皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

「『与えること』が引き寄せを加速!」の記事で、愛を行動面から見たとき「与えること」の大切さを書きました。

与えることって難しく感じますか?

なぜそう感じるのでしょう。

それは、あなたが「与えられていない」と思っているからではないでしょうか。

誰から?

あなたの親から

親から、愛やお金(食べ物)を与えられなかった、という思いを持ち続けている
のではありませんか。

そして、親に恨みを持っている。
「自分がこうなのは、すべて親のせいだ」と。

探せば親にも不十分なところはあるので、なんでも親の責任にできます。

「もっと愛情のある家庭だったら、もっとお金持ちの家に生まれていたら、
私は今の自分ではないのに」

そして、親を見せしめにしているのです。
「私の親はこんなに悪いんです」とレッテルを貼って。

表面的には「親に感謝しています」と言うかもしれないけれど、心の底では許して
いないのです。

こういうふうに親を悪者に仕立てて、あなたは受け取っていいものを受け取りません。

「パートナーと出会えない」
「お金とのつきあいが下手」

という方は、多くの場合、潜在意識で親を許していないからです。

「パートナーと出会えないのは親の仲が悪かったせい」
「お金を稼げないのは、親がだらしなかったせい」

と潜在意識で親を糾弾し続けています。

「人生が変わらない」という方は、コミットメントに問題があると指摘しましたが、
その奥底にあるのは、親との関係かもしれません。

「親がああだったから、私はダメになった。よし、ダメな自分をとことん演じて、
親を告発するぞ」

そう言っているのです。
だから、人生が変わらないのです。
いえ、あなたが変えないだけですよね。
あなたが人生をよくしてしまうと、あのときの親の失態がなかったことになる
ような気がして。
そしてダメな自分を演じ続けています。

もうこういうの、やめませんか?
お互いにいいことないですよね。

親のせいにするのはやめて、両親を許してあげましょう。
そしたら、あなたは自由になって前に進めます。
許しは、親のためじゃなくて、あなたのためなんです。
あなたが自由になるために、許しが必要なのです。

病気の原因は否定的感情だということをご存じでしょうか。
つまり、「許せない」という感情を持ち続けてしまうと、あなたが病気になってしまうのです(逆に言うと、否定的感情を手放すと病気は治ってしまいます)。
ガン患者の多数は「許せない」という感情を持っているといいます。
実際、僕の親も、「許せない」という感情を強く持っていたため、早くに認知症が現れました。
あなたにはそうなってほしくないのです。
ですから、あなた自身のために許してほしいのです。

元々、この記事は「お金を引き寄せたい」「パートナーと出会いたい」という方に向けた書かれたものです。そういう方がお金やパートナーに恵まれない理由の一つに「親との関係がうまくいっていない」ということがあると指摘しただけの記事でした。
ところが、Googleの検索で上位にあるようで、「親を許せない」「親に肉体的暴行を受けた」といったトラウマを抱えた方がよく読んでくださっているようです。

親との学びは一番タフです。
いろいろなことがあると思えます。

しかし、否定的な感情を持ち続けると、それが自分の身体や精神を侵してしまうのは事実です。

地球上ではこんな否定的経験がよくあります。
そのなかで一番やっかいで、それでも解決しなくてはならないのが、親との関係です。

でも、人生はうまくできたもので、親を許す機会は巡ってくるものです。
僕自身そうでした。

なので、今、許せないと思っていても、許しの機会がやってきたら、
あなたは許すことができると思います。

もちろん、許せないという気持ちを持っているあなたには、
心の傷があるはずです。
心の傷をそのままにしないでください。
心の傷があったら、親を許せるはずはありません。
なので、心の傷を癒してください。

それには経験を積んだ専門家とともに心の傷となっている
トラウマを手放していくのがベストです。

幸い、にしきの妻のヒーラーよしこは専門教育を受けたヒーラー
なので、セッションでお役に立てるはずです。

ここへメールをください。
healer.yoshiko@gmail.com

ひとりでやるなら、こんな方法も役立つと思います。

感情を癒して、親を許すワーク

1.時間をとります。そして深呼吸をしてリラックスします。リラックスすると、安全に過去の出来事に向き合うことができます。

2.過去の出来事と今向き合います。でも、恐れないでください。今は昔に比べて
ずっと簡単にその出来事を向き合えます。だからといって、その出来事を詳細に
思い出し、苦しい感情をわざわざ作る必要もありません。もっと簡単です。
その「出来事」と思うとき、今のあなたにどんな感情が起こりますか? 怒りだったり
悲しみだったり、恐怖だったりしますよね。どんな感情でも、それを認めてあげます。
「今の自分は○○の感情を持っているんだ」と。

3.ノートを用意します。その感情に関連して出てくることを書き出してみてください。どんどん出てきて驚くかもしれませんが、それがあなたのなかにあったのです。このノートは誰に見せるわけでもありませんから、本音を書いてください。すると、最初に思ったよりも、深い感情が見つかるかも知れません。その感情を手放すことができたら、あなたの心の傷は癒されます。

4.その感情を持っていたいですか? 持っていたいなら、そのまま持ち続けてください。それでOKです。手放したいなら、その感情のエネルギーが雲のように空に上っていくのをイメージしてください。最後まで出し切ってください。なくなったと思えたら、そこで終了です。そして、今後は新しい自分になって、過去の感情に執着するのはやめます。今このときを大事に生きていくと、自分に約束してください。

5.それでもまた過去の感情が出てくるかもしれません。
そのときはこのプロセスを繰り返します。

こんな方法も知ると知らないとでは、随分違います。
感情は感じるとなくなる性質を持っているので、恐れずに向き合ってください。
「もう感じたくない」と感情を感じないと、いろいろ問題が起こります。
感情はどんなものもちゃんと感じてあげてくださいね。
こうして、過去のわだかまりがなくなれば、もうあなたは許しています。

「許せない」と頑張っている方は、ほとんどの場合が、怒りの感情を持っているのに、
それをちゃんと表現していないのが原因です。

親に対して怒りたいなら、今、あなたの怒りを表現してください。
「くたばれ」でも「消えろ」でもいいので、言いたいことを言葉にして
表現してください。
ただし、本人には言わないこと。本人に言っても解決にはなりません。
なので、枕に顔を埋めて「馬鹿野郎!」などと叫ぶのがお勧めです。

ちゃんと怒りを表現すると、その怒りは前よりも扱いやすくなります。
すーっとなくなることもあります。
まだ怒りたいこともあります。
だったら、どうぞ気が済むまで怒ってください。
気が済むまでやったら、もう怒りはないはずです。

母親を許すと、人間関係やパートナーシップがよくなります。
父親を許すと、お金や仕事が改善します。

僕の友人の2代目社長は、父親からの遺産がかなりあったのに、父親との確執があったため、酒を飲んだり、女遊びをしたりして、遺産をすぐに使ってしまいました。彼にとってお金は父親と同じだったので、そばにいてほしくなかったのです。それでも飽き足らず、逆に借金をすることになってしまいました。でも、スピリチュアルな実践をしているうちに気づきが訪れ、ようやく泣きながら父親を許すことができたそうです。それからお金も、人生も順調です。

長い年月を親と過ごしたので、簡単に許せないという人もいるでしょう。
でも、両親を許してはじめて、あなたの心が本当にクリアになったといえます。

あなたは、親との関係をまだ持ち続けますか。
それとも、手放して自由になり、自分の責任で受け取るべきものを受け取りますか。

あなたの選択次第ですよね。