永遠に願望が叶わなくなる「願望系の言葉」

永遠に願望が叶わなくなる「願望系の言葉」

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

にしきが提唱する真実の引き寄せの法則は、手放しが実践のポイントです。

願望も手放します。

「願望を手放す」についての誤解も
記事に書きましたのでご覧ください。

「「願望を手放す」の本当の意味」
https://truth.attraction-method.net/2018/04/10/meaning-of-lettinggo/

「願望」は広い言葉で、どんなことも願望にすることができます。

また、「願望」を頭のなかだけでとらえて
「なんとなく」思っているだけの方も多いですが、
その状態では、願望があいまいで、実現に向かいにくい状態です。

なので、願望はいったん文字に落とし込んで明確化するのがいいです。

(ただし、くれぐれも執着しないように。その願望も手放していきます)

そのさい、いくつか基準がありますので、
少しだけシェアします。

———————————–

【願望を文字で明確化するときの注意点】

1.現在形で書く
これはよく知られていますが、願望を文字で明確化するとき、
動詞の時制は未来形ではなく現在形もしくは過去形を使い、もうそれが実現したかのように文字にします。

2.否定形ではなく肯定形で書く
よくやってしまいがちなのは「○○ではなく」と願望を思ってしまうことです。
これは否定形です。否定形ではなく肯定形の動詞を使って書きます。

3. リアルな内容にする
夢物語ではなく、自分ができると思える内容にします。

4.実現したい状態を形容する言葉を添える
「結婚している」が願望だというと、どんな結婚でもいいことになります。
実際に実現したいのは結婚という形式ではなく、
パートナーや家族、周りの人たちのとの関係です。
なので、「結婚したい」を願望にするのではなく
「私に最適なパートナーと愛にあふれた優しい関係を楽しみます」
というような言葉にします。

———————————–

こんな基準に従います。

wantを使わない

そして、このとき、もっと大切なことがあるんです。

でも、多くの人が「願望は何?」と聞かれると
やってしまっていることです。

それは「○○したい」とか「○○になりたい」
「○○になったらいいな」「○○が欲しい」
というが願望系の言葉を使わないことです。

日本語だといろいろな表現が可能なのですが
英語で言うと「want」を使わないことです。

多くの人が「結婚したい」とか「お金が欲しい」
などの表現を使って願望を言い表していますが
それはNGです。

じゃあどうしたらいいかというと
「○○したい」といった願望系の言葉を使わないで
動詞をほかの言葉に置き換えます

しかも現在形ですよね。

にしきがお勧めするのは

「許可する」
「準備ができている」

という言葉を使うことです。

例えば、

「私は愛にあふれた優しい関係を簡単に手に入れるのを許可します」

「私は自分の能力を最大限発揮してお客さまに貢献し、
自分も十分なお金を手に入れる準備ができています」

というような文を作ってみるのがいいです。

ただし、何度も言いますが執着するのではなく
こうした文を作って、その文を読んだとき、
心のなかに起こってくる思考や感情を手放します

なお、実際にはこの文を作る前に
手放しを行っておきますが、ここでは省いています。

手放しを行いますので、
「期限を設定したほうがいいのか、しないほうがいのか」などと
悩まないでください。

3.に挙げたように自分にとってリアル
であればどちらでもいいのです。

また、これは願望を文にしてアファメーションしましょう
という実践ではありません

願望を手放していくために、
文にして明確化しているだけです。

誤解なきように。

なぜ願望系の言葉がNGなのか

なぜ、

「○○したい」
「○○になりたい」
「○○になったらいいな」
「○○が欲しい」

といった願望系の言葉を願望の表現に使ってはいけないのでしょうか?

それは簡単に言うと、願望系の言葉を使うと
未来の話になってしまうからです。

願望は、もうそれが実現したかのように
現在形や過去形にするのでしたよね。

だから、願望系の言葉は使ってはいけないのです。

こういう説明が一つ。

もう少し本質的な説明をすると、
願望系の言葉には

「まだない」
「今はやらない」

という波動が含まれているからです。

ですから、「○○したい」というような願望を
持つのは比較的簡単です。

だって、「今はやらなくていい」からです。

「人生を変えたいです」と言う方は
「まだ変えません」と言っているのと同じなのです。

夢もそうですが、願望が実現するときは
それが未来の夢物語から、
今現在の話として
ビジョンが地に足がついてきて
具体的な手順がわかったり
「こうなる」といった
確信が起こったりして
具体的に物事が動き出すときなのです。

願望が実現に向かうには
こういうシフト、変化、転換が起こる必要があるのです。

ですから、

「願望を持つだけでは実現しない」

という言葉は正しいです。

このシフト、変化、転換を促すのが
手放しなのです。

「○○したい」
「○○になりたい」
「○○になったらいいな」
「○○が欲しい」

といった願望系の言葉を使って
願望を表現するのはやめましょう。

それをやると、永遠に願望は実現しなくていいことになります。

言葉が何かをするわけではありませんが
あなたの意識が実現に向かうような言葉

「許可する」
「準備ができている」

を使うのがいいです。

こんなふうに文字にしてください。

「私は短い時間で賢く仕事をして成功することを許可します」

「私は自分を愛し受け入れる準備ができています」

「私はパートナーとの関係が愛に満ちリラックスしたものであることを許可します」

「私はラクに自分の理想体重を維持することを許可します」

「私は理想の生活習慣を持ち、健康な自分を楽しむ準備ができています」

■「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
でディープに本物の引き寄せを解説しています。
↓   ↓
http://landing.attraction-method.net/10essences/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください