「自分の魂が喜ぶ選択」は人によって全然違うと思います。

職場で一生懸命働くことかもしれません。

道に落ちていたゴミを拾うことかもしれません。

ダンスをすることかもしれません。

友達と話すことかもしれません。

何でもいいのです。自分が興味を引かれ、楽しそうなことであればいいのです。

大げさに考えなくていいんです。

コンビニに行ってパンを買うとき、何を買おうか思うじゃないですか。

そのとき、たくさんのパンのなかから何かを選びますよね。

選ぶのはそのとき自分にとって必要なものだと思います。

ここで言う「魂が喜ぶ選択」とは、こんな些細なことです。 でも、その些細なことをいい加減にしない。

しっかり自分の魂が喜ぶ選択をするのです。

なぜ、魂が喜ぶ選択をするのがいいかというと、「人生の目的」に従っているときは自分と魂がつながっているので、楽しいとかうれしいとか喜びといったポジティブな感情を持つからです。

このとき、「この選択をするとお金になりそうだから」とか「有名になりそうだから」とか「楽だから」といった損得勘定や特別感、力のない感覚から頭で選ばないことです。

頭を使うのではなく、文字どおり、「楽しそうなのか」「うれしそうなのか」「喜びにつながりそうか」「興味を引くか」といったところからハート(感情)で行動を選んでください

シンクロやさまざまなサイン、ガイダンスももちろん加味していいです。

「やりたいことがわからない」という人でも、コンビニに行けば何かを買うと思います。

そのときに、この行動原則を使えばいいのです。

簡単ですよね。

2.しかしこれは「嫌なことはやらなくていい」ということではない。喜びを持てる選択をすること

1.を裏の意味でとらえると、「嫌なことはやらなくていい」になりますが、1.はそういう意味ではありません

魂が喜ぶ選択を実際にするのです。

実際、コンビニに行ってパンを買うのです。

最近、裏の意味のほうが広がっていますが、似ているようで違いますのでご注意ください。

もちろん、「嫌なこともやらなくてはいけない」と言ってるのではないですよ。

そもそも「嫌なこと」が問題なのではない、と言っているのです。 問題は、「魂を喜ばせること」を選ぶことです。

この誤解を記事にまとめてあります。

「嫌なことはやらなくていい?」

3.出したことを受け取る。自己責任の原則に従う

波動、行動の結果、思いなど、僕たちが外側に出したことは、自分に戻ってきます。

「相手からお金を奪ってやれ」と思っていたら、そのときはお金が増えても しばらくすると「お金を奪ってやれ」の波動が自分に戻ってきて、自分からお金がなくなっていきます。

相手をよくしてあげたいと思って行うアドバイスは、相手をいい方向へ導きます。 そして、結果としてお金となって循環したり、口コミとなったりします。

このように、波動や思いも含め、「出したことを受け取る」というのが宇宙の法則です。

ですから、出したことが返ってきたら、謙虚に受け取ればいいのです。

「いいこと」だったら、喜べばいいし(ただし増長はせず)、 「悪いこと」だったら、対応すればいい。

この原則を理解できたら、1.のときに相手を傷つけたり、 2.のように「嫌なことはしなくていい」などと無責任になることはなくなるでしょう。

すべては自分に返ってくるので。自分でちゃんと対応する。

これが自己責任の原則です。

4.あなたの全力をもってやり抜く。目の前の課題から逃げない

1.の魂が喜ぶ選択をしたら、あなたが持っている力、知識、知恵、人脈などを総動員して、やり抜いてください

全力でやり抜くのが大事です。

1.の魂の選択をして結果がうまくいくか、そうではないかの結果は、実はそれほど大事ではありません

大事なのは、その選択をやり抜くことです。

逃げたり、中途半端にすると、次の扉が開かないのです。 また同じような選択の場面に出くわすでしょう。

なので、全力でやりきる。成功、失敗はともかく。

そう思ってください。

なぜかというと、「魂の道は遠回り」と決まっているからです。

どこまでやったらやりきったと言えるか、ですが、自分のなかで

「もうやり尽くした。これでOK。なんの思い残すこともない」

という気持ちになれたら、終えていいのです。

すると、自然にまた別の行動オプションが目の前に現れるのでそのなかから魂が喜ぶものを選択して行えばいいのです。

5.結果を期待しない。よくなるはずなど、特定の期待を持たない

4.の説明でもうおわかりだと思いますが、「魂の選択をしたから うまくいくはずだ」などと短期的に物事を見ないことです。

行動の結果についてはうまくいくかもしれません。 そうでないかもしれません。

うまくいかなかった場合は、そこで何かをあなたは学ぶはずです。

「あのときの言葉がよくなかったな」とか 「行動のタイミングが遅かったな」 などと学び、行動を修正するでしょう。

これがとても大事で、何かを学ぶために行動の選択をしたからです。

あなたの魂が望んでいたのは、この学びを行うことなのです。

なので、結果は期待しない。学ぶことを期待するのがいいのです。

6.ネガティブだと感じる出来事にぶつかるときは、ビリーフを変える指令だと思うこと

これも地球の学びの性質ですが、波動を上げても、引き寄せの法則を学んでも 不本意な出来事は起こってきます

そして、ネガティブな感情を僕たちは持ちます。

出来事を経験してネガティブな感情を持つときは、あなたのなかにあるビリーフ(信念、観念)を変えなさいというメッセージなのです。

「これまでお金を出してスピリチュアルを学んできたのに、このザマはなんだ」

などと怒ったり、責めたりしなくていいのです。

あなたがネガティブな感情を持つとき、ビリーフが明らかになっています。

あなたが仲間はずれにされて、悪口を言われた。 そして、ネガティブな気持ちになった。

このときあなたのなかに「私は仲間はずれにされてもしかたがない」 「私は愛されない」といったビリーフがあるはずです。

なので、そのビリーフを変えましょうというメッセージが届いているのです。

月末にお金が足りないのであれば、

「私はたいした才能がない」と思って、 責任を持った仕事をしていないからじゃないの? そのビリーフを変えましょうというメッセージになっているのです。

そして、あなたは古いビリーフを手放して、新しい、もっと役立つビリーフを持つことにします。

すると、あなたの前にまた新しい行動オプションが現れるので、 そこから1.の魂が喜ぶ選択をすればいいのです。

7.自分が「愛」で行動していることをチェックする。恐れから行動していたら修正する

1.から6.で行動はうまくできますが、7.は補足です。

あなたが行動するときは愛でポジティブに行動してください。

「○○をやりたいから」という素直な気持ちで、周りの人のためになるからという愛の気持ちで行動すればいいんです。

ところが、人はしばしば恐れで行動してしまいます。

これをしないと、問題が起こるから」というのは恐れです。

恐れで行動すると、「人生の目的」が遠のくばかりでなく、思わぬ悪い結果を生んでしまうでしょう。恐れの気持ちで行動すると、恐れを生む出来事を引き寄せてしまうのです。

なので、行動するときは、「自分も相手もよくしようという思いで行動しているかな」といつも自分に問い掛けてください。

恐れから行動していないか、チェックしてください。 恐れから行動していたら、修正して愛からの行動にしてください

本当に魂を喜ばせるのは愛ですから、1.がうまく選択できていたら、愛で行動しているはずですが、人はしばしば恐れと愛を混同します。

こんなふうに7つの行動マニュアルに従って行動すると、新しい選択肢がどんどん現れます。

しかし、「人生の目的」への道は遠回りです。

決して一直線に目的地に進むものではありません。

しかし、それがベストで最速の学びの道

そう思って行動してください。

すると、徐々に自分の「人生の目的」が形を取り出すでしょう。

まとめ:にしきの場合は

今思い起こしてみると、自分の人生はまさにこの行動マニュアルどおりにやっていました。

そのときどきで、興味があることをやってきました。

就職先に出版社を選んだこと、 転職して新雑誌を創刊したこと、 雑誌が失敗したけど、またコツコツ本を作ったこと 海外にも興味を持ったこと、 自己啓発やスピリチュアル本を成功させる方策を練ったこと、 そして、エイブラハムの教えをプロデュースする役割を宇宙からもらたこと・・・

興味あることをやったけど、それがすべてうまくいったわけではありません。

でも、そのときは専門家になるほど一生懸命やりました。

それをやり続けたら、 全然想定しないスピリチュアルの先生になっていた。

これが正直な実感です。

そして魂が喜ぶ選択はまだ続いています。

そしてどんどん「人生に目的」に近づいている。

どんどん自分が進化しています。

こんなふうに行動を通して「人生の目的」を知るやり方もあるのです。

「人生の目的」がわからないから、人生がよくならない、ってことはありません。

「人生の目的」を見つける7つの行動マニュアルに従うことで、あなたは「人生の目的」に近づき、人生をより意義あるものにできるのです。

どうぞ試してみてください。

そして、あなたの「人生の目的」に従って、人生を素晴らしいものにしてください。 応援しています。

■人生の目的に従うとき最高の喜びが訪れます。 無料で引き寄せの本質を学びませんか? 今なら動画10本と小冊子2冊無料プレゼント中 「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」 https://landing.attraction-method.net/10essences/ 人生の目的に従うとき、引き寄せます。 「引き寄せの法則仕掛け人が教える!人生を本気で変えるスゴイやり方」

関連記事

こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストにしきです。 「引き寄せの法則」に興味がある。本当のことが知りたい。 でも、本を読んでも、セミナーに出ても人生はなかなか変わらない。 最近では、「引き寄せの法則」といってもさまざま[…]

引き寄せの法則を極める

あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!

無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」

高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント