マイナスすると、お金が増える

マイナスすると、お金が増える

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

たくさん本を読んだり、いろいろなセミナーを受講しても
人生が変わらない、と感じる人は少なくないみたいです。

「変えたい」という気持ちと行動はとてもいいと思います。

でも、そのやり方だと、いつまでたっても変わらないだろうな、
というのが正直な印象です。

なぜ本をいろいろ読んでも、セミナーに出ても
人生がなかなか変わらないのでしょう?

それは本やセミナーが伝えるのは「知識」だからです。

その「知識」を日常生活で実際にやってみないと、
当たり前だけど、何も変わりません。

だから本当に人生を変えようとしたら、本やセミナーで知識を学ぶのではなく
丁寧に一人ずつ教えてくれるワークショップで実地にやり方を覚えて、
実際にやっていくことが必要です。

つまり「実践」です。

セミナーに何度出ても「人生が変わらない」と思っている方は
そこを間違ってしまっています。

知識を教える本やセミナーだけでは足りないのです。

このブログ「真実の引き寄せの法則 Attraction Method」でも
知識は十二分に提供していますよね。
でも、ただブログを読んでくださるだけでは、
人生はそうそうは変わらないでしょう。

もし、あなたが、「知識を知れば、人生が変わる」と思っているなら
それは間違いですよ。
それは絶対にありません。

人生を本気で変えるなら、これまでの人生を棚卸しするような、
手間のかかる作業が必要なのです。

そして棚卸し作業で、自分のなかにあるいらない信念や観念、
ブロックを手放して完全に自分のなかからなくしたとき、
人生が変わります

これまでにしきが見た人たちは、例外なく信念やブロックをマイナスして
人生を変えています

何かを付け加える「プラス」じゃないんです。
いらないものを手放す「マイナス」をすると、人生が変わるのです。

人生がうまくいかない人は、自分の内側に何かを持ちすぎています。
足りないのではなく、持ちすぎ。
だから、その重いものを捨てれば、軽くなって本来の自分に戻れるのです

このようにマイナスしたとき、あなたの波動も変わります

お金だったら、あなたのなかにある「お金がない」とか「稼げない」とか
「自分にはお金をもらう価値がない」とか「自分のやることに自信がないから
人はお金を払ってくれない」などの、信念を手放せばいいのです。

あなたが豊かな波動になれば、豊かな出来事が周りに起こってきます。

そのための「豊かさの波動を作る」、そしてその先の「与える」、
「自分のハートに従って人々に貢献する」はプラスであり、
クルマでいえばアクセルです。

ところが・・・

多くの人はアクセルと同時に、思いっきりブレーキも踏んでいます。
これじゃ、前に進まないのは道理です。

今言ったようなお金のブロックは、とても大きなブレーキです。

ほかにもあるブレーキとは、

・人生や自分に対する深いジャッジ(「生まれた意味がわからない」「自分には価値がない」「私なんて」)

・自分が何をしたいかわからない

・人間関係が苦手(これがあると、お金を極端に手に入れにくくなります)

・自分は○○ができない

・自分はダメだ

・他人より劣っている

・ヘンなプライド(自分はすごい)

・罪悪感(「自分のすることは間違いだ」「他人の期待に添えない」「楽しんではいけない」)

・恐れ(怖い。否定的な思考はすべて恐れです)

・逃避癖(何かあると逃げてしまう)

などがあります。
スピリチュアルに興味を持つ方が、
共通して持っていがちな信念ですよね。

要は

【お金のブロック】
【人生や自分に対するブロック】

の両方をマイナスしないと、
いくら豊かさ実践をやっても、成果は出ないでしょう。
というより、実践が続かないはずです。

ブレーキになるのは自分のなかにある【否定的な思い】です。

確かに影の部分は見たくないだろうし、
それを手放す作業なんてやりたくないかもしれません。

そして何も変わらず、時は過ぎましたよね。

人生を変えるって、「イメージすればそうなる」ようなものではありません。
人生をやり直す覚悟で、見たくない影を直視して手放すから、
ブレーキから足が離れて、人生が加速するのです。

にしきがお金の流れをよくするうえで一番大事だと思うのは、

【お金のブロック】
【人生や自分に対するブロック】

をマイナスすること、手放すことです。

手放すことができたら、ほぼ自動的に思考も行動も変わり、
あなたが豊かさ波動になるでしょう。

「セミナーに出ても、人生が変わらない」と言う方は、
この大事なところをやっていないのです。

今、期間限定募集のオンラインコース
「みんなを幸せにするスピリチュアル・マネー」のお申し込みの扉を開けました。

「みんなを幸せにするスピリチュアル・マネー」は知識と実践の両方をターゲットにした
コンプリートなコースです。

そのなかで、大事なのはLevel2の実践編です。

ここで徹底的にマイナスする作業を行います。

あなたの人生を棚卸しして、
いらない信念やブロック、過去のお金に関する苦い経験を手放していきます
イメージを書き換えます。

人生をやり直すつもりで、自分を見つめて変えないと
豊かさ実践の結果は出ないのです。

オンラインコース「みんなを幸せにするスピリチュアル・マネー」は
この人生の棚卸し(人生とお金のブロックの手放し)に対応した
コースです。

この根本からの手放しは、「みんなを幸せにするスピリチュアル・マネー」
でしかできません

あなたがわかるまで教えますし、
あなたができるまでサポートします。

マイナスして人生を変えましょう!
そして豊かさの波動になり、与えていきましょう。

自分だけではなく、周りの人も幸せにしましょう。

お申し込みは5月30日23:59までですので、
人生を変えてお金に恵まれたいなら、どうぞお申し込みください。

【本日最終日】「みんなを幸せにするスピリチュアル・マネー」のお申し込みはコチラから ↓
http://online.attraction-method.net/sp-money/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

9 Comments

  1. […] えないには理由があります。大事なことは、情報を付け加えることではなくて、あなたの内側にあるいらないものをマイナスすることだからです。 http://truth.attraction-method.net/2016/05/27/minus/ […]

  2. Dan(暖) 2016年5月27日 at 9:17 pm  返答する

    ども~ \(^-^)/

    「・・・」の思い

    そこに あるのは
    お相手さんへの 思いであり
    「変えよう」とする強制(きょうせい)や矯正(きょうせい)ではなく

    見守りであり

    分離ではなく
    【 ワンネス 】であり

    「恐れ」を手放すプロセスであり

    【 共生(きょうせい)】
    という

    ともに 生きる【 愛 】の波動だと
    かんじました.。oO

    新しい人生は
    【 恐れを手放す 実践 】から始まり

    実践を通した
    【 体験 】が
    わたしたちを 成長させてくれるんですね

    【 愛 】を実践しましょう
    【 愛 】を この世界で
    【 体験 】しましょう

    大丈夫、大丈夫

    体験を通して
    【 自由 】を 思いだしましょう \(^-^)/

    にしきさん
    みなさん

    ほんとうに
    ありがとう.。oO

    「…」

    o(^o^)oニコニコ

  3. 愛奈 2016年5月29日 at 1:53 pm  返答する

    お金を引き寄せる 無料セミナーを拝見いたしました。ありがとうございます。

    にしきさんが勧める
    オンラインコース「みんなを幸せにする スピリチュアル・マネー」を手元に置き、実践しても
    そのうち、忘れてしまうと思います。

    そして、
    実践しようとすればするほど、望まない現実がおおいかぶさって来て、
    逆効果では? と思うのですが・・・(>_<)

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年5月29日 at 2:03 pm  返答する

      愛奈さん 愛奈さんがそう思うならそれでいいのですよ。
      ですが、

      >実践しようとすればするほど、望まない現実がおおいかぶさって来て、

      は誤解ですよ(笑)。
      一生懸命「豊かになるぞ」と、オンラインコースでやるわけではありません。
      そうじゃないやり方もあるんです。
      いらないお金のブロックをとっていくことです。引き寄せようとするのではなく、大事なのは手放しです。
      お金のブロックをとると、別人のようにお金に対して行動できるようになるのです。

  4. 青葉萌ゆる 2016年9月15日 at 4:58 pm  返答する

    そうですか。お金の引き寄せもセミナーで扱っていたのですね。知らずに失礼しました。
    まるで、人生の運転免許の教習所ですねwすごいです。
    私自身 お金に対するブロックはまだ外れていません。というか自分が金持ちになることを
    自分に許していない、大きな課題だと思います。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年9月21日 at 12:43 pm  返答する

      青葉萌ゆるさん あれ? 青葉萌ゆるさんの才覚があれば、豊かになるのは簡単に思えますよ。

  5. 青葉萌ゆる 2016年9月27日 at 3:28 pm  返答する

    にしきさん、レスありがとうございます。
    >豊かになるのは簡単に思えますよ。
    ありがとうございます。今現在、世間の水準?から比べて「豊かな部類」かもしれません。
    衣食住では望んだものをすでに手に入れています。
    大学の同級生で外資系の不動産ファンドのマネージャーで10億の金融資産を持っている
    男がいます。すなおに、彼を目標に自分もそうなりたいと思えないのはおそらく心の中に
    ブロックがあるからでしょうね。
    「身の程の幸福」みたいな限界を自分で設けてしまっているのだと思います。

    あとは、自分の過去や現在の経験を愛していてそれを超えるものを拒んでしまっているの
    かもしれません。
    私は、東京で一番美味いフレンチレストランはタテルヨシノだと思っています。
    若林さんというソムリエ抜きにこのレストランは語れません。そもそもJCBのクレジット
    カードの高額利用者の特典としてランチの招待券をもらったのがきっかけでした。
    芝大門にある古いホテルの一階にあるその店は、さほどの構えでもなく、暑い日差し
    のその日の昼に、出されたシャンパンがことのほか美味かった。アミューズもさることながら
    タテルヨシノのスペシャリテのひとつ、温製・冷製とりまぜたフォアグラのテリーヌ。
    これで、私の味覚は今までにない官能の極致を体験しました。
    それも、そのあとで若林さんが注いだよく冷えたシャルドネとの味の共鳴があったればこそ。

    そんなことで、私のなかではこの店は別格。その後自腹でなんどか訪れ、秋でも冬でも
    その料理の気品と、オリジナリティあふれる味わいはまさに孤高の存在であり続けました。

    芝大門が建替えで店を閉め、銀座の店にいこうかと迷っていたところにマンションの友人
    が、予約のとれない名店として有名だからと品川のソニーどおり沿いのCを紹介してくれました。
    ミシュラン三ツ星を取りつづけている店として食通の間では有名な店らしくて、私たち夫婦は
    昨日おめかしをして期待してでかけました。
    シェフのK氏は42歳。料理は素材の選択から調理法に至るまで、複雑すぎるまでに工夫を凝らし
    たしかに「ここにしかない味」を生み出していました。
    美味い。ただ、妻も私も好みではありませんでした。

    シャンパンとグラスワインを一杯つけておまかせのコースで二人で6万円は。失敗したなという
    感じでした。それだけの値段を出すならもっと楽しめる店があるというのが二人の意見の一致。
    もちろん、ワインリストには、10万円以上のブルゴーニュが目白押し。DRCのエシェゾー
    とのマリアージュで楽しめたら別の味わいもあったのかもしれませんが。
    たしかにミシュランの審査員が高得点をいれそうな濃厚な料理が多かったです。

    ことほど左様に、「豊かさ」にも内容があって、自分たちの趣味や嗜好にあった「豊かさ」で
    ないと嫌だという思いがどこかにあったりします。
    なじめる豊かさとでも言いましょうか、所詮貧乏人根性の表れでしょうがw

    >豊かになるのは簡単に思えますよ。

    それは、わかります。今も多分豊かなのでしょう。それも汗水流して稼いだというより
    寝ていて遺産がころがりこむ類の幸運の結果です。
    でも、にしきさん。
    わたしは、自分の富に上限を設けてしまっている気がするのです。
    引き寄せは18歳のころから親しんでいます。もともと宗教大好き人間で他力本願が
    モットー。座右の銘は「求めよさらば与えられん」「汝、明日のことは思い煩うことなかれ」
    ですから。

    でも、自分の願望にリミッターを設けてしまう。これ誰でもそうですよね。
    引き寄せで希望の大学に合格できた。先行き安定した大企業に就職した。30代で
    部長になって年収が1000万をはるかに超えた。
    書棚に並んだ著者を会社の後援会に招きシンポジウムで対談した。
    人生夢をかなえるなんて「簡単に思える」時代の絶頂期に、妻が突然私に告白しました。

    「私、3年前から浮気していたのよ。あなたまるで気が付かないのだから」

    ちょっと、待て。俺そんな「マイナスの引き寄せ」してないぞ。
    浮気相手の居所を知るくらいは引き寄せを少し齧った私には簡単で、愛知県にすむ
    その浮気相手の家にたどりつきました。
    あそこで間違っていたら私は殺人者になっていたでしょう。

    すべての者と和解せよ 

    生命の實相の文言を思い出したわけではないけど、家から世田谷
    まで連れて帰った相手の男を放免し2年後私は、妻と別れました。

    そこから先が私の願望実現の人生のはじまりでしたね。とにかく
    本当の愛を求めて恋愛三昧。少なくとも一生のうちに10人の恋人と
    つきあってソウルメイトをみつけようと心にきめました。
    なぜ10人?
    だって10人十色っていうじゃないですか。同じタイプとつきあって
    失敗を繰り返したくないから

    すでに3人はつきあってきましたから(少な)あと7人。あーあ、45歳の
    オヤジには荷が重い。そうだ、母親は永遠の恋人みたいなものだから一人減らして
    いいよね。
    ということで、6人の恋人を引き寄せました。
    自分がモテることは以前から知っていましたが、40代はデート代もかかります。
    子供に月に30万の養育費を払いながらしんどいなぁと思っていたら、実家の父が
    他界して母に大半の遺産を渡した残りを弟とわけて1000万ほどの小遣いが手元に
    入りました。親不孝な話ですがありがたかった。
    以来命日には毎年墓を磨いて花をたむけて感謝の意を伝えています。

    カネの引き寄せは、本当にあるんですね。先日、今のカミサンが大病を患い入院
    した際も個室は一日2万円かかるらしくて、困っていたら、年金の関係で60万円が
    突然振り込まれ驚いたことがあります。

    ただ、それでも富にたいしてブロックがあるのは父母の影響でしょう。母の実家は
    資産家でした。戦後農地改革で資産をとりあげられ母は遺産相続の際相続放棄を
    させられたそうです。ですから伯母とその息子には従兄弟は数十億の資産がわたって
    います。ただし、従弟は相続した土地に1LDKの賃貸マンションを建て、それが
    リーマンショック以降の不況で地元企業が工場を移転、家賃で返していた借入金の
    返済ができずに53歳で首をつって死にました。(親戚は病死にしたものの棺桶の
    中の鬱血した黒い顔と首筋から覗く縄目は誰の目にも自殺はあきらかでした。)

    金を稼ぐことが豊かになることではなく、自分の願望が明確にあってそれを実現する
    にたるカネがあればいいのだと思っています。それが、ある意味私の「お金にたいする
    ブロック」なのかもしれません。
    チャップリンの「人生に必要なものは、愛と勇気と少しだけのカネだ」という言葉は
    大好きですね。いや、根が貧乏なのでしょう。
    ところで、にしきさんアッシジなどという地味な場所にいかれたのですね。
    私はフィレンツエからトスカーナに行ってワイン飲んでましたからアッシジは行きたかった
    けど行けていません。イタリアはシチリアとアッシジは行ってみたいです。
    にしきさんはサンティアゴ・コンポステーラに行かれたあと、ファティマまで足を伸ばされた
    のでしょうか。
    私は聖地巡りより美術館巡りのほうが好きなので、アッシジはおろか薬師寺も行ったことが
    ないです。

    「本当の願望」

  6. 青葉萌ゆる 2016年9月27日 at 3:45 pm  返答する

    「本当の願望」を書こうと思ったのですが、つまらない話になってしまいました。
    あ、そうそう従兄弟が建てたマンションは相続資産のうち市街地にある大半の土地
    ですから10棟はくだらないでしょう。それが借入金の返済ができずに競売にかけられる
    などとは、地元の信金に勤務していた本人にとっては、ご先祖様にも友達にも顔向けが
    できないと思ったのでしょう。ちなみに母の実家は躁鬱病の家系で従兄弟以外にも
    叔父が若い頃自殺しています。
    私が、引き寄せに走ったのはある意味、明るく能天気に生きたいからです。
    従兄弟も「なんとかなるよ。大丈夫」と天の声を聴いていたら、鴨居の縄に首をかける
    こともなかったろうに、と思います。

  7. 青葉萌ゆる 2016年9月27日 at 11:31 pm  返答する

    蛇足ながらCuinte・・でなくQuinte・・でした。失礼しました。ジビエなど好きな方は日本で一番だといいますね。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください