焦っても引き寄せないけど、自分を肯定すれば引き寄せます。すべてはあなた次第ってことです。

ワクワクしても願望は実現しない。手放すと実現する

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

「思考は現実化しない」

「ビリーフが現実化する」

「ワクワクしても願望は実現しない」

「願望を手放すと実現する」

いわゆる引き寄せの法則や願望実現法で
一般的に言われていることには
間違いや誤解が多いです。

よく耳にするのが
「ワクワク」

「願いを叶えるにはワクワクするといいよ」

なんて言いますから、

「そうか、ワクワクか」

なんて思って、何かにつけて
「ワクワクします!」なんて
言ったりしますよね。

これ、いろいろな誤解が重なり合って
こうなってしまったのですが、
この記事では「ワクワクの間違い」を導きの糸に
願望を実現する(それが人生の目的ではありませんが)
ためには、手放すのが最善の策、という話をしたいと思います。

ワクワクの誤解

「ワクワクすることをやるとうまくいく、成功する」

といのは、日本に定着した考え方ですよね。

これを聞きかじった方は

「そうか、ワクワクか」

と思って、ワクワクすれば願いが叶うんだなと
いうことで、

大金を手に入れた未来の自分をイメージして
それが実現するようにと力を入れて想像し、
それが未来に叶うのを期待してテンションが上がって
ワクワクしたりします。

また、片思いの相手が、自分と仲良くなっている
未来の二人を想像して、「ウフフ・・・」
とその実現を期待してワクワクします。

このやり方は、日本語の「ワクワク」の意味としては
正しい理解です。

日本語で「ワクワクする」というとき、
その意味は、

「未来に何かいいことが起こるという期待感に
胸が高鳴る状態」

のことを指しているからです。

「願った状態が起こるぞ、起こるぞ、起こるぞ・・・」

そんなふうに思っているのが、日本語のワクワクする
の意味です。

ところが・・・です。

「ワクワクすることをやるとうまくいく、成功する」
「願いを叶えるにはワクワクするといいよ」

というときの「ワクワク」は
この意味ではないのです。

「未来に何かいいことが起こるという期待感に
胸が高鳴る状態」

を指しているのではないのです。

え? でしょうか。

でもそうなのです。

ワクワクは未来に願ったことが起こるという期待感ではありません

実は、ワクワクは誤訳とまでは言えないけれど、間違いを生んでしまう訳語

ですから、多くの方が、「ワクワクします」と期待感を持っていますが
それと願いの実現は関係ないのです。

ワクワクの本当の意味

では、本当のワクワクの意味はなんでしょうか。

「ワクワク」は実はexcitementの訳語です。

excitementは英和辞典では「興奮」という訳語が載っていますが、
必ずしもこれではありません。

興奮すれば願いが叶うってわけでもないのです。

ちなみに、「ワクワク」を有名にしたバシャールは
excitementをこんなふうに説明しています。

「excitementとは、あなたのハイヤーマインドからのコミュニケーションを身体で物理的に翻訳したもの」

つまり、excitementを持つときに感じる何らかの高揚感は、
私たちの本質であるハイヤーマインド(ハイヤーセルフ、魂、スピリット、ソース、内なる存在・・・)からの高い波動を、身体で感じたもの、ということなのです。

つまり、日本語の「未来にいいことが起こるかもしれないといった期待感」
とは関係がないので、excitementにワクワクという訳語を当てると
誤解を生んでしまうのです。

なので、あなたが願いを叶えようと
ワクワクして期待感を持ったのは間違いなので、
もうやらなくていいです。

そうではなくて、大事なことは
あなたとあなたの本質であるハイヤーマインドが重なるときに感じられる
高い波動のことなのです。

このように理解するなら、
バシャールの説明とエイブラハムの言う
「いい気分」は完全に一致します。

じゃあ、ワクワクの代わりにどんな訳語を当てればいいかというと
バシャールはよくexcitementの代わりにpassionを使っていますので
「情熱」にするのも一案だと思います。

あるいは「幸福感」でもいいと思います。

「情熱」とか「幸福感」は、魂レベルのエネルギーの流れ込みが生じさせるので
バシャールの説明にも合致する言葉です。

ちなみに、excitementの語源はギリシャ語で
「神によってインスパイアされたもの」とか
「内なる神」という意味です。

あなたが「内なる神」に触れて力をもらうとき、
excitementな状態なのです。

ですから、未来に願いが実現すると期待して
ニンマリするのではなく、自分の内側の深いところに
つながって行動する情熱や喜びを感じればいいのです。

ですから、日本語の意味で

「ワクワクしても願いは叶わない」

のです。

深いところから起こる情熱や喜びに
あなたが従う必要があるのです。

ワクワクは誤解が多いので、ぜひ覚えておいてください。

波動を上げようと頑張らない

願望を実現する、現実化(マニフェステーション)するには
やはり高い波動が必要で、あなたが高い波動にシフトする必要があるのです。

愛や喜び、情熱、感謝といった波動が高い感情を
持つ必要があるのです。

たまに引き寄せの法則は受け入れの法則だから
自分を変える必要はないといった主張があります。
もしそれが、文字どおり「感情も波動も変えなくていい」
ということなら、それは間違っています。

なんらかの方法で波動は高めていく必要があります。

それが地球にあなたが生まれた目的ですから、当然です。

すると、早く願望実現しようとして
頑張って波動を上げようとするのが人情。

するとやってしまうのが、
ニセ・ポジティブです。

自分のなかにあるネガティブさに目をつぶって
愛や喜び、情熱を持とうとするのです。

それは非常に難しいはずなんです。

なぜなら、ネガティブな感情を処理していないあなたは、
愛や喜び、情熱、感謝といった波動とは差がありすぎるので
そこにアクセスできないからです。

自分が何を好きか、自分が何に情熱を感じるのか
何に愛を感じるのか、どんなことに喜びを感じるのか
つかみにくい方もいると思います。

誰でも、自分のなかに悲しみや怒り、
無力感、劣等感、愛されない感覚、自信を持てない感覚があって
それが低い波動を発しています。

この状態で高い波動を持とうとすると、そもそもが波動的にアクセスしにくいので
かなり頑張って実践する感覚になると思います。

そもそも、高い波動を感じにくいはずです。

「引き寄せ実践は疲れる」と感じる方は多いようですが
そのときは、この状態なのだと思ったほうがいいです。

波動的に背伸びをしすぎているのです。

手放すと波動は上がり、成長とともに願望が叶う

では、どうしたら波動は上がるでしょうか。

お勧めなのは、手放しです。

高い波動を持とうと頑張るのではなく、
あなたのなかにあるネガティブな感情を心の内側からなくしていくのです。

それが手放しです。

あなたのなかにあるネガティブな感情を
手放しの方法を使って心に内側から捨てていきます。

すると、楽になったような、スッキリしたような感覚を持つでしょう。

これは波動が上がっている証拠で、
あなたはより高い波動の感情にアクセスが可能になっています。

すると、エイブラハムの感情のスケールで言うと、
「悲観的」だったあなたが「退屈」になってきます。
さらに手放すと「退屈」が「満足」になってきます。

こうして徐々に波動を上げていきます。

「満足」はポジティブな感情です。
しかし、ここで終わりにしないで、
「満足」の感情も手放します。

すると、今度は「希望」に一段はしごを上がることができます。

ただし、焦ってはいけません
波動を定着させるには、それぞれの波動の段階にとどまる必要があるのです。

また、「願いよ叶え!」といったこだわりも禁物です。

結果へのこだわりはゼロである必要があります。

このように、ネガティブな感情もポジティブな感情も
手放していくことで、はしごとどんどん上に昇るように
波動を上げることができます。

そしてついには、「情熱」や「愛」「感謝」「喜び」といった
波動を獲得することができるのです。

世間の誤解とは違って、手放すと波動は上がって、
最終的にはあなたのなかの本質的な波動と出合うことができるのです。

いえ、それは別に不思議はありません。

だって、あなたのなかからエゴから生じる感情をすべて捨て去ってしまえば、
残るのは、あなたの本質の波動である愛とか喜びとか感謝、悟り、平和といった
波動になるのは当然だからです。

それがあなたですよね。

手放すと、海のなかからふっと浮き上がってくるようなものです。

こういう浮き上がる力が働いているので、手放して波動が下がる心配がありません。

手放すと波動は上がります。

僕たちがこの地球でやっていることは
いろいろなことを体験して感情を持ち、
その感情を手放して、さらに高い波動を目指すということです。

それをやるために、この地球にやってきています。

出来事をしっかり味わって体験し、十分にやり尽くして
そこで終わりにする。

そして、次の感情に行く。

あなたは行動するとき、いろいろなオプションがあります。

たくさんのオプションのなかから
「そのとき最高の喜びはなんだろうか」ということに
従って、オプションを選択してください。

願いが叶いそうだからなどと期待してはいけません。

そうではなくて、どんな行動が自分の深いところを
喜ばせるのか、それに基づいて行動してください。

すると最善の道を通ることができます。

確かにそれは直線の道ではないかもしれません。

遠回りに見えてもそれがベストです。

早ければいいというものではなくて
ちゃんと学ぶべきことを学んでいるのかということが
大事ですから。

こんな道を通れば、あなたの昔思った願望は既に
叶っていたことに気づくでしょう。

いえ、それ以上のことが起こっているはずです。

感情を手放して、情熱や愛、感謝、喜びを見つけ
それに従うと、結果として願いは叶います。
いえそれ以上。

手放すと実現する。

やってみればわかります。

ぜひやってみてください。

■手放しを中心に据えた引き寄せ
「真実の引き寄せの法則」入門にぜひ。
↓  ↓
https://landing.attraction-method.net/10essences/

あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!

無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」

高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント