「いい人」が陥りがちな職場での「イヤ」なことを解決するには?

「いい人」が陥りがちな職場での「イヤ」なことを解決するには?

こんにちは。
「宇宙の法則」エバンジェリストにしきです。

このブログ「真実の引き寄せの法則
Attraction Method」を読んでくださっている人は
多くの方が「いい人」です。

優しくて、思いやりがあり、
出しゃばらず、職場では
自分の仕事はちゃんとこなす
真面目な方だと思います。

スピリチュアルな学びにも興味がある。

そういう人こそ、
こからの時代の中心になってほしいものです。

ところが実際は・・・

こういう「いい人」にかぎって、
職場で嫌な出来事を経験しがちです。

例えば・・・

・気がつくと他人の仕事をハメになって、一杯一杯になっている
・自分だけ周りの同僚、そして上司からつっけんどんな態度をとられる
・社内でいじめにあってしまう

一生懸命仕事に邁進したいのに、
職場環境が悪すぎて、
これじ、やってられない、自分が病気になってしまいそう・・・

そんな方も多いんじゃないですか?

この記事では、「いい人」が陥りがちな状況をどう打開するかの
ヒントをお伝えします。

いい人は、相手の嫌な部分を引き出してしまう

こういう方には以下のような特徴があります。

1.優しい。他人に対して言うべきことを言えない。一歩引いた感じを受ける
2.責任感が強い。「自分が頑張れば」と思いがち
3.仕事を一人で抱え込む
4.仕事は真面目。失敗やミスが極度に気になる
5.仕事に対して「こうあるべき」という思いが強い
6.我慢しすぎてキレる、怒りを爆発させる

これ一つ一つは別に悪いことではないと思います。

ところが、これが会社という多様なエネルギーの集団に
置かれると、問題を呼び込みがちなのです。

こんな「いい人」のエネルギーは
会社のなかではこんなふうに見えてきます。

ちょうどそこだけ窪んで、穴があるようなかんじだと
イメージするといいと思います。

いいとか、悪いとか、そういう価値判断ではありません。
ただ、「いい人」のエネルギーは会社のなかでは
穴のように窪んでいる状態なんだと言いたいだけです。

もちろん別の表現もあるでしょう。

このようないい人のエネルギーは窪んでいると思ってみてください。

すると周りにボール(これは嫌な同僚や上司などを示します)があるとすると
何もしなくても、そのボールがくぼみに向かって
するすると動いていくのです。

こんなふうに思うといいと思います。

「いい人」のエネルギーが窪んだ穴のようなので
嫌な人の攻撃的なエネルギーがすぱっとはまりやすいのです。

つまり、自分の出しているエネルギーに
嫌な人が共鳴しているのです。

「嫌な人なんて望んでいないのに?」

そうなんです。望むかどうかは関係なくて
エネルギーが共鳴するかどうかなのです。

「優しい、いい人の波動を出せば、
いい人が集まってくるのでは?」

あなたはそう思うと思います。

なんの制限もなければ
そのとおりです。

あなたが「いい人」のエネルギーを出せば、
「いい人」が周りに集まってきます。

しかし、同時にこういうエネルギーも出していませんか?

「何があっても、私は耐えなければならない」

責任感が強い人は、こういうエネルギーを出しがちです。

すると、「攻撃にも耐えなければいけない」
という波動に共鳴して、攻撃的な人がやってくるのです。

この意味で、あなたのエネルギーが
そういう嫌な人を引き寄せているのです。

処方箋

ではどうすれば嫌な人を引き寄せている状況を変えることができるでしょうか。
にしきの処方箋はこれです。

【処方箋】

1.「いい人」をやめる

2.嫌だ嫌だと思うのをやめる。愛のエネルギーにシフトする

■「いい人」をやめる

これはさきほどあげた6つの基準をやめていくことです。

特に「いい人」は何かがあっても相手にちゃんと言わなかったりします
逆に自分が頑張って処理してしまがちです。

しかし、こういう不満を抑え込むことしか知らないので、
いつしか怒り爆発。
そして自己嫌悪。
こういうパターンを持っている方も多いのでは?

なので、これはやめて、例えば書類の間違いに気づいたら
「ここ間違っているので、修正をお願いします」
ビジネスライクに言えばいいのです。

イライラしたり、相手の人格否定をしたりしなくてもいいのです。

もし相手が感情をぶつけてきたら
それは相手にそのままお返しください。
受け取る必要はありません。
(自分が鏡になって相手の感情を跳ねかえしていると思ってください)

逆に、あなたが今感じている感情を冷静に
相手に伝えるアサーティブな対応も
自分のエネルギーを維持するためにはいいです。

ただし、相手が男性の場合は、こういう争いが
ホルモン的に苦手なので、キレてしまう可能性が高いですから
深追いはしないでください。

■愛のエネルギーにシフトする

さて、

「ここ間違っているので、修正をお願いします」

と言うときも、目を三角にして
とげとげしく、

「ここ間違っているので、修正をお願いします!」

と言うのと、優しく、

「ここ間違っているので、修正をお願いします」

と言うのでは、受け取る側も全然違うと思います。

ここはあくまで優しく、できれば愛の波動で
言うべきことを言ってください

これが愛の波動にシフトする

ということです。

愛といっても別に「その人を好きになれ」と言っているのではありません。
愛はそれではありませんから。
ここでの愛とは、「ケア」に近いものです。

「お仕事、ご苦労さま。
いい仕事をしていますね。
こうやってみんなで力を合わせて
会社とお客さま、ひいては世界をよくしていきましょう」

こんな気持ちで、言うべきことをすんなり言えばいいのです。

「この人、嫌だ」と思っていると、自分が守りのエネルギーになってしまい、
またその人の攻撃性をあなたが引き出してしまいますので
もっとエネルギーを強くして
愛のエネルギーになります。

天使を知っている人は大天使ミカエルをイメージするといいかもしれません。
大天使ミカエルは間違いなく愛の存在ですが、
同時に剣を持ち、強さも兼ね備えています。

愛は強いのです。

あるいは子ども持った母親の強さ
子どものためなら、なんでもできると思うじゃないですか。
あの強さが愛の強さです。

ところが「いい人」は意外と恐れのエネルギーが強いのです。

そのため、相手から攻撃を引き出してしまいます。

やはり自分次第です

ですから、愛のエネルギーにシフトするために
始業前にこんなイメージングをするのがオススメです。

【ピンクの雲のイメージング】


1.自分が所属する部課を頭のなかでイメージする。誰も座っていない状態をイメージします。

2.ひとり一人の顔を思い出しながら、その人をイメージのなかでイスに座らせる

3.部課の机の上の空間に、ピンクの雲をイメージのなかで出現させる

4.そのピンクの雲が下がってきて、部課の人たちの頭をすっぽり覆うのをイメージする

5.そのとき、独り一人に声をかけてあげる。「ガンバってるね」「いい仕事だね」「きっとうまくいくよ」「大丈夫だよ」といったケアの気持ちで、声をかける

6.最後に自分に対しても忘れずに声をかける。「がんばってるね」「いいよ」
「愛だね」

———————-

あなたが愛になれば、状況は変わります。

早ければ1週間ほどで、部課が和気あいあいとしてくるでしょう。
仕事で成果を上げる人も出てきます。
そのときはぜひ「おめでとう!」と心のなかで祝ってください。

あなたもきっと笑顔になっているはずです。

大事なのは愛のエネルギーで仕事をすることです。

※ハリー王子とメーガン・マークルさんのウェディングの
司教様の説教がよかったです。
「Power of Love」を連呼していました。
お聞きになりましたか?

■「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
本物の引き寄せを解説しています。
↓   ↓
http://landing.attraction-method.net/10essences/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

1コメント

  1. hilkara 2018年5月22日 at 8:38 pm  返答する

    大変勉強になりました。
    今の私にとって内容が図星だったもので(^_^;)
    「特に耐えなきゃいけない・・・」みたいなところが。

    去年の私はフワフワと自分がなんだか分からない状態だったのですが
    にしきさんのワークのおかげなのか、今年は軸を持って生きています。
    だからこそ、しっかりと向き合える気がします。
    解決策ありがとうございます。

    ・・・余談ですが・・・
    20歳ぐらいまでの私はもっとしっかりしてた気がします・・・
    その時は本当の自分で接していたのかもしれませんね。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください