世界一やさしい自分軸の作り方

世界一やさしい自分軸の作り方

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

自分であるとき、人は幸せです。
自分がやるべきことがわかって、それがうまくいくのがわかります。
だから、ただ行動すればいいし、何の不安もありません。
物事が非常にシンプルに思えます。

僕が伝えようとしていることは、言ってみればこんなことで、
決して難しいことではありません。

しかし、こういう意識の状態ではない人も、いますよね。

自分が自分でない方。
「自分がわからない」という方。
こういうとき、自分が自分でないので、人は不幸です。

「自分が自分でない」というのは、「自分」という中心がない感覚です。
自己否定やネガティブ思考を繰り返していると、自分を信じることができなくなり、
「自分」という中心の感覚がなくなってきます

そうするとどうなるかというと、
他人の思考が頭のなかに入ってくるようになります。
自分の頭のなかなのに、自分が考えていない思考に占領されるのです。

「早く結婚しなくちゃ」
「もっとお金を稼げるようにならなくちゃ」
「早く認められる人にならなくちゃ」

こんな思考かもしれません。

器を油で満たしておけば、水を器に入れることはできませんが、
油がなければ、あいた器には簡単に水を入れることができるようなもので、
自分という中心軸がない人には、他人のエネルギーが簡単に入ってきます。

これは文字どおり、他人があなたのなかにいる状態です。
だったり、友達だったり、場合によっては先生だったり占い師だったり、
あなたのなかに、あなたでない人の思考がたくさん居座っています。
あまりにあなたでない思考があるので、あなた本来の思考は何か
がわからなくなってしまいます。

「やりたいことがわからない」「好きなことがわからない」「何をしていいかわからない」という方、「ハートの声」がわからない、インスピレーションを受け取れないという方は、こんな状態にあることが多いです。

そして、中心がないので、地に足が着いていない、ふわふわした印象になります。
(スピリチュアルにひかれる方によく見られる状態です)

これはエネルギー的には非常に危険な状態ですが、
ネガティブな方はよく陥っています。

自分はポジティブだと思っていても、何かの拍子で自分を疑ったりすると
こういう状態に簡単になってしまいます。

すると、他人に操作される・利用される、詐欺に遭う、ダマされる、周りの人にいじめられる、などのトラブルが起こりやすくなります。

いつも頭のなかに他人の思考が鳴り響いていて、
自分の気持ちや思考がまったくわからなくなります。
そういうとき、他人に頼ろうとしすると、さらに事態を悪化させて
回復不能になっている方もいますよね。

多かれ少なかれ、誰にもこういう傾向はあると思います。
違いは、それでもちゃんと自分という軸を持ち続けられるかどうかだ思います。

自分を他人に明け渡してはいけないのですよ。
なのに、そうやって他人の人生を生きている人は多いです。

もし、あなたがそんな方でも、諦めてはいけませんよ。
諦めなければ、必ず方法はあります

それには、簡単に言って、自分という軸をつくればいいのです。
自分軸は器に入れる油に相当します。
それを作れば、もう簡単に他人のエネルギーや思考は入ってきません。

こんな簡単なことをやるだけで、自分軸は整ってきます。
難しく考えないで、やってみてくださいね。

1.「今日は何をする日」
朝目が覚めたら、「今日は何をする日だっけ」と自分に問い掛けてください
今日やるべき大事なことがあなたにはあるはずです。
それはなんでしょう?
仕事でプレゼンをこなすことかもしれません。
買い物をすることかもしれません。
新しいアイデアを出すことかもしれません。
リラックスすることかもしれません。

今日のあなたは何をするのでしょうか。
それに意識的になるとき、あなたのなかに少しだけ自分軸ができはじめます。

「今日はこれをやる日だ」と意識したなら、それにしっかり取り組んでください。
すると、一日の充実度が大きく変わります。

2.ノイズを下げる
それでも、作業をしているとあなたのなかには思考が勝手に湧いてくると思います。
それがノイズとなって、あなた本来の思考を邪魔してわからなくしています。
逆に言うと、ノイズを下げれば、あなたの思考が見えてきます。
瞑想はとてもいい練習になりますが、ノイズが出てきたら
深呼吸をするだけでも、ずいぶんノイズを下げることができます。
落ち着いてください。そしたら、やるべきことが見えてきます。

3.ほっぺたを叩く
また、ほっぺたを叩いて、「今、私はどこにいる?」と問い掛けるのも効果的です。
あ、これ雑念がわいたからお仕置きをしているのではないですよ。
自分の身体に刺激を与えて、自分の意識を自分のなかに戻しているのです。
ノイズがわいているとき、あなたがあなたの身体からふーっといなくなっていので、
ほっぺたを叩いて身体のなかに意識を戻すのです。

4.目の前のことに集中する
あれこれ考えたりジャッジしたりしないで、あなたにはやるべきことが目の前にあるはずです。
集中してそれをやってみてください。

「目の前のことをやる」には、パワーがあります。
にしきも学生時代にアルバイトをしたのですが、そのときナマイキなことを言って、
お仕置きで一人ビラのセットをさせられたんですね。
監視もない部屋にひとり。
命じた側は「きっとサボるだろう」と思ったのですが、
ここは挽回のチャンスとばかり、一生懸命やりました。
ノルマ以上こなしました。
そしたら、「悪いヤツじゃないんだ。すれ違いだったんだ」とわかってくれて
すぐににしきを信頼してくれました。
目の前にあることは、あなたに必要だからあるんです。
それに集中すれば、道は開けます。
そしてその受け入れる態度が、逆に自分軸を作ります。

5.「何を大事にしている?」
あなたが日々大事にするのはなんでしょうか。

自由であること。
豊かであること。
楽しいこと。
家族と愛情を交流すること。
他人に貢献すること・・・

あなたは何を大事にして、日々を生きていますか?
今持っていなくてもいいんです。
あなたが大切だと思っていればそれでいいんです。
それを意識してください。
もちろん、あなたが大事にすることに反することをあなたはするかもしれません。
そのときは自分を罰したり悩んだりせず、「今日はこうだった。でも明日は違うぞ」
と思えばそれでいいです。

他人の意見に振り回されるのはもうやめましょう。
自分軸を作って、あなたらしく生きてください。
それ以外に、何をしても幸せはやってきませんから。

■30日で本当の自分と出会う方法
http://online.attraction-method.net/30days_bosyu/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

2 コメント

  1. 青葉萌ゆる 2016年9月15日 at 3:32 pm  返答する

    さて、本題の「覚悟を決める」ということですが、仰るように
    「自分はこれでいく」にしきさんの言う「自分軸」を持つことが
    いかに大切か、近年切実に感じています。
    最近、服を捨てていますが、ファッション誌などのグラビアを参考に
    買った服とか、他の着ない服を生かすために買ったアイテムとか
    畢竟、「他人軸」による選択だと気が付きました。
    バーバリーチェックのボタンダウンシャツに黒いジャケット
    オフホワイトかベージュのチノ。こういう組合せは高身長の欧米人なら
    似合う。しかしそもそも妻が買ってきて私に着せようとしたもので
    「自分軸」にはあっていません。家には3着素材違い、長袖半袖取り混ぜて
    ありましたが一度も着てないので義父にあげることにしました。

    ファッションに魂が関係するのかどうかわかりませんが、自分のスタイルを
    確立するということがそれにつながるのかもしれません。私の場合
    ネイビージャケット、白のボタンダウンシャツ、グレイフラノのパンツ
    オフホワイトの太畝コーデュロイパンツ、ライトベージュのポプリンのジャケット
    これらを着ていると果てしなく心地よい気分に浸れます。
    服を眺めているだけで「俺らしいなぁ」と思える。

    >自分を他人に明け渡してはいけないのですよ。
    >なのに、そうやって他人の人生を生きている人は多いです。

    同感です。私はそれを「自分の人生のハンドルは自分で握る」と
    表現しています。私は、教師だった両親の「運転」の助手席に
    座って生きてきて、結婚してからは先妻の「運転」で生きてきました。
    すると、自分の人生って何だろうっておもいきり疑問に思えるように
    なりました。
    厄介なのは「他人の人生を生きる」ことが「夫婦愛・家族愛」と
    混同しがちなことです。
    実は、「自分軸」なしに人を愛せないし、何より人から愛されない。

    些末な事例ですが、朝妻と口論したとします。あなたは、自分が
    大人気なかった反省して昼休み、電話で妻に謝りました。
    機嫌はとりもてたとしてもあなたの「魂」はどうなりましたか?
    そりゃ、あなたは歌舞伎に詳しいけど、朝の出がけに「芝翫の由来や
    成田屋の名跡」の解説はしたくない。ましてや三田寛子の旦那が
    祇園の芸子とどうなろうが知ったことではない。
    頭の中はこれから訪問する会社での打合せのことでいっぱいなのですから。

    恋愛でも、似たようなことが起こります。
    相手が別れたいと言ってくる。そこで相手の軸にあわせて、擦り寄ったら
    「あらまぁ、やはり自分軸のない人ね」と思われフラれます。
    ここは覚悟を決めて、「わかった。別れよう」魂の一言を告げて去っていく。
    つんくが言うように「男ならカッコつけろ」の場面。ハンフリー・ボガートの
    ようにトレンチコートの背中で語らせなくてはいけません。
    魂の言葉は
    「俺は美人の彼女とカッコイイ恋愛がしたいのだ。自分の美意識に反する
    行動をしても彼女を追うか?答えはNOだ。」

    果たして、間違いなく彼女はあなたの魂に打たれて、あなたの元に戻って
    きます。(その先どうやって別れるかというのが、また厄介な話なのですが)

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年9月18日 at 6:51 pm  返答する

      青葉萌ゆるさん 読んでいておもしろいストーリーでした。
      ちなみに、僕たち夫婦は、二人とも自分軸で生きています。
      現に今、妻はひとりで海外出張中。
      普通のカップルだったら考えられないのでしょうけれど、
      自分軸に忠実に自分を愛していたら、相手もしっかり尊重できます。
      そんなパートナーシップを引き寄せ理論的に想定し、実際に実践しています。
      依存や我慢ではない関係で、とてもいいものです。
      人生、2回目からでいいと思っています。

コメントをどうぞ