「諦める」のではなく、願望を持たない状態に移行するには?【初心者記事2】

「諦める」のではなく、願望を持たない状態に移行するには?【初心者記事2】

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

引き寄せ初心者の方に向けて、わかりやすい記事を書いています。
ただし、これが引き寄せのすべてだとは思わないでくださいね。
いきなりすべてを書くと、非常に難解になって理解不能になるので、
ここでは単純化して、問題点を明確にしています。

さて、前回の記事では

「あなたが願望を実現するのであれば、願望を持っていてはいけない」

【願望を持っている状態から
願望を持っていない状態へ
波動的に移行すること】が大事だ

と言いました。

これ、よろしいでしょうか?
わからない方は前回の記事に戻ってくださいね。

これを理解すると、次の問題は

どうやって、願望を持っている状態から
願望を持っていない状態に波動的に移行するか

となりますよね。

この波動的な移行を多くの実践者がマスターできていないのが実情ではないでしょうか。

確かに、この実践フェイズは、非常に大きな転換点となります。
それだけ大事な実践の局面になりますよ。

願望を実現したくてしたくてしょうがない方は、
以上のような話を聞いて、「それって諦めること?」
と思ったりします。

しかし、この波動的な移行は、通常使われる意味での「諦めること」ではありません
「諦める」という言葉で意味するのは、願望を実現したいのにそれができない、「悲しみ」や「グチ」、「悔い」などのネガティブな波動が残るものです。

ここで言っている波動的な移行は「諦め」ではありません。

それは「手放し」というのが最も適切な言葉です。
日常語では「手放し」という言葉はあまり使わないかもしれませんが、
スピリチュアリティの文脈では多出する言葉です。

「手放し」(Letting Go、Release)は、不要なものを自分の内側から意図的に消去することを言います。

例えば、あなたがセールスパーソンで、高額な自社商品を販売するとしましょう。
あなたは顧客に商品を説明して購入してもらいたいわけですが、
「うまく説明して商品を買ってもらえる」という思いと同時に「買ってもらえなかったらどうしよう」という思いもあなたは持つとします。
このとき、「買ってもらえなかったらどうしよう」という「恐れの感情」を自分の心のなかからあなたが取り去ることが「手放し」です。

あなたの辞書のなかに「手放し」という言葉を書き込んでくださいね。

また今、さらっと書いたのですが、
実際に手放しの対象となるのはあなたの「感情」です。

感情を手放していきます。

願望の場合は、願望にまつわる感情を手放します。

願望を持っているときは、
願望にはさまざまな感情が取り巻いています。

例えば、「願望を実現したら、楽になれる。早く安心したい」といった「焦燥感」や「焦り」
「願望を叶えられないと大変なことになる」「私は愛されないかもしれない」といった「恐怖」
「私は望んだようには生きられない」といった「無力感」
「この方法を知ったら、願望を実現できるしめしめ」といった「高揚感」「ワクワク感」

などさまざまな感情があります。

こういった願望にまつわる感情を手放していきます

なぜこういった感情を手放すのでしょうか?

それは、願望を実現しているとしたら、こういう感情は持っていないはずだからです。
ですよね?

こういう感情を持つのは、願望がまだ実現していないからです。
願望を実現したら、そこにある感情は「満足感」や「安心感」「心の平和」などです。

なので、こういった願望にまつわる感情を手放すことで、
この記事のテーマである

願望を持っている状態から
願望を持っていない状態

に移行することができます。

「願望を手放す」というのは、実はこういう【願望にまつわる感情を手放すこと】なのです。

これが、いわば「マイナスする実践」です。
引き算です。

一方、「引き寄せの法則」実践では、教科書的には「プラスする実践」が行われてきました。
ネガティブな感情から徐々にポジティブな感情に移行しようとする
「波動を上げる」というのが、「プラスする実践」です。

YouTubeにある動画引き寄せの法則で教えているのはこの「プラスする実践」です。

この実践は「思考を選択する」といういい面もありますが、
願望実現が先に立ってしまうので、
「ムリヤリポジティブになろうとする」「願望を手放さず執着してしまう」
「恐れや無力感を持ったまま波動を高めようとする」
といった実践面の問題が出てしまいがちです。

あなたが波動をなかなか変えられないのは、プラスにばかり目が行っていて、
大事な手放しをおろそかにしているためといっていいでしょう。

初心者の方には「手放す」ということが理解しにくいので、
波動を上げる実践もいいのですが、
ある程度実践になれてきたら、手放しはぜひ理解して、実践していただきたいと思います。

実際、にしきがアドバイスするのはほとんどのケースが「手放し」なのです。

経験上も、人が劇的に波動を変えるのは、気づきがあって手放しを行うときです。
手放しを行えば、風船が空に舞い上がるように、自然と波動が上がるのです。

ですから、あたなたがやるべきは
手放しの実践です。

諦めるのではなくて、「手放し」というポジティブで意識的な実践が
あなたには必要です。

次回は、実際にどうやって手放すかという実践論をお伝えして
初心者記事を終わることにしましょう。

では次回をお楽しみに。

■30日で本当の自分と出会う方法
http://online.attraction-method.net/30days_bosyu/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

19 コメント

  1. 智子 2017年4月10日 at 9:52 am  返答する

    にしきさんへ
    いつも、ブログ楽しみにしております。
    今まで、私は、「引き寄せ」を気分をよくする、ワクワクするととらえていましたが、
    にしきさんのブログで手放し、ブロックを外すことの大切さに気が付きました。
    でも、毎日毎日なかなかニュートラな感情でいられない時があります。
    その時はまだ、心の中に執着とか、抵抗があるのかな。
    こうなりたいと、決意したり、覚悟をすることは大切なことだとはおもうのですが・・・。
    手放しして、いつも穏やかで平和な心でいたいです。
    いつもありがとうございます。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年4月14日 at 7:54 pm  返答する

      智子さん 心のなかに例えば「ザワザワした感情」があるのに、それがないふりをしても、気分をよくすることはできないのです。その「ザワザワした感情」を手放せば、自然とニュートラルな感情やいい気分(=ポジティブな感情)になります。
      執着や抵抗に気づいたら、手放してください。
      楽になります。
      血圧も安定して、心拍数が下がります。
      やってみてください。

  2. やすらぎ 2017年4月10日 at 7:46 pm  返答する

    にしきさんへ

    【 初心者記事の1と2 】とっても素敵な内容ですね。今回の連続記事は、すごく、分かりやすいし、ほんとうにスッキリと心に響いてきます。最近は、わたしも、【 手放し 】を日々そして毎瞬毎瞬、実践しています。( 頭で理解するだけではなくて、【 手放し は 実践が大切 】ですからね~~~ )

    あっ、わたし的には
    「行動」という言葉さんよりも【 実践 】とか【 姿勢 】【 過ごし方 】という言葉が、しっくりするもので。
    【 幸せ 】は、まわりを探しても見つかるものではなく、元々、幸せの存在であるわたしをブロックしている内面のエゴ( 恐れ )を【 手放し 】て、ほんとうの願望である【 心の平安 】【 安心感 】を、いつも思い出して、過ごします。

    素敵な、ブログ記事をありがとうございました。このブログに出会えて、ほんとうによかった~。( 感謝 )

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年4月14日 at 7:56 pm  返答する

      やすらぎさん コメント、ありがとうございます。
      そのとおりですね。

  3. hukuraraco 2017年4月14日 at 7:30 pm  返答する

    手放しが、難問でした。やり方がわからん‼︎と、もんもんとしていました。しかし、なんか感覚として僅かながら解りかけて来たような気がしています。
    もうどうでもいいや。なるようになるさ。どっちでもいいや。それが宇宙の計画なら、それに乗っかるのが最善なんじゃないかな。…みたいな感じ。イコール手放し‼︎
    どうですかね。この捉え方。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年4月14日 at 7:37 pm  返答する

      hukuraracoさん そうですね、もしあなたが「○○でなければいけない」という固定観念を持っていて、それを手放すのであれば、「もうどうでもいいや。なるようになるさ。どっちでもいいや。それが宇宙の計画なら、それに乗っかるのが最善なんじゃないかな」という思考に移るのであれば、それは固定観念の手放しです。
      手放しって、そりゃもう、誰でもごく日常的にやっていることで、自然なことです。それは、手で何かを握っていて、その握っている指をだんだん開けば、自然とその握っていたものは、地面に落ちますよね。「握っていたものを開く」・・・ただそれだけのことです。「握っていたものを開く」のに、方法って言っても、「ただ指をゆっくり開いてください」・・・ぐらいしかないんです。そんなごく当たり前のことです。
      だから、「指を開いて手放すべき感情が落ちていくのをイメージする」というのも、立派な手放しの方法になります。
      なので、手放しの方法はなんでもいいです。EFTでもセドナメソッドでも今お伝えしたイメージ法でもいい。大事なのは「何を」手放すかです。それを見極めるのに、コツがあるんです。

  4. 智子 2017年4月15日 at 5:09 pm  返答する

    にしき様へ
    にしきさん、コメントありがとうございます。
    はい、ざわざわした感情手放します。コメント本当にありがとうございます。
    今日は、たまたま図書館で手に取った本の中に、人は自分が欲しいものを引き寄せるのではなく、自分の心の状態にふさわしいものを引き寄せる。苦しみは、何らかの誤った思考の結果です。苦しみは、その人が自分自身との調和、自分の存在との調和が間違っていると書いてありました。ジェームスアレンの原因と結果の法則という本でした。
    にしきさんのおしゃっていた、自分を愛するとは、本当の自分とつながる、自分と調和することなのかなと思いました。
    もっとにしきさんのブログで、魂の成長ができるように学んでいこうと思います。
    にしき様、いつもありがとうございます。
    心から感謝しております。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年4月15日 at 6:17 pm  返答する

      智子さん ジェームズ・アレンの『原因と結果の法則』にそんなことが書いてありましたか。「人は自分が欲しいものを引き寄せるのではなく、自分の心の状態にふさわしいものを引き寄せる。苦しみは、何らかの誤った思考の結果です。苦しみは、その人が自分自身との調和、自分の存在との調和が間違っている」というのは、にしきの教えとまったく同じですね。
      そうです。あなたが本当の自分と調和して、本当の自分であればいいのです。それが最善の状態であり、引き寄せが起こるのもこのときです。
      その状態を目指して、本当の自分に戻ってきましょう。

  5. イク 2017年4月15日 at 8:31 pm  返答する

    にしきさん、「手放し」という意味がサッパリわからず

    好きな人がいて、その人とお付き合いしたい、近づきたい、なんとかしなくちゃ!と執着をずっと握りしめていたんですが

    最近のにしきさんの記事で

    彼を好きな気持ち、なんとか気持ちを伝えなくちゃ!という焦り、彼と付き合うことへの期待感、そんなもの全てを手放す感覚がようやくわかりはじめました。

    わたしの手放しとは、手の中にいる小鳥を、手のひらを広げて自由に放つイメージです。

    小鳥は手から飛び立つけれど、気が向けばわたしの周りにも戻ってきたりして、自由に楽しく飛び回るんですね。わたしはそんな自由な鳥の姿を眺めてよい気分になるんです。

    彼と付き合うことへの期待、好きだという執着を手放すことで、逆に穏やかな幸せな気持ちになったり、彼への温かい想いがどんどん湧き出すのですか、これも味わって手放す、でいいでしょうか?

    もちろん、彼を失うのではないかという不安、今は何も手に入れてないから早く手に入れたい!という焦りも手放しています。

    今、とても穏やかで心地よいです。

    手放しが当たり前になり、なんの願望も持たなくなったら、どんなふうになるんだろう??と想い巡らせてみると、とても不思議な気持ちになります。手放し、繰り返しやっていきます(^^)

    素晴らしい記事、ありがとうございます。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年4月16日 at 1:26 pm  返答する

      イクさん いいですよ。願望にまつわる感情(期待感、焦り、不安、恐れ)を手放していくのでいいですよ。そして、手放すと、穏やかな幸福感を感じるようになりますが、それを否定しなくていいので、あふれるがままに感じて、そしてそれも手放してください。やってみるとわかるのですが、手放しても感情は出てきます。当然です。それはしっかり受け止めて感じてあげて、「さ、次の感情、行ってみよう!」と、感情から自由になるのがいいのです。

    • しろいまゆみ 2017年8月16日 at 10:20 pm  返答する

      小鳥のイメージ、聞いてとても府に落ちました!
      好きな人への執着を手放すイメージが分かった気がします、ありがとうございます(〃^▽^〃)

  6. やすらぎ 2017年4月18日 at 7:59 pm  返答する

    手放しの極意( ? )に関して。
    なぜ、手放せないのか?と、考えてみると、「手放してしまうと、今後の自分に不都合なことが起きる可能性があるから( 恐怖が生じる危険性があるから )、じっと見張って、状況をコントロールしなければならない」という思いが、心の奥底にあるからなんではないでしょうか?

    身の安全、安心を保てなくなるかもしれないという恐れの感情が、手放しを妨げているのかもしれませんね。

    手放しの極意( ? )は、信頼だと、わたしは常々かんじています。

    安全、安心への信頼感をどうやって高めていくか?
    なにを、どこに今のわたし自身を定めていくか?

    お金も必要とせず、仕事の内容にも関係せず( 有職、無職にかかわりなく )、パートナー( 他者 )も必要とせず、どんな状況や境遇にも影響されず、信頼感をどうやって高めていくのか?
    ( 恐れを、どうやって手放していくのか? )

    にしきさんの、新しい講座に期待しましょう。
    な~んて、言うと にしきさんに怒られちゃいますね。( にしきさんは、決して、怒るような方ではありませんが(^◇^) )

    わたしは、わたしなりの自由な手放し方を実践しています。( 思考法、感情法
    瞑想法 等々 )その中でもおすすめなのが、
    呼吸法と、睡眠法です。

    やり方は、簡単です。
    ただ、呼吸します。呼吸だけに集中します。呼吸しながら、いろいろ浮かんでくる思いを手放します。ここで、重要なのは、思いは放っておいても大丈夫という信頼感を、ここで、心の奥底にインプットしながら呼吸を続けることです。座り方や呼吸の方法なんて、無視無視( 笑 )
    どんな考えが浮かんできても、無視無視。ただ、ただ、呼吸を繰り返して、思考や感情( 思考の肉体感覚 )をしっかり感じて感じきってリリース、解放。

    もうひとつのおすすめは、睡眠法。
    高級布団や、まくらは必要ありません。パジャマはシルクで( 笑 )、いえいえジャージでもTシャツでも、裸でもかまいません。やることは、ただ、ひとつ。
    あれこれ、考えずに、ただ、寝てください。

    手放しを妨げている、恐れなんて、ほんとうは実在していないものなんですから、あれやこれやと思い煩う必要なんてないんです。自分でラベル付けした問題とやらに気持ちを向けるより、一晩、寝ちゃった方が、意識の転換になります。

    以上述べた手放しの方法は、実践が必要ですし、繰り返しの習慣化が大切です。そして、やっぱり、信頼が大事です。
    そんなんで、大丈夫なの???って、不信感が出てきちゃうと、それこそ、引き寄せの法則が働いて、人生を信頼が置けないものにしちゃいますよ。

    恐れなんて、まったく心配しなくても大丈夫な、「モノ」なんです。
    いつまでも、握りしめていなくても、全然、問題じゃあありませんし、コントロールしなくても大丈夫なんです。

    さぁ~て、あとは
    にしきさんの新しい講座に期待しましょう。
    ( あれっ、こんな結末でなかった つもりだったのになぁ~ )

    にしきさん
    みなさん

    ありがとう

    • やすらぎ 2017年4月18日 at 8:43 pm  返答する

      悩み つらさ 苦しみ

      みたいな いわゆる「人生の問題」みたいなところに気持ち( 意識 )を合わせているからこそ
      ( そこに、恐れを感じているからこそ )

      手放しが、難しくなっちゃってるんじゃあないのかな?

      様々な、ブログや掲示板なんかで、語られているのは、悩み、つらさ、苦しみをどう解決したらいいのですか?的なお話しですよね。
      問題、問題、問題( と、自分がラベル付けした出来事 )に関して議論を重ねても、引き寄せの法則は問題しか引き寄せないんですよね。それが法則なんですから。

      問題とかんじられるモノは、実は、解決( 自己完了 )がワンセットで現実世界に現れてくれています。
      今回の人生で、わたしたちが完璧に( まわりすべてを愛で包み込み、感謝で完結出来るような実体験が出来るように )準備されたカタチで現れてくれているんです。
      ( だからこそ、その自己完了を、無限の可能性を信頼してみて欲しいのですが(^◇^) )

      手放しの極意( ? )は
      人生の問題とやらに、イライラすることなく

      深呼吸でもして、目の前の現実なんて忘れて( 無視して )眠っちゃえ~

      なんだと、わたしはかんじています

      手放し 手放し リラックス~

      • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年4月19日 at 12:31 pm  返答する

        やすらぎさん そのとおりですね。
        「問題、問題」と騒ぎ立てると、望まない状態(問題)を引き寄せてしまいます。
        そして、もう目の前に解決策はあるのに、「問題、問題」と騒いでいるから
        解決策が目に入らないだけ。
        でも、人間はこういう心理を持つ生き物です。
        だから、どんな方法でもいいので、シンプルに「問題」という感情を手放していく。
        恐れも手放す。
        期待感も手放す。
        信頼も手放す。
        安全も手放す。
        コントロールも手放す。
        また恐れも手放す。
        すると、解決策が見えてきます。
        アイデアが出てきます。
        行動できるようになります。
        愛へと成長します。
        そして愛も手放します。
        引き寄せます。
        癒されます。
        感情から自由になります。
        今度のコースは、手放しをがっつりやります。
        ご期待くださいね。

  7. 智子 2017年4月18日 at 11:23 pm  返答する

    にしき様へ
    コメントありがとうございました。
    今日は、職場の気を遣う先輩が、休みの希望を出したら、突然、機嫌が悪くなって、本当に仕事がしずらかったです。
    その時に、いつもなら、すごく落ち込んでおどおどしてしまうのですが、今日は、にしきさんのブログの言葉が頭の中を駆け巡りました。
    自分とつながって、自分と調和しようと必死になったり、なぜ相手が機嫌が悪くなるのか考えたり、でも最後は愛は強いを思い出して、愛と豊かさの気持ちで、愛ある言葉かけをしました。
    最後は、帰り際にお疲れ様メールが先輩から届きました。
    なんだかすごく愛を感じました。
    ジェームスアレンさんの本の中に、苦しみを消し去るのは、浄化して、純粋な心になれば、苦しみから抜け出せる、不純物が取り払われた金の心は、もう火にかけられれることはありません。そして、浄化され、完全に悟った心、人間はもう苦しむ必要はないのです。とありました。まさに、にしきさんのいわれている、手放すことだと思いました。
    今年はにしきさんから救われることがいっぱいあります。
    本当にありがとうございます。
    これからもどうぞよろしくお願いいたします。
    まだまだこれからですが、成長していけるように磨いていきたいです。
    ありがとうございます。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年4月19日 at 12:36 pm  返答する

      智子さん 素敵なコメント、ありがとうございます。
      相手が機嫌が悪くなっても、あなたはそれに流されず、愛ある言葉を相手に伝えた。
      それが事態をいい方向へ持って行ったのですね。
      ジェームズ・アレンさんの引用も感謝です。
      彼の言葉では「浄化」、にしきなら「手放し」ですが、本質は同じです。
      そして、魂は傷つかない。そんな強い存在です。
      それが僕らなのです。

  8. やすらぎ 2017年4月19日 at 9:12 pm  返答する

    にしきさんへ

    いやぁ~
    ありがとうございます

    「引き寄せの法則」にもパラドックスはありますが(^_^;)
    「手放し」にもパラドックスは ありますよね

    恐れや、ネガティブを 手放しましょうは、分かりやすい手放しの例ですが、
    実は、実は、
    安心や安全や ポジティブも 手放しなんですよね~

    にしきさんの提案は
    とっても 分かりやすいです

    しかし、そこで エゴさんのトリックが始まります

    「いい気分は 手放しちゃあ ダメだよ」って、エゴさんは語りかけてきます

    外面で起きているかのように、かんじられる出来事さん すべてを
    手放した時にこそ、ワンネスが始ります

    「良き出来事( と、かんじられる出来事 )」にこそ、手放しが大切なんですよね

    人生は、徹底的に 手放しすることで、
    いやいや、人生そのものを 手放しすることで、
    魂の歩みが 始ります

    さすが、にしきさん
    真実の引き寄せの法則

    ともに、学ばせていただきます

    ほんとうに
    ほんとうに

    ありがとうございます

    ( 神の )平安だけが
    真実です

    ワクワクすらも、手放しながら
    内面の静けさを大切に

    • やすらぎ 2017年4月19日 at 9:22 pm  返答する

      「有」の中には
      制限かあります

      「有( 五感 )」の中には
      解決はありません

      「無」の中にこそ
      すべてがあります

      「無」「空( くう )」に至ることこそが
      すべてなんですよね

      わけが、わからない話しに
      なっちゃって

      ごめんなさい( 笑 )

  9. 智子 2017年4月20日 at 2:35 pm  返答する

    にしき様へ
    コメントありがとうございました。
    手放しがいかに大切かが、すごくよくわかりました。
    ざわざわした感情は、気がついたらすぐに手放そうと思います。
    本当にありがとうございました。

コメントをどうぞ