皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

経験を決める「カメラのフォーカス」の記事の続きです。

僕たちはフォーカス(意図)することで、経験する世界を選択し、「現実」を構成しているのでしたね。

つまり、僕たちの意識が「現実」を創っているのです。
これ、大事ですよね。
「現実」は一つのものではありません(だから、「現実」というとき、必ずかっこつきになります)。
僕たちが意味を与えたものが、「現実」です。
そして、意味は、僕たちの「ものの見方」(視点)に左右されます。

例えば会社からリストラされたとします。
それを「大変なことが起こった。これから、どうやって食べていこう・・・」というふうに恐れから見るか、「そうか、オレにはこの仕事じゃない仕事が待っているんだな。よし、ここは次の展開を考えるか。貯金もしばらくあるし」と希望で見るかで、出来事の意味がまったく変わります。

なので、実際には客観的な一つの出来事としての「リストラ」があったのではなく、「リストラ」と「次へのチャンス」があったと見るべきです。

ある人から見れば、リストラはなかったのです。

僕たちが「見方」を変えるとき、僕たちは現実の波の間をサーフィンしているのです。
あちらの波、こちらの波と、見方を変えるだけで、僕たちは現実を創造している。
意味を与えている。そしてそこには特有の波動と感情がある。

見方を変えることが、もう創造
おもしろいですよね。
なので、「見方」を変える練習をしてください。

こんなふうにやってみます。
ある出来事を取り上げます。
それに対する一般的な見方は何かを探します。
次に、「ほかにどんな見方ができるか」と自分に聞いてみます。

バシャールがこんなワークを紹介していました。

今、見えているシーンがありますよね。例えば、机とか、ソファとか、家具とか。
そのうち、そのシーンのある部分をイメージのなかでちょっとだけ変えてみます。
グレーの机だったら色を白にするとか、ソファだったら、大きさを小さくしてみるとか。
家具の取っ手を丸から角に変更するとか。
いいですか、できますか?
今度は別の部分をちょっとだけ変えます。
すると、イメージしているシーンはさらにちょっと変わりますよね。
さて、このイメージングを30秒間、できるだけたくさん変更するようやってみてください。
最初に見ていた現実とは似ても似つかないイメージになったと思います。

でもそれを見ているあなたは、そこにいます。
これが現実創造の始まりです。

あなたが意味を与えるもの、フォーカスするものが「現実」となるのです。
もうわかりますよね。

そう考えてみると、テレビのニュース番組で報道しているようなことは、にしきの周りでは起きていません。

不法上陸も、政治家の権力闘争も、恐ろしい事件も、にしきの「現実」では起こっていません。
それはたまさかテレビで見るだけの世界です。
にしきの世界とは違って経験されるのです。
アナザーワールドの一つにすぎないのです。

なぜなら、にしきがその世界にフォーカスしていない、関心を寄せていないからです。

にしきがフォーカスする世界は、誰もが力を持つ世界。
自分本来の創造力を取り戻し、ネットの技術で誰もが創造的で豊かになれる世界です。
そして、その波動は「愛」。
仕事も愛、人間関係も愛・・・。
そしてみんなで、成長していく世界です。

そしてそれが絵空事ではなく、とてもリアルに経験できます

こういう世界が、人の数だけ、言葉(意味)と感情の数だけあるのが想像できますか?

目の前の「現実」に引きずられて、現状しか考えられない、新しい現実を創造できない、
という方がいます。

考えるのではありません。

想像するのです。イマジネーションを使うのです。

想像してみてください。
それがまさに創造です。

今経験している「現実」から抜け出したければ、経験を決める「カメラのフォーカス」の世界観のように、世界がたくさん目の前に浮かんでいるのをイメージしてください。

イメージできれば、選択できます。
あとはただ選択し続けるだけです。

次は、現実の中身についてもっと深く書いてみましょう。