皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

感情(emotion)は動いているエネルギー(energy-in-motion)です。
逆に言うと、感情はちゃんと動いているとき、どんな感情も問題ありません。
ポジティブだろうが、ネガティブだろうが、動いていればそれでいいのです。
「動いている」とは、ちゃんと感情が感じられていること、
そして、感情を内側にとどめず、
「OK、じゃあ、次の感情にいこう」と、特定の感情からフリーになっている状態のことです。
そうすれば、感情は自分のなかを通って消えていき、あなたのエネルギーは健全です。

これが原則です。

でも、こういう感情の原則を知らない人は多いです。

だから、感情に蓋をしてしまったり、感じないフリをしてしまうのです。
それが身体や人生に大きな問題を引き起こしている原因でもあります。
なので、感情を感じる実践を行うだけで、人生が大きく変わってくるのです。

スッキリして体調がよくなったり、物質的な現実が変わってきたり、
さまざまな気づきが生まれ、宇宙とつながっている感覚を持てるようになります。

感情には人生を変えるほどの力がありますが、何が感情かもよく理解されていません。

感情は「いま、ここ」で感じるものです。
時間は今

ところが感情を感じることに慣れていないと、ここに「思考」が入ってきてしまいます。
思考は過去か未来についてのものです。
ですので、感情とは別の時間です。

これについてコメントで、roykunさんがいいご質問をされていますので、
記事でも取り上げますね。

「感情は良い感情も悪い感情も感じて流すということですが、私の場合悪い感情を感じて流すというのがいつも上手くいきません
感じてしまうといつまでもどっぷりと浸かってしまうので無意識に感じないようにしてしまいます 例えば怒りの感情が出たとします、すると

『あ、むかついた!あったまにきたもんね?!またかい!どうしてかなー?この前もそうだったじゃん!ったく、もうやだよ』

笑…っという感じで怒りが昔の事まで及んで怒りのスパイラルにはまってしまうのです」

こんなご質問でした。

ネガティブな感情が怖いようなのですが、実はそれは感情ではなく
思考の産物です。

『あ、むかついた!あったまにきたもんね?!またかい!どうしてかなー?この前もそうだったじゃん!ったく、もうやだよ』

の例では、

「あ、むかついた!あったまにきたもんね?!」

という【今】の感情の部分だけを【感じます】
これは感じていいんですよ。
それに続く、

「またかい!どうしてかなー?この前もそうだったじゃん!ったく、もうやだよ」

の部分は、過去の出来事に関する【思考】です。
思考は関係ないので、これはやらないでください

感情を感じるときのポイントは「今」
時間は今です。
あなたが今何を感じているか。
それだけ感じればいいのです。
余計な思考は起こさないでください。
思考が浮かぶようなら、「あ、思考をしている」と気づいて、
また感情を感じてあげます。
「今、私は何を感じているだろうか」と自分に質問すると、
そのときの感情がじわっとわかってきます
それを感じるだけでいいのです。
思考やジャッジはいりません。
ただ感じてください。

なので、感情を感じる実践は瞑想と似ていますよね。

「『感情を感じる』ことの本当の意味」にも既に書いてありますが、
感情だと思っているものが、実は過去や未来に対する思考の産物だったりします。
感情を感じるとき、大事なのは思考ではなく、今の感情です。

今のこのとき何を感じているか。
そこに集中してください。
それが感情を感じることです。

なので、感情を感じることは瞑想と同じく練習が必要です。

思考でジャッジしたり、不安になったりするのはもうやめましょう。
それをしたって、現実は何も変わりません。
そうじゃなくて、感情をハートでしっかり感じてください。
すると、ハートからポジティブなインスピレーションが届きます。
それが実は宇宙からの大切なメッセージだったりします。

「本当の自分」とかスピリットとかミッションとか・・・
あなたに大切なものは、すべて感情を感じることからわかってきます
そう言っても過言でないほど、今の感情を感じるのは大切です。

続けてやってみて、内側の変化を教えてくださいね。

■たった1時間で、引き寄せ初心者から永遠に脱出する方法
http://online.attraction-method.net/1hour_to_excellence_bosyu/