皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

今回から何回かで、「引き寄せの法則」を本当の意味で理解したい人のための
記事を書こうと思います。

「引き寄せの法則」にあなたがご興味があるのは、
「人生をよくしたい」ということだと思います。

もっともなことです。

しかし・・・

ここに既に、あなたが本当の意味で人生をよくするための
ワナが隠れているのです。

もう少し説明しましょう。

「人生をよくしたい」という思いには、「特定の世界観」があるのです。

それは、

・世の中には「いいこと/悪いこと」がある
・人生をよくするには「いいこと」を増やし、「悪いこと」を減らせばいい
・いいことを増やす簡単な実践ノウハウが存在する

というようなことを前提とする世界観です。

この「簡単なノウハウ」の一つとして、
あなたは引き寄せの法則実践をとらえていませんか?

「実現したい現実をビジュアライズする」
「リストにする」
「実現したフリをする」
「宇宙にオーダーする(?)」

こういった簡単な実践ノウハウを求めていませんか。

「いいこと」と「悪いこと」が存在するという前提で、
「いいこと」を増やすのが引き寄せ実践であり、
そのノウハウを得ようとしていませんか。

おそらく多くの人が、「引き寄せの法則」に
こういうことを求めていると思います。

世の中に流通している書籍での説明も
こういった説明が多いのでしょう。

しかし、どうでしょう。
この考え方、世界観で「引き寄せの法則」とつきあってみて
人生がよくなったでしょうか?

なったのなら、まったく問題ありません。

しかし、多くの方はよくなっていないと思います。

むしろ、悪くなった印象さえあるのでは?

そこでおかしいと思って、
いろいろな書籍やブログを見て回っても
かえってわからなくなるばかり。

いつまでたっても、引き寄せの法則を理解できたと思えないはずです。

なぜこうなるのでしょうか。

それは、「いいことを増やそう」とする世界観自体に問題があるからです。

どういうことかというと、「いいことを増やそう」という願望が起こるということは
実際には「現実があまりよくない」「いいことがない」ためのはずです。

「いいことを増やしたい」という願望には、「現実はあまりよくない」「いいことがない」というまったく逆のものがセットになって存在しています。

絵にするとこんなかんじかもしれません。

「願望」があるところには、「それがない」という欠乏が必ずある

そして、欠乏の大きさに対応して願望の大きさが決まります。

お金が全然ないときは、「お金がすごく欲しい」と思うのです。

逆に言うと、願望が大きければ、欠乏も大きくなる

「いいことを増やそう」と大きな願望を持てば持つほど、
欠乏も大きくなって「まだない・・・」という気持ちになるのは
経験したことがあるでしょう。

つまり、世の中には「いいこと」と「悪いこと」があるという世界観で
いいことだけを増やそうとすると、欠乏感が大きくなって、
その欠乏感が「望まないこと」と共鳴して、それを増やしてしまうのです。

世の中には「いいこと」と「悪いこと」があり、
「いいこと」を増やせば、より幸せになる
という世界観を、仮に「自己啓発の世界観」と呼ぶなら、
自己啓発の世界観では、実際によくなることが
難しいといえます。

例えば、「いい言葉を使いましょう」・・・悪くありません。
しかし、いい言葉を使うことが、あなたの人生を根本的に変えることはないでしょう。

「早起きをしましょう」・・・悪くありません。
しかし、早起きすることも、あなたの人生を根本的によくすることはないでしょう。

「自己啓発」と仮に呼びましたが、
もしあなたが「引き寄せの法則」で「いいことを増やしたい」と思っているなら
それは自己啓発の世界観です。

この世界観で、よくなろうとしても、願望の性質から
なかなか実際によくなることができません。

大きな願望や夢を描いてしまうと、
実際とギャップがありすぎて、一歩も行動できなくなるはずです。

で、何も変わらない。

そういう難しさが自己啓発の世界観にはあります。

「じゃ、どうしたらいいの?」

それは世界観をシフトすることです。

自己啓発的な、「よくなりたい」という世界観から
新しい世界観にシフトすることが、
「引き寄せの法則」を本当の意味で理解することなのです。

巷にあふれているいわゆる「引き寄せセミナー」は
この自己啓発的な世界観で行われています。

だから、根本的な理解にならないし、
実践の結果が出にくいのです。

自己啓発がいけないと言っているのではありません。
「引き寄せの法則」は自己啓発的な世界観ではないと言っているのです。

次回は、新しい世界観についてお伝えしましょう。
「引き寄せの法則」の理解が深まるはずです。

■こんなちょっと深い話を聞きたいなら、メールメンバーに登録してください。
https://www.attraction-method.com/present-hikiyose/