「義理の妹が憎い! どうしたらいいでしょうか」

「義理の妹が憎い! どうしたらいいでしょうか」

こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストにしきです。

まず最初に大切なお知らせがあります。

5月1日から、無料引き寄せ動画ワークショップ

「ディープな引き寄せの授業」

の登録を開始します。

これは、3回の動画で、「引き寄せの法則」の誤解を正し、
ワークで実際にあなたが変わっていくのを体験する無料ワークショップです。

無料で参加できますが、登録が必要です。
登録された方には、登録特典のプレゼントがありますよ~。

登録開始は5月1日からです。
5月1日のいずれかのタイミングで登録サイトをこのブログでお知らせします。

無料で学べるまたとないチャンス。
無料でも、手抜きはなし。
そんじょそこらのセミナーよりはるかに濃い内容です。

どうぞご期待くださいね。

以上、「ディープな引き寄せの授業」のお知らせでした。

先日開催したオンラインイベント「引き寄せQ&Aインテンシブ」
で、ななさんという方から

「義理の妹が嫌で仕方がないが
どうしたらいいか」

というご質問をいただきました。

にしきの回答は、
「あなたの感情を義理の妹さんに
アサーティブに伝えてください」
というものでした。

その後、どうだったかな~??

すると、先日、ブログにななさんが気づいたことをコメントしてくださったのです。

それがとてもいい例なので、シェアしますね。

きっと、ななさんは自分がなぜ義理の妹さんをこんなに憎むのか、気持ちの整理をするために自分をのぞき込んでみたのだと思います。

いろいろ書いてくださったのですが、親戚や親に対する信念・ビリーフ、未消化の感情がたくさんあることがわかってきたのです。

そして、義理の妹さんに対する感情に加えて、
親に対する感情もあることに気づきました。

整理してみると、ななさんという方はこんな信念・ビリーフを持っていて、それに従って生きています。

「親戚は仲が悪いものだ」
「間違っていても親を否定してはいけない」
「私は幸せになってはいけない」
「容姿がカワイイ人は人生が楽だ」
「親のせいで私の人生はつらいものになった」

信念・ビリーフは、いわばパソコンのプログラムのようなものです。
そのプログラムは勝手に動いていて、知らないうちにあなたの人生を創っています

望む現実を創造しようとしても、勝手に信念・ビリーフが別の現実を創っているのです。

「親戚は仲が悪いものだ」という信念・ビリーフを持っていると、このプログラムに
従って、なぜか親戚とケンカを始めてしまいます。
ななさんも実際、義理の妹さんと戦争状態ですが、義理の妹さんのことを嫌いなのは、
この信念・ビリーフの影響が大きいです。

また「私は幸せになってはいけない」という信念・ビリーフを持っていると、
そのとおり、せっせと不幸な人生を自分で選んでしまいます。
2つの道があって、一方が幸福、もう一方が不幸へつながっているとしたら、
不幸への道を自分で選んでしまうのです。

頭では「幸せになりたい」と思っているのに、です。

さきほど挙げた5つプログラムがななさんのなかで動作していて、そのプログラムが
不幸な人生を創り出しているのです。

親戚といざこざを起こして、
容姿がいい人をうらやましいと思いながら
そういう人を嫌って、
親を憎んで、
自分の人生が不幸になるように
わざわざ自分で選択するのです。

この信念・ビリーフというプログラムに気づかないで「幸せな人生を引き寄せる!」と思っても、実際はそれと正反対の選択をするようにプログラムされていますから、不幸な人生を創造するしかないのです。

では、どうすればいいか?

こういう信念・ビリーフを手放して、新しい信念・ビリーフを自分に書き込めばいいのです。

ななさんは、自分でそういう信念・ビリーフを探り当てたので、それを手放せば、人生は劇的に変わる可能性があります。

これは、波動を上げる、いい気分でいるといった実践では、まったく解決できない課題です。

だから、手放しが実践で大切になるのです。

あなたのなかにも、自分の人生を創り出している信念・ビリーフというプログラムが動いています。

信念・ビリーフは潜在意識にあるので非常に強力で、これを変えない限り、人生は変わらないし、引き寄せることもありません。

あなたはどんな信念・ビリーフを持っているか、時間をとって整理してみませんか。

人生がうまくいっていない、流れていない箇所があれば、そこに信念・ビリーフがかかわっているはず。

それに気づくのが先決ですよね。

そして手放す。

人生が変わるのはこういうときです。

最初の質問は「義理の妹が憎い! どうしたらいいでしょうか」というようなものでしたが、その背後には、親戚や親に対する信念・ビリーフがかかわっていたのでした。

■ご参考
「引き寄せの法則Q&Aインテンシブ」
http://landing.attraction-method.net/qa-intensive/

ななさんのコメント
https://truth.attraction-method.net/2017/04/20/truth-of-letting-go/

■オンラインコース「あなただけの『本当の自分』がわかる!」
http://online.attraction-method.net/knowing_your_true_self/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

14 Comments

  1. なな 2017年4月27日 at 10:45 pm  返答する

    こんにちは。自分のことが記事として取り上げてくださり、びっくり!!!しました。
    不思議と、義理妹のことを考える時間が1日のうちでほぼ無くなり、考えるのは母のことが多くなりました。
    両親両方いますが、父より母のことが思い浮かぶんです。

    最近、警察に運転違反で点数取られたり、歩いてるだけで怪我したり、しっちゃかめっちゃかですが、
    警察に罰金払うとか腹たつ!でも、やっぱり気をつけなきゃ危ないなあ。普段から旦那に運転荒いと言われてるし…
    歩いてるだけで溝で怪我したのに、携帯は奇跡的に無事でめちゃくちゃラッキー
    これも人に話すネタがひとつ増えたわ

    と、嫌なこと、最悪なことの中でも、まあまあマシなことや意味のあることもあるんだなあとぼんやり考える余裕が出てきたような…

    旦那の妹は、確かに腹立つ言動もあるけど、
    『自分の想いを伝えるまで 腹たつレベルのことでもないのかなあ』とも思ったり…
    何というか、怒るレベルが変わってきたかなあと思います。
    前は、例えるなら私は犬に吠えられただけでマジギレしていて、
    普通の人なら、犬に吠えられたら多少はイラっとするけれどもそこまで興味を示さないような、そんなかんじです。

    よく考えてみれば、母は子供第一優先にしてくれたけど、母は母で自分の趣味の好きなDVDをよく見ていたり、【子供以外の世界】がちゃんとあって、、
    私の方が、
    “母は子供のことが世界の中心なんだ”と、変に思い込んでいたのかもしれません。

  2. イク 2017年4月28日 at 12:21 pm  返答する

    にしきさん、コメントでの具体的なやりとりがとてもわかりやすく、いろんな気づきをいただいてます。ありがとうございます。

    わたしの場合、職場で好意を持つ男性にたいして

    プライベートでもお付き合いしたい、恋愛したい、彼や周りにわたしの気持ちを知られるのがやたらと怖い、彼に近づきたいのに怖い、など

    言葉に表せないいろんな感情が驚くほど出てきます。都度、感情を手放しするんですが、手放しをするほどに

    「彼と付き合えなくてもいいかな」「でもチャンスがあれば彼への好意は伝えたい」「彼でなくても、男性とはお付き合いしていこう」「彼とは付き合えないかな」「彼と付き合う自信がない」「頑張らなくても彼とならいずれ付き合うだろう」「ご縁にまかせて自然で付き合えばいい」

    言葉に出来る感情や言葉に出来ない感情、やたら出てきて訳がわからなくなったりします。

    そして、一つ一つを手放しするうちに、「彼への好意もいつか消えていくんじゃないだろうか。なら、彼への好意はたんなる執着で、この執着を手放したら彼との仲はどうなるんだろう?(←恋を失う恐怖と安堵感)」とか思うようになりました。

    なぜか恋愛という舞台からフェイドアウトしたがってるわたしを発見しました。
    「恋愛を避けたい何か」があるんですね…
    こちらの記事の方のように、信念をあぶり出そうと思います!

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年4月28日 at 12:41 pm  返答する

      イクさん 「彼と付き合えなくてもいいかな」「でもチャンスがあれば彼への好意は伝えたい」などたくさん書いてくださったのは、感情ではなく、思考です。単なる思考。
      感情は、「彼と付き合えなくてもいいかな」と思考したときに内側に起こる情念です。「がっかりする」「悲しい」など感じられるのが感情です。
      ですから、今たくさん出てきたのはすべて思考です。
      この思考は瞑想するとでてくる雑念と同じものです。
      単なるジャッジ、頭のおしゃべりです。
      そして、あなたの本当の願望は「彼とつきあいたい」ではなく
      「誰ともつきあいたくない」ですよね。
      >なぜか恋愛という舞台からフェイドアウトしたがってるわたしを発見しました。
      だから、恋愛から降りようとしているのです。
      つまり、イクさんは恋愛しないように信念・ビリーフでプログラムされているのです。
      このコメントを読むと、
      「自分の気持ちを周囲に知られるのが怖い」という恐れが濃厚にありますよね。
      (「私は感情を感じてはいけない」という信念・ビリーフがあるかもしれません)
      それと、自分に対する自信のなさ。魅力がないと思っているのかもしれません。
      「自分の気持ちを知られるのが怖い」という恐れと
      自信がなかったら、恋愛はできないですよね。
      寂しい人生を送りたいのですよね。
      でも違う選択をとることもできます。
      それが手放しです。
      「自分の気持ちを知られるのが怖い」という恐れの感情を手放し、
      「自分に女性としての自信がない」というのも手放し、
      堂々と生きるあなたに変身すればいいのです。
      これがあなたの人生の目標でしょうね。

      • イク 2017年4月28日 at 5:22 pm  返答する

        にしきさん、ありがとうございます(o^^o)
        わたしは小学低学年まではやんちゃだったのに、小学高学年から中学に上がる前後でガラリと大人しくなったことに気づいていました。大人しくなってから、家族、身内、友達、近所やクラスの子たち、働きだしてからは職場の人たち、ご近所さん、とにかく周りの目から隠れるように生きてきました。周りに自分の考えや感情を知られたくない。「みっともない、恥ずかしい」ガッチガチにガードしてました。

        「わたしはみっともなくて恥ずかしい」「だから隠れていなくては」が信念としてあるんだと思います。

        理屈では「大人なわたしは自分を綺麗にすることも出来る」「周りの人もわたしをみっともないとは思っていない」「周りの人はわたしに好意的だ」とわかるんですが、感情ではちゃんと納得できてないんですね。

        「わたしはみっともなくて恥ずかしい(だから周りから隠れてなくてはいけない)」という感情をしっかり感じて手放しをしてみました。

        まるで明るい場所で服を脱いで素っ裸になっていくようで、頼りなく恥ずかしく震えてきました。でも、頼りなさ恥ずかしさをさらけ出し震えてるわたしを優しく抱きしめてようとしてくれる暖かい存在も感じました。

        心臓のあたりにキリキリする痛みが強いですが、かすかに暖かくジンワリする何かがあります。

        こういった感じるものを手放していくことでよいでしょうか。

        >自分の気持ちを知られるのが怖い」という恐れの感情を手放し、
        「自分に女性としての自信がない」というのも手放し、
        堂々と生きるあなたに変身すればいいのです。
        これがあなたの人生の目標でしょうね。

        にしきさんのおっしゃるように、これがわたしの人生の目標なんだと思います。

        最近、理由のわからない「愛としか表現出来ない温かいなにか」が内側からドンドンわきだしてくるのを感じています。

        いろんな感情を押し込めずに表現して手放してゆけばいいのですね。しっかりやっていきます。

        5月の無料引き寄せ動画ワークショップ、とても楽しみにしています(^^)

        ありがとうございました!

  3. Dan( 暖 ) 2017年4月28日 at 6:32 pm  返答する

    ども~ \(^-^)/

    わたしたちが
    手放した方がよいもの
    ( 手放すかどうかは、自由な意思なんですけれど(^-^) )

    それは

    わたしたちの奥深くに
    あると思っている

    「わたしは、罪をおかしたのだから、罰を受けなければならない」 という気持ち

    言い換えるならば
    「わたしは、ダメな存在だから、苦しみを体験しなければならない」
    というものかもしれませんね

    目の前に起きているようにかんじられる
    様々な出来事は

    表面上は、
    お金のことや、仕事のこと
    恋愛のことや、人間関係のこと
    などなど

    「具体的な問題」として
    現れてくるようにかんじられますが

    ほんとうは
    「いわゆる問題と呼ばれることに対して、対処できない自分」
    「解決出来ない自分」
    「即座に、すぐに、対応できない自分」を
    責めている気持ち( 今のこの自分では、ダメという罪悪感 )が

    心の奥深くにあって

    「自分はダメな存在なんだから、罰( ばつ )を受けなければならない( 苦しみを体験しなければならない )」

    こんな わたしは
    苦しみを味わって当たり前なんだ
    罰を受けて当然なんだ
    という気持ちが( 意識下に )あるからこそ、問題とかんじられちゃうんですよね

    ( 本来は、問題なんてものも存在してはいないし、罪や罰なんてもの自体が存在していないのですが・・・ )
    ( 問題なんて、ただの勝手な意味づけ、ラベル、レッテル貼りにしか過ぎないわけですし )

    自分の中にある
    ( 無意識にある )罪の意識を
    手放さないままでは

    いわゆる
    罰( 苦しみ )と呼ばれる出来事を
    体験( 引き寄せ )てしまうことに
    なっちゃいますよね(^_^;)

    一見、他者を攻めているように見えても
    わたしたちは、結局、
    「自分のダメさを、認めたくない」
    ( 対処できない自分を認めたくない )
    ( ダメな自分を認めると、自分には罪があることになり、罪があるということは、罰( ばつ )を受けなければいけないと信じ込んでいるから )

    そういう、信念、ビリーフがあって、

    自分の罪を認めたくないからこそ
    まわりを攻めて、罪や罰からの逃避を計っているんですね(^◇^)

    ほんとうは
    自分にも まわりにも
    罪なんてないし、罰なんてない

    すべての
    罪悪感を手放すことが
    大切なんじゃあないかなって

    おいらは
    かんじています。

    ワンネスということから
    とらえると

    問題( ? )も 解決も ひとつだし
    罪とか罰なんて別個のものも存在しないし
    わたし と あなた も
    すべて ひとつ
    なんだもんね

    にしきさん
    ななさん

    ほんとうに ありがとうございます

    o(^o^)oニコニコ

    ・・・追伸・・・・・・

    信念、ビリーフって
    ただ、単に
    【 今までの考え方の習慣 】に過ぎないわけですから、
    修正、訂正は 無限に可能ということになりますね

    毎朝の習慣、毎日毎瞬の考え方の習慣を
    変更しさえすれば

    新しい習慣( 信念、ビリーフ )が
    作られていくんですね(^◇^)

    >「ディープな引き寄せの授業」

    とっても楽しみです.。oO

  4. Dan( 暖 ) 2017年4月28日 at 6:55 pm  返答する

    【 ほんとうの わたし 】が
    苦しんでいるのではないんです

    【 ほんとうの 自分 】は
    苦しみなんて、想像( 創造 )できないんです.。oO

    「エゴとしての自分」が
    ただ、「騒ぎを起こしている」だけなんです、ね(^◇^)

    エゴさんは
    「自分を守れ」 「危険を察知しろ」
    「防御しろ」
    「問題が、お前を危うくするぞ」
    「早く、早く、まわりをコントロールしろ」
    と、次から次に、語りかけてきます

    エゴさんは
    内面を見ることが、恐怖ですし、
    静かな心が苦手なんですね

    エゴさんは
    「騒々しいことが、大好き」なんです

    手放しは
    【 エゴさんを手本とする生き方を解放する選択 】とでも言えるかもしれません

    エゴさんを
    味方にしたいか?

    ほんとうの自分を
    味方にしたいか?

    【 見方( みかた )】で変わりますし

    ほんとうの自分の【 選択 】で、
    「恐れ」を手放して
    愛を思いだせる、と
    おいらはかんじています。

    o(^o^)oニコニコ

    • Dan( 暖 ) 2017年4月28日 at 7:15 pm  返答する

      「敵」や「味方」も
      実際には、存在しては いないんだ.。oO

      ただ、ただ、
      【 愛 】だけが

      実在しているのであって

      【 愛 】でないもの( モノ )は
      ま・ぼ・ろ・し

      エゴさんという存在や、「恐れ」という感情も
      「苦しみ」という感情も
      すべては、まぼろし.。oO

      なんだ、よ~ \(^-^)/

      だから、
      日々、うつりゆく「感情」なんて
      すべて、すべて 【 手放しても 大丈夫 】

      感情なんて
      大事に とっておかなくても
      大丈夫なんだよ~ \(^-^)/

  5. 智子 2017年4月30日 at 3:50 pm  返答する

    にしき様へ
    いつも素敵な内容のブログありがとうございます。
    抵抗など、手放ししてだいぶらくになったのですが、ひとつだけ収まらない感情があります。
    それは恋心です。
    私は8年以上お付き合いしている人がいるのですが、彼は私より16才年上で、既婚者です。
    彼は本当に私のことを大切に思っていてくれていて、私もまた彼をとても大切におもっています。
    ただ、彼の奥様も彼をとても愛されていて、彼も奥様のことを大切にされていると思います。
    何度も別れを決意しても、結局は苦しくなってまた付き合っています。
    別れても相当苦しくて、お付き合いしても、やはり切ない気持ちはあります。
    でも、やっぱり彼が好きで好きで仕方ないです。
    彼と一緒になれたらどんなにしあわせだろうかと思ってしまいます。
    手放し切れない感情はそのまま持っていてもいいのでしょうか。
    もっと自分を愛さないとと思うのですが。
    にしきさんのブログでもっと勉強します。
    いつもありがとうございます。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年5月5日 at 7:59 pm  返答する

      智子さん 申し訳ないけれど、お話を聞くと
      彼が奥様と別れて、あなたのもとにやってくる可能性は
      非常に低いと思います。理由がありませんから。
      それより気になるのは、つきあっても、別れても苦しい人を
      好きになることです。
      だって、好きなんだからしょうがない・・・そうですよね。
      でも、その背後に、「私は恋愛で苦しまなければならない」
      「私は幸せになってはいけない」という
      信念・ビリーフがあるとしたら、怖いですね。
      僕にはそういう不幸のプログラムが智子さんのなかで動いているように見えます。
      手放し切れない感情、というより、不幸のプログラムがそうさせているのではないでしょうか?
      今回を含めて、過去にも不幸な恋愛ばかりするなら、その可能性が非常に高いです。

  6. 智子 2017年5月3日 at 10:21 pm  返答する

    にしき様へ
    オンラインセミナー楽しみにしてます。
    5つの引き寄せの誤解のPDFとても参考になりました。
    エゴだらけの自分に気がつきました。
    もっと肩の力を抜いて、委ねていこうとおもいます。
    今を否定せずに、波動を少しづつあげていこうとおもいます。
    コントロールはいけませんね。
    もっと勉強します。
    ありがとうございます。
    オンラインセミナー楽しみにしてます(^_^)
    ありがとうございました。

  7. 智子 2017年5月6日 at 8:19 pm  返答する

    にしき様へ
    コメントありがとうございます。
    私自身でもビリーフのことはなんともわからない状態なのですが、小さい頃から、父親がいない状態で育ったせいか、今の人には、すごく父親のようなそんな愛情を感じているんです。
    すごく優しくて、たより

  8. 智子 2017年5月6日 at 8:27 pm  返答する

    すみません、操作が途中で途切れてしまいました。
    私がずっと思い描いていたような人なので、きっと長くお付き合いしてしまっているのでしょう。
    不幸のプログラムを自分で作り出してしまったのでしょうか。
    とにかくいまはもっとにしきさんの真実の引き寄せ勉強します。
    コメント本当にありがとうございます。
    ありがとうございます。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年5月7日 at 10:47 am  返答する

      智子さん よくわかりました。
      智子さんが求めているのは、父親の愛なんですね。
      父親とは結婚しませんよね。
      ですから、結婚しないような父親のような彼になぜかひかれるのです。
      智子さんは彼を男性として好きだと勘違いしているのです。
      智子さん、本当の意味でのパートナーシップを結びたいなら、
      相手に親代わりをねだってはいけませんよ。
      それをやったら絶対にうまくいきません。
      なので、処方箋としては、
      1.男性に父親代わりを求めない。「父親のような愛が欲しい」という考えを手放す
      2.愛を周りに求めない。愛されたいという考えを手放す。自分を愛することができるのは自分だと気づき、自分を愛する。父親の代わりになれるのはあなた自身です。
      ということになります。
      結局は、自分をちゃんと認めて、自分を愛することが解決策です。
      自分を愛することを学び、そのように生きることです。

  9. 智子 2017年5月7日 at 8:01 pm  返答する

    にしき様へ
    コメントありがとうございます。
    本当ににしきさんのおっしゃる通りだと思います。
    少しずつ、意識を手放して、自分を認めて、本当のパートナーに出逢える自分に近づいていきたいです。
    今はまだ気持ちが、揺らいでいますけど、本当にありがとうございます。
    にしきさん、貴重なコメント本当にありがとうございます。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください