今日は、本田晃一さんのブログのシェアです。
「崩れない自信の作り方」
http://blog.livedoor.jp/hondakochan/

「本田こーちゃん」はお父さんがやっていたゴルフ会員権の会社のサイトを立ち上げ
て大成功させたWebマーケターの草分けであり、世界一周旅行や幸せに成功する
方法をシェアしているすてきな方です。

昨日のブログにとってもいいことが書いてあるので、シェアしますね。

今とても有名人になった心屋仁之助さんが、ブレークするときどういうふうに
したのかという話です。
心屋さん1

 

 

 

 

 

 

それは・・・

「自分は素晴らしいということにした。
それは自分の凄い部分を素晴らしいじゃなくて
全然出来ていない、最低だと思ってる底辺の部分を素晴らしいということにした」

「積み上げた自信は崩れる
積み上げていない自信は崩れない
自分の中の底辺だと言う部分を素晴らしいと言うことにする。
すると底辺の部分が自信になる
その自信は崩れない」

そんなふうに、心屋さんが本田こーちゃんに電話で話したそうです。

つまり、「素晴らしくない自分を素晴らしいと思う」方法をとったのです。

そしたら、心屋さんはブレイクした。

これすごい話ですね!

「自分のダメな部分・・・」
「できていない部分・・・」

そんなかっこ悪い部分、誰だって隠していたい。
「自分はすごいよ」って言いたいし、人にもそう思われたい。
そして、人は自分に「かさ上げ」をしたくなる。
「ほーら、私はなんでもできるし、こんなにハッピーだよ。ネガティブなこと
なんて考えるはずないじゃん」

その裏で一生懸命「引き寄せよう」としていたりします。

でも、隠し事ってバレちゃうんです。

隠し事をしていたら、表面的にはつくろっているつもりでも、
やはりオドオドして、なんだかかっこ悪く見えちゃいます。

そういうのって、外からわかります。

「なんかこの人、信用できないな」と直観で感じることありますよね。
その直観は正しいのです。
何か隠し事があるのが伝わるのです。

そういう隠し事をやめたとき、つまり、

「私にはこんなにダメなところ、恥ずかしいところ、できていないところがある。
でもそれをダメだと思わず、素晴らしいと思うことにした」

「まだまだ足りない」と思うのではなく、
「そんな自分でいいじゃない。そんな自分だって素晴らしいよね」

そう思えたら、もう欠けているところが自分のなかになくなるので、
崩れることのない自信が出来上がるでしょう。

「自分を受け入れる」のができない人は多いと思います。
この方法、試してみてはどうでしょうか。

あなたも自分のなかにあるダメな部分、弱い部分、いやだな~と思っている部分を
思い出してください。

「朝起きられない自分」
「何事も継続できない自分」
「すぐ不安に陥る自分」
「1歩も行動できない自分」

そんな部分を自分も持っているけれど、
「それも素晴らしい」

そんなふうに口に出して言ってみてください。

そのとき、あなたのなかでどんな感情や思考が生まれますか?
どんな感じがしますか。

それと同時に、あなたのなかにある受け入れられる性質を思い出してください。

「きっちりやり遂げる自分」
「責任感のある自分」
「優しい気持ちを持つ自分」
「まじめで道を外さない自分」

「これも素晴らしい!」
そう思ってみてください。

どうですか?
今の自分で素晴らしい、もう何も足すことはない、と思えますか?

それとも抵抗していますか?

抵抗するあなたも素晴らしいですよ。

こんなふうに、ダメで受け入れられない自分を素晴らしいと思うことにしたら、
あなたはなんでもできるようになります。

自分が本当に思っていることを言えるようになります。

自分を文章、歌、ダンスetc.でいろいろ表現できるようになります。

「こんな自分だけど、テレビに出てもいいかも」
「人を導いてもいいかも」
「スピリチュアルなお話会をやってもいいかも」
などと思えてくるでしょう。

行動を止めているブロックがとれるので、どんどん行動するようになるでしょう。

どうでしょうか?

こんな方法で自分を受け入れてみては?

そうなったら、もう変な引き寄せはしようと思わなくなるね。

※このシェアを書かせた、

本田晃一さん
心屋仁之助さん

のお二人に感謝します。