「現実」のテクノロジー

「現実」のテクノロジー

僕たちが「引き寄せの法則」の実践でやっているのは、「意識を自由に使いこなす
こと」です。

物事に対していろいろな見方ができ、出来事のどの部分にフォーカスするか、
どういう感情を持つか、自分で決めることができます。
同時に現実もたくさんあり、僕たちは望む現実を選択できる。
脳が柔らかいと、こういうことができるようになり、望む現実を創造し、
引き寄せることができます。

ところが頭が固くて知覚できる外界を固定的にとらえてしまうと、
物質世界が圧倒的な力で迫ってくるように感じるでしょう。

望む現実を創造するには、例えばお金であれば、

「私はいつも現状とは違う金銭的豊かさについて話すことができます」
「お金と引き寄せの法則シークレットカード」

という状態である必要がありますよね。

ところが、現実は一つであると固く信じていると、こういう実践が「まやかし」
「ごまかし」「逃避」のように見えてくるでしょう。

しかし、皆さんが固く信じているように「現実」はそんなに確かなものなのでしょうか

おもしろい実験をしてみましょう。
下のリンクをクリックしてみてください。

http://www.lottolab.org/illusiondemos/Demo%207.html

Image-7

タイル状の物体が2つありますね。
見てみると、上にタイルのほうが黒っぽく、下のタイルのほうが
白っぽく明るく見えます。

これが間違いのない「現実」だと誰もが思うでしょう。

ところが・・・

この「2つのタイルは同じ色をしている」と言ったらあなたはどう思いますか。

まさか・・・と思う方は、右上にある「MASK」にマウスポインタを移動させてみて
ください。

驚きの事実ですよね!
本当に同じ色をしているのです。

これは光の当たり方、立体の具合から、脳が判断して、
「ここは明るいはずだ」「ここは暗いはずだ」と本来の色に強力な修正をかけて
しまっているのです

こういった例はたくさんあって、僕らは「ありのままの現実」を経験しているの
ではないことがわかるでしょう。

あくまで目や耳、鼻など感覚器が受け取った情報を、脳が解釈している。
それを経験しているにすぎないのです。

でもそれを「たくさんの人が同じ経験をしている」と約束事を決めたにすぎないのです。

だって、僕が経験している現実と、あなたが経験している現実が同じだと、
証明できるでしょうか?

非常に難しいと思います。
なぜなら、僕の経験は内的なもので、あなたは知り得ないからです。
逆もまた然りです。

僕たちが現実だと思って悩んだり、笑ったり、怒ったりしている現実は、
本当にあるんでしょうか。

「僕たちは本当に何を知っているのでしょうか?」

英語で言うと「What The Bleep Do We know!?」
科学とスピリチュアリティが出会うとき、あなたの現実のとらえ方が変わるでしょう。

DVD『超次元の成功法則』
↓ クリックするとアマゾンへ移動します ↓

とても有名な映画です。まだ見ていない方はぜひご覧になってください。

「現実」は皆さんが思うように堅固なものではありません

こういう事実が腹に落ちたとき、あなたは望む現実を創造する位置に立ちます。
意識がシフトしています。
拡大しています。

もう「現実は○○なのに、望む現実を想像するのは逃避」などとは一切思わなくなります。
意識を自由に使いこなすことができるでしょう。

こんな創造の世界にようこそ!

■「引き寄せの法則マスターセミナーDVD完全パック」
http://www.attraction-method.com/hikiyosemasterdvd/

※業務連絡
ご購入の方でプレゼント3の動画を受け取っていない方は、
事務局までご連絡くださいね。

By |2018-01-25T21:21:59+00:002013年9月15日|現実|1 Comment
2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

1コメント

  1. Dan( 暖 ) 2017年2月9日 at 3:06 pm  返答する

    ども~ \(^-^)/

    おいらは
    時に 「魔が差します」(^_^;)

    どういうふうに
    魔がさすかというと・・・

    「目の前の現象さんを、現実に起きたこと」にしてしまうんです

    そして
    反射的に( 自動的に )
    「自分は あかん」
    「これでは ダメだ」
    という現実をかんじたり

    「あの時 こうだったから こんなことになっちゃった」
    と、過去を悔やんだり

    「このままではダメだから、こうしなければならない」
    と、先の不安を抱えたり・・・

    エゴさんを手本にして
    否定的な思考や感情を
    「過去に向けて」は後悔したり
    「未来に向けて」は心配したり不安に
    なったり
    「現在に向けて」はイライラ ワナワナ オロオロしたり・・・(^_^;)

    やっちゃうことが
    あるんですよね~~~

    どうしても
    目の前の現象さんは
    決して
    あ~だ、こうだと
    解釈する必要なんてなくて

    ただ、
    【 手放すために 起きてくれている 】だけ
    という視点を

    忘れちゃう時が
    あるんです(;^_^A

    「引き寄せ」という言葉を使うなら
    確かに この目の前の現象さんを
    引き寄せ、現実化したのは

    おいらなんだけど
    ( 完全なる 自己責任 )

    しかし、
    【 これからも、その自分で い続けたいか、違う自分を選択するかは 今の自分次第 】
    ということを 忘れちゃう瞬間が
    たまに、あるんです(^_^;)

    【 本当の自分 】という
    絶対的に安心 安全 不変の姿勢を
    忘れちゃう瞬間が
    たまに あるんです.。oO

    そういう瞬間って
    あらためて思うと
    【 生きてない 】んです
    【 息( いき )】てない

    内面の呼吸に意識が向いてなくて
    「外側ばっかり意識してる」んです
    ( 笑いながら 反省 反省 )

    しか~し
    「魔が差した時」は
    チャンスなんです、ね

    【 本当の自分 】を思い出す
    素晴らしいチャンスの瞬間なんです

    人生は
    解釈するために
    あるんではないと思います

    人生は
    【 本当の自分 】を思い出すために
    あるんだと思います

    たくさんの現象さんを通して
    たくさんの現象さんを手放して
    【 本当の自分 】を思いだし
    【 本当の自分 】に帰ることなんだと
    思います

    >僕たちが「引き寄せの法則」の実践で>やっているのは、
    >「意識を自由に使いこなす
    こと」です。

    >物事に対して
    >いろいろな見方ができ、
    >出来事のどの部分にフォーカスするか、
    >どういう感情を持つか、
    >自分で決めることができます。

    ・・・・・・・・・・・・

    エゴという
    「恐れ」を手本にした人生を手放して

    【 本当の自分 】という視点から
    選択するとき

    【 幸せは まわりを探さなくても大丈夫 】
    【 わたしたちは いついかなるときも幸せである 】

    【 大丈夫 だいじょうぶ 】
    という安心感に 包まれます.。oO

    まだまだ
    おいらは
    魔が差しながらの
    毎日ですが

    外側に向きがちな意識を
    内面の息を忘れがちな意識を
    ある意味 楽しみながら
    遊び心を楽しみながら

    【 笑顔 】と【 感謝 】で
    過ごそうと思っています

    目標やゴールは
    まわりにはなくて

    内面(^-^)

    【 創造の対象は、自分自身 】

    >こんな創造の世界にようこそ!

    ありがとう

    o(^o^)oニコニコ

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください