焦っても引き寄せないけど、自分を肯定すれば引き寄せます。すべてはあなた次第ってことです。

引き寄せに疲れた!あなたが陥っている意外な落とし穴と対策

引き寄せに疲れた。
もうムリ。

そう思うことってありますか?

そう思っているなら、あなたは今とても大きなチャンスの前にいます。
本当のことを知って、さらに成長するドアの前にいるんです。

それをお伝えしますね。

引き寄せに疲れたってどういう状態?

まず、「引き寄せに疲れた」ってどういう状態なのか確認しておきましょう。

「ザ・シークレット」やエイブラハムの教え、さらには
引き寄せ系の翻訳書、日本人が書いた本などから、引き寄せの法則の存在に
触れ、実践をやってみた。

でも、何年やっても、人生が変わらない。

結果が出ない。

現実も変わらない。

むしろ、悪くなる。

相思相愛の状態をイメージしたあとに出会った素敵な人。
「やった引き寄せた!」
と思ったのもつかの間、ただの勘違いだったことがわかったり、

好きなことでワクワク始めた仕事が、なかなか軌道に乗らず
毎月自転車操業。

こんなことばかり起こってくる。

でも、ネガティブな思考や感情を持つと、悪いことを引き寄せてしまうので
いつもムリをしてポジティブを装っている。

本当は心のなかは不安でいっぱいなのに、努めて明るくしている。

でも起こってくるのは不本意なことばかり。

引き寄せで願いを叶えた人がいっぱいいるみたいなのに、
なぜ自分の願いは叶わないのだろう?

引き寄せを知ってからのほうが、かえってネガティブな感情を持つことが多くなった。

こんな状態を続けていたら、「引き寄せに疲れた」と思いますよね。

そりゃそうです。疲れます。
ムリです。

続けられません。

でもこれには理由があるんです。

引き寄せに疲れてしまうのは「願望の仕組み」が関係していた!

引き寄せに疲れてしまう。
それは、ムリしてポジティブを装っていても結果が出ず、つらいからだと思います。

正直、こういう状態になってしまうには、人によっていろいろな理由がありますが
全員に共通してあるのは、「願望の仕組み」なんです。

引き寄せに疲れてしまったあなたは、きっと願望を叶えたくて
仕方がなかったと思います。

一生懸命、引き寄せ実践をやっていたと思います。

「○○という願いを叶える!」といつも意識していたと思います。
ビジュアライズしていたと思います。

実はここに大きな問題があるのです。

ポイントですからよく聞いてくださいね。

あなたが願望を持つときは、その願望が「ない」からですよね。

素敵な異性と付き合っているとき、「素敵な異性と出会いたい」とは思いません。
もう出会っていますから。

「素敵な異性と出会いたい」と思うときは、まだ出会っていないときですよね。
当然です。

ということは、絵にするとこんなかんじになるんです。

「よし願望を実現するぞ!」と思っているとき、確かにあなたは実現に向かっています。
それは間違いようがありません。

しかし・・・

同時に、願望の実現に自分が抵抗しているのがわかりますか?

抵抗の大きなものは「ない」という意識です。

あなたはきっと、願望を持ったとき、「まだ○○が実現していない」と
思うはずです。

「まだ、ステキな人に出会ってないな~」

こんなふうに思っているはずです。
だから願望を持つわけですよね。

ということは、願望を持っている段階では、
確かに実現へと向かう力もあるけれど、
「ない」という意識も大きいのです。

だから、願望を持つと、意識されるのは実は
「願望が実現していない」という波動なのです。

だから、願望を持てば持つほど、引き寄せ実践をやればやるほど
「ない」波動が放出されて、「ない」現実が引き寄せられてくるのです。

これを避けるには、完全に「ある」波動になればいいのですが
多くの人が「まだ実現していないのに、あるという気持ちになれない」と言っています。

つまり、「ない」波動が優勢です。

こういう原理的な抵抗があるので、願望を意識している状態では
願望は実現しにくいのです。

なんだそれは!

「願望実現法だと聞いていたのに、
願望を意識していると、実現しにくいだって!」

そうなんです。

引き寄せや願望実現にはこうした禅問答みたいなパラッドックスがあるんです。

「引き寄せや願望実現はパラッドックスなんだ」

そう思っておくと間違いないです。

出会っていない理由

また、別の意味の抵抗もあります。

「異性と出会っていない」というのであれば、
それには何か理由があるはずです。

例えば・・・

「私はモテない」と思っている。
「もっといい人がいるはずだ」と思っている。
そもそも人間関係が苦手。
異性が苦手。異性が怖い
素の自分を見せるのが怖い。
仕事が忙しくてそれどころではない。
正直、今の安穏な生活を壊したくない。
面倒くさい。
お金がない。
時間がない。

今のは例ですが、出会いたいのに出会っていないのであれば、
あなたに何か理由があるはずです。

それがあるから、出会っていない。

この「出会っていない理由」も強力な抵抗となります。

願うと叶いにくくなる

つまり、願望を心に抱いて、「よし、実現するぞ!」
と思った状態では、願望は実現しにくいのです。

これがとっても大事です。

なので、「願えば叶う」ということで
願ったり、一生懸命ビジュアライズしたり、実現に向けて
アファメーションしている状態では、願望は原理的に実現しにくいのです。

引き寄せに疲れた方は、きっとこの感覚で
引き寄せ実践とかかわっていたと思います。

なので、やってもやっても実現しないのです。

だから、結果が出ず、人生も変わらず、
引き寄せに疲れるのですよね。

引き寄せの違和感の原因

また、引き寄せに疲れる原因に、
「引き寄せ実践の方法がいちいちやりにくい」
というのもあると思います。

例えば、思考のシフト
物事を見る視点を変えることで、
同じ出来事にも違う意味を与えることができ、
感情をコントロールすることができます。

エイブラハムの教えでは思考のシフトが中心となる実践です。

しかし、思考のシフトが「できない」と感じる方が多いのです。

別の見方ができない、視点を変えられないというのです。

頭が固い、頑固、ということもできますが、
もう少し探ってみると、それは性格の問題ではなくて、
潜在意識にあるビリーフ(信念、観念)の問題であることがわかります。

ビリーフは現実がゆがめる働きがあるのです。

例えば、

「私はモテる」

というビリーフを持っている女性がいるとしましょう。

向こうからイケメンが笑顔でやってきます。
すると、この女性は、

「あら、素敵な人。いいことあるかも」

などと思います。

ところが、

「私はモテない」

というビリーフを持っている別の女性は、
向こうからイケメンがやってきても、

「あら、おかしい。この人、私を騙すつもりかしら」

などと思ってしまいます。

「イケメンが笑いならやってくる」
という出来事が一つだとしても、
ビリーフによってその受け取り方は全然違ってしまうのです。

「イケメンが騙す」なんて捉え方はおかしい、やめたほうがいいと
頭ではわかっていても、
イケメンがやってくると、
「あら、おかしい。この人、私を騙すつもりかしら」
と思ってしまうのです。

もうほとんど自動的に思考や防衛反応が生まれていて、
そこに視点を変える余地はほとんどないのが実情です。

「私はモテない」

というビリーフを持っていたら、

「イケメンがやってくる」→「おかしい。詐欺?」

という反応が自動的に起こってしまうよう
心がプログラミングされているのです。

これがビリーフの働きです。

そのため、何か出来事が起こるとほぼ自動的に
思考と感情が生まれてしまいがちです。

あわててポジティブな思考や感情を持っても、
ネガティブに上塗りしているようで、
心のなかにはネガティブな感情がいっぱい。

この自動的な思考や感情は
ビリーフから生まれるので、
ビリーフを変えるまで、同じような
反応をしてしまいます。

引き寄せ実践のやりにくさは
ビリーフのせいだったのです。

じゃあどうしたらいいの?ということに答えたのが次の記事

関連記事

こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストにしきです。 「引き寄せの法則」に興味がある。本当のことが知りたい。 でも、本を読んでも、セミナーに出ても人生はなかなか変わらない。 最近では、「引き寄せの法則」といってもさまざま[…]

引き寄せの法則を極める

個々の出来事はそれほど波動に影響しない

ネガティブな感情を持つのを極端に恐れる方もいます。

そして、あわてて、表面上ポジティブな言葉を発したりします。

これも波動の誤解から、極端にネガティブな感情を恐れているのですが
人間は宇宙なので、心のなかにネガティブな感情もポジティブな感情も生まれるのは当然なのです。

ネガティブもポジティブもあっていいし、感じていいんです。
感情は感じると手放されてなくなる(変容する)ので、感情を受け止めてあげることが大事ですよ。

「ポジティブだけの感情しか持っていない」という人がいたら、要注意です。
その人は、逆にネガティブな感情がたくさんあるのに、それを否認している可能性が高いです。

心配なのは、「ネガティブな感情を感じると波動は下がる」という思い込みですよね。

実は、個々の出来事で感じる感情はポジティブもネガティブも
そんなにあなた全体の波動を変えるわけではありません。

もし、個々の出来事に関する感情で波動が大幅に変わるなら、
ネガティブな感情を持ったあとに望まないことが起こり、
ポジティブな感情を持ったあとに望むことが起こることになりますが
実際はそうなっていませんよね。

むしろ出来事は勝手に起こってくるように感じられると思います。

なぜなら、波動は個々の出来事に対する感情で決まるのではなく、
あなたの潜在意識にある「ビリーフ」によって決まるからです。

なので、日々起こる出来事に対してどんな感情を持つかは
波動にとってはそれほど重要ではないので、極端に心配する必要はないのです。

願望がわからないのもビリーフのせい

また、「あなたの願いは?」と聞かれるととっさに答えられる人は
それほどいないと思います。

日本人にとって願望は苦手科目の傾向があります。

それは、

「自分を優先するのはワガママ」
「好きなことでは生きていけない」

といったビリーフを持たされたため、
自分が本当は何を欲しているのか、
意識しないように訓練されているからです。

願望は意識のステージにも関係しています。感情のスケールから読み解きます。

関連記事

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 エイブラハムの「感情のスケール」はご存じでしょうか? 22の感情の段階があるというヤツです。 22に分けてくれるのはありがたいけれど、ピンとこないところが […]

引き寄せに疲れたとき、本当にやるべきことは手放し

以上のように、

願望の仕組みの誤解
ビリーフ

があるため、引き寄せの本当のやり方を
知らないと、「引き寄せに疲れた」ということになりがちです。

本当のやり方・・・・

それはズバリ

手放し

です。

本当に実現させたい願望は
それをしっかり見て、つかんで、所有して、
それから手放せばいいのです。

なぜ手放すのか?

簡単に言ってしまうと、
「実現に抵抗する気持ち」や「実現したい」という
気持ちをなくしていくと、先に説明した
願望の綱引きが解消され、
願望が実現しやすい状態になるからです。

(詳しくは「実現を早くする「願望の手放し」がこれならわかった!【完全版】」を参照)

順序としては、まず

「願望が実現していない」
「お金がない」
「出会っていない」

といった欠乏感や抵抗感を手放してなくしていきます

欠乏感や抵抗感がなくなると、ほぼ自動的に
「○○を実現したい」といった強い気持ちが弱まっていきます
まだ残っているようなら、願望に関する感情も手放します。

すると、穏やかで温かく、ホッとした、リッラクスした感情になると
思います。

実はこの状態が、願望を実現した波動に非常に近いのです。

願望が実現したとしたら「願望を実現するぞ!」
といった気持ちがあるはずはありません。

だってもう実現しているから。

それをただ穏やかに味わっているというかんじではないでしょうか。
それも穏やかな感謝や愛情を伴っていると思います。

抵抗と願望を手放すと、
実現の波動に近くなるのです。

実際、手放すと実現したというのは
日常的に体験することですよね。

婚活をやめたら結婚できたとか、
出産も頑張るのをやめたら授かったとか
ダイエットも諦めたら、自然と痩せていた
なんてことはよくあります。

「ザ・シークレット」に登場するジョン・アサラフさんの
ドリームホームのエピソードはご存じですか?

夢の家に関するビジョンボードを作って実践したら
知らないうちにまさにビジョンボードに貼った家に住んでいた
というエピソードです。

注意深い方は気づいていると思いますが、
ジョン・アサラフさんがドリーム・ホームを引き寄せたのは
ビジョンボードのおかげ・・・・
と言いたいのですが、実はちょっと違うのです。

ジョン・アサラフさんは、途中でビジョンボードを見るのをやめて
倉庫にしまっていたのです!

ビジョンボードは見ていないのです。
ビジョンボードも願いも手放していたのです。

ジョン・アサラフさんは不動産業で成功したのですが
一生懸命お客さんのためになろうと仕事をしていたら
もう途中からビジョンボードどころではなくなっていた。

意識がもう変わっていたのです。
願っていないなかったのです。

この意識のシフトが大事ですよね。

自分にもこんなことがありました。

ここ5年間咲かなかった河津桜が自宅にあるんです。

なんとか咲かせようと、肥料をやったり水をやったりしていました。

でも全然咲かない。

昨年の夏の猛暑で、根がやられてしまって
葉っぱが病気になってしまいました。

半ば諦めて、お世話をしなくなったんです。
ほっぽっといた。

そうして、桜を見てみたら、今年は見事に咲いていました。
今、満開です。

手放すと実現するっておもしろいですよね。

ネガティブな自分を変える切り札はビリーフの書き換え

また、いちいち引き寄せ実践がやりにくい方は
ビリーフに何かがあると思って間違いありません

性格がネガティブという人も、子どものころから
ネガティブだったと思っていますが
よくよく思い返すと、意外と元気だったなんてことがよくあります。

これもどこかのタイミングでビリーフが形成され、
それ以降、何かの出来事が起こると自動的に
ネガティブな思考と感情が生まれているだけです。

元々ネガティブな性格なんて人はいません。

何かがあったのです。

親に決めつけられたのかもしれません。
否定され続けたのかもしれません。
無力感を味わったのかもしれません。
悲しかったのかもしれません。

引き寄せ実践がやりにくい、違和感がある、
疲れるという方は、ぜひビリーフレベルでの対処を
行ってください。

受け取り方、感じ方がまったく違ってくると思いますよ。

引き寄せに疲れた、という方は、

「本当のことを知って、さらに成長するドアの前にいる」

というのは以上のようないうことです。

あなたはこれまでのいわゆる引き寄せから脱して
本当のやり方に目覚めるときがきているのです。

どうぞドアを叩いて成長してくださいね。

■まずはここに登録して
引き寄せの誤解を正しておいてくださいね。
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
https://landing.attraction-method.net/10essences/

あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!

無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」

高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント