親を許すとお金と人間関係が好転する

親を許すとお金と人間関係が好転する

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

「『与えること』が引き寄せを加速!」の記事で、愛を行動面から見たとき「与えること」の大切さを書きました。

与えることって難しく感じますか?

なぜそう感じるのでしょう。

それは、あなたが「与えられていない」と思っているからではないでしょうか。

誰から?

あなたの親から

親から、愛やお金(食べ物)を与えられなかった、という思いを持ち続けている
のではありませんか。

そして、親に恨みを持っている。
「自分がこうなのは、すべて親のせいだ」と。

探せば親にも不十分なところはあるので、なんでも親の責任にできます。

「もっと愛情のある家庭だったら、もっとお金持ちの家に生まれていたら、
私は今の自分ではないのに」

そして、親を見せしめにしているのです。
「私の親はこんなに悪いんです」とレッテルを貼って。

表面的には「親に感謝しています」と言うかもしれないけれど、心の底では許して
いないのです。

こういうふうに親を悪者に仕立てて、あなたは受け取っていいものを受け取りません。

「パートナーと出会えない」
「お金とのつきあいが下手」

という方は、多くの場合、潜在意識で親を許していないからです。

「パートナーと出会えないのは親の仲が悪かったせい」
「お金を稼げないのは、親がだらしなかったせい」

と潜在意識で親を糾弾し続けています。

「人生が変わらない」という方は、コミットメントに問題があると指摘しましたが、
その奥底にあるのは、親との関係かもしれません。

「親がああだったから、私はダメになった。よし、ダメな自分をとことん演じて、
親を告発するぞ」

そう言っているのです。
だから、人生が変わらないのです。
いえ、あなたが変えないだけですよね。
あなたが人生をよくしてしまうと、あのときの親の失態がなかったことになる
ような気がして。
そしてダメな自分を演じ続けています。

もうこういうの、やめませんか?
お互いにいいことないですよね。

親のせいにするのはやめて、両親を許してあげましょう。
そしたら、あなたは自由になって前に進めます。
許しは、親のためじゃなくて、あなたのためなんです。
あなたが自由になるために、許しが必要なのです。

病気の原因は否定的感情だということをご存じでしょうか。
つまり、「許せない」という感情を持ち続けてしまうと、あなたが病気になってしまうのです(逆に言うと、否定的感情を手放すと病気は治ってしまいます)。
ガン患者の多数は「許せない」という感情を持っているといいます。
実際、僕の親も、「許せない」という感情を強く持っていたため、早くに認知症が現れました。
あなたにはそうなってほしくないのです。
ですから、あなた自身のために許してほしいのです。

元々、この記事は「お金を引き寄せたい」「パートナーと出会いたい」という方に向けた書かれたものです。そういう方がお金やパートナーに恵まれない理由の一つに「親との関係がうまくいっていない」ということがあると指摘しただけの記事でした。
ところが、Googleの検索で上位にあるようで、「親を許せない」「親に肉体的暴行を受けた」といったトラウマを抱えた方がよく読んでくださっているようです。

親との学びは一番タフです。
いろいろなことがあると思えます。

しかし、否定的な感情を持ち続けると、それが自分の身体や精神を侵してしまうのは事実です。

地球上ではこんな否定的経験がよくあります。
そのなかで一番やっかいで、それでも解決しなくてはならないのが、親との関係です。

でも、人生はうまくできたもので、親を許す機会は巡ってくるものです。
僕自身そうでした。

なので、今、許せないと思っていても、許しの機会がやってきたら、
あなたは許すことができると思います。

もちろん、許せないという気持ちを持っているあなたには、
心の傷があるはずです。
心の傷をそのままにしないでください。
心の傷があったら、親を許せるはずはありません。
なので、心の傷を癒してください。

それには経験を積んだ専門家とともに心の傷となっている
トラウマを手放していくのがベストです。

幸い、にしきの妻のヒーラーよしこは専門教育を受けたヒーラー
なので、セッションでお役に立てるはずです。

ここへメールをください。
healer.yoshiko@gmail.com

ひとりでやるなら、こんな方法も役立つと思います。

感情を癒して、親を許すワーク

1.時間をとります。そして深呼吸をしてリラックスします。リラックスすると、安全に過去の出来事に向き合うことができます。

2.過去の出来事と今向き合います。でも、恐れないでください。今は昔に比べて
ずっと簡単にその出来事を向き合えます。だからといって、その出来事を詳細に
思い出し、苦しい感情をわざわざ作る必要もありません。もっと簡単です。
その「出来事」と思うとき、今のあなたにどんな感情が起こりますか? 怒りだったり
悲しみだったり、恐怖だったりしますよね。どんな感情でも、それを認めてあげます。
「今の自分は○○の感情を持っているんだ」と。

3.ノートを用意します。その感情に関連して出てくることを書き出してみてください。どんどん出てきて驚くかもしれませんが、それがあなたのなかにあったのです。このノートは誰に見せるわけでもありませんから、本音を書いてください。すると、最初に思ったよりも、深い感情が見つかるかも知れません。その感情を手放すことができたら、あなたの心の傷は癒されます。

4.その感情を持っていたいですか? 持っていたいなら、そのまま持ち続けてください。それでOKです。手放したいなら、その感情のエネルギーが雲のように空に上っていくのをイメージしてください。最後まで出し切ってください。なくなったと思えたら、そこで終了です。そして、今後は新しい自分になって、過去の感情に執着するのはやめます。今このときを大事に生きていくと、自分に約束してください。

5.それでもまた過去の感情が出てくるかもしれません。
そのときはこのプロセスを繰り返します。

こんな方法も知ると知らないとでは、随分違います。
感情は感じるとなくなる性質を持っているので、恐れずに向き合ってください。
「もう感じたくない」と感情を感じないと、いろいろ問題が起こります。
感情はどんなものもちゃんと感じてあげてくださいね。
こうして、過去のわだかまりがなくなれば、もうあなたは許しています。

「許せない」と頑張っている方は、ほとんどの場合が、怒りの感情を持っているのに、
それをちゃんと表現していないのが原因です。

親に対して怒りたいなら、今、あなたの怒りを表現してください。
「くたばれ」でも「消えろ」でもいいので、言いたいことを言葉にして
表現してください。
ただし、本人には言わないこと。本人に言っても解決にはなりません。
なので、枕に顔を埋めて「馬鹿野郎!」などと叫ぶのがお勧めです。

ちゃんと怒りを表現すると、その怒りは前よりも扱いやすくなります。
すーっとなくなることもあります。
まだ怒りたいこともあります。
だったら、どうぞ気が済むまで怒ってください。
気が済むまでやったら、もう怒りはないはずです。

母親を許すと、人間関係やパートナーシップがよくなります。
父親を許すと、お金や仕事が改善します。

僕の友人の2代目社長は、父親からの遺産がかなりあったのに、父親との確執があったため、酒を飲んだり、女遊びをしたりして、遺産をすぐに使ってしまいました。彼にとってお金は父親と同じだったので、そばにいてほしくなかったのです。それでも飽き足らず、逆に借金をすることになってしまいました。でも、スピリチュアルな実践をしているうちに気づきが訪れ、ようやく泣きながら父親を許すことができたそうです。それからお金も、人生も順調です。

長い年月を親と過ごしたので、簡単に許せないという人もいるでしょう。
でも、両親を許してはじめて、あなたの心が本当にクリアになったといえます。

あなたは、親との関係をまだ持ち続けますか。
それとも、手放して自由になり、自分の責任で受け取るべきものを受け取りますか。

あなたの選択次第ですよね。

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

107 コメント

  1. お気楽ぼうず 2012年9月25日 at 1:29 am  返答する

    はい、今、やめました。

    いつもありがとうございます。

  2. clover 2012年9月25日 at 9:01 am  返答する

    にしきさん
    いつも、素敵なメッセージありがとうございます。
    今朝この記事を読んで、自分でよく分からないことがあったので初めてコメントさせていただきます。

    私は、小学校入学の時に母親が蒸発し、中学校に入学して間もなく父親が自殺してしまいました。その後は祖母が親代わりとなり育ててくれました。祖母は大変厳格な人で自分の言う事を聞かなければ逆上し虐待行為をされました。当時は、こんな身近な大人たちを許せませんでした。
    その後、成人し手に職もつけ結婚もし自分ではそのような気持ちを解消しこの世に送り出してくれた両親や育ててくれた祖母に自然に感謝をできるようになりました。
    しかし、人間関係やお金にまつわることは一時はうまくいっても長続きせず、離婚や借金おまけに現在は、うつ病にもなり失職してしまい不安な日々を過ごしています。
    そんな中でも両親たちに対して感謝はしても許せない思いを持ったことはありません。
    この記事を読んで、自分が許すということを勘違いをしているのか、それとも心の奥底では許していないということなのか悩んでしまいました。どのように考え、行動すれば良いのでしょうか。
    何かヒントをいただけるとありがたいと思います。
    長々と申し訳ありません。

    • にしき 2012年9月25日 at 11:54 am  返答する

      cloverさん きっと、すごく傷ついているんですよね。にもかかわらず、厳格なおばあさんに育ててもらうために、いい子を演じてきたんだと思います。そして、自分の感情にフタをしてしまった。そんなことがあるんだと思います。
      そして年月がたって、感謝の意味を知って、「感謝している」と顕在意識では思っています。でも、あなたの潜在意識には恨みがいっぱいなんですよね。それは仕方ないですよ。そういう感情を癒していないのですから。いい子にならなくていいので、あなたの本音を感じてみてください。そして、過去の自分を「つらかったね」と抱きしめてください。ここらへんから、あなたの旅が始まります。

      • clover 2012年9月25日 at 12:35 pm  返答する

        ありがとうございます。
        読ませていただいて、涙が出て止まりませんでした。
        確かにどんな時でも(どんな人の前でも自分ひとりの時でも)世間で言われるいい子、いい人を演じていて本当の自分は誰なのかわからない自分になっています。
        助言をいただいたことを始めます。
        感謝しています。

  3. 依田 弘美 2012年9月25日 at 2:25 am  返答する

    まさしく私親が許せない人です。
    頑張って許そうとしても、話しているうちに大嫌いと思います。

    どうしたら大丈夫になるのかって思っていました。
    でも、読んでいてそういうことで、嫌いなんだと思ったら
    なんか、嫌いになるのがばかばかしいし、自分がかわいそう。

    ありがとうございます。すぐに出来ないかも知れないけど、
    自分に正直になって親も許せるように頑張ります

    • そうですよね。バカバカしいです。だったら、もう許してあげたらいいじゃないですか。そんな親にも優しい気持ちで接してあげてください。そんなことができるのも、お互い物質世界にいるあいだですから。

  4. サファイヤ 2012年9月25日 at 2:24 pm  返答する

    にしきさん、読者の皆様
    こんにちは。
    長文ですが、タイミングよかったので、私の体験をここでシェアしたいとおもいます。

    エネルギー的に、父親=仕事ということですよね。
    男性エネルギー、権威、支配と調和すれば、仕事とも調和するし、対立や拒絶していれば、当然、仕事ともそうなり、結果、お金も得られない。

    20年余り前になりますが、新卒で銀行に入行しました。めっちゃくちゃ、厳しかったです。何があっても変わらない、変えられない岩の塊のように感じていました。数年でやめて、自由を求めて飛び出したものの、その後、今に至るまで、銀行を超える会社には出会えませんでした。あんなに嫌なのに、過去最高の場所、あんなすごい人たちはやっぱりあそこにしかいない、という状態が続いていました。(美化していたのもありますが。)

    父親とは当然、長年対立していて、関係は緊張、硬直していました。反抗が成功しているという感じでした。真の自立とは程遠かったです。

    最近、70歳後半の彼の、真っ直ぐで言い訳を一切しない、鋼のような強さを、すごい人だったんだと恐れ入り、私は父とは逆のソフトな紳士を男性のタイプとしていたのですが、付き合って本当に求めていたのは、どんな逆境でも耐える不動の男だったということがわかり、それはまさに父でした。
    嫌っていたと思っていたけれど、心の底では、誰よりも強い父が大好きだったんだと気づいたのです。

    許した、というより、認めた、に近い感情です。

    そして、昨日、銀行のご相談窓口へ久しぶりに出向きました。偶然です。
    ノーネクタイの男性が目に入り、よくよくみると、女性も全員私服でした。
    尋ねると、最近そうなったとのこと。複数の預金の手続きも、驚くほど簡素化(IT化)されていて、私の知ってる銀行はどこにもありませんでした。
    そして、それこそが、20年以上前に私が望んだ銀行の姿だったのです。
    数年前、銀行と縁があった時には、本質的なものは何も変わっていなかったので、あきれて、世の中がどんなに変わっても、この世界は変わらないんだって思いました。

    でも、変わっていました。

    心の中で、「銀行が、変わった。」ってリフレインしていました。
    そして、「もう、反抗するものがなくなった」とも同時に思いました。
    その意味や、なぜそう思ったかはわかりません。でも、その感じは、終戦時の、日本が負けた。とか、戦争が終わった。とか、そういう当時の人の感想に近いものを感じました。世界の終わりと、世界の始まり。

    時がたって、絶対に変わらないんだって半ばあきらめ、あきれ、そして、それがいつしか尊敬になったころ、変わっていて、その姿は私が望んだとおりの姿でした。すごい不思議な気持ちでした。

    帰り道、潜在意識が変わるから、現実も変わる、ということを思い出していて、仕事=男性エネルギー=父親、そう、確かに、あんなに拒絶していた父親の偉業を認めて、その偏屈ともとれるその頑強さが実は大好きだったことを受け入れた。だから、不変の象徴だった銀行も、変わっていたのか。。。って、???だらけにしながら街を歩いていました。

    何かが変わった、しかも大きく変わったことには間違いないと思います。
    そして、昨日の体験とは別に、絶対的な存在に対して、自分が反抗していたんだというのが突然、わかったのも、タイミングだったと思います。
    またにしきさんの記事のタイミングもばっちりでした。

    この先、仕事やお金がどう、変化していくのかを、自分ごとですが、静観したい気持ちでいます。

    • にしき 2012年9月27日 at 5:41 pm  返答する

      サファイヤさん 人も、現実も、すべて変わっていくのですね。シェアありがとうございます。

  5. クラスタ 2012年9月25日 at 3:44 pm  返答する

    許すと決めたときに
    『向き合う』と『離れてみる』という2つのキーワードが浮かびました。離れてみるということについて、にしきさんは有効だと思われますか?
    あまりに対照的で自分でもちょっと混乱してしまいました(笑)

    • にしき 2012年9月25日 at 4:44 pm  返答する

      クラスタさん あなたは「離れること」が有効だと思いますか? ご自分が有効だと思えないことは、やってもしょうがないですよね。

  6. 竹下綾子 2012年9月25日 at 6:25 pm  返答する

    まさにいまお金が仕事が上手く行っておらずそのことで今日父ともめて
    私の両親は私が1才くらいに離婚して私は父方の祖母に大切に育ててもらいました・・父とは10歳から一緒に暮らしましたが・・勝手でわがままで
    祖母に迷惑ばかりかけて・・大嫌いでした・・祖母がなくなって・・もっと嫌いになって・・憎んで・・許さなきゃ・・って思うけれど・・そう許すことができない
    許すってどうすればいいのでしょうか・・心で許すと決めるけれど
    態度は変えれなかったり・・なにかあるたびまた憎んだり・・・
    ほとほと疲れているのに・・・やめたいです

    • にしき 2012年9月25日 at 8:58 pm  返答する

      竹下綾子さん 憎くて嫌いなお父様を許したいのですね? では、今日のあなたがお父様を許すために、できることを一つ考えてみてください。そして、それを実行してください。言葉をかけるでもいいですよね。笑いかけるでもいいですよね。どんなことでもいいので、やってください。

      • 竹下綾子 2012年9月26日 at 12:03 pm  返答する

        にしきさんありがとうございます
        やってみます

  7. Dan(暖) 2012年9月25日 at 7:20 pm  返答する

    今回の記事の中の
    >許しは、親のためじゃなくて、あなたのためなんです。
    >あなたが自由になるために、許しが必要なのです。

    という言葉・・・

    ただただ、「納得~(*^.^*)」
    まったく、同感です.。oO

    そして
    依田 弘美さまへの返信コメント
    >そんなことができるのも、お互い物質世界にいるあいだですから。

    は、まさに至言(物事の本質を適切に言い表した言葉)ですね。
    物質世界を楽しみましょう.。oO

    にしきさん、依田さん、そしてみなさんへ
    ありがとうございます。感謝です♪ヽ(´▽`)/

  8. Noriko Porchia 2012年9月25日 at 11:19 am  返答する

    ドキっとしました。私の心の奥深いところで渦巻いてる違和感を突かれた感じです。父は私が10歳の時に他界していて生前はただ、怖い父だったんです。母は再婚もせず子供3人を一人で育ててくれました。その辺をもっと自分で掘り下げて許して手放して受け入れる、を試みます。

  9. Noriko Porchia 2012年9月25日 at 11:19 am  返答する

    ドキっとしました。私の心の奥深いところで渦巻いてる違和感を突かれた感じです。父は私が10歳の時に他界していて生前はただ、怖い父だったんです。母は再婚もせず子供3人を一人で育ててくれました。その辺をもっと自分で掘り下げて許して手放して受け入れる、を試みます。

  10. 鈴木 悦子 2012年9月25日 at 2:02 pm  返答する

    私も親から虐待されたりしたので、フラワーエッセンスで親から愛されなかった部分を癒している最中なのですが、虐待のことは遠い記憶になったのですが、まだ親を許せていない部分があります。だから親のことが「そんなこともあったね」って遠い記憶になって許せたらなぁって思います^^ 

    • 愛してくれるべき親からつらい仕打ちを受けることは、子どもにとって大きなショックです。そんな子どものあなたを愛してあげてください。つらかなったねといたわってください。それができて、自分を癒やせるのはあなただけです。

  11. 鈴木 悦子 2012年9月25日 at 2:02 pm  返答する

    私も親から虐待されたりしたので、フラワーエッセンスで親から愛されなかった部分を癒している最中なのですが、虐待のことは遠い記憶になったのですが、まだ親を許せていない部分があります。だから親のことが「そんなこともあったね」って遠い記憶になって許せたらなぁって思います^^ 

  12. yuko 2012年9月26日 at 2:20 pm  返答する

    にしきさん、こんにちは。 素敵な記事をありがとうございます。

    私も親を許せたら楽になれるだろうな、と思いつつできなかったのですが、
    4年前に2人揃って認知症になって、「もういいや」って気持ちになりました。

    なんと、最近では、「ありがとう」って気持ちが湧いてきます。(時々ですが)

    認知症になってからは借金の後片付けや下の世話でずいぶん大変な目に
    遭ったのに、今までの怒りが収まっていくって不思議ですよね。

    おかげで自分の事を「貧乏くじを引いた人間」「被害者」と思わなくなって、
    気分的にずいぶん軽くなりました。(なぜか同時に、手をつけられなかった
    実家の荷物を捨てる気になって、家の中まですっきりしました)

    要らない荷物も、要らない恨みも、捨てたいなあ、と望んでいれば、ちゃんと
    捨てられる日が来るんだ~と思ってたところに今日の記事。嬉しかったです。

    • にしき 2012年10月1日 at 7:37 pm  返答する

      おめでとうございます。成長されましたね。さらに素晴らしい体験を引き寄せられますように。

  13. クラスタ 2012年9月26日 at 7:27 pm  返答する

    にしきさん、ありがとうございます。
    親とは離れる必要は無いかなと思えてきました。

  14. […] ■ 「親を許すとお金と人間関係が好転する」に書いたように、親との葛藤があなたの 人生に反映しています。 […]

  15. すてきなご両親に囲まれていることがわかるといいですよね。

  16. 愛してくれるべき親からつらい仕打ちを受けることは、子どもにとって大きなショックです。そんな子どものあなたを愛してあげてください。つらかなったねといたわってください。それができて、自分を癒やせるのはあなただけです。

  17. MAICO 2012年9月28日 at 12:26 am  返答する

    結婚資金をやむえないとはいえ強引に使ったり、家庭の事情で小さい頃から色々我慢を強いられたことなど、このブログを読み終えて、今迄蓋をして抑えてきた親に対してたくさんの怒りがこみ上げてきた。

    私の健在意識と潜在意識は同じ感情で繋がってなかったようだ。

    今現れたこの怒りは、許すという方向へ無事に辿りつくだろうか。いきなりの感情にどうしていいかわからず思わず書き込んでしまいました。

    • にしき 2012年9月28日 at 9:54 am  返答する

      MAICOさん あなたの怒りをすべて出し尽くしてください。徹底的に。そうすれば消えます。中途半端だと残ります。親に向かって言わないでください。独り部屋にこもって、怒ってください。とことんやってください。怒りを表現する自分を許してください。

  18. 西有加 2012年9月30日 at 6:50 am  返答する

    はじめまして、
    ネットサーフィンしていてたどり着きました。。
    ブシツケな質問で申し訳ありません。
    10代で、父親からDVと近親姦を受け、20歳で家を出て自立。25~30歳過ぎまで
    父から男女の関係を復活しようと言い寄られ、絶縁、依頼20年縁を切っておりました。
    現在父は79歳でアルツハイマー、福祉課から連絡をもらい、恩讐を超えて父を許しましたが、老いさらばえても私に牙を剥きました、
    お前のあの味がわすれられん!と・・・
    再び父を憎み、
    現在非営利の自助グループで心を鎮めておりますが、
    私としてはこのような親をどう許せばいいのかわかりませんし、
    もう関わりたくもありません。。

    母は私が11歳の時に37歳で他界しております。。
    母に対しては何の恨みもありません。。

  19. 植山 理恵 2013年7月17日 at 1:06 pm  返答する

    許せてきたと思っていたが、最近は実家ごと父を消したい気分に支配されていました。自分の為に許すことを楽しもうと思いました。

  20. 植山 理恵 2013年7月17日 at 1:06 pm  返答する

    許せてきたと思っていたが、最近は実家ごと父を消したい気分に支配されていました。自分の為に許すことを楽しもうと思いました。

  21. はせがわくみこ 2013年8月29日 at 5:28 am  返答する

    にしきさん。ありがとうございます♪
    このタイミングでこの記事にであえたことに感謝です。
    私、母を殺したかったみたいです。
    殺したいほどに恨んでいたのだと 氣づきました。
    苦しめたい。復讐したい。そんな風に思っていました。いっそ、いなくなってくてたら。。。と
    それが そのまま 現実になっていたのですね。
    父にも復讐したい。と思っていました。

    でも、私が望んでいるのは とろ〜り甘くて確かなパートナーシップで たくさんの豊かさにかこまれ、あっちゃこっちゃ 飛び回る生活♡
    それを止めていたのが、二人に対する恨み。
    なんだか バカらしくなってしまいました。
    恨んでいても、本当に願っているものとは逆へと向かってしまうだけなんて。。
    まったく ぜんぜん 自分にとって プラスになることがありません。思わず、笑ってしまいました。
    自分のために 許すのだ! 彼らのためでなく、私が本当に望んでいる川の下流へと流れるために♡
    そう決め、これまでの自分も受け入れ、たくさん愛を注いでいます。
    その自分もOKだと♡ だめじゃないよ♪ と ぎゅっと抱きしめてあげてます♡

    本当にこの記事にであえてよかったです♡
    ありがとうございます♡

    • にしき 2013年9月5日 at 12:21 am  返答する

      はせくみさん ありがとう。お役に立てて良かった。また話しましょうね。

  22. はせがわくみこ 2013年10月8日 at 12:56 am  返答する

    にしきさん

    私 素敵な両親の元に生まれてきたみたいです♡

    • にしき 2013年10月8日 at 12:59 am  返答する

      はせくみさん 以前はそう思えなかったのに、今はそう思う。それが成長だよね。すてきです!

  23. はせがわくみこ 2013年10月8日 at 8:45 am  返答する

    はい(*^_^*) 本当に感謝です♡
    今では、愛おしくも思えるようにもなってきました(=´∀`)人(´∀`=)

  24. しお 2013年12月29日 at 1:11 pm  返答する

    すごく涙が溢れました。
    まさにこの記事の通りです。親のせいで、人生めちゃくちゃとずっと思っていました。この人たちが親じゃなければ幸せになれたと思って親を責め続けていました。結局自分で自分を締め付けてましたね。もうこの自分はやめます。
    解放された気分です。両親に自然とたくさんの感謝の気持ちが溢れてきました。こんな感覚初めてです。本当ありがとうございました。

    • にしき 2013年12月30日 at 3:14 pm  返答する

      しおさん 気づいて良かったですね。自分のために許す。それでいいじゃないですか。これができると、あなたは自由に羽ばたけますよ。おめでとう!

  25. のの 2014年2月20日 at 6:16 pm  返答する

    皆さんのコメント拝見いたしました。似たような事が子供の頃ありました。
    男40代です。いろいろ巡ってこのサイトに付きました。
    親は20代、30代に亡くなりお墓参りは欠かさず行きました。
    それからは許したつもりでしたが・・・ここ5~6年はお金と仕事の問題があり
    まだ好転はしていません。
    この場合どの様に処理して行けば良いか答えが出ません。

    • にしき 2014年2月20日 at 6:52 pm  返答する

      ののさん ヒント程度のことしか言えませんが、ご両親の間で生まれたこだわりや重いエネルギーを手放し、お金や仕事にすっきり向かえるご自分になれば、事態は改善するでしょう。

  26. のの 2014年2月21日 at 11:27 am  返答する

    にしき様 ご返信有難う御座います。
    ご返信等の意味が理解出来ておりません。
    私の伝え方に問題があった様で大変申し訳ありません。
    両親はもう亡くなり、昔の事をどう思っても言い争う事も何もありません。
    こだわり?わだかまり?怨のエネルギー?どう消すのか解らない??
    どちらかと言えば両親が私を憎んであの世へ行ったのではないかと?
    学生時代、私はある意味問題児でしたからあの世から親たちが足を
    引っ張ってるのでは?そこで両親お墓へちゃんとお参りに行っておりました。
    もう過去は終わり、家族親族の幸運と何度も祈った様な気が致します。
    普通お参りなどをすると少しは気持ち的にシャキーとする筈なのですが、
    悪い気持ちにはならなくとも良い気持ちにもなりません。

    • にしき 2014年2月21日 at 1:11 pm  返答する

      ののさん 「自分が問題児だったので、親があの世から足を引っ張っている。そのため、自分のお金や仕事に仕事に問題がある」と考えているのですね。つまり、両親の怨念にたたられているとか、そういうことをお考えなのですね。
      日本では普通に見られる考え方ですが、僕はそうは思いませんし、この記事の趣旨はそういうことではありません。
      誰かがののさんの人生を左右することなんて、あちらの世界にいったとしてもできることじゃないんです。
      あの世も、この世ととても似ていて、あちらにいったとしても、自動的に万能の力を持つわけじゃないんです。
      【ののさんの人生は、ののさんが決めている。それしかない】
      それが僕の考えだし、スピリチュアルの主流の考え方です。
      ですから、ののさんにお金やお仕事の問題があるのであれば、それはののさんが自分で作り出しているのです。
      そんなはずはないって?
      「金回りがよくなりたいし、仕事もうまくいくようにいつも考えている」
      そうですよね。
      でも、ののさんの潜在意識にには、ご両親の確執の記憶がしっかり残っているのです。
      「オヤジのようになりたいくない」「母親は愛してくれない」などの思考や信念が、ののさんにあればどうでしょう。
      お仕事に邁進できないし、人間関係や恋愛にもどこか引いた人生になると思いませんか。
      逆に、こういう記憶(それはエネルギーでもあります)がなくなったらどうなるでしょうか。
      ののさんは、「自分が思ったことはちゃんとできるし、自分には生きている価値もあるし、愛される価値がある。親がどう行動したか、どう思っていたかは関係ない」と思えるようになるでしょう。
      つまり、ののさんのなかには「いらない思考」がたくさんあって、お金やお仕事に自分が進むのを妨げているのです。決してご両親の怨念ではありません。
      ですから、お墓参りはいいことだと思いますが、それと問題解決はまったく関係ありません。
      お墓参りに行っても、「いい気持ちにならない」とお書きですね。
      それはののさんのなかにまだ解決していない記憶やわだかまりがあるのです。
      それがなくなったら、ののさんはもっと自由になれます。

      こういうことなのです。
      よろしいでしょうか。

      ですから簡単に言えば、そういう「わだかまり」「ご両親への否定的な思い」を、ののさんが手放せばいいのです。

      ののさんがそういう思考を持ち続けているから、お金やお仕事に問題が出ているのです。

      「手放しが必要」というのはこういう意味です。
      ご理解いただけましたでしょうか。

  27. りえ 2014年5月16日 at 7:23 pm  返答する

    宇宙の法則を知ったのは昨年の8月、ここにたどり着きました!!父の見栄ばかりはってる姿、いつまでも力があって自分はすごいんだと言う態度、人を下に見る感じが嫌です。いつも口うるさく小さな時はよく叩かれ束縛されました、怖くて言いたいことも言えない、この年になって今その頃の自分が原因で人に本音を言えない人になったのでは?と思い父に対しての思いがわいてきました。その頃の自分を慰めもういいじゃないかと思っている自分もいて、でも父の変わらぬ言動にいらっとくるときもあります、結局すべてをゆるしてないとのことなんでしょうね、父はあんな人だからしかたないって言うのは諦めであって許しているのとはちがいますよね?もう少しな気がするのですが完全に許すとそんな父への気持ちはなくなるんでしょうか?

    • にしき 2014年5月17日 at 3:25 pm  返答する

      りえさん ご質問にお答えすると、お父様を許すことができたら、今感じているような「父親が嫌い」「今のわたしが本音を言えない原因の一つは父親だ」「いらいらする」といったりえさんのなかに起こる感情をもう感じなくなります。お父様ご自身は何も変わりません。相変わらずの発言をされると思いますが、まずりえさんがその発言に反応しなくなるのです。「あんな人だから仕方がない」という考えから進んで、「あんなお父さんだけど、かわいいな」などと、親子の愛情をリアルに感じることさえできるでしょう。ここまでくれば、親子の学びの大きなハードルをクリアしたことになります。
      もちろんそに到達するためのステップは簡単なものではありません。
      今は、お父様を責めている状態です。
      なぜ、お父様を責めてしまうのかは、りえさん自身が、自分を責めてしまう行動パターンを持っているからです。自分を責める人は他人も責めるのです。だから、まず自分を責めるのをやめるのがお勧めです。本音が言えなくてもいいんです。りえさんさえちゃんとわかっていれば。それを認めてください。今のりえさんは欠けるところなく完璧なんですよ。これが最初のステップです。
      そして次のステップは、もっと自分を大事にすることです。今までうまくやってきた自分を認めてください。大切にしてください。我慢しないで、自分にちゃんと報いてください。欲しいものがあれば、自分に与えてください。
      こういったことをしていると、りえさんのなかにあるトゲトゲした思いが癒えてきます。少し優しい感じになります。明るくなったと周りから言われるかもしれません。
      すると、お父様のこともだんだん認められるようになります。なぜ、お父様がああいう言動や行動をとるのか。その理由を理解できるようになります。そして、自分が嫌だと思っていた性質が、実は自分のなかにあることも、拒否せず認めることができるようになります。親子ですから、似ているのは当たり前なんですよね。
      こうして、自分のなかにある至らない部分や、嫌いな性格も、まるごと「わたしはこれでいいんだ」と思えたとき、きっとお父様を本当に許しているんだと思います。自分を肯定できたら、お父様も肯定できます。
      ですから、許しのステップは、「どうやって許すか」ということよりも、りえさんがどうやって御自身を肯定し、自分を愛するかに関係してきます。
      僕はインナーチャイルドについても随分書いていますが、これも参考になるでしょう
      「カテゴリー」の「インナーチャイルド」をクリックすると、参考記事が出てきます。
      親子の学びは人生で最もやりがいのあるものです。ぜひ、チャレンジしてくださいね。そして、いつでも自分はOKであることに気づいてください。

      • りえ 2014年5月17日 at 10:06 pm  返答する

        お返事ありがとうございます!
        すごくわかります!!父をかわいいとおもえるときもるんです、あったんです、いらっとする時もしない時も、でもお返事いただいて父がどうのこうのじゃなく、自分が今のままで完全でこれでいいんだって思えそうです!すっごい何だか気づいてそうで気づいてないことがありました、ほんとうにありがとうございます!父と猫の話をしてるときや笑った顔が好きです!きっと自分に優しくなれたら父のこといらっとしなくなれるきがします!素敵な人生を歩んでこれたとも思うし自分に感謝し、父に感謝します!これから自分を攻めることなくこれを読み返し、生きてみます(*^O^*)

  28. ねこ 2014年9月22日 at 6:40 pm  返答する

    皆さんのコメント見させてもらいました。

    長文すみません
    自分は現在大学生です。
    小さい頃に両親が離婚し、父方に引き取られ再婚してからうちはお金がないお金がないと言われ続けて育ってきました。

    自分は公立でよかったのですが中学、高校と私立の学校に通わせてもらってました。ただ私立ということもあり周りは金銭的に裕福な家庭が多く、お小遣いやケータイを持っていない私は友達の話や遊びに付いていけずひたすら我慢するだけでした。
    もちろん親にねだったりもしたのですが、無理でした。
    学費の関係上親同士の喧嘩をみたり、お前には金がかかってるなど言われながらうんざりしながら通っていました。

    そんな中お金をかけない遊びとして絵を描くことが趣味になり、将来はそんな職業に就きたいと専門学校進学を希望していたのですが、私立の学校をでて専門学校はあり得ない大学進学を強制的に決められました。自分の意見も聞いてもらえずにです。

    そんなこともあってか周りの人たちの親と他愛無い会話や親が好き、仲が良いなどの感情が理解できません。ましてや自分の中で親を許すなど、その方法が分からないのです。今まで育ててもらったことはありがたく思っています。どうしたらいいのでしょうか?恨んでるままは確かに辛いです、どしたら自分の中に決着がつけれるのでしょうか。

    • にしき 2014年9月23日 at 1:54 am  返答する

      ねこさん あなたはまだ若すぎます。許すとか、そんなことを考えるのは、40歳を過ぎてからで十分です。もっと親を憎んでください。親の顔なんか見るもんか、と自分で金を稼いで自活を始めてください。いろいろ経験してください。人生を自分の体験として理解できたら、そのとき自然と解決策が見つかる、本当の意味で親がわかると思います。苦しいのは癒せばいいってもんでもありません。あなたが体験すること。それが尊いのです。焦らず、精一杯生きてください。人生はそれでOKです。

  29. nameyan 2014年9月25日 at 11:54 pm  返答する

    私の場合、親も余裕なかったんだ、、、ととっくに恨みの感情など蒸発してしまっています。
    しかし、幸せには、程遠い状態です。
    親がどうのこうのより、幼少の頃の傷より、成人以降の人生で、心癒されるような体験を十分積めなかった方が、遥かに痛いと感じています。。。

    • にしき 2014年9月26日 at 2:15 pm  返答する

      nameyanさん 人生、いろいろありましたよね。しかし、過去の経験は忘れればいいというものでもないんです。「蒸発」というのは、「過去の出来事を自分の顕在意識では乗り越えたと思っている状態」「忘れている状態」「あたまのなかではなかったことにしている状態」なんだと思います。しかし、潜在意識は過去の経験をしっかり覚えていて、それが現在に影を落としています。なぜ、成人してから癒されるような体験が十分でないと感じますか? たまたま偶然だと思いますか? 自分が過去経験したことと無関係だと思いますか? 過去経験したことを今でも繰り返しているようなところはないでしょうか? 経験に「パターン」のようなものはないでしょうか? 実は現在経験していることは過去の経験の反映である、というのが、多くの人が指摘することだし、僕もそう思います。だから、過去の経験をしっかり癒すことが必要になるんです。「蒸発」や「忘れる」ではなく、もっと積極的に許しによって、自分を癒すのです。しかし、これは気づきの問題です。今説明したことが「あ、そうだな、過去をしっかり癒さないといけないな」と納得できて、はじめて過去を癒し、過去から自由になれるのです。nameyanさん、そういう気づきがあなたのなかに生まれて、またお目にかかれますように。 

  30. ここな 2014年12月4日 at 5:37 pm  返答する

    読んで涙が出ました。
    逆なんです。
    親はよくやってくれました。
    稼げない自分が許せないんです。
    親の評価まで落としてしまっているようで。

    • にしき 2014年12月4日 at 5:55 pm  返答する

      ここなさん わかりました。そういうこともありますよね。
      じゃあ、そんなどうしようもない自分をののしってください。
      こんなかんじで。
      「おまえは稼げない、どうしようもないやつだ。
      本当に恥ずかしい。
      でも、反省しているようだから、今日のところは許してやるか・・・。
      そのかわり、これからは心を入れ替えて、ちゃんと稼ぐんだぞ。
      それしか方法はないだろう?
      いいな?」

  31. ゆうこ 2014年12月5日 at 7:56 pm  返答する

    にしきさん、こんにちは。

    昨日偶然この記事を読ませていただいて、
    自分では十分感謝しているつもりだったのですが
    まだまだ両親への感謝の気持ちが足りなかったことに気が付きました(とくにお父さんへの)。

    気づかせていただき、感謝しております。
    いつも本当にありがとうございます☆

  32. ゆか 2014年12月11日 at 5:01 pm  返答する

    親とお金のことで少しトラブルになってしまい、どうしたものかと考えていたところ、この記事に出会いました。
    まだ20代で、学生身分です。
    親への恨み、潜在的に思うところがあるのでしょうか…
    大学にも行かせてもらい、自分の好きな職への就職も決まり、部活もしっかりさせてもらい…
    感謝しているつもりですが、できていないのだと思います。
    「常識」と意見を譲らない母、少しだらしのない父、ほかの人から見たらかなり恵まれているはずなのに、嫌な部分を見つけてしまう自分も嫌です。
    できない自分が嫌で、「完璧でない自分」に嫌気がさします。
    親を許したいです。
    なんだかぐちゃぐちゃとコメントを書いてしまい、失礼しました。

    • にしき 2014年12月11日 at 5:15 pm  返答する

      親を許すのが完璧だから、いい人だから、許すのではないのですよ。
      ゆかさんは何をしようが、いつでも完璧です。
      いいんですよ、人の嫌な面を見たって。
      嫌なところは誰だって気になりますから。それでもゆかさんは完璧です。
      大切なことは、親の考え方やあり方、エネルギーから、ゆかさんが
      きっぱり離れることです。
      そして、自分の責任で自分の人生を生きていく。
      ご両親はゆかさんとは関係ない。
      そう理解して、ゆかさんは自分の人生を生きることです。
      わかりますかね?

      • ゆか 2014年12月11日 at 5:40 pm  返答する

        〉自分の責任で自分の人生を生きていく
        この言葉にとてもドキッとしました。
        さまざまなことを親のせいにしてしまっている自分がいます。
        親の考え方にものすごく影響されています。
        そして、反抗して嫌われていることをすごく恐れてしまいます。
        嫌われることを恐れていること自体、自分に責任がもてていない、ということでしょうか?

        • にしき 2014年12月11日 at 6:25 pm  返答する

          ゆかさん 親がゆかさんを嫌うってことはないんですよ。
          友達とは違いますから。
          ゆかさんには仮にそう思えたとしても、親の愛はゆかさんの認識よりも
          はるかに大きいですよ。
          だから安心して甘えたらいいんです。
          その安全な場所から、成長して、
          自分のエネルギーを作り上げていくプロセスにいまいるんです。
          親離れの始まりじゃないですかね。

          • ゆか 2014年12月11日 at 7:08 pm

            ありがとうございます。
            親離れ、そうですね。
            親と物理的に離れることも決まっています。
            親離れして、自立して、しっかり恩返しをしていきたいと思います。
            ありがとうございました。

  33. シー 2014年12月23日 at 1:27 am  返答する

    はじめまして!

    ブログ読ませていただいてます。
    引き寄せを本当に理解するにあたって、とても為になることばかりで夢中で読んでいたときに、この記事に辿り着きました。

    私の両親、父親はあまり働かず酒乱、母親に暴力、浮気などしていた人で、約20年前に亡くなりました。
    母親は、社会性がなく仕事もしたことがなくただ父親の悪口、世の中をすべて否定的に見てる人でした。
    そのため、姉は家出、高校のときから警察のお世話になるような家庭環境でした。
    そのため甘えたり頼ったりできず、しかも家でできることはやって、学校でも優等生をしていました。
    そのときは仕方がないと思っていましたが、大人になってからじわじわとそのときの傷の影響が感じられます。

    実際、私は銀行に勤めていたのに、職を転々とし、ついに夜のお仕事、勤めていたクラブもやめ、お金に困っている状態です。
    人間関係もバツイチ、その後数人の男性と付き合いしましたが、結局男性嫌いというところまできています。

    私は、両親に対して、育ててもらった感謝の気持ちはもちろんありますが、子供のときの辛い状態が癒されていないようです。
    母親は、健在で相変わらずネガティヴです。

    このような状態のとき、私のインナーチャイルドを癒す、そして、両親と私は関係ないと思っていいのでしょうか?

    私の人生の根本の原因がここにあると思いますので、何かアドバイスいただけてら有難いです。

    • にしき 2014年12月23日 at 11:58 am  返答する

      シーさん はじめまして。ブログを楽しんでくださってありがとう。
      確かにその家庭環境では、優等生にならざるを得ないですよね。
      そしてその後のことは、優等生に対する反作用として、自らが起こしたことです。
      こういう行動パターンをやっちゃってるんですよね。
      それはご指摘のように、ご両親に対して子どものころに身につけた行動パターンです。
      なので、この行動パターンとしてのインナーチャイルドを癒してあげれば、
      シーさんはご両親からエネルギー的に自由になれます。
      こだわらなくなるし、シーさんらしく生きていけます。
      シーさんのいいところは、現実的に生きていく能力を持っていることです。
      だからそれを正しく使えば、必ず今とは違った人生を送れます。
      そして、こんなご両親だけど、彼らを同じ学びを送っている仲間として愛することができるようになります。愛することが自由にすることなのです。
      親といったって、別のシナリオで愛を学んでいる仲間です。
      ちょっとタフなシナリオだと思いますが。
      シーさんは、そのご両親とは違うシナリオ。
      しかし、シーさんの学びはご両親よりはにステージは上ですよ。
      愛を着実に学んでいるという意味です。
      こんな意味では、ご両親もシーさんもすべてはOKです。うまくいっています。
      ちなみに、妻のヒーラーよしこがインナーチャイルド・ヒーリングを専門的にやっています。
      シーさんは短期間に変われると思うので、よかったら声をかけてくださいね。
      http://fairyhealing.attraction-method.net/fairy_innerchild_healing/

  34. Miyuki Tsutsumi 2015年7月18日 at 6:33 am  返答する

    虐待してきた相手を許すということは、
    虐待されていた自分を肯定することになり、
    自分が虐待されて当然な存在ということになる。
    だから許さなくていい。

    許さなくていいと思います。

    • はな 2015年7月19日 at 2:43 pm  返答する

      「今日は天気もいいし、風もさわやか、絶好の虐待日和だ!」と思って虐待する親はいないと思う。

      人(親)は自分が扱われたように人(子ども)を扱う。

      自分が幸せになってから許せることもある。

  35. Miyuki Tsutsumi 2015年7月18日 at 6:33 am  返答する

    虐待してきた相手を許すということは、
    虐待されていた自分を肯定することになり、
    自分が虐待されて当然な存在ということになる。
    だから許さなくていい。

    許さなくていいと思います。

  36. ハシモトヒロシ 2015年7月26日 at 11:17 pm  返答する

    それがわかったところで変わることはできませんよ。自分でできるのならとっくにできている。

    • にしき 2015年7月27日 at 2:51 pm  返答する

      ハシモトヒロシさん 人間には無限の力があります。しかもそれは自分の内側の話ですから、許そうと思えばできるはずだと思いませんか? 確かにこれまで、許すことに意識的に取り組まれなかったのだと思います。だから、できないと思い込んでしまう。それって残念なことだと思います。許すのは、自分のためであるのがすごく大きいんです。なんであれ「許せない」という強い否定的な感情を持つと自分が病気になってしまうんです。ガン患者には、ほとんど例外なく「許せない」という思いがあると言います。感情は人を病気にさせてしまうのです。そんなことで、自分が病気になったり不幸になったりするのはいやじゃないですか。だから、「こんな感情を持ち続けるのはばからしいな」と思ったら、許しの方向へ動いていけばいいのです。もちろん、頭でわかるだけでは許せませんよ。感情が許さないのです。だから、許しのプロセスは自分の感情と向き合うプロセスになるでしょうね。パートナーなどが許しを助けてくれることもあります。まずは、「許すことなんてできるはずない」という、かたくなな自分をちょっと緩めてください。「許せないとは思うけれど、許せたらいいな」ぐらいから、スタートして全然いいと思います。

  37. 中西 菊予 2015年8月3日 at 1:34 am  返答する

    すごく深いお話しでした。
    感謝しなければいけないのに、親を許していない。感謝はしているけど、怒りの気持ちの方が強い。
    早くこんな気持ちを手放して心から親を許せる人になりたいですね。
    子供も親もいくつになっても完璧な人格の人なんて一人もいません。

    • にしき 2015年8月4日 at 6:55 pm  返答する

      中西 菊予さん 親子の関係って、ものすごい学びがあるんです。スピリチュアル的にもそれだけ濃い関係です。最後に残る学びは親子の学びなのかもしれません。なので、そう簡単には許させてくれない(笑)、やりがいがある学びです。天の助けも借りながら、今世で解決できれば上出来だと思いますよ。

  38. 中西 菊予 2015年8月3日 at 1:34 am  返答する

    すごく深いお話しでした。
    感謝しなければいけないのに、親を許していない。感謝はしているけど、怒りの気持ちの方が強い。
    早くこんな気持ちを手放して心から親を許せる人になりたいですね。
    子供も親もいくつになっても完璧な人格の人なんて一人もいません。

  39. […] ウェイン・ダイアーさんは、本を書いてベストセラー作家の仲間入りをし、 人生が順風満帆になったのです。 「親を許すとお金と人間関係が好転する」というのは本当のことなんです。 […]

  40. 友美 2016年2月2日 at 6:43 pm  返答する

    何度もこのサイトにきましたが、
    いつも親の問題でつまずきます。
    父をかわいそうと思ってきましたが、
    最近、父への怒りが、思い出されてきました。

    夫や男性の上司にイライラするのも、
    全部父への怒りでした。

    私達家族は無視して
    親の言いなりで親のためだけに動いて
    夫もそうです。

    父の私達を犠牲にして
    親族にだけいい思いをさせるのは現在進行形で
    許したくても、未だにお金などとられて許せません。

    また、幼少の頃は、父から心配されたり口出される友人が羨ましくて
    一番頼らなければならない人が外を向いていて寂しかったです。

    母も実家を向いていて、離婚するなら子供は置いてこいと言われたようで
    大好きな祖父にも切り捨てられた気分でした。

    ただ、今日、これまでかわいそうだという気持ちから
    怒りを思い出して戸惑っています。

    • にしき 2016年2月2日 at 6:55 pm  返答する

      友美さん 親子の学びって、根深いです。がっつり取り組む必要があるみたいですね。
      http://www.attraction-method.com/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89/

      • 友美 2016年2月3日 at 9:46 am  返答する

        ありがとうございます。

        でも、これまでカウンセリング、ヒーリング、潜在意識のこと
        色々しましたが、少し変わったかもしれないけど、
        現在進行形のことなので時々悔しさが沸き起こってきて。

        自分が生きていくだけでも精一杯なのに
        実家の問題で足を引っ張られたり
        心配したり。

  41. ゆか 2016年3月5日 at 12:57 am  返答する

    母親を許すと人間関係が…父親を許すと仕事が改善?きれいごとに聞こえて心に染みない。説得力のない文章。私の理解力の無さでしょうね。

    • にしき 2016年3月5日 at 1:15 am  返答する

      ゆかさん 図星でしたか? 確かに親子の学びはタフです。一筋縄ではいきません。しかし、学びを行ってきれいになるとき、本当の豊かさの扉が開くのです。
      もし、ゆかさんにお子さんがいるなら、そんなお子さんを全身全霊で愛してあげてください。それがなによりです。
      子どもは親に愛されたいだけですから。

      • とも 2016年3月13日 at 5:21 am  返答する

        にしきさんはじめまして。

        今40代になる者ですが私が5才のときに両親が離婚して父かたの母に育てられた私はこのサイトを見て私を置いて出て行った母を許そうと思うのですが母は再婚して子供もいるので私には連絡して来ません。

        私から連絡をするのも何だか迷惑がかかるのではと気が引けます。

        酒乱だった父も私を大切に育ててくれた祖母も数年前に他界したので寂しいです。

        • にしき 2016年3月13日 at 12:11 pm  返答する

          ともさん お母様を許したいなら、お母様に会って「許します」などと言う必要はありませんよ。あなたのなかから、お母様を「許せない」という気持ちが完全になくなればいいのです。
          寂しいですか? お二人とも今もそばにいて、ともさんを見守ってくれていますよ。それに、一番大切にしてくれる「あなた」がいるじゃないですか。自分の一番の応援団長はあなたですよ。

          • とも 2016年3月14日 at 11:24 am

            にしきさんお返事どうもありがとうございます。

            本当に励みになりました!!

            これからも応援しています。

  42. 伊方巻き 2016年3月24日 at 6:22 pm  返答する

    許せない人はどうしたら良いのでしょうね?
    どうやったって赦せない、という人は、どうすれば良いと思いますか?

    • にしき 2016年3月24日 at 6:39 pm  返答する

      伊方巻きさん 親じゃなくて、一般的に人を許せない、ということですね。
      その人を許したいんですか。
      許したくないんですか。
      それによっても変わってきます。
      結論的に言うと、許したほうが伊方巻きさんのためになります。
      許さないと、自分が病気になちゃうんです。
      嫌な人のために自分が病気になるなんて、うれしくないじゃないですか。
      許しを手伝ってくれる専門家もいると思いますよ。

  43. べべ 2016年3月26日 at 8:06 am  返答する

    他人なら犯罪として裁かれることを
    肉親だから幼い子供に対して非常に有利に狡猾に隠蔽しながらも犯罪まがいなことをして
    それは虐待される子供が悪いからという考えを植え付ける

    それを許したら幸せになるということですね?
    私もよくそう言われた気がします
    虐待をしてきた親自身から

    でもあなたもそういう性質だったから
    (虐待されても仕方がないくらい問題のある性格だったから)
    だから仕方がなかったのよと言われ続けた

    成人してきちんとした価値観を手に入れると、
    あとあと自分がされてきたことに冷静になって気づく

    ただきちんと自分がしたことの報いを受けるなり
    反省するなりそういう人たちがしてくれれば全く問題ないのですが、
    虐待するような人たちは全身全力を傾けて自分は何一つ悪くないと偽装するのに躍起になる人がほとんどです

    それを許したら、つまり
    やっぱり私は虐待されるべき問題のあった人間なんだ
    ということになりますね?

    許せとはすごいことを言うなあ
    泣き寝入りしろ、虐待はされたあなたのせいだと言われてるようにしか聞こえないなあ

    不条理だった過去をすべて飲み込めとはね
    私よりもっとひどい虐待を受けてきた人もいるだろうし
    私はそうは思えないし言えないなあ

    • にしき 2016年3月26日 at 11:53 am  返答する

      べべさん 肉体的に虐待されたのですね。それはつらかったでしょう。
      今のべべさんは、その体験をそのままにしてはいけませんよ。
      そのままにすると、その体験がべべさんの人生を間違った方向へ導いてしまいます。
      なので、まずは虐待された人を癒す専門家にコンタクトしてください。
      そして、その体験を手放してください。
      許せるようになるのは、そのあとですよ。

  44. さんちゃん 2016年8月17日 at 7:26 pm  返答する

    父と母の関係で悩みがあり たまたま開いてサイトを見つけました。父と 母は共働きで私が長男の育児休暇後 母が仕事を辞めて家に入ってくれました。それからは 母は主婦として家事全般と3人の孫達の世話を献身的にみてくれました。父は満州で産まれ命からがら逃げ帰って来て 幼い頃は貧しく辛い思いを散々して苦労をしたそうです。102歳になる父の母に対して 未だに 学力を身に付けさせて貰えなかった。俺が苦労して働いて食わせて来たと言います。その当時はそれしか仕方がなかったわけで お父さんがそれで頑張って車校の指導員になり検定員も人一倍努力して働いてくれたお陰で私達姉妹がこうしていられるのだと との都度話していますが わだかまりがかなり強いです。母は堅くて真面目で曲がったことが大嫌いな性格です。友達と会って食事をしたり 父の稼ぎから自分の為に使うお小遣いも貰わずに来たそうです。仕事を辞めた時の退職金や二人で貯めて来たお金は 父が趣味の車の購入資金にしてきたり しかも母には一切相談もなく 数年前は社協に身障用の車を寄付するなど 好きに使って来ましたが 母もいよいよ 年金生活になり 二人で貯めて来たお金を 分けて欲しい。好きに使いたいと 父に申し出たところ そんなお金はない。子どもの為に使ってきた。俺が残業して貯めて来たお金だ。俺がお前を食わしてやっていると言われて
    母はいたたまれず 人権相談や家裁にも行って相談したようです。怨み 妬み いじめや精神的暴力という思いがかなり強くて いくら身近な信頼のおける方が 少しでも楽に 明るく生きられるようにと セミナー等に誘ってくれたり 私達子どもが 過ぎた事は戻れない。これからをどうするか。父も75歳で20年30年とは長くは生きられないと 慰めても 私には過ぎた事ではない❗お金を返してもらいたい❗と 堅くなった心が痛ましいくらいです。今日も 幾らかでも和めばと 笑顔で…との題の本を買ってきて渡したら 虐められているのに 笑顔なんてなれない。と。何もかも 否定的で父を許せない母です。そんな母を身近にして、私達家族も嫁に行った妹達も どうしたら良いか途方にくれています。御盆で来宅した妹の旦那さんにも 母が話を聞いてもらいました。でも、母に同情と言うよりは 第三者の意見で 突き放されて母は悲しくなり泣き出しました。
    また 他の悩みでは 私達の次男に最近 子どもが産まれ 別居婚状態で お嫁さんと同居をすることなく 別れることになり バタバタしています。私達も子どもの事があって 父母の事まで考えられないと言ったら、突き放されたと思ったようです。今までの夫婦間のコミュニケーション不足や団塊の世代の父母の関係等々 今までの生活の積み重ねがこのような形になり 母が父を許せない 恨んでいるのば仕方がないことかと思いますが 過去には戻れないし これからどう生きて行くか 母らしく 楽しいことを見つけて その時が来るまでは健康で元気に居ることが大事かと 思うのですが 母は許せない気持ちの塊で 同居をしている私達夫婦も孫達も 何を言っても 解れない母が気の毒でもあり 苦しい思いです。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年8月18日 at 12:57 pm  返答する

      さんちゃんさん このサイトは、引き寄せの法則について書いています。その基本的な考え方のなかに、「相手はコントロールできないけど、自分の受け取り方は変えられる」というのがあります。お母様にはお母様の生き方があります。これまで経験されたように、お母様はどんなことをしても生き方は変えないでしょう。そして、どういう生き方をするかは、お母様の責任であり自由です。その選択は尊重してあげてください。
      さんちゃんさんがすべきことは、お母様を幸せにすることではなくて(それは不可能)、自分を幸せにすることです。日本って国には、周りに悲しがっている人がいたら、周りも悲しがらなくちゃいけない、というような考え方がありますが、それは間違っています。それだと悲しみが増えるだけです。僕たちにできるのは、いつでも幸せな気分でいることです。それがお母様を癒します。ですから、さんちゃんさんは周りに引きずられずに、自分の人生をハッピーにしてください。どんなことをしたら、ハッピーになりますか? それをやってください。周りの人を変えようとしないで。

  45. さんちゃん 2016年8月19日 at 8:01 am  返答する

    ありがとうございます。そうなんですよね。私は小さい頃から 両親の顔色を伺いながら育ってきました。人と関わるときもそんな癖があり 自分の中では気になるところです。しかし にしきさんのお言葉をお聞きして 自分の気持ちを相手に影響されることがなく 表現できるように 楽しく生きて行くことが 父母に対しても私達家族の幸せだと思います。 自信が持てました。暖かなお言葉 アドバイスをありがとうございます。また 相談にのっていただければ 幸いです。

  46. 美香子 2016年8月31日 at 9:59 pm  返答する

    弟が精神疾患になりその事で、父から暴言と暴力の毎日を受けました。父にとって子供よりも自分が苦労をして建てた持家が大切だったのです。お金が一番大切な人でした。住宅ローンを払う事を一番にして習い事など一切させず、質素な食事を何年も続け住宅ローンを支払いました。従妹たちが大学を出て一流企業に就職をして高収入になった。よその家庭は上手くいく・・どうして我が家だけ・・と当たり散らされ続けた数年間でした。私は高校卒業後、銀行に勤めていましたが、父を見て人間不信と男性嫌いになり交際を求められても一度も付き合うことがありませんでした。親戚から弟の病気がばれたら従妹たちの縁談に差し障りがある。とほぼ強制的に見合い結婚をさせられました。結婚費用も自分の貯金でしました。もし父がひどい人ではなかったら恋愛結婚をしていただろう・・と思うと父が亡くなって10年になりますが、恨みを忘れられません。父を半面教師にして子供の為に離婚をしないで頑張ってきたと自負しています。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年9月2日 at 12:37 pm  返答する

      美香子さん そんな嫌なお父様に決められた人生を生きる必要はないんじゃないですか。人生はあなたがそう思えば、いつだって変えられますよ。

  47. 美香子 2016年9月2日 at 9:20 pm  返答する

    にしきさん
    お返事ありがとうございます。 父と親戚から強制された結婚でしたが、子供をこの世に出した責任感から離婚をしないで頑張ってきました。いくつになっても親は親としての責任があると思っています。父のような無責任な親にはならない。子供は私が守る。見捨てない・・と心に決めて生きて来ました。 いつまでも父を恨んではいけない・・とかよく聞きますが、父からの仕打ちを許すことなど
    人間が出来ていない私にはできそうにもありません。 どうすれば父への恨みを忘れることができますか?

  48. 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年9月3日 at 9:52 am  返答する

    美香子さん お父様を許すことができないので、過去の出来事を忘れたいのですね。忘れるということは、その出来事の記憶がなくなることです。テクニックとして思い当たるのは、ホ・オポノポノによる記憶のクリーニングです。それはこうします。過去の記憶に対して、「ありがとう、愛している」と言い続けてください。「愛している」は相手を自分に引き留める言葉だと思われていますが、感謝や愛は、相手を自由にします。それと同じで、記憶に対して「ありがとう、愛している」を言い続けると、それは自由になってあなたのなかからなくなります。こういう方法があります。

  49. qaz-086 2016年10月19日 at 11:57 am  返答する

    私もそうでしたが、親子問題は本当に根が深いですね。ささやかな私の体験ですが(ちょっと見当違いかもしれませんが)、今思うと親を許す事(許さねばならないから許して表面上仲良くするという事ではなくて、親の影響を受けない、心を乱されない、巻き込まれないと言う意味です)と失恋の癒しが似ているように思いました。私は失恋後、好きな人を早く忘れて立ち直りたいといくら思ってもなかなか忘れる事ができませんでした。苦しくて悲しくて息を吸うのも辛くて、だから早く忘れたい、でも忘れたい忘れたいと思えば思う程忘れられない、逆に強くなる・・。ある時ふと、なぜ忘れる必要があるのだろう、私は彼を大好きだった、素敵な恋愛だった、だから死ぬまで忘れない、忘れたくない、ずっといい思い出として心に焼き付けておこう、誰と結婚してもずっと忘れない!そう思ったその日から、皮肉な事に少しずつ忘れだして、いつの間にか傷はかさぶたの取れた跡のように癒えました。親を許せるきっかけも、許さないと決めた日から始まりました。あんなにひどい事されたのだから許さない、許せる訳ない、そう思った日から癒しは始まりました。主人の支えもありました「傷は消えて無くならない、なしにはならない、その傷と一生付き合うしかない、それでいい(その傷があるままで幸せになれる)」その主人の言葉で諦めがつきました。無理は厳禁だと思います。許せなくても大丈夫だと思います。こんな書き方しかできませんが、必ず傷は癒える、大丈夫だと私は信じています。

  50. 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年10月19日 at 3:28 pm  返答する

    qaz-086さん いいことを言ってくださいます。「許せない」という怒りの感情を感じるのが癒しへの近道です。そして、意外とパートナーが親との仲立ちをしてくれる、というのは同感です。

  51. qaz-086 2016年10月20日 at 12:25 pm  返答する

    追記させて下さい。私の場合、忘れなければ前へ進めない、許さなければ(傷が完治しなければ)幸せになれない、と言う強いビリーフを緩めた時に、手放し(固定観念の執着の解放)ができたのだと改めて感じました。~べき、~あらねばならない、からの解放は大切ですね。あと、ある日、法や常識、道徳が通じない(逆手に取った)養父の恐ろしいテレビを主人が見ていて(ドラゴンタツゥーの女だそうです)、私も同じ女性なので、今のこの、こうあるべき(理想)社会の大切さ、こうあらねばならない社会に守られている事実も同時に実感しました。ただ家庭内、親子関係は、社会に法はあっても実際は当人の良心に委ねられていますね。特に子供が親を人権侵害で訴える事は実際は難しいですしそれは幸せの解決策ではない事を子供本人が一番よく解っていて、結局親を受け入れる道を選ばざるを得ない。そんな子供時代を送った人はその時の選択に自分を責めなくていいし、責めてはいけないと私は思います。私も自分を責める事は止めました。望まない出生、望まない性別、それは親の選択(責任)であり、子供の責任ではありません。生まれてはいけなかったという罪悪感と怯え、その事による暴力の引き寄せも幼い子供には罪はありません。私は子供を愛しているが本当なら、例え親と違う道を歩んでも愛してくれるのが本当の親だと思い、ここまでは親を受け入れる、これ以上は無理と境界線を引きました。それはそれまでたくさんの先生や近所の人の支え、出会いがあったからできた事、やっと小学高学年の頃です。それでも子供は立場が弱いし、人権の意識の希薄な人と共存する事は大変です。私の場合は社会が家庭で家庭が世間の厳しさを体験する場所でした。あと、相手や自分の欠点を許す事と内省を省き開き直る事とは違うように思っています。私も相手もありのままで完璧ですが、これがありのままとすべてを野放しにする事とはやはり違うように思います。にしきさんのブログの『コントロールは相手から自由と力を奪うこと、虐待と同じ、「愛、自由、成長」とは相いれません』この文章に希望を感じました。謙虚の大切さも書かれていて、人によっては卑下する(卑下しなさい)の嫌悪感を謙虚の言葉に感じる人もいるかもしれませんが、私のイメージは、たくさんの(動物、野菜の)命の犠牲の上に生きている完璧ではない自分に気付いた人の完璧さを謙虚の人に感じていて、それが本当の自分に帰る事のように感じています。話はそれましたが、物事の(コインの)両面を感じて感謝できる人、選択できる聡明な大人でありたいと痛感しました。

  52. qaz-086 2016年10月21日 at 9:36 pm  返答する

    にしきさん、ありがとうございます。そうですね、怒りの感情を感じて吐き出す事は本当に大切だと思います。私はとても時間がかかりました。厳密には結婚後、理解のある主人の元でやっと安心してネガティブな感情と向き合う事ができました。親子の問題は、勘違いや思い込みですれ違ってしまうものから、心が壊されてしまうほど残酷な体験をする人まで一人一人皆違っていてセンシティブな問題ですね。私もまだ完全に癒されている訳ではないみたいです(何度も長文失礼致しました)。許せないと病気になってしまうという文章から、にしきさんの深い思いも伝わってきて胸が熱くなりました。世の中の人がみんな温かな信頼で結ばれますように。

  53. qaz-086 2016年10月23日 at 8:45 pm  返答する

    投稿に参加させて頂いて、私は根底では多様性を真に受け入れてない事にきづきました。そんな時、多様性こそ調和、調和は対立から始まる、の言葉が腹の底にストンと落ちました。私の場合は(体験上)体罰は愛と肯定する考え方に強い抵抗がありました。小5の時の担任の先生が子供とアサーティブな対話ができる人で、その時からずっと尊敬して目標にしてきました。私の家庭は全く対話のない家庭で、私が何かしゃべろうとするとその気配を敏感に察して暗黙の圧力や感情の爆発で封じ込めるような家庭でした。今回波長を上げる事で、対話や批判を必要以上に恐れる人の気持ちも理解できました(私の中にも勿論あります)。私はそのコントラストを体験する事で私の好きがより明確になり、その好きを選択し、私は私の好きをちゃんと引き寄せていた事にも気づきました。体罰を肯定する人は、もし体罰が虐待であれば自分の親や祖先、自分の存在をも否定する事に繋がり抵抗があるのかもしれません、その気持ちは十分解るし、同時にやっと人権の憲法ができたのに逆行を叫んでいるようにも感じられて、私自身が強い不安や怒り、恐怖や拒絶、悲しみを感じていました。人は戦争が始まっても自分の家族に赤紙がくるまでは他人事で、気づいた時には後戻りできなくなっている、そんなドキュメンタリー番組が脳裏に焼き付いていたからかもしれません。思えば人権のない歴史の方が圧倒的に長かったですし、親を否定できれば大抵の犯罪は止む,しかしそれが難しいと言う人もいるくらいなので本能的に仕方ないのかもしれません・・。私も偉そうな事は言えませんが、今は、それでも世界は平和に向かって進んでいる、その価値観の多様性(調和)を信じて明るく生きようと思います。物事のネガティブとポジティブの両面を直視し、それで私はどちらを選択する?どちらが愛で成長で自由だと思う?と自分に問いかける習慣、大切にしたいと思います。投稿にたくさん参加させて頂き本当にありがとうございました。ジャーナリングと私の好きを実践してゆきます。ありがとうございました^^。(今日おみくじで大吉が出ました!すべては上手くゆく、そう信じて待てばよいそうです)

  54. 匿名 2017年2月23日 at 1:55 am  返答する

    残念ながら、私は許せそうにありません。特に父親ですが...
    子どものころから服装も髪型も自分の思うようにはできませんでした。
    他にも許せないことはいろいろありますが、
    母親が亡くなったことを私のせいにされた。
    これだけはどうしても許すことができません。
    既に両親は他界していますが、なかなか恨みは消えないです。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年2月23日 at 4:40 pm  返答する

      匿名さん 許さないことのデメリットを知ったうえで、あなたがそういう選択をされるのであれば、それはそれでいいのですよ。あなたの人生の主人公はあなたなのですから。

  55. きょうこ 2017年3月2日 at 9:57 pm  返答する

    はじめまして。元気な頃の父は嫌いでした。病気になり、世話をしているうちに、本当は好きだったことを思い出しました。母のことは、幼い頃甘えた記憶がありません。小さな頃に戻るように記憶をたどると、弟が生まれる前に母が体調をくずしているようで、病院での治療を祖母と見ている場面を思い出しました。恐ろしい、さみしい、孤独、疎外感、見捨てられるなどたくさんの感情がよみがえりました。
    今の状態は家族とうまくいかない。お金にも困る状態です。父のことは許せたように思うのですが、この先どうやって誰を許せばよいのでしょうか

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年3月4日 at 7:09 pm  返答する

      きょうこさん いい体験をされましたね。
      きょうこさんにとっては、不十分は世話しかできなかった
      お母様かもしれませんが、お母様も許して差しあげてください。
      そして、一番許しが必要なのは、きょうこさん自身ではないでしょうか。
      きょうこさんは、他人を許せない自分に厳しかったと思います。
      そんなご自分も不十分かもしれないけれど、ベストを尽くしてきたのです。
      そんな自分を許してあげてください。

  56. ゆき 2017年6月23日 at 5:04 pm  返答する

    にしきさん、

    まず、この記事を書いてくださってありがとうございます。

    何度も何度もお金の問題にブチあたり、解決したと思ってもまた、良くなったと思ったらまた、とお金お金お金、どうやったってお金の問題にいきつき、今回はもう無理だってなりました。

    そんな中、こちらの記事に辿りつきました。

    実際、父親とお金以外は全て問題ありませんでした。

    父親だけは、どうしても拒絶してしまい、同じ家に住み毎日顔を合わせて、話しかけられれば返事はする、ぐらいで、なるべく同じ時間に同じ空間にいないようにしていました、あと、ここ2、3年は目を合わせられなくなっていました、どーしても父親の目を見れない、見たくなかったです。

    かといって、ケンカしてる訳ではないので、一見は仲良い風に装っていたのです。

    むしろ母が父親を悪く言ったら、まぁまぁとなだめたりしていました。

    心の奥底でもどーしても拒絶していたのに、表面的には父親を理解している、仲良い親子風に装ってたんです。

    この記事を読んで、泣きながらごめんねごめんねと言っていました。

    こんなにも愛して大事にそだててくれたのに、娘の本心の冷たい態度は父親も薄々感じてたハズです。

    ごめんね、ごめんね、お父さん、愛してくれてありがとう、お父さんお母さん私を産んでくれてありがとうと、涙がとまりませんでした。

    お金の問題より何より、私には父親との関係の方が大事なんだと感じました。そして、認めたくなかったけと、それだけ私も父親を愛してるんだと思います。

    本当に本当にありがとうございました。

    また、親からつけてもらった、私の名前は有希といいます。

    この記事を書いた人は誰なんだろうと自己紹介欄み見たところ、希有という文字が飛び込んできて、また涙がとまりませんでした。

    どうもありがとうございました。

  57. R 2017年7月19日 at 3:21 pm  返答する

    許した方がいい
    わかってはいるけど
    わたしは毒親、毒祖父母のフルコンボで本当に本当に難しいです・・・

  58. さき 2018年3月15日 at 10:47 am  返答する

    ある経験が許せない、そんな自分も許せない、困っています。ワークやってみます。ありがとうございます。

    まだ会ったことのない妹の婚約者が「お姉さんにすごく合いそうな人がいるから紹介したい!」と強く勧めてくれたので、ありがたく思い連絡先を交換しました。新しい出会いに手放しの効果の一つかなあと大喜びしていましたが、連絡がとれなくなり、しばらくしてからどうやらだめだったらしいと知りました。とても傷つきました。
    嬉しさのあまり過剰に期待しすぎてしまったと思うので反省しています。時間がたってもサラッと受け流すことができていません。
    妹の婚約者は私に謝りたいと言ってくれていますが、ちっとも会う気になれません。妹の婚約者が悪いわけではないことはわかってるのですが…
    私は謝罪というより本当は結婚を祝福したいです。。いつまでもこんなこと考えていたくないのに、帰省した妹の顔を見ると思い出してしまいます。メールや電話では祝福をしたのに直接はできていません。せっかく結婚が決まったのに実家でお祝いムードになっていません。他にも色々理由はありますが、私が立ち直れていないこともその一つになっていて妹に申し訳ないです。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2018年3月17日 at 2:38 pm  返答する

      単純に、妹さんが先に結婚することが、本音では気に入らないんじゃないですか? だから、二人の結婚を祝福しないのでは?

  59. さき 2018年3月17日 at 5:50 pm  返答する

    ご指摘の通りかもしれません。
    実は家族が病気でしばらく私は看病に忙しい日々を送っていました。食事や排泄の介助を主にやっていました。そして見送りました。恩返しができて満足しています。妹はノータッチでした。
    私はにしきさんのセミナーにも参加し、愛に向かって生きていけるような気もしていました。そんな中飛び込んできた妹の結婚話は驚きましたが、家族の中で私が一番におめでとうと言いました。遠いのでメールと電話ですが。私が忙しかったことと妹の結婚は関係がないことはわかっています。婚約者からの話も前向きに受け止めたつもりでした。
    今回のことで、自分はまだまだなんだなと思いショックです。手放しを学んだのにまだうまく使いこなせていないんだなあとわかりました。普段はできているつもりだったのでがっかりしてしまいました。
    また一から色々実践してみたいとおもいます。
    ありがとうございました。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2018年3月18日 at 3:08 pm  返答する

      さきさん 自分にダメを出すのは悪い癖ですよ。あなたはあなたなりに一生懸命やってきたのです。そして、妹さんの件は、あなたが妹さんや家族への思いを手放して、ひとつ生長するための貴重な機会です。まずそれを理解してください。
      拝察するに、さきさんはいい人であろうとして自分を犠牲にする犠牲者の役割を選びつづけてきました。そして、バランスを失って、今回のような言い知れない怒りや憎しみを抱えています。なので、いい子や犠牲者のパターンから抜け出すようにしてください。
      そのためには、自分は本当は何を感じているか、しっかり感情を感じてあげる必要があります。今、家族や妹さんにどんなことを感じていますか? まずはそこから感じるのがいいと思いますよ。そしてそれを手放してください。クリアになってください。そしたら、違う行動が見えてきますよ。

  60. けい 2018年3月31日 at 3:12 am  返答する

    初めまして。人生に行き詰まり過ぎてまた今も行き詰まっていました。何度も何度も生死の両極端の道を行ったり来たりで、改善するためにといろんな事をやっては突き落とされて沼にはまるみたいになっています。根本的な引き寄せの法則とはに行きついた時にこちらのブログを知りました。

    今鬱病で他にも精神的なものがあります。こうなった1番の原因が両親にあります。約20数年鬱病であったと振り返って思い当たるのですが、それと同時にその20数年毎日陰湿ないじめのような事と父親の暴力含め両親からされ続けていました。今30代前半ですが未だにされ続けています。
    ここもどうにかとインナーチャイルドの癒し方でノートに書き出してやったりとしているのですが、現在も続いているという現実があるので許すや癒すというのが出来ないです。出来たと思っても目の前に突きつけられるストレスが重なり、憎悪や怒りで抑えきれなくなるくらいです。

    一人暮らしして距離を置ければ良いのですが、あまり働けない体で貯金もなく出来ないでいます。お金の問題もあるし身体の問題もあるし自分自身の問題もあるしで悩みややらなくちゃというのが山積みです。

    長文になりすいません。ここまでくるともうどうしたらやり続けている自分改善の望みが上手くいき、どこがどう間違えているのかとか分からないです。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2018年4月1日 at 5:26 pm  返答する

      けいさん 話はわかりました。では、もう両親と戦うしかないんじゃないですか? あなたもやり返えしなさい。その憎悪を力で示しなさい。あなたの正当な権利を主張しなさい。それしか、あなたが今から脱する方法はないんじゃないですか?

  61. 佐久間みか 2018年5月6日 at 10:24 pm  返答する

    なぜ私だけ親にここまでしないといけないんだ、とか、これだけ親に尽くしてるのに親は文句ばかり口にする、などのストレスやこれからも貯金のない親に私は自分を犠牲にしないといけないのか?とか思うと気持ちが滅入って志方ありませんでした。
    しかし、思い切り怒りの言葉やお腹にためた言葉を出してみたら大分おさまり、救われました(^_^)

    先のことを考えてしまい、不安になりがちですが、都度認めることを繰り返していくうちに緩和されていきますかね。

  62. 佐久間みか 2018年5月6日 at 10:26 pm  返答する

    付け足しですが、認めるに加え、『許す』ことですね!!

  63. kaz 2018年5月20日 at 10:05 pm  返答する

    にしき様

    拝見して大変ためになり、おかげさまで父を許すことができ、日々の営みがとて
    も楽になりました。facebookで御礼とともにシェアさせていただきました。
    まずはこのことに御礼申し上げます。

    「心の傷をそのままにしないでください。」

    これについては私の場合、まだダメージや悪い深層意識があるため、仲間の一人に聴覚の世界的権威が居ますので彼のシステムに申し込みました。

    無料の10の動画も申し込みまして、大変参考になります。
    ありがとうございます。

コメントをどうぞ