人類の意識を飛躍的に進化させるイマジナル・セル

チョウのメタモルフォーゼで活躍するイマジナル・セル

こんにちは。
「宇宙の法則」エバンジェリストにしきです。

2020年3月末、今、日本は新型コロナウイルスに苦しんでいます。
首都のロックダウンも間近。
初めてのことに戸惑う方も多いです。

飲食店経営者の方は、お客さんの脚が遠のき、
本当に大変だし、先が恐ろしいことでしょう。

これからしばらくのあいだ、こんな苦しい状態が続くのです。

しかし、新型コロナウイルスが収束するころには、
これまでとは違った新しい世界が立ち上がってくるのを期待しています。

幼虫がサナギを経てチョウになる。

今、僕たちが体験するのは、
幼虫からサナギへの変化です。

ご存じでしょうか?

チョウが幼虫(イモムシね)から成虫に
変わるとき、いったんサナギのなかで細胞が全部溶けるんです。

子どものころ、よく枝にサナギがくっつていているのを見ましたが、
サナギのなかにイモムシが隠れているわけじゃなくて、
サナギのなかはただの液体が入っているだけなんです。

免疫システムや脳などごくわずかを残して、
あとは全部細胞が溶けて、
イモムシの痕跡さえない状態です。

こんな状態で出現するのが

イマジナル・セル

です。

イマジナル・セルは、「成虫細胞」とも訳すべきもので、
この溶けたスープのような液体のなかに
成虫になるためのまったく別の細胞が生まれるのです。

いえ、実際はイマジナル・セルは元々幼虫に備わっていた
というのが本当のところです。

このイマジナル・セルはイモムシの細胞とは
全然違うので、イモムシの免役システムは
異物としてとらえて攻撃します。

なんとか元のイモムシであろうと
するのです。

ところが、イマジナル・セルは免疫システムに
やられてもやられても
どんどん現れます。

当初は、ここに一つ、あそこに一つと、偶発的に
生まれたイマジナル・セルですが、
あるとき、集合し出します。

イマジナル・セルが集まると、
免疫システムに対しても強くなるのでしょう。

DNAからの指令でそれぞれの細胞に
役割を割り当てられ、
さらにイマジナル・セルの存在感が増します。

そして、イマジナル・セルが増加して
クリティカルマス(臨界点)を越えると、
古いイモムシの細胞もなだれを打ったように
イマジナル・セルによる新しいシステムに合流していきます。

これまでイマジナル・セルを攻撃していた
免疫システムは免疫システムの役割を保ったまま、
新しく生まれた成虫のシステムに統合されていきます。

するともうイマジナル・セルに反抗するものはいなくなるわけです。

そして、成虫としてのチョウに特徴的な
美しい羽根や触覚を作り出すのです。

しかし、チョウとなって羽ばたくには
もっと先に進む必要があります。

成虫のシステムに合流できなかった
イモムシの細胞は、結局のところ
死んで、液体となります。

これが成虫の栄養となって、
羽根を大きくしていきます。

そして、サナギの外から
羽根が見えるほどに成長すると
チョウの誕生は間近です。

しかし、

最後に必要なことあります。

チョウは自分の力でサナギを破らなければならないのです。

羽根を広げようと努力することで、
チョウは羽根の力を強くして、羽ばたけるようになるのです。

だから、外側からサナギをやぶって
チョウを助けたりしてはいけません。

そうするとチョウは飛べなくなるのです。

そして、苦労の末、チョウはサナギを破って
外に出ます。

最初はこわごわとサナギにつかまっていますが
意を決して羽ばたき、そして飛ぶのに成功するのです。

あなたのDNAのなかにあるチョウのビジョンは?

今、地球で起こっているのも
まさしくイモムシからチョウへのメタモルフォーゼ(変容)でしょう。

古くて使えなくなったシステムが崩壊して
新しく美しいシステムが立ち上がる。

チョウのように。

このメタモルフォーゼで重要なのは
イマジナル・セルという、成虫になるための細胞です。

「イマジナル」とは「成虫」のことですが、
「想像力」の意味もあります。

きっとイモムシのDNAのなかには
既にイメージとして、あるいは青写真として
「成虫になるぞ」という意思があったのだと思います。

そのビジョンが実現して
イマジナル・セルとなり、
最終的にチョウとなった。

イマジナル・セルがチョウになるまで
免疫システムに排除されそうになっても
孤独なイマジナル・セルがそれに抗って生き延びたり、

羽ばたく前に自力でサナギを破ったり、

本当に大変な努力だったと思います。

そもそも、サナギになるとき
古い細胞が全部溶けてしまうなんて
なんという恐怖でしょう。

でも、イモムシは本能で
「このプロセスは正しい」
と悟っていたのです。

だから、最後まで頑張れた。

今、人類の意識に起こっていることも同じだと思います。

私のたちのDNAのなかには、もう既に
来るべき世界のイメージやビジョンが格納されています

ただ、私たちがそれに気づかないだけです。

でもなかには、「ああ、そうだった、私はチョウになるんだった」
と、そのビジョンを思い出す人も出てきます

その人が人類のイマジナル・セルなのです。

この人類のイマジナル・セルが方々に出てきて
それが集まるとき、力となります。

それが一定数を超えるとき、
社会が雪崩を打ったように
新しいシステムに参加しだします。

古いシステムと新しいシステムを比べると、イモムシとチョウほどの違いが出てくるでしょう。

今、私たちはイマジナル・セルとなって、チョウになろうとしています。
今起こっていることはイモムシからサナギへの変化。

怖いかもしれません。

そのプロセスは楽なものではないでしょう。
しかし、それが人類の進化なら、そのプロセスを進めるより他にありません

あなたのDNAのなかに既に存在している
ビジョンを受け取り、
あなたがイマジナル・セルとなってください。

それが、人類というシステムを救い、進化させる鍵です。

どうぞあなたのなかにあるチョウのビジョンを
解放してください。

そして、素晴らしい世界を互いに創っていきましょう。

あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!

無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」

高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント