皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

子どものころ、なーんにも悩んでなかったし、楽しかったことを思い出します。
毎日が新しい発見の連続だったし、どんなことでも遊ぶことができた。
日暮れまでが遊び時間だったけど、いつも暗くなるまで遊んでた。
楽しくって、家に帰りたいなんて思わなかった。

いつも、楽しいことを探していた。
自分の感情そのままに生きていた。

でも、いつの間にか、子どもから卒業して、
「ねばならない」ことをやるようになった。

宿題をしなくちゃならない
仕事をしなくちゃならない
残業をしなくちゃならない
食事を作らなくちゃならない

「ねばならない」で生きていると、いつの間にか、一日の大部分が
「ねばならない」になってしまいます。

本当は自分が何をしたいのか、何が楽しいのか、何を欲しているのか
わからなくなってしまった。

子どものころの自分は、そんなこと考えなくても
すぐわかったのに。

子どものころは、自分の感情がよくわかっていた。
楽しいこと、嫌なこと、怖いこと。
全部わかっていた。

自分が世界の中心だった。

でもいつの間にか、それは変わった。
自分がどこにいるのか、どこを目指しているのか、わからなくなってしまったのです。

「自分が何をしたいかわからない」「自分の願望がわからない」という方は
「ねばらならない」を優先してしまって、子どものみずみずしい感性を
忘れてしまったのです。

そして、迷っている。

そんなところかもしれません。

そんな方にも「今の感情を感じる」実践はとても効果的です。
自分の感情を感じて認めてあげると、自分が何が好きで、何が嫌いか、
よくわかってきます。

ハートと自分がつながっている感覚を持てます。

すると、自分のハートから「これをやりたい、あれをやりたい」という
思いが湧いてきます。

子どものころの情熱を、大人の立場で感じることができるようになります。

しかも、「そんなのダメだ」なんて頭で考えてジャッジをしない素地ができていますので、
小さな思いつきにも「それ、いいかも」と肯定することができます

今の感情を感じてあげることで、
自分のなかにある情熱がわかってきます。
本気で取り組むべきことがわかってきます。
生きている実感を持てるようになります。
そこから、やりたいこと本当の願望が見えてきます。

これがとっても大事なのです。

ポジティブなものも、ネガティブなものも、今の感情を感じてあげる。
これは、自分を尊重することであり、自分を愛することと同じです。

感情を感じることで、情熱が見つかる。
生きている実感を持てる。
願望がわかる。
やりたいことがわかる。
「ねばならない」から卒業して、自分らしく生きられる。

1.感情を感じる
2.自分を愛せるようになる
3.情熱が見つかる

というステップなのです。

感情を感じる小さな実践から、あなたが受け取るものは
とっても大きいのです。

※暖かくなってきましたね。
うららかな日和で、心も弾みます。
そして、今、夕方の光がいいんです。
ビルや家に反射する光が美しい。
そんなことも感じてみては?

■あなただけの本当の自分がわかる!
http://online.attraction-method.net/knowing_your_true_self/