マーヴィン・ゲイがめっちゃラブだった件

マーヴィン・ゲイがめっちゃラブだった件

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

海外に行くと思うのは、
たくさんの人がいて、愛とかケアで世界が回っているということ。

決して悪意で、相手を悪くしようなんて思っていない。

人々は自分が愛をいまここに広げるためにやってきたのが
わかっている。

いえ、わかっていなかったのは、
にしきだけかもしれません。

やはり、地球は愛で回っている。

愛は特別なことではありません。

愛は特定の異性を好きということを越えて
すべての存在を愛おしく思う気持ちことです。

愛があるから愛が返ってくる。
いえ、愛が気持ちいいから、愛する。

すべての存在を。

愛ってそういうものだと思います。

今、ブリュッセルからアブダブへの飛行機の中で書いています。

飛行機の中のオーディオプログラムに
マーヴィン・ゲイの「What’s Goin On」があり、
手持ち無沙汰に聞いてみたら、
その歌詞がめっちゃラブで心に打たれてこの記事を書いています。

マーヴィン・ゲイって知ってますか?

こんな歌です。

おしゃれ系の音楽だと思っていたら、
アルバム全体がめちゃ愛でびっくりしたのです。

マーヴィン・ゲイが愛だって、これまで聞いたことがありますか?

少なくとも、僕はなかった。

でも、聞いてみたらすごくラブ。

表題曲の「What’s Going On」もいいけれど、
「God is Love」もいいです。

「私たちは、愛を互いに与えるためにやってきた」

スピリチュアルの学びの結論はこんな地点だと思いますが、
それがさらっとおしゃれな歌になっている。

両親を愛し、兄弟姉妹を愛し、
周りにいる人を愛し・・・

人生それでいいと思うんですよ。

何が足りないとか、
そういうことじゃなくて、
ただ、愛すればいいんじゃないですか。

愛すれば、モノもお金もうまく回ります。

今、僕はいろんな人種の人に囲まれて座に座っています。

東洋人の僕らはマイナーな存在かもしれません。

でも、みんなちゃんと対応してくれるし、
よしこさんがケープを落とせば、
おとうさんが笑顔で拾ってくれる。

これを素直に愛と言わずになんと言えばいいのでしょう?

そんなふうに思っているとき、
マーヴィン・ゲイの歌に触れて、このアルバムはすごい愛だなと思ったのです。

こんなにいつも愛を感じられたらいいと思うかもしれません。

日本もにしきは愛だと思いますよ。
ただし、日本人は愛をいつも表現するのではなく
大事にとっておいて、それを大きな出来事に使おうとするのが
日本人のやり方かもしれません。

それでも日本人もラブです。

それは疑いようがない。

僕たちはもっと愛を受け入れる心の準備をしておきましょう。

人を大事にしたいという気持ちを恥ずかしがらないことです。
周りの人に何か言われるかなとか
恐れないことです。

だって、結局正解は愛ですから。

宗教めいて聞こえるかもしれないけれど、
自分を愛して、両親を愛して、兄弟姉妹を愛して
周りの人を愛して、同僚を愛して、隣に座る人を愛して・・・
人生それでいいんです。

引き寄せの法則が伝えているのは、実はこの愛に向かってあなたが進化するということです。

どうぞあなたもマーヴィン・ゲイを聞いてみて、
こんなおしゃれな曲に愛が語られているのを
聞いてみてください。

ブリュッセルからアブダビの飛行機の中で

By | 2018-03-28T01:55:45+00:00 2018年3月28日||4 Comments
2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

4 Comments

  1. mako 2018年3月28日 at 3:02 pm  返答する

    マーヴィン・ゲイ、久しぶりに聞きました♪
    仕事の合間の休憩時間、愛に包まれました(〃´ω`〃)
    ありがとございました。
    お二人もどうぞ素敵な旅を続けてくださいね~

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2018年3月29日 at 3:40 pm  返答する

      makoさん ありがとう。無事帰国しました。そして、マーヴィン・ゲイはスピリチュアルティーチャーだったのかもしれません。彼の最期は、実の父親に銃で撃たれたのだそうです。しかも、自分がオヤジに贈った銃で。これも彼の愛かもしれないと思いました。

  2. あいり 2018年3月30日 at 1:36 pm  返答する

    私も久しぶりに大好きなマーヴィンゲイ聴きました。
    ずっと牧師だった父が、息子を銃殺という悲劇に若くして亡くなった天才を偲びながら、やらせないような思いでいましたが、それも愛だったというニシキさんの解釈にスッと心が穏やかになりました。
    ありがとうございます。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2018年4月1日 at 5:14 pm  返答する

      あいりさん そうですよね、すべては愛ですよね。ありがとう。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください