「覚悟」は「自分」と「魂」のつながりから起こる

「覚悟」は「自分」と「魂」のつながりから起こる

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。
自信がないけど、自分の可能性を最大限発揮させて人々に貢献しようとする人を応援しています。

「世界一やさしい自分軸の作り方」という記事を書きました。
あんな方法でぜひ自分軸を徐々に作ってください。
そして、自分が大切にしているものに従ってください。

しかし、自分軸に従うのは、言うほど簡単じゃないです。

自分軸で生きることは、ときとして「NO」と言うことです。

例えば、自分は「誠実さ」を大事にする人なのに、
会社でお客さまをだまして誠実さを踏みにじるような対応を要求されたとしましょう。

あなたは自分の大事にする価値である「誠実さ」と、
会社の命令の板挟みに遭うでしょう。

このとき、あなたならどうしますか?

会社の命令どおりに動いて、自分が大事にするものを無視しますか?
社命に従うしかないことの言い訳をいろいろ考えますか?

それとも、自分が価値とする「誠実さ」を大事にして、会社に「NO」と言いますか?

まったく別の対応をとりますか?

どの対応をとるか、けっこう判断に悩みますよね。

社命に従った場合、せっかく作り上げた「自分軸」は壊れます
自分を裏切ることになります。
そして、自分軸がない状態に逆戻りしてしまいます。

ですから、自分軸で生きようとする人は、
「NO」と言える覚悟を持たなくてはなりません。

あいまいに避けたり、逃げたりするのではありません。
「NO」と相手に向かって言うのです。

こんなことがいつもあるとは思いませんが、
あなたが大事にすることに抵触する出来事が起こってくることはあります。

そのとき、あなたは「NO」と言いますか?
言えますか?

「社命に背いたらどうなるだろう・・・」
もちろん、そう思いますよね。

給料ダウンなんてこともあるのかもしれません。

「やっぱり長いものには巻かれろ、か」なんて思って、
これまでは自分軸を壊してきたかもしれません。

それもいいでしょう。
そういう対処もそのときのあなたには必要だったのだと思います。

しかし、いつまで自分をだまし続けますか?
いつまで自分をいじめて、ストレスを自分に与えますか?

勘違いしないでください。「会社を辞めよう」という話じゃないですよ。
それだけの覚悟を持ってください、ということを言っているのです。

覚悟を持ったら、あなたはなんだってできます。

「自分軸で生きる」とか「自分らしく生きる」というのは聞こえはいいのですが
実際には「NO」を言う覚悟が必要です。

あなたが企業に勤めていて、重要な位置にあるとき、
自分の価値と違うとき「NO」と言えますか?

それとも、給料や待遇のために自分の価値を捨てますか?
自分をゼロにしちゃいますか?

「NOと言う」といっても、「従いません」と宣言しなくても
いいこともあります。

覚悟を持って、望まない行動控える、実行の頻度を下げることもあると思います。

でも心のなかでは「NO」。
その覚悟です。

ちなみに「なんとなく」「イヤだから」という理由だけでNOと言うのではないですよ。
あなたが大事にするものに抵触するからNOなのです。
そのためには「大事にするもの、価値」をあなたが明確に知っている必要がありますよね。

こうやって「覚悟」なんて言うと、よっぽど意思が強い人じゃないとムリじゃない
と思われるかもしれません。

「自分軸」というのは心理学的な「自己」のことです。
しかし、「自分軸」の底には、もっと深いものがあって、
自分軸を作ることでそれに触れるから、強さが出てくるのです。

それが、「魂」と呼ばれる存在です。
魂からいつもあなたという物理的な存在に向かって情報が送られています。
それが、「自由」だったり「成長」だったり「愛」だったりします。
だいたい、「自分が大事にするもの」とか「価値観」ってあんまり理由がないと思います。
それこそ「なんとなく○○が大事に思える」ということなのです。
それは魂からの交信だからなのです。

「覚悟」って、「自分」と「魂」という2つの強さがつながったときに
起こる強い気持ちだと思います。

「自分」という意思の力なんて弱いものです。
肉体を持つ自分を超えた「魂」があなたにあり、それを利用するから、
最高の力が出るのです。
「肝が据わる」と日本語で言いますが、頭だけでなく身体の奥深くから確信する
というニュアンス。あれです。

そういうとき、周りの評価だとか、周りの人に認めてほしいとか、
周り人に気に入られたいとか、そういう気持ちはなくなります。
なぜなら、魂は完全で他人のサポートを必要としないからです。

自分と魂がつながって覚悟が生まれるとき、
周りの評価は気にならないし、周りが自分をどう思うか、何を言うかも気になりません。
だから、自分の思いに従って行動できる。
やり続けられる。
自分と魂がつながっている状態が強いし、エネルギー的にも引き寄せます。

こういう状態をあなたは目指してください。

こういう状態を作るには、ステップとしては

自分軸をつくる、それに従う
周りを恐れず、NOと言う

をやればいいだけです。

さあ、あなたは自分が大事にするものに従って「NO」と言えますか?

■自分が大事にするものを明確にするにはこれがいいです
http://online.attraction-method.net/knowing_your_true_self/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

8 コメント

  1. かおる 2016年8月16日 at 7:24 pm  返答する

    こんばんは、にしきさん。

    ある覚悟を決めています。そこは揺るがないのですが、私の覚悟した事について、友人が私の聞きたくない事を、やたら言ってきて困っています。

    友人の言う事を聞いて、私の覚悟が揺らぐ事は全く無いのですが、とにかく鬱陶しくてたまりません。

    気にしなきゃいいと思ったり、友人は私の事を心配して言ってくれるんだ、ありがたいな、とか、感じる事はありますが、とにかく不愉快な気分になるので、困っています。

    会うたび言ってきます。
    その他は、楽しい時間を過ごせるのですが。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年8月17日 at 9:21 am  返答する

      かおるさん その人と会わなければいいのでは? 覚悟には、人間関係を変える必要もあるのですよ。

  2. かおる 2016年8月17日 at 9:08 pm  返答する

    返事をありがとうございます。

    一瞬私の頭の中にも、会わなければいいのでは?と思いましたが長年の友人関係なので、自分でその考えを消してしまってました。

    決めます。この友人とは距離を置く事にします。
    自分の環境は自分で整えますね。
    会わないという選択が出来るのだから、そうします。
    話を聞いて頂いてありがとうございました。

  3. 青葉萌ゆる 2016年9月14日 at 10:52 am  返答する

    にしきさん、こんにちは。
    自分が自分であるとは、例えていえば、身体にあったサイズの服を着ることと似ていますね。
    身体に会わない服は、実は意外と大きなストレスの原因になっていたりします。
    私は、ダイエットして6kg痩せて持っている服の7割を捨てました。そしたらいままで
    やたらオーバーサイズの服を着ていたことに気が付きました。流行もありますが、ジャスト
    サイズの服は着ていて気持ちがいいのと、自分を最もカッコよく見せる効果があったりします。

    ここで強調したいのは、着なくなった服を捨てたときの「快感」です。
    知らず知らずのうちに身体にあわない服を我慢して着ていた自分や服そのものを嫌悪して
    いたのだと思います。
    買い替えた服は、だいたいにたような服ばかりになってしまいましたが、結局それが
    自分を最も自分らしく見せる服なのだという気がしました。
    礼服も、馬鹿デカいので捨てました。
    「無いとこまるからとっておく」という感が間違っていますね。礼服など借りたらいいし
    葬式用ならブラックスーツでかっこいいのを一着買って日常着たらいいのです。
    喪服らしくない?いいんです。自分らしいブラックスーツならそれでいい。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年9月16日 at 12:21 pm  返答する

      青葉萌ゆるさん お名前で誰だかすぐわかりました(笑)。
      「自分が自分であること」。簡単なようで難しいですよね。
      昔だったら流行に合わせて、オーバーサイズの洋服を買ったりすることもある。
      今だったら、スキニーな服ですかね。
      本当はどっちでもいいと思うんですね。
      自分が「オレはこれだ!」と思うのであれば。
      そういうとき、奥さんが「こっちが似合う」とか言ったりして
      それもありがたいのだけど、あまりそればかりやっていると
      自分じゃなくなくなって、気持ち悪くなる。
      人生、洋服選びと相通じるものがありますね。
      秀逸な比喩でした。

  4. 青葉萌ゆる 2016年9月14日 at 12:43 pm  返答する

    とある場所でにしきさんと会ったとき、みなさんの夢は何ですかと訊かれて
    60代の私は思い切りたじろいだのを覚えています。
    「はい、港区の海の見える高層マンションに住みたいです。」
    「世界中の国々を旅して名建築を訪ねて歩きたいです。」
    「女優クラスのとんでもない美人と、とろけるような甘い恋愛がしたい」
    「5大シャトーとペトリュスとアンリ・ジャイエのDRCを
    タテル・ヨシノとロージエの料理で味わってみたい」
    「建築のデザインコンペで賞をとりたい」
    「小説を書いて新人賞をとりたい」
    「東京中の美味いラーメンを食べ尽くしたい」
    ・・・いろいろ浮かびますが、実は大抵やりつくしているのです。

    ふと気が付くと、俺って結構「引き寄せ」使っているじゃん。という感想。
    恵まれていると思われるけど、実は「人間は皆恵まれている」のだと私は
    思います。だって家が裕福でもなく、地方の国立大学卒業し、東京にでてきて
    公務員みたいな大会社に就職。たまたま運がよくて世界18か国を仕事の
    視察で回った。最初の結婚を失敗し悔し紛れに人妻を口説きまくった。
    たまたま「失楽園」の流行っていた時期だった。

    再婚直前までつきあっていた美人の恋人はその写真をここのアップしたい
    くらいの別嬪さんです。この世の者とも思えぬ気品があって素晴らしい。
    5大シャトーはラフィットとオー・ブリオンしか飲んでないけど、アンリ・ジャイエ
    の1999年のエシェゾーは飲んだ。もう、語彙が足りないのが悔しい。
    小説は400枚書いた。落ちた。
    まだ先の楽しみとしてとってある。

    人生は、夢や目標が無くなるとやばいとかねてから思っています。
    私の父母が40代はじめで、子供を癌で亡くしたとき、そんな感じでした。
    「ああ、こういう平凡な幸せもいいものだ」
    家を建てて、二人の子供をもうけて、慌ただしい生活に一段落した時
    2か月後に、弟が脳腫瘍と診断され2か月後に病院で亡くなりました。

    夢や目標は人生の「乗車券」。しっかり手ににぎりしめていなくちゃいけない。

    じつは、かくいう私も、あと数年で年金生活。まあ、十分幸せで望むものは
    ないなぁと思っていたら、3日月前に最愛の妻がクモ膜下出血で入院。

    何もなかった私の「願望」はたったひとつに絞り込むことができました。
    「何もいらん。カミさんの命を助けてくれ」

    日頃からにしきさんのブログを読んでいるおかげで、カミさんは後遺症も全くなく
    クモ膜下出血から全快しました。人生4回目の「大引き寄せ」でした。
    1回目は大学受験、2回目は二次オイルショック下での就職、3回目は最初のカミサン
    病気のおかげで自分がどれだけ妻を愛しているかを再確認できました。

    さて、私も人生の白いキャンバスがまだ残っていることに気が付いたからには
    そこに見事な夢を描かなくちゃいけない。せっかくにしきさんのような有能な
    メンターと出会ったのだから。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年9月17日 at 6:55 pm  返答する

      青葉萌ゆるさん 年金生活を前にして、まだ白いキャンバスがあるって、僕らにしてもすごく楽しみな言葉です。力になります。感謝

  5. Dan(暖) 2016年12月17日 at 9:00 pm  返答する

    ども~ \(^-^)/

    【 本当の自分 】という
    カテゴリーさんから

    この記事さんに
    来ました.。oO

    >自分軸をつくる、それに従う
    >周りを恐れず、NOと言う

    引き寄せの法則は
    これまでの 自らの【 思考と感情に合致 】
    した出来事さんを

    素直に正直に
    現実化します(引き寄せます)よ、ね

    と、なれば

    習慣や「クセ」を
    見つめ直すことが
    大切になるかもしれません(^◇^)

    【 今までの自分さんにNO! 】という
    決断が大事かもしれないよ、ね

    そのプロセスは
    「今までの自分に ダメ出し」をして
    悩み 苦しみ
    後悔をすることではなく、て

    【 わたしの 幸せ 】を
    第一に考えて

    ほんとうに
    ほんとうに

    【 いま ここから生きる 】
    という決心をして

    【 今までの習慣 クセ を手放す 】
    【 新しい習慣 クセを始める 】
    ということが

    カギを握ってるんじゃあないか、な.。oO

    まわりは、
    敵ではなくて

    あなたの味方(あなたの見方)
    なんだから

    安心して
    過去は
    手放しちゃおう、よ

    o(^o^)oニコニコ

コメントをどうぞ