「死はない」・・・エイブラハムの理論から

「死はない」・・・エイブラハムの理論から

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

間に記事を挟んでしまったのですが、「エイブラハムのヴォルテックス」の
続きの話をしましょう。

僕たちは物質的と非物質的の2つの視点と2つの現実を生きているのでした。

エイブラハムが語っていることは、物質的なものと、非物質的なものとの関係であり、
運動です。

さて、この見方をしっかり理解するとわかるのが、「死はない」ということです。

一般に「死」とは、この世からあの世へ行くことだと思われています。
三寸の川を渡って。

しかし、そもそもこの考え方が違っていることがわかるでしょう。

僕たちはあるときこの世にいて、別なときにあの世にいるのではありません。

地球にいるとき、僕たちは「この世」と「あの世」を同時に生きています。

別次元だけれど、「あの世」の私(内なる存在)は、いつも「この世」の私(自己)
と接触し、「内なる存在」のエネルギーはいつもこの世の自己に流れ込んでいます。

確かに肉体が滅びると、「内なる存在」のエネルギーは、肉体を離れ、純粋な
非物質的エネルギーに戻ります。

比喩で話すと、僕たちの背中にはゴムのひもが付いていて、ゴムが天井からびよーんと伸びて床に着いた。

それが地球上での誕生です。

それがあるとき、摩擦が少なくなって、僕たちの足が床から離れ、ゴムの力で、
びよーんとまた元の天井に戻っていった・・・

それがいわゆる「死」だといえるかもしれません。

しかし結局それは一つの同じ部屋のなかで行われていること。
死によって誰かが退場するわけではなく、ただゴムの伸び縮みという運動が
起こっているだけ。

それが「誕生」であり、「死」なのかもしれません。

つまり「誕生」も「死」もなく、ただゴムの伸び縮みがあるのです。

そして、僕たちが地球にいるときは、いつも生命力というエネルギーにつながっています。
だから生きているのです。

その生命力はあちらの世界に属しています。もし生命力がこちらの世界に属して
いるなら、人は死なないはずです。

あれ、ちょっとおかしいことに気づきませんか?

「あちらの世界=死」

だと思っていたのに、

「あちらの世界=生命力」

なのです。

とするならば、どう考えても、「死」は命がなくなって停止した状態ではないし、
逆に「死」は命がたくさんある状態とさえいえるのです。

だから、これは「死は命がなくなること」という僕たちの定義が
間違っていたことになります。

「死」はない。あるのはこちらの世界とあちらの世界との間の行き来、
運動だ・・・と思えてくるのです。

2つの視点、2つの現実を受け入れると、「死はない」というのはごく自然なこと
に思えます。

にしきは実際に「死はない」というのが真実だと感じています。

■死についても語ります・・・特別セミナー「THE DEEP 引き寄せの法則」
http://online.attraction-method.net/vortex-the-deep/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

5 Comments

  1. りえぞー 2013年3月28日 at 10:36 pm  返答する

    タマシイに死はないと分かっていても、愛する人の肉体がなくなると、悲しみの感情に飲み込まれて、死はこの世とあの世の厚い壁のように思っていました。

    でも、この記事で、本当の自分はあの世では愛する人と繋がっていると思えたので、なんだかほっと出来ました。
    嬉しかったので、コメントさせていただきました。
    にしきさん、ありがとうございます!

    • にしき 2013年3月30日 at 1:35 pm  返答する

      りえぞーさん そうですよね。あの世ではつながっています。そして、この世でも、今でもつながっています。肉体はどうなろうが、つながりはなくなりません。つながっていること=ワンネスが、僕たち人間の基本的なあり方ですから。むしろ、りえぞーさんの愛する人は、いつもあなたのそばにいて、あなたの悲しみを癒そうとしています。悲しみは人間の自然な感情かもしれないけれど、成長とともに真実を知ったら、もう悲しむのはやめていいんじゃないですか? それが、愛する人の成長を願う愛だし、なによりの贈り物だと思いますよ。

  2. ウンマ 2013年3月30日 at 1:00 am  返答する

    先日コメントをさせて頂いたウンマです。にしきさんのブログの「現実はもうコントロールをしなくていい」というのを読み直してそれを実践してみると、とても気持ちが良く自分を愛して認める事が出来るようになったのでコメントさせて頂きます。私は自分はまだダメだから、スピリチュアルなものでそういう自分を変えようと現状を否定する姿勢で引き寄せやホオポノポノなどを実践してきてしまっていました。でも、それは間違いだととにしきさんの記事で気づかされました。今の現状に関係なく自分を認めてあげる、これでいいのか?という疑念も認めてあげるという事がスピリチュアルな実践なんだと気づきました。私は勝手に今のままじゃダメだから自分をスピリチュアルで変えよう、というのが目標だと履き違えていました。そうじゃなくて、今の自分を認め愛してあげるそれがスピリチュアルなんだと思いました。このことに気づいたら本当に癒し?が起こったのか、ホッとしてリラックス出来ました。未来に対する不安な気持ち、今のままじゃダメという焦りも安らぎました。これってインナーチャイルドちゃんのケアにもなってるんじゃと勝手に思ってます笑。

    とても嬉しくて安らかな気持ちになれたのでコメントさせていただきました。にしきさん大切なことを教えてくれてありがとうございます!

    • にしき 2013年3月30日 at 1:39 pm  返答する

      ウンマさん 素晴らしいことに気づきましたね。そういう意識になることが、あなたらしく願いを叶えていく第一歩なんですよね。その調子でいってください。そして、もしブレることがあったら、ブログにコメントしていただくなりしてください。今のかんじを定着させるには、僕らの「アドバンスセミナー」がお勧めです。よかったら、会いにきてくださいね。

  3. さくら 2013年4月3日 at 7:41 pm  返答する

    にしきさん、ご無沙汰しています。
    さくらと申します。去年の5月に母が脳梗塞で急に
    天国に逝き、その際はにしきさんのブログに投稿して
    お世話になりました。その節は現世での引き寄せの楽しみを
    超越した生命の真実の学びの一歩が始まったのだと
    にしきさんにもお言葉をいただきました。
    あれから約一年、死はないのだ、母はすぐそばにいるのだと
    と信じていたいのに、最愛の人がいつもの生活から
    肉体的にすっかりいなくなるという
    大きな変化にうちひしがれ、心は悲しみで疲れ果ててきました。
    一年前までは毎日チェックしていたにしきさんのブログにも
    何度がお邪魔しましたが、その度にいつもわくわくと楽しく
    引き寄せの法則を生活に取り入れていた以前の自分と
    今の自分の違いを実感させられるようでなかなか
    ブログの内容を読む心境になれませんでした。
    母と最期のお花見をして一年だな。。ああ、もう辛い、
    お願い、助けて、ママ、何か私にメッセージをちょうだいと
    心で叫んだ昨日、夜にふとにしきさんのブログをチェックしてみようと
    思いました。そしてこの死についての記事。。
    生命力はあちらの世界に属しているという力強い言葉。
    死後の世界についての本はあれから何冊か
    読みました。慰められつつも悲しみに立ち戻っていました。
    でも今回のにしきさんの記事。
    うわあ、すごい。心にぐっと入ってきました。何というタイミング。
    ありがとうママ、メッセージくれたのね、と母にも話しかけました。
    今日は昨日よりも生きていることを楽しめました。いつも
    サポートしてくれている主人にももっと感謝してもっと
    愛を差し出したいと思えました。この記事は
    携帯にブックマークしました。一年続いた暗闇から
    一歩踏み出せそうです。
    にしきさん、ありがとうございます。感謝です。
    ダリルさんのDearly Departedやエイブラハムの
    死について語るDVDも是非チェックしたいと思います。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください