16327842_s
追加で開催が決定した1Dayワークショップ「ハートの願望」は、12月8日の第二回も
残席わずかとなっています。

ご興味ある方は、ぜひお早めにお申し込みくださいね。

2014年をさらに輝く年にするため、今から準備するのはとってもすてきなこと。
お待ちしています。

↓ 「ハートの願望」の詳細、お申し込みは ↓
http://online.attraction-method.net/heartsdesire/

今日は、引き寄せの法則のまたよくある誤解について話します。

いい気分 これまでいろいろ教わって、かなりわかってきた気がします。それでも、
はっきりしないのが、「意図すること」と「委ねること」のバランスです。これ
についてもう少し教えてくれませんか。

にしき いいよ。確かに「意図」と「委ねる」(手放す)は、まったく違うことのように
思えるから、わかりにくいよね。「何回意図したから、もうやらなくていい」とか、
そんなふうにとらえる人もいるだろうね。そういう疑問が出てくるのもわからないでは
ないけれど、そもそも「「意図と委ねるのどっちが重要?」という発想が出てくることに、
問題があるように思えるんだ。

いい気分 というと?

にしき つまりその背後にあるのは、「モノ」を引き寄せたいという強烈な思いだよね。
焦点が当たっているのは外界の物質世界。「モノを引き寄せたい!」という発想が
先にあるとき、意図と委ねるがまったく別物に感じられるのだと思う。そうじゃくて、
モノが引き寄せられるのは、結果なんだと、この対話でもさんざん話していると思う。
もうちょっと言い方を変えてみよう。いい気分さんは、どんなとき、自分が何かを
引き寄せる強い磁石になると思う?

いい気分 ええと、欲しいものに焦点を当てて、それがあたかも手に入ったように
感じられるとき、ですか?

にしき そういう教科書的理解もあるよ。決して間違いじゃない。でも、僕だったら
こう言うね。「自分が本当の自分とぴったり一致したとき」に、人は強い磁石になって
何かを引き寄せる、とね。

いい気分 そういう言い方もわかりますけど、どこか違うんでしょう?

にしき モノを基準に引き寄せを見ているのか、自分という内的なものを基準に
見ているのか、そういう違いがあるね。

いい気分 モノを基準に考えています。「1000万円を引き寄せたい!」とか、そんな
ふうにとらえています。

にしき (笑)悪くないけれど、1000万円というお金が、いい気分さんを幸せにする
のではないことは前に説明したね。にもかかわらず、そういうモノに執着してしまうと
本質を見失ってしまう。そして、せっかくの「引き寄せの法則」の価値を台無しに
してしまう。だから、「引き寄せの法則」、いや「真実の引き寄せの法則」を知って、
それを楽しむのがいいよね。

いい気分 というと、やはり、「本当の自分」・・・

にしき そうなんだよ。この世で一番楽しくて、スリリングで、ワクワクする
ことって、なんだと思う?

いい気分 うーん、いろいろあるような気がします。1000万円もいいし、パートナー
もいいし、出世するのもいいし、楽に暮らすのもいい。自家用ジェットで豪華世界旅行
なんてのもいいですね。

にしき 「自家用ジェットで豪華世界旅行」なんて、本当に経験したいと思っている?

いい気分 え? 思っていますよ。

にしき だったら、それに向かって動いている? 自家用ジェットにどんな機種があるか、
年間の維持費はとか、どの空港を使うのかとか、そんなことに興味があって調べたり
している?

いい気分 今はまだそこまでは・・・

にしき でしょ? 実は自家用ジェットなんて、あまり興味がないんだよね、本当は。
それよりも、目の前のことでいっぱいいっぱいなのでは?

いい気分 正直そうでした・・・

にしき 今のいい気分さんの願望じゃないんだ、自家用ジェットは。

いい気分 そうなのかもしれません。

にしき 今は違うってだけ。これから、自家用ジェットも視野に入ってくるかも
しれない。それは楽しみにしていいよ。でも、今は違う。それだけ。
またこういう願望の勘違いは頻繁に見られる。モノに目を向けている人はやって
しまいがちなんだ。
そう、そして、さきほどの質問の答え、「この世で一番楽しくて、スリリングで、
ワクワクすること」・・・それはモノじゃないんだ。それはなんとなくわかって
くれるよね?

いい気分 ええ、まあ・・・

にしき 外界のモノは一時の喜びしかくれないんだ。究極の幸せじゃない。
「この世で一番楽しくて、スリリングで、ワクワクすること」それはとっても内的なこと。
それは・・・

いい気分 それは?

にしき それは、自分が「本当の自分」とつながっている、ということなんだ。

いい気分 言葉で言うとたいしたことないですね。

にしき そうでもないよ。「本当の自分」とつながっているとき、人は
人生がまったく違ったように感じられる。すべてが流れるようにうまくいくし、
自分の心の奥底から出てきたことが、魔法のように実現するのを目の当たりにする。
それこそ、考えられないような出会いやラッキーなことが起こるのは、「本当の
自分」とつながっているときなんだ。「つながっている」という言葉がわかりにくければ
「本当の自分である」「本当の自分として生きている」と言ってもいいと思う。
こういうとき、人は子どもに返ったように、すべてが新鮮でワクワクするものに
思えてくる。子どものころは、すべてがそんなかんじだったでしょ? でもいつのまにか
大人になって、楽しいことと楽しくないこと、ワクワクすることとワクワクしないことを
分けるようになった。願望とそうでないことを分けたのもそうだよね。そういう
ふうに分けると、人は必ず願望でないことを経験するから、楽しくなくなる。
それが願望を実現したい人が、意外とつまらない人生を送ってしまう理由かもしれない。
願望を実現して幸せになろうとするのではなく、自分に返ってスリリングな自分に気づく。
すると、人生のすべてがスリリングになる。こう思って、「本当の自分」とつながれ
たとき、人は強い磁石になって何かを引き寄せる。それを外側から見ると、「アイツ、
やたらと引き寄せている。何が秘訣なんだろう」ということになるんだと思う。本人は
何かを引き寄せようなどと躍起になっていないのに。いい気分さんが思うのとは
違うかもしれないけれど、こういう世界はあるんだ。「真実の引き寄せの法則」
が目指す世界はこれだよ。

いい気分 言われてみると、わからないではないのですが、まだピンとこないです。

にしき それは仕方ないよ。まだ願望の先があることを体験していないから、
モノを引き寄せようという発想になるだけなんだ。だからまずは体験することだよ。
そして、「モノを引き寄せようとするだけでは、どうも幸せにはなれない、どうして
だろうか」というような疑問に突き当たるといいと思う。「引き寄せの法則は
ウソだ」とか「なぜ引き寄せの法則で引き寄せられないか」などと無関心になるの
ではなく、探求をもっと先に進めることだよ。そして、内側に目を向けることが
大切だよ。

いい気分 内側に目を向け、感情をモニターしたりはしていますが・・・

にしき 内面にはもっと探求すべきことがある。そして、いらないのにまだ持っている
信念や観念、思考、そういったものを感謝とともに手放す作業が必要なんだ。
「新しく自分を定義しなおす」といってもいいし、内側外側にスペースをつくる、
と言ってもいいよね。自分や他人を責めたり、ジャッジしたりする癖をやめる。
愛の方向へ進化する。自分の神聖さにほんとに気づく。そういう進化を
する必要があるね。そのときはもうモノを引き寄せたいなどとは、ひとつも思わ
なくなるだろうけれど、そういうときこそ、何かが起こってくるし、能動的に
起こしている。そういうものだと思うよ。

いい気分 なんとなくわかってきました。モノを引き寄せたいという意識の先も
あるのですね。引き寄せ的な実践をすることで、感情が改善されたし、元気に
なってきてとてもいいのですが。

にしき そうだね。そういう楽しさを味わいながら、引き寄せ実践、まあ今は
モノをターゲットにしていいと思うけれど、そして一方で自分の内面の探求を
続けてほしい。きっと素晴らしいことがわかってくると思うよ。

いい気分 なんだか、壮大な話ですね。ぜひ続けてみます。