皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

エックハルト・トールの最新DVDが日本語版でリリースされましたので、
ご案内します。

エンライトメント 人生の目的

エンライトメント

エックハルト・トール
DVD
93分
アウルズ・エージェンシー
参考価格:3,990円(税込)

エックハルト・トールのDVD第三作『エンライトメント 人生の目的』は、
このシリーズ最後を飾るにふさわしい素晴らしい内容です。

このDVDのテーマは日本語タイトルの「エンライトメント(悟り)」という
よりは、副題の「人生の目的」について、エックハルト・トールの視点から語っています。

このDVDはエックハルト・トールのほかのDVDと違う特別な位置にあります。

エックハルト・トールが熱いんです(笑)。

といっても、エックハルト・トールなので、独特の乾いた感じがすごくあります。
しかし、その彼にしては、「愛」「美」「光」といった彼があまり
使わない言葉で、これまで紹介されていないエックハルト・トールの思想が
語られていきます。

そこにエックハルト・トールの優しいまなざしが表れていて、それが
このDVDを前二作から際だったものにしています。

ただし、最初のほうを見て、「なーんだ、同じ話じゃないか」と早合点してDVDの
再生をストップすると、とてももったいないことになります。

このDVDが素晴らしいのは、後半の部分、いえ、残り30分といっても過言ではありません

そこにエックハルト・トールの教えの核心部分、とてもヒューマンな部分が
存分に語られています。

エックハルト・トールが愛を語るんですよ。
それだけでおもしろいじゃないですか。

しかもその考え方は、にしきが思っていることと同じです。

愛は「誰かを好き」とか、そういうことではありません。

愛は、自分を限定する【思考】を超えて、自分が「形」ではなく「意識」であること、
「モノ」ではなく「スペース」であることに気づくとき、訪れる認識のことです。

それをワンネスといったりします。

あなたと私は、同じ一つの源(ソース、神)の表れにすぎないこと
その意味で、あなたも私も同じであること。
これが本当にわかったら、争いはなくなります。

エックハルト・トールは、この気づきの地点から、スターバックスコーヒーで、
コーヒーを飲みながら、人々を眺めています。

笑っている人、本を読んでいる人、誰かを待っている人・・・

それも実は同じ「私」の表れです。
このワンネス、愛、目覚めの意識にあるとき、人ははじめて人生を楽しむことができる
と、エックハルト・トールは言います。

にしきもそのとおりだと思います。

それは、モノを引き寄せるようとするのを超えて、「本当の自分」に戻るとき、
すべてが変わると、僕が言っているのと同じです。

このように、『エンライトメント 人生の目的』には、これまで以上に共感する
ところがたくさんあります。

皆さんも興味のある「現実化」。これも出てきます。
「現実化」とは「マニフェステーション」のことで、創造や引き寄せも実はこれです。

しかし、「頑張って寝ないで苦労して働き、ようやく億万長者になる」ということ
が「現実化」ではないと、エックハルト・トールは言います。

「何かが足りない」というエゴの欠乏感から起こった行動は、自分も相手も不幸に
するもので、幸せに至ることはありません。

モノによる満足感は一時的なもので、決して幸せを与えてくれはしないのです。

本当の満足・本当の幸せは、「本当の自分であること」
エックハルト・トールの主張は、このブログで強調していることとまったく一致
しています。

「本当の自分」とは、瞑想で訪れるような絶対的な静けさであり、スペースであり、
意識であり、一つの命であり、イキイキした感覚のことです。

エックハルト・トールはここでは「魂」(言語はスピリット)という言葉でそれを
表してさえいます

「本当の自分」というのは物質性を超えた絶対性のことです。
にしきがよく言うスピリットというのも実はそれです。

自分がこうした絶対性なのだと気づくと、思考の牢獄から解放されて、
人生を楽しむことができるようになります。

エックハルト・トールがスタバでコーヒーを飲むように。

ですから、にしきのブログを楽しく読んでくださっている方には、
このDVDの内容もとても楽しめるし、「うん、うん」ということになるでしょう。

にしき流に付け加えると、楽しんでいるとき、喜ばしき何かを波動で引き寄せる。

「引き寄せたい」という思考やジャッジを超越することが、人生を楽しむ秘訣だし、
人生の目的だと思うのです。

いろんな意味で非常に面白いDVD。
にしきの読者にはぜひお勧めです。

■■ 『エンライトメント 人生の目的』のお買い求めはこちらからどうぞ ■■