引き寄せ実践は「ギターのチューニング」

引き寄せ実践は「ギターのチューニング」

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

東京、大阪、博多で開催したワークショップ「最高の現実を引き寄せる8つの法則」が
終了しました。

たくさんの方が受講してくださり、とても大事な原理について
学んでくださいました。

「引き寄せの法則」の実践は「自分のエネルギーをどう動かすか」ということを
扱います。

あなたのエネルギーは思考だけではありません。

潜在意識の隠れている信念。
いつも一緒にいる人のエネルギーの状態。
住む場所のエネルギー。
もう少し大きく見ると、地球のエネルギーや宇宙のエネルギー。

そんなつながっているエネルギーのなかで、どうやって自分のエネルギーを
保持し、変容し、現実を創っていくのか。

今回伝えた「8つの法則」は、受講者が現実創造の魔術師になるために
必要な原則でした。

少し別の見方をとってみると、引き寄せ実践の焦点は、
「音のチューニング」です。

僕がギターが好きでよく弾いていますが、
弾く前には必ずチューニングをします。
そして、正しい音にしてから、弾きます。

チューニングは簡単で、ギターだったら弦の張力を変えるためのツマミ(ペグ)を
回してやれば、音は変わります。

基準音と同じになるように、ツマミを回せばいいのです。
難しくありません。

でも、多くの方は、音が合わないとき、別の方法をとってしまいます。

ある人は、
「音が合わないのはギター弦が悪いせいだ。ギター弦を交換すれば、音が合うはずだ」
と思ったりします。

別の人は、

「いや、音が合わないのはギター本体のつくりに問題があるのだ。
新しいギターを買えば音は合うはずだ」
として、新しいギターを購入したりします。

本質はそういうことではなく、ただあなたが、ツマミを回して
音を基準音に合わせればいいだけのことです。

なかには、

「チューニングをしてくれるのは自分じゃない誰かほかの人
でしょう」

と思って、そういう人を探していたりする人もいます。

自分を認めてくれるパートナーを求めていたり、相手を責めたり要求ばかりしている人は
実はこの可能性があります。

音のチューニングをするのは、【あなた】なのです。

しかもそれは、ただツマミを回すだけのとてもシンプルなことです。

そのときの基準音は「愛」という高い音です。

【愛にチューニングする】

それが最善の解決策であり、現実創造のカギです。

ですが、人によっては他人のエネルギーと自分のエネルギーが
ごちゃごちゃになっていて、どこまでが自分なのかわからなくなっている方もいます。

どこまでが自分のエネルギーなのかを明確にするのが、
「エネルギーの境界を作る」ということです。
(自分を守るための「壁」ではありません。「境界」とは区別をするということです)

そして、【自分のエネルギーは自分で管理する】

思考も感情も、人任せや他人のせいにしないで、自分でちゃんと選ぶ。

【人生のカギは自分が握る】

この感覚が大事です。

そして、頭ではなく、ハートで感じる

こんなことができたら、イライラしたり、他人をうらやんだり、
落ち込んだりすることもなく、人生をスイスイ泳いでいけるはずです。

そのための土台という意味でのファウンデーションが、
8つの法則です。

1.自分が無限の存在であることに目覚める
2.引き寄せの仕組みを理解する
3.スピリットの意図を体現する
4.自分を愛する
5.ブロックを手放す
6.他人に影響されない自分
7.感情エネルギーを正常化する
8.男性性エネルギーと女性性エネルギーをバランスさせる

皆さんも、8つの法則を味わってみてくださいね。

■お金を引き寄せる思考
http://online.attraction-method.net/money1_bosyu/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

18 コメント

  1. まあ 2016年3月9日 at 11:14 am  返答する

    にしきさんのブログを見て元気が出ました。
    大好きな人がいて、出会えただけで幸せだったはずなのに、
    どうしても振り向かせたくなって、嫉妬だらけになって彼の女友達のツイッターを見に行って、嫉妬してました。
    彼にも自由意思があるのも忘れ彼を引き寄せるのに必死でした。
    でもにしきさんのブログを見て自分は、愛でいようと思いました。
    自分の思った通りになれなくても、
    愛でいて、感謝して生きていこうと思ったら、悩みがとっても軽くなりました。
    だって、愛を放っている自分って素敵だから笑
    自分で自分を好きになれそうです。
    ありがとうございます♪にしきさん(^^)

    • にしき 2016年3月9日 at 12:26 pm  返答する

      まあさん 出会っただけで幸せだったのに、いつのまにか、相手をどうにかしようとしている・・・人って怖いですよね。しかも、ギターのチューニングを相手にしてもらおうとしているのです。
      でも、そのプロセスを経て、自分が愛であることに目覚めたのであれば、素敵なことです。
      そうです、チューニングをするのはあなたです。
      あなたが愛にチューニングすれば、ストレスは軽くなります。
      それは諦めるのとは違う意味ですよね。
      成長におめでとう!

      • まあ 2016年3月9日 at 12:56 pm  返答する

        にしきさん、ありがとうございます♪
        引き寄せの法則で特定の人を引き寄せようとしてました笑
        実際にそういう本もたくさん売ってるし、そういうセミナーにも参加してました笑
        でも、どんどん苦しくなる一方でした(*_*)
        にしきさんのおかげで、目が覚めました。ありがとうございます♪

        • にしき 2016年3月9日 at 1:26 pm  返答する

          まあさん どういたしまして。これからもどうぞ愛でいてくださいね。

  2. Ryota 2016年3月11日 at 6:37 pm  返答する

    はじめまして。
    ギターのチューニングに例えていただいたのは非常にわかりやすく感じました。何か一つ大切なことが腑に落ちました。ありがとうございます。

    • にしき 2016年3月11日 at 7:54 pm  返答する

      Ryotaさん 初コメ、ありがとうございます。そうですね、チューニングです。でも、ちゃんとチューニングしても、ギターによって音が違うじゃないですか。また、違う楽器なら、周波数は同じでも、音は全然違いますよね。そういう意味でのユニークさを、僕たちは持っている。そんな多数の楽器のオーケストラが、魂の共鳴だと思うんですね。その共鳴が宇宙なんじゃないかな。

  3. カズ 2016年3月16日 at 1:35 am  返答する

    はじめまして。最近にしきさんのことを知り、ブログや動画をよく見ています。先週からはインナーチャイルドを癒すことに取り組んでおります。本当は「30日で本当の自分と出会う方法」で取り組みたいのですが、経済的な理由でそれが叶いません。ですので、にしきさんが推薦されている穴口恵子さんの本を購入して付録CDのワークを実践しています。とくに私はお金のブロックが強固ですので、不足感をもたらしている過去の出来事を思い出しては号泣しています^^; しかし今日とんでもないことが起きてしまいました。それは外出先で財布を紛失してさまったのです。今日は給料日で、全額銀行から引き出して財布に入れてありました。要するに私の全財産を紛失してしまったのです。もちろんカード類もすべてです。警察にも行きましたが届け出はなく、今日行ったすべてのお店や施設も行ってみましたが、財布は見つかりませんでした。インナーチャイルドのワークでお金のブロックを外そうとしてた矢先のこの出来事。惨めな感情に押し潰されそうなところを、なんとか踏ん張って金策に走り窮地を凌ぎました。なぜ自分がこんな目に!なぜ自分はこんな現実を引き寄せてしまったのだ!とまったく自分というものがわからなくなりました。しかし、時間が経ちちょっと冷静になってくると、これはもしかしたらインナーチャイルドワークの好転反応かな?という考えも出てきました。にしきさんは、これまでに色々な事例を見聞きされていると思いますが、私の今回の出来事をどのように解釈するのかを是非お聞きしたいです。大変長々とした文章で申し訳ありませんでした。では。

    • にしき 2016年3月16日 at 11:45 am  返答する

      カズさん お財布をなくしたのですね。それは大変でした。でも金策ができてよかった。その出来事をどう解釈するかは、カズさんの自由ですから、「これは好転反応」と思うことで、心が安らかになるなら、それでいいのです。他人の解釈や「正しさ」は不要です。気にしないでください。あなたがそう思えばそれでいいのです。

  4. ラムラ 2016年3月16日 at 8:51 pm  返答する

    こんばんわ
    行動がすぐにできないときも
    感情を感じることが一番大事なんですか?

  5. にしき 2016年3月16日 at 11:47 pm  返答する

    ラムラさん コメントありがとうございます。
    ところで、
    「行動がすぐにできないときも
    感情を感じることが一番大事なんですか?」
    って、具体的に想定している状況があるようですが、それはどんなことでしょうか?
    それがわかれば、適切な答えになると思います。

  6. ラムラ 2016年3月17日 at 8:49 am  返答する

    お父さんが怖いんです
    イスラム教を出たいといったらどうなるかわかりません
    いままででほかにもいろいろとやらかしているので

    • にしき 2016年3月17日 at 2:09 pm  返答する

      ラムラさん お父さんが怖いのですね。じゃあ、お父さんに会ったとき、「怖い」のを感じてください。ところで、今はどんな気分ですか? 怖いだけじゃないですよね。「今日は暖かいな」とか、「ご飯がおいしい」とか、いろいろ感じることがあるはずです。それも感じてあげてくださいね。感情を感じるって、いろんな感情をすべて感じることですよ。それが、あなたのエネルギーを正常化するカギです。

  7. ラムラ 2016年3月17日 at 6:21 pm  返答する

    にしきさんのメッセージが私が何かを送らないとかえってきません 笑
    やり方があるんですか?

    • にしき 2016年3月17日 at 6:29 pm  返答する

      ラムラさん ごめんなさいね、個人的なご相談には答えないポリシーなんです。生き方を決めるのは、あなたですから。僕がとやかく言うことではないんです。もし、僕が答えたら、あなたが考えて決断する機会を奪ってしまうことになります。なので、個人的なご相談には答えません。ご理解くださいね。

    • ラムラ 2016年3月18日 at 7:24 am  返答する

      わかりました ごめんなさい
      でも感情についての回答 ありがとうございます

  8. 我無駄無 2016年7月7日 at 11:42 am  返答する

    引き寄せに関することを調べていて、「引き寄せ チューニング」で検索したら、こちらのページが出てきたので、コメントを投稿しています。

    「ギターのチューニング」のたとえは、わかりやすかったです。

    ただ、自分は、ギターではなく三味線を弾いているのですが。

    三味線も、ギターと同様に「ペグ(糸巻き)」を回して、糸(ストリング)のテンションを調節して、チューニングを行うという点では、全く同じです。

    ただ、このチューニングを自分自身に対して、行う場合に問題となるのが、「人間の体には目に見えるような形で、ギターのペグや三味線の糸巻きのようなものがない」ということでしょうか。

    こういう場合に、重要なのが、「感じ(体感、フィーリング)」なのでしょうね。

    つまり、普段、「押しつぶされるような重苦しい感じ」があるとするならば、それを「肩の力が抜けて「心身脱落」するような感じが得られるように、「感じ」を調節していく」みたいな形でしょうか?

    あと、コメント中で「オーケストラは魂の共鳴である」という話が出てきますが、これもその通りですね。

    オーケストラが意味を持つのは、木管楽器、金管楽器、打楽器、弦楽器そのすべてがおのおのの持ち味を生かしながら、一つの楽曲を奏でていくことにあるわけですから。

    それを無理やり、「一つの音」に強制しようとする「圧力」(単一の価値観以外は認めない)が今の世の中にはあると思います。
    たぶん、そういう「圧力」に負けないようにするために引き寄せがあると思います。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年7月9日 at 5:56 pm  返答する

      我無駄無さん はい、簡単に言えば、波動を高くすることがチューニングです。波動は感情で表すことができます。「どうしよう、どうしよう」という思考と焦りの感情を持っているとき、「どうにかなるわさ」と、リラックスした思考、感情を持つようにシフトすれば、チューニングは成功です。

  9. 我無駄無 2016年7月7日 at 1:30 pm  返答する

    コメントの上のほうで、お財布を無くして大変な思いをした方がいますが、その財布を無くしたタイミングが、「お金に対するブロックを外そうとしていたとき」というのが、象徴的だと思います。

    その方は、ご自身で「お金に対するブロックが強固である」と書いてあるので、ひょっとすると、「お金に対するブロックを外す=財布を無くす」という「プログラム」が無意識下で実行されたために、財布を無くしたのではないでょうか?

    こういう時に必要なのは、無理に「外そう」とするのではなく、「雪が溶ければ春になる」といったように、「そこにあった大量の雪が、暖かくなるとともににいつの間にか溶けてなくって、周りを見ると桜の花が満開になっていた」。そういう「感覚(感じ)」を持つことではないかと思います。

コメントをどうぞ