2つの生き方:思いを実現する? それとも宇宙に降参する?

2つの生き方:思いを実現する? それとも宇宙に降参する?

こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリスト
にしきです。

生き方には主に二つの考え方があります。

【自分の思ったことを実現しようとする生き方】

【起こってくることを受け入れようとする生き方】

どちらがいい、悪いというわけではありません。

「自分の思ったことを実現しようとする生き方」は、わりとシンプルです。

「もっとお金持ちになりたい」とか「すてきな人と出会いたい」とか
「自由でいたい」とか「○○したい」という願望を叶えようとするのがそれですよね。

ところが、「起こってくることを受け入れようとする生き方」はそれとは真逆です。

自分の思いは基本的にナシ。
それでも出来事は起こってきますので、それをジャッジなく受け入れる生き方です。
頼まれごとをこなしたり人々に奉仕しようとしたりする生き方が近いです。

にしきは、実は「起こってくることを受け入れようとする生き方」派です。

ある懇親会で、
「僕は自分の思いや願望を実現するために生きているのではなく、宇宙からもらった使命をちゃんと実行するために生きています」
と言ったら、
「そんな生き方もあるんですね」
と驚かれました(笑)。

自分の思ったことを実現しないと(願望実現しないと)、
何が起こるかわからない、というところかもしれませんね。

「起こってくることを受け入れようとする生き方」・・・
確かにちょっと心許ない気もしますよね。
何があっても受け入れるってことですから。

なぜこういう生き方ができるかというと、にしきの場合は、「偉大なる力」を体験したからです。

僕は「僕でない力」をこれまでたくさん体験しました。
そしてそれは僕を助けてくれる頼もしい力だというのがわかっています。

それを「宇宙の計画」とか「人生の計画」とか「宇宙のシナリオ」なんていう言い方で
呼びます。

人生は一瞬一瞬の波動で決まるのではなく、壮大な計画のもとに行われているというのが
僕の実感です。
(波動が低いから障がい者として生まれたり、貧困地帯に生まれるのではないのです。
自分が定めた「人生の計画」によって、学びのためにそういう設定で生まれてくるのです)

僕は僕だけでなく、「偉大な力」と常にともにある。
(たまに忘れるけど・・・)

こんな感覚を「委ねる」とか「降参する」と呼びます。

「降参する」って聞き慣れない、変な言葉かもしれませんが、スピリチュアルの文脈では
偉大な力を前にして、自然とこうべが垂れるかんじです。

ご来光を見たとき、日本人だったら自然と両手を合わせてお辞儀をするじゃないですか。
あれです。「降参する」って。

だから、日本人にとって「委ねる」とか「降参する」、その内実の「偉大なる力」とともにあるのは自然なことなんです。

僕は、引き寄せや現実創造では、「自分の思いを実現したい」というだけではなく、
この「委ねる」とか「降参する」というのも必要になる、とよく言います

「実現したい」という個人の思いだけじゃ足りなくて、それを実現する宇宙の力が必要なんです。

宇宙の力を呼び込むのが、この「委ねる」とか「降参する」ということです。

「偉大な力」を知ったら、人は謙虚になります。
だって、自分では太刀打ちできない力があるとわかってしまうのですから。

なので、引き寄せ自慢をしている人を見ると、「謙虚になったほうがいい」とつい言って
しまうのですが、それは、引き寄せが起こったのはあなたの個人の力ではなく
偉大な力のおかげだから、その偉大な力を知ったほうがいいよ、ということを言いたいのです。

偉大な力を知ったら、自然と謙虚になります。
自然と感謝できます。

「引き寄せではいつも感謝が出てくる。
感謝の強要ですか?」

なんて曲がって受け取る方もいますが、引き寄せを起こすような「偉大な力」を知ったら、自然とこうべが垂れる。
ありがたいと感謝する。
そういうものなんですよね。

自分の願望や思考を手放すから偉大な力につながれる。
それが「委ねる」や「降参」。

手放しとか信念を書き換えるとか、いろいろテクニックはあるのですが、
さらに大事なのは「委ねる」や「降参」といったある意味
基本的だけど忘れられていることではないでしょうか。

(もちろん本物の引き寄せの法則にはこのニュアンスがあります。
エイブラハムだったら、「オールを手放す」ということ。
オールを手放せば、人生の川があなたを目標へと最速で連れて行ってくれるのに、
そうじゃない、頑張るんだとやっているから、うまくいかないのですね。
委ねて降参すれば、人生の川の力を利用できます。
エイブラハムでも実はここがポイントです)

■魂の願望
http://online.attraction-method.net/soul-wishing/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

7 Comments

  1. 青葉萌ゆる 2016年10月31日 at 12:53 am  返答する

    生を明らめ死を明らめは仏家一大事の因縁なり
    とは曹洞宗の修証義の冒頭の言葉です。仏教の世界では、いわゆる諦めることを「明らめる」と書き表します。
     つまり、あきらめるとは断念するということではなく、事実を明らかに見るということであり、現実を直視し、それをありのままに受け入れるという意味にほかなりません。

     恋愛で「もう降参よ。あなたには敵わないわ。」と言われたら押しの一手の勝利ですが、相手が神様(宇宙でもいいですが)
    なら、敵うわけがありません。
    「いや、私は自分やライバルに勝とうとしているのであって、宇宙とは争っていない」と普通の人は言うのでしょうね。

    それとも「私は、私の願望を叶えたいのであって、悟りを開きたいわけではない」という人もいるでしょう。

    飛行機という乗り物が、乗ってから行き先が違うとか、機体が揺れるとか周章狼狽しても始まらないように、身を任せて
    こころ静かに到着を待つ これしかないのと同様、人生も自分が操縦しているなんて思わないで身を任せていたい。
    美しいCAさんが現れて
    「お飲み物はいかがいたしましょう」
    「ポメリーのルィーズはあるかな。」
    「お持ちします」
    なんてのが、いいな。
    あれ、オレいつからファーストクラスに乗ってるんだ?
    「にしきさまのお話を聞かれた方は、特別にお席が替わるのです」
    そうだったんだ。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年10月31日 at 1:07 am  返答する

      青葉萌ゆるさん これいい! 笑う! ちなみに、僕はCAさんのお客さん、知りあいも多いですよ。青葉萌ゆるさんにシャンパーニュを注いでいるかと思うと、ニヤニヤしちゃうね。

  2. Dan(暖) 2016年10月31日 at 7:00 pm  返答する

    ども~ \(^-^)/

    ご飯さんを食べるときに
    いただきます

    食べ終わったら
    ごちそうさまでした

    って言いますが

    いただきます とは
    【 頂きます 】で
    目の前の食材さんに 頭を垂れて
    頭のてっぺん(頂き)を示して
    感謝をするということらしいですし

    ごちそうさま とは
    【 ご馳走さま 】で
    目の前の食材さんが わたしたちの口に
    運ばれて来るまでに
    たくさんの方々が走り回ってくれたこと
    への感謝の言葉だと
    聞いたことがあります.。oO

    農家の皆さん
    運送会社の方々
    スーパーの店員さん
    買い物に行ってくれた家族さん
    調理してくれたお相手さん

    たくさんの方々への感謝が
    ごちそうさま
    のあいさつなんです、ね(^◇^)

    目の前に 食べ物さんが
    現れてくれるまでには

    ほんとうにたくさんの
    目には見えないなにか(誰か)が
    はたらいてくれて

    現実となっているんですね.。oO

    すべて すべてに
    【 ありがとう 】です

    o(^o^)oニコニコ

  3. 青葉萌ゆる 2016年11月1日 at 5:38 pm  返答する

    創業は易く守成は難し

    何事であっても、物事を新しく始めることは容易だが、すでに出来上がっている事を引き継いで、衰えないように守っていくことは難しいということなんだとか。

    「願望を叶えることは容易だが、すでに出来上がった幸福を引き続き維持することは
    難しい。」確かにそうです。幸福を点検しはじめると小さな綻びばかりが気になる。
    願望と言うのは、精神のカンフル剤。新鮮な感動がエネルギーを生みます。ドーピングを続けると身体を壊す。
    なぜ、パンドラの箱の最期に「hope」が飛び出してきたか。
    hope はwillの成れの果てだからです。疲れはてて活力を失ったwillが希望という頼りない残滓になってしまう。でもないよりまし。
    おそらく、長い歴史のなかで同じことを幾世代もの人々が繰り返してきたのでしょう。
    守成が難しいのは、「そこにあるもの」をありのまま受け入れるのが、誰しも容易にできないからでしょう。というかそういう教えをうけて、生きてくるから。
    自分を白鳥の子だと教えられる子供は少ないです。キリスト教徒なら人間誰しも神の子と教えられるのに、神の子であることの恩典「委ねて安心、楽ちん人生」のことはちっとも教えてくれません。
    降参する生き方に移行するまでに、すくなからず恐怖心を乗り越えなくてはいけない。
    実際に試してみると、小さな不安をかきたてる出来事が襲ってくるような気がします。
    「これも放っておいていいのか?」
    「いいんです。それが委ねる生き方なんだから」
    「この生き方も、結構勇気を要求するんだね。」
    「その勇気が本当の人格の陶冶につながるんですよ」

    一方目標を持って進む人は「チャンピオンベルト」を目指すだけ。諦めずに向かっていけばいつかチャンスがつかめるかもしれません。しかしタイトル防衛戦は気が抜けない。
    にしきさんのように、名声を勝ち得て、美人の奥さんまでいたりすると、やっかみという不用な攻撃にも備えなければいけないです。
    「私は担当者じゃないから、その件はハイアーセルフに委ねてあります。」
    としてしまったら、日産の自動運転みたいで楽そうです。
    「金持ち喧嘩せず。」というのは重要な箴言です。金持ちだから鷹揚なのか
    鷹揚だから金持ちなのかは、注意深く見ていく必要があります。

    還暦を越すと、いろいろな「お知らせ」がきます。先輩や同期の突然の訃報。
    そればかりでなく、鏡に映った自分の顔。後退しつつある前髪に愕然としたり。
    「あんたも若くないよ」というお知らせと受け取った瞬間から老けていくのかも知れません。
    そう、受け入れる。ドントマインド。いいんじゃないの。減っても平気。まだ十分あるし。不安を超克すれば私の人格が磨かれる。抜け毛でも人格が磨かれると考えると、老いも悪いもんじゃないですよ。

  4. Dan( 暖 ) 2017年1月28日 at 3:22 pm  返答する

    ども~ \(^-^)/

    【 委ねる( ゆだねる ) 】
    っていうことは

    自分自身さんの
    【 コントロール 】( ハンドル )を手放す
    ってことだし

    本来
    わたしは【 恐れる必要なんてない 】
    ( だから、まわりをコントロールする必要なんてない )
    ってことを
    宇宙に向けて
    宣言してることになるし

    そこには
    弱々しい まぼろしのエゴとしての
    自分を捨てて

    無限の可能性と 一体である
    【 偉大な力 】を【 信じている 】
    という
    思考と感情があると思うんだ.。oO

    【 委ねる 】と【 信頼すること 】は
    切っても切りきれない関係にあるし

    【 信じる 】ことなしに
    【 委ねる 】ことは
    相反することになるんだと
    かんじています(^-^)

    絶対 絶対 ほんとうに
    大丈夫

    だって、
    すべては 【 愛 】なんだもん.。oO

    「恐れ」とか「心配」とかは
    【 手放して 大丈夫 】なんだもん

    もちろん
    「もう少し、手元に置いておこうかな」
    って 思っても

    それも
    オッケー~ \(^-^)/

    【 偉大な力 】さんは
    【 愛だけしか、持っていません 】

    自分さんを守るための
    コントロール( ハンドル )なんか手放して

    委ね( ゆだね )
    そして
    【 信じて 】みようよ(^-^)

    委ねて、信頼で 内面を満たしたら

    あとは
    日々

    【 笑顔 】と【 感謝 】で
    過ごすだけ.。oO

    o(^o^)oニコニコ

  5. 今井 2017年3月5日 at 3:39 am  返答する

    みちろんってなってます。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年3月5日 at 12:47 pm  返答する

      ご指摘ありがとうございます。修正しておきました。感謝

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: コピー禁止