人生を好転させるには、「もう自分の人生はうまくいっているのだ」
と気づく必要があります。

どんな状況であろうと。
(これまたパラドックスですね)

それに気づくと、さらに人生はうまくいきます。
そういう仕組みになっています。

ところが、この気づきを遠ざける強力な悪癖がいろいろあるんです。
「あれをやめたら、うまくいくのにな」と、お話していて思うことがよくあります。

そんな、人生が好転するのを阻む8つの悪い習慣をお知らせしましょう。
これをやらなきゃ、人生はさらにうまくいきます。

1.ジャッジ

自分のことにせよ他人のことにせよ、ジャッジは人生を狂わせてしまいます。
「自分はうまくいっていない」とか「このままでは大変なことになる」とか
「この出来事は思ってたことと違う」などとジャッジするとき、
自分に過度なプレッシャーとストレスを与えています。
あなたのエネルギーは低下し、創造のパワーが発揮できません。
実際、ジャッジしていると、
仕事の場でも頭がパンパンになって、いいアイデアが出てきませんよね。
パソコンのメモリと同じで、なるべくいらないアプリは終了して
利用可能なメモリを増やすと大事なアプリがスムーズに動くように、
人間の頭もいらないものを取り去って、クリアな状態にしてあげるのが
パフォーマンスを発揮するコツです。
ところが会社ではいらぬプレッシャーを与えられることがあります。
そんなときは、どこふく風でまともに取り合わないのがいい方法です。
そして、自分のやるべきことをちゃんとやって成果を出す。
成果を出せば、誰も文句は言いませんから。

2.思考癖

「ああでもない、こうでもない」とあれこれ考えても決まらない、
決められないことってありますよね。
これが頭を働かせている状態です。
この状態がエゴの意識ですが、考えれば考えるほど、
恐れが出てきて、物事がうまくいかなくなるように思えてきます。
思考だけに偏ると行動できなくなるので、思考に直観と感情を
組み合わせてバランスをとることが大事になります。
クイック・コヒーレンス・テクニックで、ハートとつながる練習を
して「ハート癖」をつけるといいですよ。
そしたら、大事なことはハートが直観で教えてくれます。

3.焦り

「早く○○を引き寄せたい」と焦っている方は多いです。
しかし、焦っているとそれだけでエネルギーを消費してしまい、
肝心の行動にエネルギーが回りません。
すべてが上滑りになってしまい、うまくいきません。
なので、僕が焦っている方に言うのは、「ココアでも飲んで
まずは少し落ち着いてください」ということです。
落ち着くと、自分にエネルギーが戻ってきます。
マインド、ボディ、スピリットがシンクロし始めます。
この状態を作るのが先決です。
焦って闇雲に行動しても結果は出ません。
まずはリラックスして落ち着く。
うまくいかないときは、これをやってみてください。

4.あがき

あがきは抵抗です。
望まない出来事が起こっているとき、「絶対○○を引き寄せてやる~」などと
出来事に対置する形で実践をしてみても、それはあがきになります。
それはジャッジであり、エネルギーの無駄遣いになります。
まずは出来事を受け入れる。
起こっている出来事はしかたないので、それを変えるのではなく、
自分の波動を変えることで、これから現実を創造してください。
自分が現実を創造していることに気づいて、出来事が起こる前に
いつもいい状態を作っておくのがお勧めです。

5.自己不信

自己不信は広く見られる現象です。
自分を信じられないから、誰かに従ってしまう。
自分の人生を明け渡してしまう。
すると、その人にコントロールされてしまいます。
そうなると、誰の人生だかわからなくなって
生きてる実感を得られず、年月だけが過ぎていきます。
これを避けるためには、自分の内側に全能の存在がいることに
気づき、それといつもコミュニケーションすることです。
ハート、スピリット、魂・・・そういう大切なものと
つながることです。
自分を超えた大きなものなら、信頼することができるようになります。

6.責任転嫁

自己不信だと、周りに人生を丸投げしてしまいます。
そして、うまくいかないことがあると、「アイツのせいだ」と
他人に責任を押しつけてしまいます。
他人があなたの人生を作ってくれるわけではないので、
環境のせいにしても、人生は変わりません。
自分を責める必要はありませんが、人生は自分が創造しているという
自覚を持ってください。
すべては、あなた次第です。
その意味での自己責任の感覚が大事です。

7.ハートクローズ

ハートが閉じていると、人間関係がうまくいきません。
それはそうです。
自分で拒否しているのですから。
と同時に、ハートを閉じてしまうと、直観やインスピレーションも
入ってこなくなり、思考に頼らざるを得なくなります。
そして、何かに執着し、頑固になります。
ハートを開いてオープンになると、人間関係がよくなるだけではく、
直観が冴えてきます。また、すべてに対してオープンになれ、
何かに執着することがなくなります。

8.行動が苦手

自分の思いを行動に移すのが苦手な人は、恐れを持っています。
よくあるのが「他人にジャッジされるのが怖い」という恐れ。
でも、それは自分が自分や他人をジャッジしているからで、
自分がジャッジするのをやめて、相手を受け入れてあげる姿勢を持っていれば、
あなたもジャッジされませんし、されても気になりません。
たった一度のことで、成功するか失敗するかなんて、実はどうだっていい。
それよりも、小さくてもいいので、ちゃんと自分を表現し続けていくことが大事で、
諦めなければ結果としてはうまくいきます。
大げさに考えないことです。
ハートで感じたことを、ぽっとやってみる。
それぐらいの小さいことから行動するのがお勧めです。

いかがでしょうか。
以上、8つの悪癖を取り上げてみましたが、
要はこれは「エネルギーのムダを省く」ということですよね。

エネルギーのムダを省いたら、とりあえず自分の思いを行動に移せる
ようになります。

小さなエネルギーを動かすとき、それは風となって、
あなたを身軽にして、どこかへ運んでくれます。

「自分で風を起こして、その風に乗る」ってことですね。

すると、その風にまたエネルギーが集まってきて、
引き寄せている感覚が得られるでしょう。

もうすぐ、新年度ですね。
このうち、一つでもいいので、新しい年度でやってみてください。

そして、成果を出しましょう!

■引き寄せの法則マスターセミナーDVD完全パック
http://www.attraction-method.com/hikiyosemasterdvd/