「引き寄せの法則」の効果を高めたいなら知っておきたい【誤解】と【正解】

「引き寄せの法則」の効果を高めたいなら知っておきたい【誤解】と【正解】

こんにちは。僕は「にしき」といいます。
実は僕が、2007年に「引き寄せの法則」を日本に持ってきた張本人です。
ご存じでしたか?
僕は、当時から10年以上「引き寄せの法則」とかかわっていますが、残念ながら最近の引き寄せの法則の理解は、2007年の「引き寄せブーム」のときよりも、退化してさえいるというのが偽らざる印象です。
誤解がたくさんあるのです。
そこで、まずは引き寄せの法則にありがちな誤解を取り上げ、正解をそれと対比してお伝えします。

よくある「引き寄せの法則」の理解

ではまず、Webやブログ、書籍などでよく目にする「引き寄せの法則」の説明は
どんなものかを見ておきましょう。

《「引き寄せの法則」は「思ったことが実現する」という法則。
だから、思う回数を上げるか、思いの度合いを上げれば、それは実現する》

煎じ詰めれば、こういう説明がほとんどです。

これに加えて、

「詳細にイメージする」
「あるときになったら願望を手放す」

などの論点が加わることがありますが、基本線は同じです。
もっと通俗的な理解になると、

《思っていれば、どこかから、望むものを自分のもとへと持ってくることができる。
ケーキが欲しければ、ケーキをイメージしていれば、ケーキはやってくる》

こんな理解や説明があります。
簡単に言うと、「モノが存在するところから、モノがないところへ移動させる」
という考えです。
Webなどで見ることのできる「引き寄せの法則」はこんなイメージ。
こういう説明に触れる機会が多くなると、いつの間にかそれが潜在意識にインプット
されてしまいます。
Webやブログを中心に情報を得ている人は、注意が必要です。

誤解その1「思考は現実化する」・・・のではない

ここでポイントになってくることは「思っていること」「思考」です。
「思っていることが実現する」・・・実にシンプルな説明です。
しかし、この考えで、何かを実現しようとしても、非常に難しいか、逆の結果になることさえあるでしょう。

思っていること、思考、そして皆さんが念頭に置いている「思考」とは
「こうなりたい」といった「願望」のはずです。

「もっとお金が欲しい」
「もっと素敵な人と出会いたい」
「結婚したい」
「もっと健康になりたい」

こんな願望を持って、それを考え続けたり、イメージのなかで楽しんでみたことがある
方もいるでしょう。

しかし、なかなかそれは実現していないはずです。

なかには実現しつつある人もいるけれど、「実現した!」と言い切れる人はなかなか
いないのではないでしょうか。

つまり、「思ったことが実現する」という考えでは、どこか本質には届いていない
何か大きなポイントを逃している。
そうとしか思えないのです。

実は、この「思ったことが実現する」という考えは、最近の「引き寄せの法則」とは
関係ないものです。「思ったことが実現する」という考えは、ナポレオン・ヒルの
『思考は現実化する』という本に影響された「引き寄せの法則」の理解です。
『思考は現実化する』の原書は1937年に出版されたもので、最近の「引き寄せの法則」
とは、時期がまったく違います。

「引き寄せの法則」が成功哲学の観点からも素晴らしい点は、『思考は現実化する』
が解明できなかった本質を明らかにしたことです(正確には編集段階で大部分が
削除されてしまったのですが)。

しかし、「思ったことが実現する」という「引き寄せの法則」の理解では、逆に
昔に戻っているといえます。

「思考は現実化する」のではない。もっと何かがある。

だから、皆さんは「思ったことが実現する」「思考は現実化する」という言葉を
見たら、少し用心する必要があります。

誤解その2「強くイメージすれば実現する」・・・のでもない

また、根深い誤解に「強く思えば叶う」「強く念じればいい」というものがあります。
そもそも「強く思う、念じる」とは、どういうことでしょうか。
ここにその1にも通じる誤解があるのです。
つまり、

《思ったことは実現する。実現しないのは、「気合い」が足りないからだ》

という誤解があるのです。

だから、願望が実現していない人には、もっと頻繁に、そしてもっと密度を上げて、
実現結果をイメージするように勧められます。
それ自体は悪いことではありませんが、この「強く」に引っ張られてしまうと、
何かを実現するには、「力を込めて何かを行わなければいけない」ように感じて
しまうかもしれません。

この誤解も、『思考は現実化する』に影響されています。
もともと『思考は現実化する』は、Think and Grow Richというタイトル。
金持ちになろうとするための本で、男性性のエネルギーに貫かれています。
だから、『思考は現実化する』に影響された人が「引き寄せの法則」を理解すると、
「強くイメージすれば叶う」という男性的な誤解が生まれてしまったのです。

しかし、「力を込めること」は、「引き寄せの法則」から見ると、逆効果になって
しまいます。「もっと力が必要だ」という緊張感が生まれてしまうと、
実践はうまくいかないのです。なぜなら、後述するように「引き寄せの法則は楽の原理」だからです。

ですから、「強くイメージすれば叶う」とはいえないどころか、逆の結果になる
可能性が高いのです。

誤解その3「モノを引っ張ってくるノウハウ」・・・ではない

「引き寄せの法則」はDVD『ザ・シークレット』の登場で多くの人が知るところ
となりました。
『ザ・シークレット』のなかで使われたシーンやイメージが、「引き寄せの法則」
のイメージをも決めてしまったのは確かです。
「宝石店の店頭できれいなネックスにうっとりと見とれる女性。彼女がそのネックレスを
プレゼントされるところをイメージしていたら、実際にプレゼントされた」とか
「自転車をイメージしていたら、翌朝、ドアにところに自転車があった」とか、
わかりやすい例が挙げられています。
そのため、この映像を見た人は、「引き寄せの法則」について、

1.モノが手に入るのを念じていれば
2.それはやってくる

というメッセージを受け取ったのです。
「引き寄せの法則はモノをどこかから持ってくる方法」という誤解がここで生まれます。

また、「引き寄せ」という日本語も要注意です。
「引き寄せ」という日本語の語感には、「何かをずずーっと引っ張ってきて、くっ
つける」というニュアンスがあります。
そのため、「モノがむこうから勝手にやってくる」という理解が広がってしまいました。
今でも日本語で「引き寄せの法則」という場合、「何かのモノをどこかから
持ってくるための実践方法」という意味で使われることがほとんどです。

しかし、この「モノを引っ張ってくるノウハウ」というのも、誤解にすぎません
「願望実現」や「願いを叶える方法」は「引き寄せの法則」の世界の一部にすぎず、
それだけをやっていれば願望が叶うかとはいえません。
願望を明らかにして、それに焦点を合わせるのはいいのですが、人生のそれ以外の
部分はちゃんと宇宙の法則に則っている必要があるのです。
これは正解2でさらに説明します。

誤解その4「行動しなくても向こうから勝手にやってくる」・・・のではない

「引き寄せの法則」のイメージが、DVD『ザ・シークレット』で決まってしまったと言いました。要は「イメージすれば、欲しいモノが手に入る」という考えです。
それはDVDという媒体を使ったための限界でもあるのですが、DVDに収録するためには
絵にならなければなりません。そのため、ネックレスや自転車のシーンのように
「絵になるシーン」が採用されたのだと推測します。人間の内側の体験は映像にしにくく、
絵になりにくいのです。
しかし実際には、イメージすることと、何かを引き寄せることには、本質的なつながりは
ありません(イメージは一つの実践ツールにすぎません)。
また、イメージするだけでモノがやってくると理解されたため、イメージしてあとは何も
しないという実践が広がっています。「手放し」を誤解すると、この傾向がさらに
加速してしまいます。

誤解その1、2には、自分の思考に力をかけて実現しようとする男性的なエネルギー
感じられるのに対して、誤解その3、4はその真逆で、まったく行動をしようとしない
「待ち」のエネルギーです。

「引き寄せの法則」の理解には、このように極端に違う2つの方向性があり、
話をさらにややこしくしています。そのため、同じ「引き寄せの法則」の話をしている
つもりでも、まったく違うことを話していることがよくあります。

実際の「引き寄せの法則」が教えてくれるのは、もっとバランスがとれ、地に足が
付いた考え方です。行動が必要か不要かという議論はナンセンス。
問題はそれではなく、何に従って動くかですが、それを宇宙から伝えてくれるのが
インスピレーション、ガイダンスです。そのため、実践面では、インスピレーション
を受け取ることがとても大切になります。

誤解その5「人生を思い通りにするため引き寄せがある」・・・のではない

「引き寄せの法則」は自分の意図をこの世界で実現するための方法だと理解
されています。そのため、何かを自分の意図に沿って実現することが「いいこと」
だと思われているふしがあります。実際、引き寄せ関連本の帯には、「人生を思い通りにする・・・」等の言葉が躍っています。
何も知らず、吹きすさぶ嵐が過ぎるのをただ待つしかない人生よりは、自分の意図を
実現し、自分で人生を切り開いていけるなら、その人は進化しているのかもしれません。
しかし、「引き寄せの法則」を「願望実現の方法」とだけとらえてしまうと、それは
限りなくエゴを増大させてしまいかねません。 「人生は自分の思い通りにすれば
いいんだ」と誤解してしまうでしょう。さらには目覚めも遠ざけてしまうでしょう。
「人生は自分の思い通りにすればいいんだ」と思うなら、愛に目覚めるのではなく、
「意中の人をゲットでできればいい」というご都合主義に陥る危険性をはらんでいます。
さらには、周りの人を自分の思い通りにしようとする「コントロール」につながり
かねません。コントロールは相手から自由と力を奪うことであり、虐待と同じです。
「引き寄せの法則」が掲げるモットーである「愛、自由、成長」とは相いれません。
「引き寄せの法則」の実践に慣れると、「人生をもっと思い通りにしたい」と思って
しまうかもしれませんが、自分の思いや思考なんてちっぽけなもの人生を思い通り
にしようというエゴの誘惑には反対しなくてはなりません
そのために必要なことが「本当の自分」ひいては宇宙とつながる、ということです。

誤解その6「よくなる方法」・・・でもない

「引き寄せの法則」という言葉を聞いたとき、「何かが寄ってくる」というイメージだと
思います。「寄ってくる」「もっと増える」・・・ということは、「人生、よくなる!」
という思考回路がここにあるようです。
「もっと良くなりたい」
ある意味自然な発想だと思います。
しかし、その背後には、「今はよくない」という思いが潜在的にあるのも事実。
「未来はよくなる、今はイマイチだけど・・・」
「未来にはもっとお金を持っていたい。今はないけど・・・」
「将来、誰か素敵な人と出会っていたい。今はまだ出会っていないけど・・・」
「いいこと」が「未来」に実現すると思ってしまうと、「今」は急に色あせてしまいます
すてきな未来をイメージするときはいいけれど、「今」に戻ったとき、その落差に
愕然とする、逆に将来が不安になる、という方もいるようです。
もし仮に、未来に何かが実現して、「よくなった自分」になれたとしましょう。
「よくなった」と実感できるのは一瞬のことで、その感覚もすぐになくなってしまいます。
なぜなら、「よくなった自分」が今度はベース、基準になるからです。
「よくなった自分」が当たり前になってしまえば、それはもう「いいこと」ではなくなります。
そして、また次の「もっといいこと」を目指してしまいます。
その次もまたこういうことが起こるし、また次もこうなります。
永遠のいたちごっこ、永遠の「よくなりたいレース」です。
これに終わりはありません。
つまり、「よくなりたい」と思っても、よくなることはできないことになります
よくならないとしたら・・・それはつまり「遊び」です。
遊びなのですから、まじめによくなろうとしなくていいのです。
楽にリラックスしていいのです。

誤解その7「願えば何でも実現する」・・・のでもない

引き寄せの法則の原理を知れば、「何でも実現できる」と「引き寄せの法則」は、言います。それはそのとおりで、人間の意識に限界はありません。
しかし、人は「望みを早く実現したい」と思いがちです。
するとどうなるかというと、「出来事が実現したのをイメージする」「感情を味わう」
「手放す」などの一連の引き寄せ的な実践の手順を一生懸命やってしまいます。
それ自体は悪いことでも間違っていることでもありませんが、これは、土台となる土地が
ぬかるんでいるのに、その上に急いで家を建てようとするようなこと
だから、実践をやってもやっても、家(願望)はすぐに壊れてしまい、結果として見えにくいのです。
「ぬかるみ」を作ってしまうもの・・・自己否定、現状否定、無価値感、優越感、ジャッジ、比較、犠牲者意識、不安、恐れ、恨み、後悔、執着、支配欲など否定的な考え、信念のすべて・・・を、自分の内側から取り去らねばなりません。人生を創造するには、こういったいらないものをきれいにする必要があるのです。

このように、「引き寄せの法則」として語られていることのなかには、過去の情報の
混入や誤解がたくさんあるといっていいでしょう。
では実際、「引き寄せの法則」とはなんでしょうか。
それをまとめてみましょう。

正解その1「引き寄せの法則は宇宙の基本原理」

「引き寄せの法則」は何かを実現する方法でもノウハウでもありません。
本当の意味は、「宇宙のすべてにかかわる基本原理」のことなのです。
地球には引力がありますが、引力の法則と同じような意味での宇宙の基本原理。
それが、「引き寄せの法則」です。
だから、「引き寄せの法則が素晴らしい」とか、「引き寄せの法則」はポジティブシンキングだ」というのはそもそも違っていて、「いい/悪い」などの価値判断を離れた無色透明な法則なのです。
僕たちを構成する素粒子から銀河に至るまでの物理現象に働く原理であり、思考や
「場のエネルギー」といった見えざる現象をも統べる原理なのです。
「引き寄せの法則」を知ろうが知るまいが、すべての現象に「引き寄せの法則」は
かかわっていますから、「引き寄せの法則をやめる」ことはできませんし、そういう
表現自体が誤解の産物です。
ですから、賢明な読者には、「引き寄せの法則」がすべてに働いていることを知り、
その原理を自分のものにして、「引き寄せの法則」に従って人生を解明していくのを
お勧めします
願望実現や願いを叶える都市伝説ではなく、「宇宙と統率する法則」として「引き寄
せの法則」とつきあってください。得るものはたくさんありますよ。

正解その2「あなたは自分の波動に共鳴した出来事を経験する」

誤解その1でも取り上げましたが、「思考は現実化する」と考えると、どうもうまく現象を説明できません。
なぜ、お金を持っていない人が「金持ちになりたい!」と思考しても、なかなか
お金持ちになれないのでしょうか。
思考レベルでは「金持ちになりたい!」とその人は確かに思っています。
しかし、大切なのは思考の「本質」です。
本当は何を考えているのか、何を意味しているのか、どこを向いているのか。
それを説明するのが「波動」の概念です。
波動はエネルギーの周波数のことです。
波動はどんな物質、出来事、そして思考にもあります。
「引き寄せの法則」はこの波動にし対して作用するので、波動に注目する必要があります。
そのため、思考していることを人間はそのまま経験するのではなく、
自分の波動に共鳴する出来事を経験するのです。
願いを実現させようとする前に、少し冷静になって、自分の周りに起こっている出来事を思考ではなく波動の観点から眺めてください。すると、起こっている出来事は、自分の波動とぴったりマッチしているのがわかるでしょう。

また、大切なのはその人の波動がどうなっているかです。
波動は一つの一定した周波数ではなく、さまざまな周波数が集まってその人の波動を
構成しています。
願望が明確になって、「わたしは愛を経験している」という願望ができたとしても、
それ以外に「愛される価値がない」とか「自分には価値がない」といった、願望の
波動と相いれない波動があれば、願望の波動は打ち消されてしまいます。
そのため、誤解3のように「モノを引っ張ってくるためのノウハウ」としてだけ
「引き寄せの法則」を利用することはできず、その人全体の波動、つまりは思考や
信念全体が「宇宙の法則」と合致している必要があります。「宇宙の法則」の内実は愛
なので、いらない思考や信念、ジャッジ、比較、不安・・・などを手放して、愛の
波動にその人がシフトする必要があります
この「愛」とは、人間をはじめとした万物の本質のことで、誰かを好き/嫌いという
世界とは関係ありません。
つまり、願望を実現するにはノウハウとして扱うだけでは足りなくて、その人が
本質に目覚める必要があるのです。

正解その3「引き寄せの法則は楽の原理」

人は「一生懸命やりなさい」「努力しなさい」と教わります。実際、個人の経験を思い出してみると、何かをやり遂げるのは「大変だった」「苦労した」という記憶が出てくるでしょう。「苦労」を勧めることわざには枚挙に暇がありません。そのため、「人生には汗水たらして苦労することが必要」という考えが、誰の心のなかにもあります。
そのため、人生もそうですが、「引き寄せの法則」についても難しく考えてしまう癖がつています。
しかしこれが、「引き寄せの法則」に従って生きるためのブロックとなってしまうのです。なぜなら、

《「引き寄せの法則」は楽の原理》

だからです。
「楽」というのは、「自分のなかに抵抗する波動がない」という意味です。
何かをしようと思ったとき、「できないかもしれない」「不安」などの考えがない
ことを「楽」とここでは言っています。「できないかもしれない」「不安だ」
「怖い」「たいへんなことになる」などと思っていると、楽ではありません。
快適ではありません。「苦」になっています。
何かが実現するときは、「簡単にできるね」と思って「楽」な状態のときです。
「できない」などと、人が思考で抵抗していないときです。
人生ではときとして苦労することもあるでしょう。しかし、苦労ばかりでなく、
あれよあれよと言うまに物事がうまくいったり、大きな仕事がすんなりできたり
することがあるのも事実。
うまくいくときは、アイデアを急に思いついたり、誰かの助けをタイミング良く
受けられたり、思わぬオファーが入ったりします。
逆に、うまくいかないときは、何をやってもうまくいかないし、一生懸命やって
いるのに邪魔が入ったり、必要な資源が揃わなかったりと、タイミングが悪い思い
をしがちです。
「楽にうまくいくとき」と、「苦労してうまくいかないとき」の何が違うかというと、
「その人になかに、自分を邪魔をする波動があるか」ということなのです。
「楽」なのは、こんなときです。

自分自身の考えをそのまま表現しているとき
この意味で自分らしくあるとき
他人の評価を気にしていないとき
自分を信頼しているとき

すると結果として、物質世界にもそれに共鳴する出来事が起こってきて、「楽だな、
助かるな~」と思えてきます。

「苦」なのは、この逆で、

自分自身の考えを表現していないとき
この意味で自分らしくないとき
他人の評価に自己評価がかかっているとき
自分を信頼できないとき

です。こういうとき、自分のなかに抵抗がたくさんあり、自分が自分でないような
感覚を持ちます。自分が自分とずれている感覚です。

こういう「苦」の状態にあると、これも同様に、苦の波動に共鳴する苦しむような
出来事が起こってきて、「やっぱり人生は苦しい」ということになるのです。

もともと、人生は楽なようにできています
なぜなら、人生はすべてうまくいっているからです。
しかし、物心がついてくるに従って、「これはダメだ」「たいへんなことになる」
「できない」「怖い」などとレッテルを貼るから、うまくいっていることも、うまく
いっているように見えないのです。
「苦労」という抵抗の高い状態から、「楽」という抵抗の低い状態へと、あなたの
波動が変われば、人生の流れは大きく変わってくるでしょう。なぜなら、それが、
「引き寄せの法則は楽の原理」に合致することだからです。
しかし、「楽」ということなので、「嫌な仕事をやめて、あー、楽」と思うとき、
誤解があるかもしれません。「楽」とは抵抗が少なく本来の自分とつながっている
状態であり、「何もしないこと」とは関係ないからです。仕事をいやいややっている
よりは、それをやめて自分の好きなことに向かっていこうとするなら、それは「楽」
な状態です。自分との間に抵抗がない感覚で、「お金になるかわからないけど、なん
だか自分がやりたいのでやってみよう。きっとうまくいく」というのが「楽」の感覚
です。行動面で見るなら、楽は楽天主義に近いです。
ただし、我慢のしすぎで自分にストレスを与えている方、うつっぽい方は、嫌な仕事
を無理にやることでさらに自分の状態を悪くしてしまうので、退職もやむを得ないでしょう。
苦労や努力に伴うストレスを「尊いこと」と誤解しないことです。ストレスは病気に
つながりますから。英語で病気のことをdis-ease、「楽でないこと」と呼ぶのには、
理由があるのです(ここで「楽」と言っているのも、英語のeaseの意味です)。
多くの人は自分に対する否定的な態度で、自分にストレスを与えています。なかには
こうしたストレスがないと「だらけてしまう」と思う方もいるようですが、病気に
なるよりははるかにいいでしょう。そして、「自分いじめ」をしなくても、人は本来、
自分らしくのびのび生きていけるし、それが自然です。
「自分を見失って何をしていいかわからない、何もしたくない」という意味での
「ラク」ではなく、自分としっかりつながって、自分が何をすべきかちゃんとわかっ
ている、そして、それに関して自分のなかに抵抗がない状態(「できるし、うま
くいく」)を「楽」だと思ってみるといいですね。
日本語で「楽」というと、「何もしない」というニュアンスがあるかもしれませんが、ここで言っている「楽」はそうではありません。「楽」は自分とつながって自分らしくある状態だと思っていいでしょう。

人生は「楽」な状態へと向かう旅

もしかすると、あなたは苦労しなくていい状態になりたいために、「引き寄せの
法則」に興味を持ったのかもしれません。「お金がもっとあれば苦労しないのに」
「彼氏・彼女、パートナーがいれば苦労しないのに」。誰だって苦しみたくないです
よね。そのため、「お金を引き寄せたい」「彼氏・彼女、パートナーを引き寄せたい」
と思っているかもしれません。
しかし、さきほど簡単に見たように、「苦」は自分らしくない状態、自分から
離れている状態ですから、お金をいくら積んでも苦労はあるし、素敵なパートナー
と出会っても、それだからこその苦労もあるのです。その「苦」とは、自分が自分
自身や他人をジャッジしたり、比較したり、悩んだり、恐れたり、不安になったり
して、本来の自分から離れているから、起こったのです。
だから、自分の外側にモノを積んでも「楽」にはなれません。
どうすれば「楽」になれるかというと、ジャッジや比較、悩み、不安、恐れ・・・
などといった宇宙の法則と相いれないものを、自分の内面から捨て去ればいいのです。
そうすれば、ストレスがなくなって楽になれます。アタマのなかに空間、スペース、
余裕が生まれます。楽になると、自分の波動に「引き寄せの法則」が働き、必要な
ものを呼び寄せます。
多くの人の頭のなかは、ジャッジやら不安やらでいっぱいです。
それを少し取り除いて、楽な状態にしてください。
外側にもモノを積むことで楽になろうとしないで(不可能)、今すぐ、いらない考え
を捨てて楽になってください。
人がこの地球で何世代もかけて学んでいるのは、この「楽になる」ということかも
しれません。
「楽な状態」は、僕らの生まれ故郷である愛の波動のことでもあります。愛は「愛さ
れるだろうか」などの抵抗がない状態のことです。
確かに人はこの地球で苦労をしているかもしれません。
しかしそれは、自分が自分からずれているのであり、いらないジャッジや比較、
恐れ、争いの波動のせいでもあります。
こうしたいらないものを捨て去り、手放し、楽な状態、愛の状態になること。
それが人生という旅の目的地。
人はそこを目指しているし、人生は「苦」から「楽」へと流れています。

効果を望むなら

「引き寄せの法則」を知った人が迷わないように、よくある誤解と、それに対する
正解を説明しました。初めての人でもわかるように書いたつもりですが、
あんがい難しい話もでてきました。それも仕方ない。
「引き寄せの法則」は「モノを引っ張ってくる法則」というよりは、
宇宙の原理であり、あなたのエネルギー全体にかかわることだからです。

どう願うか、というよりは、あなたのエネルギーをどう実質的に変えていくか。
言い換えると、あなたの波動をどう高めるか。
愛や希望、喜び、感謝、悟りといったポジティブな感情になっていくのか。
本ブログは、こういった実践のヒントを多数掲載した、引き寄せの専門ブログです。
役立つ記事が満載。ぜひいろいろ読んでいってください。
そして、あなたに素晴らしい人生が訪れますように。

【エクササイズ】あなたは今日、人生を楽にするために、どんな思考、信念を手放しますか。今あなたにとって一番いらないものを手放してください。

(初出:2014年5月15日)

■引き寄せ難民の方も、「ああそうだったのか」と納得し、実践したくなる
動画ワークショップに現在無料でご招待中! ぜひご登録を
↓   ↓
http://landing.attraction-method.net/10essences/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

41 コメント

  1. 南口卓司 2014年5月19日 at 9:41 am  返答する

    毎度ありがとうございます。

    引き寄せの法則は、シンプルに波動の法則であり、人生にはリラックス(利楽素宇)の波動が肝要だということが、徐々に腑に落ちてきました。

    • にしき 2014年5月19日 at 1:48 pm  返答する

      南口卓司さん 「人生はリッラクスしていいんだ」ということが腑に落ちるのは、自分と宇宙を信頼したときです。こんなとき、宇宙はすてきなご褒美をくれます。それを引き寄せと呼ぶか、ミラクルと呼ぶか、宇宙の計画と呼ぶか、それは自由ですが、宇宙と自分を信頼して人生をリラックスするのは素晴らしいことです。ぜひ、その調子でいってくださいませ。

  2. YOUTON 2014年5月21日 at 4:49 pm  返答する

    引き寄せの法則がややこしいのは、
    ひとくちに「苦」といっても
    宇宙の法則を無視した無理矢理な頑張りにおける「苦」と
    宇宙から与えられた課題に取り組む際に感じる「苦」
    の区別が付き辛いからだと思っています。

    また、
    ただ何もしないで快楽に浸っていたい「楽」と
    行動を起こしつつもリラックスしている「楽」
    もまた区別が付き辛いからだと思っています。

  3. にしき 2014年5月21日 at 7:35 pm  返答する

    YOUTONさん コメントありがとうございます。苦、楽を自分の「感情」としてとらえてしまうとややこしいです。僕は、楽を自分と「つながった状態」、苦を「自分から離れた状態」としています。
    宇宙から与えられた課題をこなしているとき、人はつながっているはず。だから、「100%苦でたいへんだ~」とは思わず、今取り組んでいることがブレークスルーにつながり、光への道であることをどこかで知っています。
    楽は自分とつながって「うまくいくね」という感覚のことです。「何もしないのが楽」というのとは違います。
    「引き寄せの法則」をはじめスピリチュアルはどんな考えにも適合してしまうので、その真意が伝わりにくいことがあります。この記事を書いたのも、そんな誤解を正し、真実を伝えたいからでもあります。
    いい指摘をありがとうございます。

  4. visitor 2014年5月21日 at 10:40 pm  返答する

    やはり いまの日本は色んな制度がしっかりしているので「現実的」に考えなければいけないことが 強いのですが、 その現実を押して 自分の希望を想定できるものでしょうか。
    また  自分の来ていない未来は 経験していないことは、なんとも想像できないものもあります

     聖書では運ばれる時はアクシデントが起きてでも その地へ 運命へ運ばれる、と定義しています
    また  特別 目標を確定していなくても 目的に運ばれる時は運ばれる
    やはり  そういう奇跡もあるとは  個人的には思います

  5. 2014年5月24日 at 5:00 pm  返答する

    にしきさん、こんにちは。引き寄せの法則を知って幾らか経ちますが、ここ1、2ヶ月は実感として本当にこの法則は働いているんだとわかる事が毎日起こっています!特に瞑想を初めてからはミラクルばかりで。感動して泣くこともあれば、あまりにも完璧すぎて笑ってしまうときも(笑)
    最初は物の引き寄せで喜んだりしてましたが、引き寄せの法則は、人生そのものを幸せに生きるために活用するものだな、と感じています。にしきさんのブログにもたくさん学ばせて頂いて、感謝です。その想いを伝えたくて、コメントさせてもらいました。

    • visitor 2014年5月26日 at 8:10 pm  返答する

      正直 瞑想で何かが起こったことがないのですが どんなふうに起こるんでしょうか
      具体的に聞ければ 新鮮な気がします

  6. ゆきすけ 2014年5月30日 at 5:16 pm  返答する

    にしきさん初めまして。私はお金に関してのブロックがあるようで20年以上お金に惑わされています。にしきさんのブログに出逢い、少し執着が減ってきたように思っていたのですが、また借金をしてしまいました。
    無駄な買い物をしてしまったり、パチンコで負けてしまったり、やらなければならない事を後回しにしては、そんな事で無駄遣いをしてしまう。

    だらしない自分につくづく嫌気がさします。
    こんな状態から本当に抜け出したい。
    いろんな本やブログも読んであーそうなんだと思ってもまた同じ事を繰り返してしまいます。
    助けて下さい(>_<)

    • にしき 2014年5月30日 at 5:47 pm  返答する

      ゆきすけさん 「やっちゃいけない」と思っているのに繰り返してしまう。これを依存症といいます。ドラッグで逮捕されたASKA容疑者とやっていることは同じです。違いはあちらは捕まるけど、ゆきすけさんは捕まらないぐらいのことです。
      だから、「今、自分は依存症という病気なのだ」と認識することが先決です。
      ドラッグを含め、なぜ依存するのでしょうか。
      その背後には、強いストレスがあります。ゆきすけさんにも、仕事など強いストレスがあるはず。おまけに自分を責めたりするので、さらにストレスが高まります。
      どうしていいかわからなくて、さらに借金して、もっとダメな自分になろうとしています。
      ダメな自分を自分で作って、ダメな世界でもがいている。
      現状はこんなところでしょう。
      ここから抜け出すには、考え方を全部変える必要があります。
      ゆきすけさんのなかには、もともと自分を否定する思考や信念があるはずです。
      それがストレスの原因でもあります。
      最初に手をつけるのは、ここです。
      自分を責めたり、「なんておれってダメなんだろう」と思うのをやめることです。
      自分を大切にすることです。
      借金をする人は自分を大切にできない人です。
      だから、自分をしっかり愛して認めてあげれば、借金をしなくなります。
      ごくまっとうに、収入の範囲で生きていけるようになります。
      「自分を大切にすること」
      「自分を愛すること」
      「自分を責めないこと」
      「自分も考えを変えたら、現状から抜け出せると信じること」
      ここらへんから始めてみてはいかがでしょうか。
      もしくは借金地獄の底を見て、「もうやめる!」と決心するか。
      どちらかじゃないでしょうか。

  7. 日向 太郎 2014年5月31日 at 11:14 am  返答する

    にしきさん いつも参考にさせていただいています。
    楽とは自分と「つながった状態」というのはわかる気がします。ただ、現実は自分から離れているとわかっていても、やらないといけないことも有る気がします。
     私は人付き合いが若い時から苦手。特に宴会は苦手ですね。会社の宴会は人事や会社の業績のことなどネガティブな話ばかり、いつも逃げ出したいのですが、組織のコミュニケーションや人脈作りを考えるとしぶしぶお付き合いをしかなり波動が下がってしまいます。
     苦手な宴会に参加しないということは「壁を作って現実逃避しているのか」、「自分から離れた状態なので問題ないのか」いつも悩んでいます。
    こういう悩み自体を手放して任せれば良いのでしょうか。

    • にしき 2014年6月1日 at 6:09 pm  返答する

      日向 太郎さん 悩みながら宴会に出てしまうのなら、何も変わりませんし、「宴会はネガティブ」だというところに注意を向けて否定的な感情を持ち続ければ、当然ながら、日向さんの人生に否定的な出来事を招き入れています。わかりますよね?
      選択肢はいくつかあります。
      1. 宴会には出ないと決める。否定的な評価・陰口などは甘んじて受ける
      2.宴会には出るけれど、楽しむ。ポジティブな話題を率先して持ち出す
      いずれにせよ、悩んでいる状態が一番よくないですね。何かを変える必要がありますし、それができると信じる強さを持つことです。その「強さ」は、「本当の自分につながっている」ことからやってくるのです。

  8. 都間 里美 2015年4月27日 at 9:38 pm  返答する

    私は顔や体型をかえたいです!
    半年前から引き寄せの法則を知り色々と本やWebで調べてきてこのページにたどり着きました!
    顔が変わって嬉しい!って変わった時の感情を感じることができれば、顔や体型は変えれることはできるんでしょうか?

    • にしき 2015年4月28日 at 11:26 am  返答する

      都間 里美さん 出会ってくださってありがとうございます。都間さんにできるのは、「うれしい」というその感情をいま感じることです。何があっても。すると、都間さんの波動はポジティブになります。自分の顔を鏡に映してみてください。そして「うれしい」と感じてください。そんな思考と感情を持ち続けてくださいね。自分って素晴らしい。最高ですよね!

  9. Dan(暖) 2015年5月13日 at 8:14 pm  返答する

    ども~~~ \(^-^)/

    おいらも、「顔や体型を変えたい~~~」
    と、常々、思っております.。oO

    以前は
    「変えた~い(涙)(悲)(苦)(悩み)」でした。

    そんなときって、きっと
    【 このままの顔や体型では、ダメ 】
    【 変えたいと思いながら努力できてない わたしはダメ 】
    【 ダイエットやり始めても、長続き出来ない 自分はダメ 】
    みたいな
    【 ダメ出しの連鎖 】に はまってしまってるんでしょうね。

    そんな、思いで一杯の時は
    まわりの人達も
    (引き寄せの結果によって)
    「太った人って、なんか だらしないよね」
    とか
    「やっぱり、男も女も 顔が一番だよね」
    みたいなことを言う人ばかりf(^_^

    でも、でも・・・

    【 自分へのダメ出し 】を
    ほんのちょっと減らし始めたら

    周りには
    「やせた人よりもさ~、ちょっとプニプニしてる方が、人間って魅力的じゃない?」
    「顔が一番なんて 付き合い方って なんか嫌だなぁ」
    とか
    「先生(おいらのこと)って 絶対、年齢よりも 見た目 若いよね~~~」
    みたいな状況が 次から次へと
    現実化しちゃってきます.。oO

    おいらの「顔や体型」は まったく以前と変わらないのに

    周りが 自然に 変わっていくようで(笑)

    これが まさに
    【 豊かな 無限の創造 】 というものでは ないのでしょうか \(^-^)/

    もちろん
    「行動」は 大切です。ですが、
    【 自分の内面 】に【 ダメ出し 】を抱えたままでは

    結局は
    【 ダメ出し 】を感じる状況しか引き寄せられません.。oO

    「行動」の前に
    ほんのちょっと
    【 思考(心の おしゃべり)】と
    【 感情(気分が良くなるか そうでないか)】
    を整えてみたら

    顔や体型などの外面的なことを
    変えなくても

    【 このまんまで、大丈夫 】っていう
    現実が引き寄せられるような気がしてます。

    やっぱり
    【 自分のことを どう思っているか 】が
    【 まわりの状況に影響 】していきますし
    【 引き寄せる現実を左右する 】ことになるんでしょうし

    【 ダメ出し 】を ほんの ちょっと
    ほんとに ちょっぴり【 減らす 】だけで

    現実は、変わるんじゃあないですか、な?

    ちなみに
    おいらは、ちょっと「猫背」ですが
    (スラ~っと 背筋が伸びた イケメン先生ではありませんが(笑))

    (以前は、このことも悩んで 自分にダメ出しをしていましたが)

    最近の
    まわりの見方 (味方)によれば

    「先生は、いつも腰が低くて 患者さんに低姿勢で、好感度上がりますよ」
    ・・・らしいですf(^_^

    気分よく、心地よく
    【 遊びをせんとや、生まれけむ 】
    で 行きたい(生きたい)ものです \(^-^)/

    では.。oO

    • にしき 2015年5月13日 at 8:29 pm  返答する

      そのとおりだね。自分への「ダメ出し」をやめたら、周りがほめてくれるようになった。いいじゃな~い。自分の顔を物理的に変えなくても、自分の思考を変えたら、周りがそうなってきた。いい話をありがとう~ やっぱり自分をちゃんと認めて大切に思うことなんだよね。

  10. Dan(暖) 2015年8月9日 at 9:44 pm  返答する

    おいらが

    こんなコメントすることは

    大変、おこがましいf(^_^
    ことです、が・・・(^-^)(^-^)(^-^)

    【 引き寄せの法則 】って

    「欲しいモノを、手に入れる」法則ではない
    気がしています.。oO
    (「欲しい、欲しい」は逆効果f(^_^)

    【 引き寄せの法則 】とは
    【 思考と感情 】(思考=心の中の おしゃべり)と(感情=快、不快の感じ方)を
    磁石のように 物理的世界に引き寄せる

    っていう法則 \(^-^)/

    ですから(^-^)

    「思えば かなう」
    「願えば 手に入る」
    っていう法則ではなく、て

    個人個人の 思考と感情に
    合致した現実(現象)が体験される
    という法則なんだろうと思いま、す.。oO

    むずかしく言うと(笑)
    すべては、「自己責任」

    楽しく言うと(^-^)
    すべては、「無限の可能性」
    なんでしょう、ね.。oO

    創造は

    日々の生活の中で
    【 快、不快 】を感じることから
    始まって、そこから
    【 願い 】や【 願望 】【 夢 】を持ち

    わたしたちが 抱えてきた「思考と感情」(親や環境などからの 「こう、あらねばならない」「こう、すべき」といった しがらみ ルール 【 制限 】)という
    【 内面の荷物 】を【 手放す 】ことを経験して

    【 ゆだねる 】【 任せる 】
    (「自分の(勝手な) わがまま」を現実化したいという エゴの「コントロール」を【 手放し て】)

    【 神 】(唯一の信頼の対象 無限の可能性 【 愛 】)とともに過ごす姿勢の中から

    体験される・・・・・・

    こういう
    プロセス(過程、家庭(笑)?)で

    本当の自分の 創造は
    行われていくんじゃあ ないか、な?

    ひとりよがりの 創造は
    結局、うまくいかない、し

    にしきさんが
    伝えてる ところの本質である

    【 与える 】という
    プレゼント(奉仕、無償の【 愛 】)が
    win win(みんなが、オッケー)の気持ちが
    基本にないと

    引き寄せのパワーは
    うまく(?)作用しないか、も.。oO

    引き寄せのためには

    わたしが
    欲しい、欲しいの
    思考と感情を 【 手放し 】て

    あげちゃう、プレゼントしちゃ~~~う
    (神様に信頼を寄せながら)

    大切なんだと

    おいらは、感じていま、す.。oO

    o(^o^)oニコニコ

  11. […] いうことは一切やりません。 本質から語っています。 面食らう方もいるかもしれませんが、おつきあいください。真実はこうなのです。 (もう少しそれっぽい話は、こちらにあります) […]

  12. roykun 2015年12月26日 at 10:07 am  返答する

    世間はクリスマスや暮れの慌しさに浮き足だって来ました
    何となく気持ちがフワフワ…
    どこかで声が聞こえてきます
    『自分と繫れ、つながれ…』

    静かに目を閉じて会いにいきます
    …いましたいました…
    『おかえり!』
    やっぱりここだね〜!
    安心安心…もう大丈夫‼︎

    今朝の私でした。

    オンラインコースを受けて随分と
    生きることが楽に、楽しくなりました。
    また不思議なことにその時に開いたセッションが自分にぴったりの項目って事が良くあります
    今日開いたセッションは、やっぱり『本当の自分につながる』笑

    にしきさんのブログで書かれていることはスピリチュアルでありながらも現実の道理でありとっても腑に落ち納得できます。
    もっと早くにここに来れば良かったのになぁ〜〜‼︎人生随分廻り道しちゃった感じです
    これも必然? (笑)

    • にしき 2015年12月27日 at 4:32 am  返答する

      roykunさん 地球上にはさまざまなエネルギーが存在しますが、ほかのエネルギーに影響されないためには、グラウンディング(地に足をつける)をするといいです。地球を意識してみてください。裸足になってください。今、僕はハワイのカウアイ島にいますが、毎日裸足で土と接しています。いいですよ。
      そして、「もっと早く」というのはないんです。すべてが完璧なタイミングで起こっていますから。大丈夫なんです。
      オンラインコースをご受講、ありがとう。さらに一緒に学んでいきましょう。

  13. KM 2015年12月30日 at 7:33 am  返答する

    この記事を読み終えたときに本当の意味で驚愕しました。
    まさに私の考える人生においての最も重要な本質的部分、つまり悟りと呼ばれる物を自分も似たような内容で日記帳にしたため考察していたからです。
    そして、私は自分自身に言い聞かせようと考えていました。
    これはつらい事だけど頑張ろうと思えば苦ではなく楽であると、それが成功への近道であり、失敗することもあるでしょうがやる事が重要なのだと。
    しかし、今まではどこか心の隅でこれは辛いのだと考えている所があり素直になれず、これはだめなのではないか、とジャッジを下して諦めていました。
    あなたの書いた文章のおかげで「ジャッジをしている時点でそれは間違っているのだ」と気付くことができ心の底から感謝をしています。
    本当にありがとうございました。

    • にしき 2015年12月30日 at 7:53 pm  返答する

      KMさん お役に立てたようでよかった。それでも、人生に間違いはないと思いますよ。

  14. みらい 2016年3月4日 at 3:17 pm  返答する

    ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』の原本には、波動のことが書かれているが、私たちが知り『思考は現実化する』の書籍には【波動】に関する記載が削除されている、とエイブラハムの引き寄せの法則の書籍に書かれてありました。
    これまでにいろいろと引き寄せの法則の書籍を読みましたが、読めば読むほど頭がこんがらがって来ます。

    自分が望む人生にするのに大切なのは、『思考』ではなく『波動と感情』だと言うことが、にしきさんのブログを読ませて頂き、理解できたような気がします。
    そして、感情をうまく動かすには、練習が必要だと言うことなんですよね?

    にしきさんのセミナーに、一度、参加させて頂きたいと思っております。

  15. にしき 2016年3月4日 at 3:33 pm  返答する

    みらいさん わかります。僕がやっているセミナーも、引き寄せの誤解を正すことにかなりの時間が費やされます。それだけ誤解が多いのです。
    すべてをエネルギーとしてとらえるのが、引き寄せの法則です。
    なので、思考もエネルギーとして(すなわち波動として)とらえれば問題ありません。
    ところが、多くの人はエネルギーがごちゃごちゃです。
    それは「感情を感じてはいけない」という禁止があるからです。
    なので、感情を感じて、エネルギーを正常化する必要があるのです。
    感情を感じることが、多くの人の突破口になります。
    それには感情を感じる実践が必要です。
    最新の記事にも感情についてずいぶん書いているので、あわせて読んでくださいね。

  16. […] 」だと思われているものは、ほとんどが誤解の産物です。 その誤解については、 「「引き寄せの法則」の効果を高めたいなら知っておきたい【誤解】と【正解】」 にまとめてあります。 […]

  17. 津田 三郎 2016年3月22日 at 1:16 am  返答する

    >出来事を思考ではなく波動の観点から眺めてください。
    これ、具体的にどうすれば良いのでしょう?大抵の人は、波動の眺める、なんて出来ないから
    困っているのです。

    >「引き寄せの法則は人生を思い通りにするためにある」・・・のではない
    これもよく分かります書かれている様に、金持ちなりたいと引き寄せ法則学んでいても
    金持ちに人がいますからね。
    波動と共感しないものは現実化しないのなら、波動に添わない願望を持つのは無駄であり
    無意味とも理解出来かねません。第一、引き寄せ法則学ぼうとするのは、自分の願望を実現する
    ためです。
    人生を思い通りに出来ないのなら、学ぶ必要が無いとすら思えるのですが。

    • にしき 2016年3月22日 at 1:12 pm  返答する

      津田 三郎さん どうもはじめまして。コメントありがとうございます。
      お答えしますね。

      >これ、具体的にどうすれば良いのでしょう?大抵の人は、波動の眺める、なんて出来ないから
      困っているのです。

      何を思っているかは、ある意味わかりやすいのですが、思っていることが実現するとはかぎりません。あなたの波動に共鳴する出来事が起こるのです。波動は感情でわかります。「本当は何を感じているのか」を自分に聞いてみてください。無気力、不安、恐れ、絶望、退屈、満足、楽しさ、喜び、希望・・・どんな感情をよく持っていますか? それに一致した出来事が起こっているはずです。
      わかりやすく言うとこういうことです。

      >波動に添わない願望を持つのは無駄であり無意味とも理解出来かねません。

      波動は変えることができますよ。
      それにはあなたの感情をよくすればいいのです。
      そして、最終的にはいつも愛の感情を持てるようになれば、
      今の津田さんとは別人のようになるでしょう。
      そしたら、なんでも可能です。
      願望を実現させたいなんて、もう思わないでしょうね。
      だって勝手に実現するから。

      >人生を思い通りに出来ないのなら、学ぶ必要が無いとすら思えるのですが。

      「人生を思い通りにしたい」というのはエゴ(肉体に制限された知性のこと。恐れから行動する意識のあり方)の考え方です。

      まったく違う考え方もあるのです。

      僕たちの本質はエゴではありません。
      僕たちの本質は肉体性を持たないスピリット(内なる存在、ソース、ハイヤーセルフ、魂・・・)です。

      そして、何かを引き寄せる力は、スピリットにあります。
      ですから、エゴの思いではなく、自分の本質であるスピリットとつながる必要があるのです。

      スピリットとつながるのは愛の波動のときですが、
      そのときはもうエゴの願望を実現したいと思いません。
      それが成長です。
      原理的にもエゴの願望を実現するぞと願望実現第一に行くと
      うまくいきません。

      スピリチュアルに成長するためには、
      思い通りにしたいというエゴの思いを手放さなければなりません。
      むしろ、自分がこの地球に生まれた大きな目的は何か、宇宙からもらったこの地球上での役割は何かに気づく必要があります。
      そのために、宇宙はいろんなメッセージを送ってくれています。
      それを受け取ることです。
      つまり、自分の思いと宇宙の思いのがうまくマッチするときに起こるのが
      現実創造だったり引き寄せだったするのです。
      それはいわば、自分と宇宙のダンスのようなものです。
      自分の思い通りにしようとするのは、ダンスなのに独り芝居をしているようなものです。

      引き寄せの法則が教えてくれるのは願望実現術ではない、
      物理法則であり成長のための方法、そしてその結果として引き寄せ現象なり、現実創造がある、というのがにしきの立場です。

      こういう仕組みを知るのも、「人生は思い通りにするものだ」という方にとっては成長のきっかけですよね。

      この記事でも、「引き寄せの法則は実現するノウハウではない」
      と言っているとおりです。

      参考になりましたでしょうか。

  18. 津田 三郎 2016年3月22日 at 1:16 am  返答する

    >出来事を思考ではなく波動の観点から眺めてください。
    これ、具体的にどうすれば良いのでしょう?大抵の人は、波動の眺める、なんて出来ないから
    困っているのです。

    >「引き寄せの法則は人生を思い通りにするためにある」・・・のではない
    これもよく分かります書かれている様に、金持ちなりたいと引き寄せ法則学んでいても
    金持ちに人がいますからね。
    波動と共感しないものは現実化しないのなら、波動に添わない願望を持つのは無駄であり
    無意味とも理解出来かねません。第一、引き寄せ法則学ぼうとするのは、自分の願望を実現する
    ためです。
    人生を思い通りに出来ないのなら、学ぶ必要が無いとすら思えるのですが。

  19. Dan(暖) 2016年3月22日 at 2:11 pm  返答する

    ども~ \(^-^)/

    【 真実の引き寄せの法則 】とは

    【 成長の法則 】であり

    日々の物理的世界での人生とは
    (とどまり、停滞することではなくて)
    【 今の この身体、状況を通して(超越して)成長すること 】
    であり

    成長とは
    【 いつも 愛を思い出すこと 】
    なんです、ね.。oO

    内なる無限の可能性(スピリット、ほんとうの自分)を信頼しながら・・・
    【 愛 】とともに在ること.。oO

    物理的なナニかは
    【 愛を思い出す 】ための
    きっかけ(に、過ぎない)んですね(^-^)

    にしきさん、みなさん

    いつも
    ありがとうございます \(^-^)/

    • にしき 2016年3月22日 at 3:15 pm  返答する

      さすがDan(暖)さん、そのとおりです。
      ありがとう!

  20. […] 「引き寄せの法則」の効果を高めたいなら知っておきたい【誤解】と【正解】 […]

  21. M.K 2016年5月13日 at 6:03 am  返答する

    本棚から長い間出さなかった、「引き寄せの法則」を出しました。

    57歳女、夫とは別居中、19年間働いてきた会社を辞めることになってしまいました。

    ある一件から、会社はわたしのことなんか、どうでもいいのだと思い、ここにはいられないと思い込み、誰にも相談せず、退職願を出してしまいました。

    あの時は後先かんがえられず、ともかく、辞めることだけに走ってしまいました。

    仕事は大好きなやりがいのあるしごとで、人間関係もとても良好です。

    だから、気持ちは辞めたくないと言っているのに、辞めなくてはならないと思いこんでしまった私を止められませんでした。

    あとは退職願が受理されてから、やっと、失業者になったこと、57歳では正社員の口はなく、パートの仕事さえあやういこと。19年働いた会社でのスキルはそこでしか使えないスキルだということ。貯金もたいした額ではないこと。
    年金、健康保険、最低必要な金額を稼ぐのが、容易ではないことに初めて気づきました。
    自分の世間知らずさにはあきれました。

    自ら職を、収入を失うなんて、何て事をしてしまったのかと、あんなに好きでやりがいのある仕事だったのにと、後悔と自責の念にかられ、眠れなくなり、食べるものも食べられず、苦しみ続けました。

    救われたいーと、本棚をあさりました。

    何年ぶりでしょう「引き寄せの法則」を読んだのは。

    そこにはホッとして楽しくなれる方法を探せとありました。
    ここからが始まりだともありました。

    でも、実際はよく理解できませんでした。

    そして今日、このページに出会いました。

    ああ、あの退職願をださねばと思い込んでる間に、抵抗していた、あのここにいたいと言う素直な気持ち、あれが「楽」の気持ちだったんだ。
    無理矢理「苦」(ー会社に対する不満?感謝できていなかったのですから)に進んでしまったから、今苦しいんだ。

    私を学ばせようとしてくれた何かの力がここにつれてきてくれたんだ。
    って思えます。

    嬉しいです。

    本と出会った当事、私には理解出来ず、そのままになっていた本の専門家に出会えるなんて!

    正直、不安は波のように引いてはまた来ます。
    そのたびに後悔してしまいます。
    明るい楽しい気持ちになるのは、今の私には簡単ではありません。

    けれども、ここに出会いを得たのだから、きっと、良くなると思いたいです。

    他も読ませていただきます。
    どうぞ、よろしくお願いいたします。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年5月13日 at 12:06 pm  返答する

      M.Kさん 大丈夫です。すべては必ず次へつながっていますから。そして、「自分にはあの仕事しかなかった」と自分を制限しないことです。自分を制限すると、復職願望が出ます。まるで、復縁願望と同じで健康的ではありません。なので、自分をもっと解き放ち、自分の可能性を信じることです。前の会社で光っていたあなたは、本質的に今のあなたとどこかが違うでしょう? 違いはないのです。周りの人がどう扱おうと、あなたの本質は変わりません。そこにブレークスルーがあるはずです。

  22. M.K 2016年5月13日 at 1:38 pm  返答する

    続きです。
    にしき様 お忙しい中、コメントをありがとうございます。

    仕事には明日まで出ることになっております。あと有休消化です。

    会社で仕事をしていると、やっぱりとても楽しいです。
    今日は作ったデザインをお客様がすごく斬新で良いと喜んでくださったと、営業さんから報告いただきました。
    最後の仕事で、嬉しいです。
    ここにいると物を食べる気持ちにもなれます。

    でも、明日までです。

    うちの会社は銀行からの介入があって、人件費を増やすなと言われており、営業を入れたいのにお金が無くて困っている
    ーという状況下、私はとてもタイミング良く退職願を出したようです。

    たぶん、きっと、会社にとっても、そうなる流れだったのでしょう。

    必ず、次へ繋がっているんですよね。自分の可能性を信じれば良いのですよね。

    老眼がすすんで来て、見辛くなってきてはいますが、まず、前を見ることができるように
    やってみます!

    ありがとうございました。

  23. 我無駄無 2016年6月22日 at 7:08 pm  返答する

    :健康な人と、健康ではない人(けがや病気の人)との最大の違いは何でしょうか?
    それは、「健康になりたい」と思うことです。

    つまり、けがをしていたり病気の人は、「一日でも早くけがや病気を治して、健康になりたい」と思うでしょう。

    その一方、健康な人は、わざわざ「健康になりたい」とは思いません。
    なぜでしょうか?

    その答えは、その人はすでに、「健康」であり、その結果「健康になりたい」と思う必要がないからです。

    ここから、「健康になりたいと思わなければ、それは健康になったのと同じである」という結論が導かれると思います。
    なぜなら、健康な人は健康であるがゆえに「健康になりたい」とは思わないわけですから。

    釈迦は悟りを求めて苦行を数年間続けますが、一向に悟りを得ることができず苦しむわけです。

    ですが、釈迦はある時その苦行をピタッとやめてしまいます。
    それは、おそらく、「悟りを開いた人は、悟りをひらていてるがゆえに悟りを求め必要がない」ということに気が付いたからでしょう。

    ちょうど、健康な人が健康であるがゆえに、「健康になりたい」と思う必要がないように。

    だから、釈迦は悟りを求めることをやめてしまった。
    「悟った人は、すでに悟っているから悟りを求める必要がない、だから悟りを求めることをやめてしまえば、それは悟ったのと同じことである」。このことに気づくことそのものが、「悟り」だと思います。

    本文中で触れられている、「いろいろなことを手放して、楽になろう」というのは、こういうことだと思いました。

    あと、ほとんどの人が望んでいるのは、いわば「グリコのおまけ」であり、そしてそういう人たちは、グリコを買わずにおまけだけを手に入れようとしていると思います。

    そして、そのグリコが、この記事で書かれている「宇宙の法則」なのでしょう。
    そう、グリコを買えば、おまけはもれなくついてきますから。

    そのグリコを手に入れるための方法論が、引き寄せの本質なのだと思いました。

  24. ルカ 2016年10月24日 at 9:00 am  返答する

    はじめてコメントさせていただきます。
    「他者のコントロールは虐待と同じ」という部分を読んで、安心・納得致しました。

    こちらの引き寄せの法則のブログで、「意中の女性を落とす方法」が紹介されていて、気味の悪さを感じておりました。

    他者ってそんなに簡単にコントロールできるのでしょうか?こんなことに引き寄せが働くなんて怖いですし、気持ち悪くて吐きそうです。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年10月24日 at 12:17 pm  返答する

      ルカさん 宇宙の原則は自由意思です。自由意思を尊重しないすべてのことは無効です。他人のコントロールをしようとすると、自分がコントロールされる。「自分だけは自由でいたいけど、他人は自分の思い通りにしたい」というのは人間の心の闇です。
      ただし、ほかの方の記事についてのURLつきの批評は避けてください。
      考え方は多様であっていいし、他人の考えはどうでもいい。
      それよりは、みんなに知らせたいあなたの考えをコメントしていただくとうれしいな。

  25. ののほ 2016年10月24日 at 10:29 am  返答する

    よく「感謝しろ、感謝しろ」と、引き寄せの法則関連の書籍で目にしますが、そこまで強要されると少し辟易してしまいます。
    感謝しないと、「引き寄せ」って働かないんですか?

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年10月24日 at 12:26 pm  返答する

      ののほさん 僕は感謝は人間の基本的なあり方だと思っていて、ごく普通のことだと思います。なぜなら、人間の本質である「本当の自分」は愛であり、そこには感謝や喜びが普通に含まれるからです。ですから、ごく普通に、あなたがあなたであれば、感謝や喜びとともにあるからです。感謝はムリにやるかんじじゃないです。普通です。
      ののほさんは今あまり感謝したくないのですね。それはののほさんが経験している現実に目を向けすぎているからではないですか。目を向けるのは、あなたの内側の【感情】です。感情がポジティブになれば、すてきな現実が見えてきます。
      引き寄せの法則が言うのは、波動が高まれば、それに共鳴した現実を経験できるということ。波動を高めるとはポジティブな感情を持つこと。そのいい例が感謝です。
      もちろん、ネガティブな感情でいるのに、感謝へは移行できません。
      今持っている感情を尊重しながら、少しずつ思考と感情を変えていけばいいですよ。
      そのためにも大事なのは、ののほさんのなかにあるいらない信念・ビリーフ、抵抗感を手放すことです。こっちが大事です。
      ちなみに、記事にも書いたように、「引き寄せの法則が働かない」ことはありません
      ののほさんの波動にいつも作用しています。

  26. […] 「引き寄せの法則」の効果を高めたいなら知っておきたい【誤解】と【正解】 […]

  27. momo 2017年7月18日 at 4:13 pm  返答する

    初めまして。

    今更ですが、よく耳にする「引き寄せの法則」って何だろう?と思い、様々な解説記事を読んでいて、こちらに辿り着きました。

    何というか・・・
    1番しっくりきました。

    この記事をお気に入りに保存にし、何度か読み返しているうちに、どういう人が書いたのか気になってきたので調べてみると・・・

    なるほど!
    にしきさんってすごい方だったのですね(^^)

    昔から私はこういう分野には疎く、人生をよくする的な本を買ったことも、セミナーに参加したこともありませんでした。

    そういったものは、自分には必要ないと思っていたからです。

    十分幸せでしたし、何の根拠もありませんが、形が変わっても幸せは続くと、疑うことなく生きてきました。

    きっと、それでよかったのですよね?

    そして、今になって「引き寄せの法則」に惹かれ、こちらに辿り着いたことには、何か意味がある・・・

    「思考」を手放す時なのかな?という気がしています。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年7月18日 at 6:46 pm  返答する

      momoさん すてきなコメント、ありがとうございます。
      実は、今でこそこういうことをやっていますが、
      以前はIT業界にいて、むしろアンチスピリチュアルでした。
      もちろん、「人生をよくする」なんてセミナーに出たこともありませんでした。
      しかし、宇宙からご指名があり、僕にこういう役周りがやってきました。
      いえ、最初からこういう道を辿ると決まっていた、というほうが正確です。
      大事なのは、こういう道とかミッションといった、自分の思考より大きなものに自分を委ねることだと思います。
      引き寄せにも委ねることが必要ですが、
      残念ながら、「手放し」や「委ねる」といったことは正しく日本には定着していません。
      なので、にしきが主にお伝えするのはそういうことです。
      決して、「モノを引っ張って幸せになろう、よくなろう」といったことではありません。
      むしろ、自分はいつでも完璧で欠けることのない全体であり、
      幸せや豊かさの源は自分であり、目の前にすべてもうある、ということに気づくのが大事という考え方です。
      ここが、いわゆる「引き寄せの法則」と180度違うところだと思います。
      よかったら、引き続きお付き合いください。

コメントをどうぞ