なぜインスピレーションがやってこないのか

なぜインスピレーションがやってこないのか

「インスピレーションが欲しい」と思っている方は多いかもしれません。
次に何をしたらいいか、雷に打たれたように強烈なビジョンが浮かんだら
どんなにいいだろうと思う方もいるでしょう。

今日はインスピレーションについて、「引き寄せの法則」の大きな誤解とからめて
考えてみましょう。

なぜあなたの引き寄せ実践に効果がないのか

「引き寄せの法則」ほど誤解の多い概念ってないと思います。
よくある誤解にはこんなものがあります。

【よくある誤解】「望む現実を思ったり、イメージしたりすればそれは実現する」
【よくある誤解】「念ずれば、モノを引っ張ることができる」

そこにあるのは、「ノウハウ」の考え方です。
「○○すれば、△△になる」
これがノウハウの考え方ですよね。
ノウハウなら、誰がやってもそうなる・・・はず。

「引き寄せられるようになるには、どうしたらいいんでしょう」
という質問が前提としているのは、こういう「ノウハウ」の考え方です。
「○○すれば、引き寄せることができる・・・そういうノウハウがあるはず」
というのを無意識に前提としています。

この考え方が期待する答えは、
「リストにするのがいい」
「イメージするのがいい」
「いや、そういう願望を捨て去るのがいい」
といった、「○○すれば、引き寄せる」という考えです。

しかし、それは些末なことです。
本質ではないのです。

本質的なのは、「あなたが本当の自分として生きているのか」ということです。

つまり、生き方の問題なのです。

「本当の自分」には、「あなたが知らない自分自身」という意味もありますが、
より本質的には、「ソース」(源)という本源的な力のことを「本当の自分」
と呼びます。ときに、「スピリット」ともいいます。全部同じです。

何か引き寄せが起こるのは、あなたがそういう本源的な力である「ソース」
と波動的にマッチしているとき、共鳴しているときです。

これ、わかりますかね?

多くのは人は、「ソース」を見たこともないし体験したこともないし、
「波動」もわからないし、「本当の自分」も知らない。だから上の文の意味が
腑に落ちないのだと思います。

だから、少しはわかったような気がする「ノウハウ」の考え方を持ち続けて
しまうのだと思います。

「なんだ知っているよ、引き寄せの法則って『思えば実現するって
ヤツだろう』」(←ノウハウの考え方です)

こんなぐあいです。
しかし、それは些末なことだと再度強調しておきます。

大切なのは、ソース、「本当の自分」、スピリットとのあなたの関係です。
これが本質です。

ここらへんの言葉や仕組みを知りたい方は、
『引き寄せの法則マスターセミナーDVD完全パック』がお勧めです。
セール価格でお買い求めいただけるのも、今月末までです。
↓ お買い求めはこちらから ↓
http://www.attraction-method.com/hikiyosemasterdvd/

ソースは、純粋な愛、喜び、感謝といった波動です。
僕らはそのソースからやってきましたし、今でもソースの一部です。
(そうでなければ、あなたはもうあちらにお戻りです)

あなたが純粋な愛、喜び、感謝という波動として生きていれば、
あなたとソース、「本当の自分」、スピリットは波動的に一致します。

これは、実は「生き方」の問題です。

「あなたが愛として生きているか」
「あなたが喜びとして生きているか」
「あなたが感謝として生きているか」
「あなたが平和として生きているか」

こんな生き方の問題です。

イメージするとか、リストにするということはわかりやすいけれど
些末なこと。

本質なのはこっち、「生き方」です。

あなたはソースとして生きていますか?
「本当の自分」、スピリットとして生きていますか?
愛、喜び、感謝として生きていますか?

おそらく違いますよね。

自分を責めたり・・・
自分に制限をつけたり・・・
小さな自分しか認めなかったり・・・
「私はダメだ、無価値だ」と決めつけたり・・・
イライラしたり・・・
ジャッジしたり・・・
争ったり・・・
他人をなんとかしようとしたり・・・
理由なく不安になったり・・・

こういう「生き方」をしていると思います。
(批判ではないですよ。指摘しているだけです)

こういう「生き方」は、ソース、「本当の自分」、スピリットと相いれないものです。
そのため、今のあなたはそういったものとズレている
ズレていれば、あなたが望むものを引き寄せる状態ではないのです。

だから、この状態で、念じようが、リストにしようが、イメージしようが、
ビジョンボードを作ろうが、願いを紙に書いて魔法の箱に入れようが、
まったく効果がないのです!

過去、こういうことをやって効果がなかったのは、
「あなたの望みが高すぎた」のではなく、
「あなた自身が小さすぎた」のです。

もともとあなたは無限の力を内側に持っているのです。
だから、頑張って自分を大きくする必要はなくて、神のごとき無限の力を
持っていると認めればいいだけです。

もし「どうしたらいいんですか?」という問いに答えるなら、以上のようなこと
になるでしょう。

難しい?
わかる?

自分にそんな大それた力が内在するなんて思えない?

そうかもしれません。
でも、それが「ズレ」です。
「本当の自分」からあなたがズレているのです。

インスピレーションも生き方の問題

最近のコメントで、「瞑想したけれど、インスピレーションがやってこなかった」
というのがありました。

瞑想することと、インスピレーションには原理的には関係がありません。
もちろん、瞑想はいいことですよ。
でも本質的なのは、「生き方」です。

あなたがスピリットとともにいなければ、インスピレーションが降りてくるはず
はありません。

スピリットと同じ波動をしていなければ、インスピレーションはやってこないのです。

インスピレーション(inspiration)という言葉を見てください。
インスピレーションとは、in-spirit、「スピリットのなかにいる」ということです。
スピリットのなかにいれば、インスピレーションが降りてくるのは当たり前のことです。
しかし、スピリットのなかにいないのに、いくらノウハウ的に瞑想しても、インス
ピレーションはやってきません。これも当然です。

あなたがスピリットとともにいるような生き方をしないと、
それはやってこないのです。

スピリットは無限の力です。
だからあなたも「自分は無限だ」と思える必要があります。

今はそう思えない?

そこに問題がありますよね。

だから、インスピレーションはやってこないし、それによってガイダンスを
受けることもないし、結果として引き寄せている実感がないのです。

「じゃあ、どうしたらいいんですか」というノウハウを期待する質問はやめることです。

生き方も変えることです。

生き方ってノウハウじゃないですよね。
それぞれの生き方があります。
それぞれの課題、人生のチャレンジがあります。
だからノウハウ的に言うことはできません。

その到達点を示すなら、

「私はソース、スピリット、神と同じだ。自分は無限だし、自分の力も、経験も無限だ」

というところでしょう。

愛、喜び、感謝、平和といった波動でしょう。

ノウハウではありませんが、ここへ至る道はあると思います。
今までとはまったく違う方法で、来年はこれをワークショップでお伝えしたいと
思っています。

■ソース、本当の自分、スピリットのわかりやすい表現が「内なる子ども」
http://www.attraction-method.com/wonderfulworld/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

14 Comments

  1. hiroko 2013年12月19日 at 10:52 pm  返答する

    >インスピレーションとは、in-spirit、「スピリットのなかにいる」ということです。

    inspireの語源はラテン語のspirare(breath 息をする)です。

    欧米はキリスト教社会です。聖書の創世記に「主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹きいれられた。そこで人は生きた者となった。」とあります。spiritとは神様が吹き込んだ息のことです。

    inspire=   in(中に)+spire(息を吹き込む)
    inspiration=(神様のように)息を吹き込むこと。息を吹き込んだ結果生じたもの。

    誰か(何か)【神・ソース・ハイヤーセルフ・潜在意識など】が人間に息を吹き込み、吹き込んだ結果、『雷に打たれたような強烈なビジョン(例)』を得ることができるのではないでしょうか。

    • にしき 2013年12月19日 at 11:05 pm  返答する

      hirokoさん spirit=息、そのとおりです。

  2. sachi 2013年12月20日 at 12:06 am  返答する

    やっぱり環境を変えたいなぁ、と心から思いました。

    インスピリット、愛と喜び、感謝、平和の中にいれば、インスピレーションも来るのなら…。

    そしてそんな所に行くことが、私の一番の心からの願いです。
    (「これをしたい!」と思う元気さえなくしているかも…)

    仕事をするようになってから、職場に平和な場所なんてないと思って、逃げたくなる自分に叱咤激励(自分なりに…)しながらやってきました。

    でも全然強くならず、最近は「向いてない…どう頑張ってもムリ」と諦めモードが強まっています。

    好きな仲間に囲まれているときは、人がどう思うかなんて全然気になりません。

    怒るとこも、落ち込むとこも、喜ぶとこも、やる気のないとこも、どんどん見せてしまいます。自分一人でいるより、より感情がはっきりして、自分らしくいられるような気がします。

    そんな時はパワーにあふれ、やりたいことや行きたい場所もどんどん出てきます。
    みんなと一緒にいると、その時間をもっと楽しむために…と、いろいろ考えます。

    そして今、職場や付き合いの仲間に囲まれていると、すぐに他人の思いを気にしてしまい、いつも自分を点検されている気分です。

    そんな中では、自分を責める言葉はどんどん出てきますが、夢がかなう!なんて思いは出てきません。

    ただ、こんな環境がほしい、こんな人に囲まれたい、という願いは、自分の外側の条件を変えたいという思いだから、自分の本当(スピリット)の願いとは違うのではないか、という罪悪感(?)があります。

    環境や他人は永遠ではないので、いつかまた不満がたまり…なんてことも考えてしまいます。

    それでも、今までの人生で一番幸せだったのは、何をしているかということより、(同じことをしていても、好きな仲間となら楽しいのに相手が違うと苦行になります)、安心できる仲間に囲まれ、自分らしくいられたときでした。

    そんな時は、何をしていたってどんな場所だって(汚い仕事場でバイトをしていても)、幸せでした。

    インスピリットにいるためには、環境(周りにいる人)次第、という思い方は危ういでしょうか?

    • にしき 2013年12月20日 at 6:43 pm  返答する

      sachiさん スピリットとともにいるためには環境次第だなんて、そんなことはあり得ません。だって、スピリットに環境は存在しませんから。スピリットはすべてであり、無限です。
      しかし、sachiさんには環境があります。それを選ぶことももちろんできます。瞑想をするには、がやがやした環境よりも、静かな一人になれる場所がいいですよね。そういう環境は選べます。だからといって、静かな環境に移れば、瞑想をするかというと、そうとは限らない。寝ちゃう人もいるわけです。すべてはその人次第ですよね。
      それでも今のsachiさんには何か行動を起こすことが必要なのではないでしょうか。僕はなぜsachiさんがずっと前から環境の文句を言うだけで、いっこうに行動しないか、わかりません。もちろん、会社を辞めたければ辞めればいいし、家を出たければ出ればいいじゃないですか。シンプルです。

      • sachi 2013年12月21日 at 6:24 pm  返答する

        ありがとうございます。

        私も、周りのみんながすいすいできることに、なぜいつもつまずくのか、わかりません。

        思春期頃からそれを知りたくて、心理学とか勉強したけどそれで変わることもなく、自信がないからだっていろいろ挑戦したけど、いまだに動けません。

        ほんとに動きたいって思っているのに動かずにいるのは、やっぱり怖がっているんだと思います。

        跳び箱とか「エイッ!」ってジャンプして跳び越えることが、いまだにできません。(できるって思えない)。一歩ずつっていうのは(山登りとか)挑戦できるけど…。

        でも、できないって言ってられない…。

        わかります。(頑張ります)

        • にしき 2013年12月21日 at 11:39 pm  返答する

          sachiさん わかります。あなたのなかには「自分が望むことをやってはいけない」という禁止令がびちーっと入っているのです。
          だから、やりたいと思っていることをすると、止まるんです。解除しましょう。そしたら、自然に動けます。

          • sachi 2013年12月22日 at 1:45 pm

            なぜ、そんな禁止令が生まれてしまったのか…悲しいです。

            もっとシンプルに、思いと行動を一致させられたら…と思います。

            もっと自分を大事にしたいです。

            解除します。

  3. にしき 2013年12月23日 at 12:01 pm  返答する

    sachiさん 正確にはよくお話を聞かないといけないのですが、おそらくは子どものころ、自分がやりたいと思ってやったことを否定されたり、笑われたり、恥ずかしい思いなどをして、「もう、こんなことするもんか」と小さいsachiさんが思い込んじゃったみたいなんです。それから、ずーっとそういうことをしているのです。この思いは自分では意識的にアクセスできない潜在意識にあって、独力で解除するのが非常に難しいことがあるので、誰かに助けてもらったほうがいいです。ヒーラーよしこの個人セッション(スカイプでもOK)で解除できますので、よかったら声をかけてください。

    • sachi 2013年12月26日 at 7:04 am  返答する

      ありがとうございます。

      ここ数日、いつもだったら周りのことを気にして、一歩引いてしまうような場面で、ずいっと前に出たり、やりたいことをやったり、言いたいことを言ったりしてみました。

      結果は、びくびくです。
      そして「あんなことして大丈夫かな…」と、気にもなります。

      まだ、やってみて快感!には、なれません…。

      でももうあんまり失うものもない感じなので、勇気だしてやってみます。

      よしこさんのセッションも考えながら、思いつくことや、自分のやりたいこと(ブロックがかかる前に意識して)を諦めないように、挑戦してみます。

  4. Dan(暖) 2016年1月12日 at 7:47 pm  返答する

    ども~ \(^-^)/

    物理的な世界に生きていると
    いわゆる
    「問題」とやらに日々 接することになりますわね(^-^)

    「問題」と言われる事柄さんには
    いろんな種類があるんでしょう、ね
    お金、仕事、恋やパートナー、人間関係
    病気、人生・・・

    その中身は多彩な内容かもしれませんが
    実は、「問題」って
    【 今の自分では方向性を出せない何か 】
    もっと言うなら

    【 自分を苦しませてる何か 】
    さらに言うなら

    【 安心感を感じられない自分 】

    問題の根本なのではないでしょうか???

    自分の選択肢の中に
    「こんなこと 放っておけばいい」
    「きっと、なんとかなるさ」
    と 一瞬は感じても

    「放ってしまったら、私に不利益が生じるのではないか?」って感じられてきて
    やっぱり手放せない!!!

    結局は
    【 安心感が得られない自分 】を
    想像する(創造する)ことが

    問題の本質のような気がします.。oO

    エゴさんは
    「問題」をこうとらえてるような気がします
    ⚫「すぐに」
    ⚫「あなたが(自分が)」
    ⚫「このことに限定して」
    ⚫「解決策を」
    ⚫「見つけないと」
    ⚫【 あなたには(自分には)罪がある 】
    ことになってしまうんだぞ~

    ってね(^_^;)

    エゴさんは
    安心感を忘れさせて、恐れ(罪の意識 罪悪感)を抱かせるのが大好きなんだろう、ね
    「今すぐに、外に目を向けろ」
    「外に向けてる目をそらすなよ」
    「お前には、罪があるんだから」
    「悩みや、苦しみという罰を受けなければならないんだ」
    「急げ、急げ」
    って伝えてきてるようなものかもしれませんね
    (笑)

    ただ、ここで
    あらためて考えてみたいのは

    すべての「問題」の本質は
    【 安心感を意識できない 】こと
    なんですよ、ね(^-^)

    「今の自分さんが、安心してない(やすらいでいない)こと」が
    問題の原因なんです.。oO

    ということ、は・・・

    問題(自分さんが、やすらいでいない)状態
    にある現状
    (今の「思考」や「感情」)
    からは

    【 なんの解決策も引き寄せられない 】
    んです、ね \(^-^)/

    【 イライラ ワナワナ オロオロしてる 】状態からは
    【 安心感(問題の解決)】を
    得ることは(引き寄せることは)
    ムリなんですよ、ね \(^-^)/

    おいらの実感としては

    解決策は
    愛(無限の可能性)から
    ムリなく与えられる感じです

    解決策なんて
    探さなくても【 だいじょうぶ 】

    インスピレーションで
    自然に 【 もたらされます 】

    無限の知性(愛)から
    プレゼントしてもらえます!!!

    きっと うまくいきますよ \(^-^)/

  5. 青葉萌ゆる 2016年10月7日 at 11:13 am  返答する

    >本質的なのは、「あなたが本当の自分として生きているのか」ということです。

    これは、私にとっても根源的な問いです。自分で選んだことだからといってそれに
    執着しているとすべてうまくいかなくなる。そういうことが私の人生にしばしば
    起きます。
    最初の結婚がまさにそうでした。自分では「この相手が理想だ」と思っていても
    相手はそう思っていなかった。
    間違えたかなと思ってもなかなか引き返せないのは、その時点で多くの投資を
    したり犠牲を払ったり、過ごした時間への愛着であったりします。
    たかだか20年という時間ですが、その後も30年以上も将来は続くということに
    その場では思い当りませんでした。
    先妻に「母親」を求めていた私は、先妻に頭を押さえつけられて生きていくことで
    「まっとうな社会人」として成功できると思っていました。事実。私は先妻の
    おかげでサラリーマンとして成功し過分な収入と仕事の達成感を得ました。

    ただ、「本当の自分として生きているか」と自分に問うと、全くそうではなかった。
    それは、「親や周囲の人々が、私に教えた人生の目標」でした。

    そういう「自分でない自分」を生きていると、ことごとく邪魔が入ってきます。
    また、それを止めようとするとまるでご褒美のような出来事が起こります。
    具体的に例を言えば、私は5月から「司法書士の予備校のI塾」に通っていますが
    45万円の授業料を納付してまもなく、健康だった妻がクモ膜下出血の手術で入院。
    生死の淵をさまようなかで、私は病状の急変の知らせに怯えながら夜学に通って
    いました。
    インスピレーションに従えば、「やめたほうがいい」ということなのでしょう。
    「引き離しの法則」が働いていたようでした。
    最初は、いいと思って選んだ講師もなんとなく頭が悪そうに思えてきたし
    二回りも歳の離れた男に説教じみた話をされるのも嫌になってきました。
    司法書士になっても司法書士の予備校の講師になるほうが収入がいいとしたら
    これが「本当に自分がやりたいこと」なのかどうか疑問に思えてきました。

    ただ、講師はキアヌ・リーブス似のイケメンの優男。こいつをがっかりさせては
    いけないという気持ちだけでまだ夜学に通っていました。
    週3日の貴重な時間を病み上がりで心の状態が安定しない妻をひとりきりにして
    おくのも気になるし・・・
    そのうち講義の内容についていけなくなり、(単純な記憶を強いる作業に
    興味を失い)授業中も居眠りをしていました。

    >何か引き寄せが起こるのは、あなたがそういう本源的な力である
    >「ソース」と波動的にマッチしているとき、共鳴しているときです。
    >これ、わかりますかね?

    わかりますよ。大学受験でも就職でも私は少なからず「引き寄せ」を使って
    きました。母が生長の家の信者でした。
    それじゃ、東大や電通に入ればよかったじゃないかと言われそうですが
    実は当時本当の自分にふさわしいと思ったのが、東北の旧帝大だったし、
    昔の三公社五現業の一角であったということです。そこで自分が、このレベルまで
    活躍するのが「本当の自分」にふさわしいと思うところまでいき、そこで
    にしきさん同様に、「こりゃ違うな」と気が付いたのです。

    >大切なのは、ソース、「本当の自分」、スピリットとのあなたの関係です。
    >ソースは、純粋な愛、喜び、感謝といった波動です。
    >あなたが純粋な愛、喜び、感謝という波動として生きていれば、
    あなたとソース、「本当の自分」、スピリットは波動的に一致します。

    >「あなたが愛として生きているか」
    妻や家族に富を与えたいと思っていました。よく考えてみれば
    もうすでにそこにあるのですけど自分では足りないと思ってしまう。
    だから、稼ぐ手段として司法書士を考えた。でもセコイなぁ。
    にしきさんと出会ってから、月に20万程度の金を稼ぐのは
    もっと方法がありそうだという気がしてきました。
    自分の知識や実務経験をもっと他人のために活かすほうほうが
    ありそうです。一級建築士、宅建士だからコンサルタントの看板には
    それだけで十分なのかもしれません。
    必要なのは集客力で、それにはにしきさんや今井さんに学べばいい。

    >「あなたが喜びとして生きているか」
    そう、引き寄せの話題を通じて、人生の裏側に潜むメカニズムを探る
    のは大きな喜びですね。このブログにコメントを書かせていただいて
    自分の考えが「ノイズが消えて済んでいく」のは大きな喜びです。
    にしきさんが紹介してくれる本を読みVIDEOを観るのも喜び。
    子猫がうちに来て妻が元気になるのも喜びだし、娘たちと会って食事を
    するのも喜びです。
    マンションのエレベータホールや町中で美人に会うのは私の生活の喜び
    視覚というのは私の生の喜びの中枢を占めていますね。
    好きな服を着て出かけることは生活の喜びのひとつです。
    美味いレストランで美味いワインを飲める喜び。
    港区のはずれながら高層マンションの一室で海を眺めて朝食をとり
    ビルの夜景をみながら入浴ができる喜び。

    >「あなたが感謝として生きているか」
    ですから、こういう現実に日々感謝の念をささげています。
    たいした業績もない私に多くの給料を払ってくれた会社。
    私を評価し育ててくれた上司。
    あきれながらも辛抱強くつきあってくれた部下たち。
    短気な私に面罵されてもじっとこらえていた病院の苦情係。
    感謝しています。
    過剰な投稿でブログを荒しても文句を言わないにしきさん。
    感謝しています。
    ラー文書のご紹介で、にしきさんがディストーションという
    単語について述べておられました。
    ギターを演奏するにしきさんなら、ディストーションを効かせたサウンド
    といえば何が浮かびますか?
    世代が違うかもしれませんが、私はスパイダースの「夕陽が泣いている」の
    イントロの演奏。https://www.youtube.com/watch?v=DQojQkYJypc
    音が歪んでいるのにカッコイイ。

    >「あなたが平和として生きているか」
    繰り返しになりますが、若い頃読んだ『生命の実相』の冒頭の言葉は
    たしか「汝、すべてのものとただちに和解せよ」というものでした。
    ご利益宗教のチャンピオンみたいな宗教の教典ですから、「平和にならないと
    願いは叶えない」と言っていることは間違いありません。
    たしかに争っているときは天は味方してくれません。

    >自分を責めたり・・・
    はい。大人しくしていたら今頃役員になっていたのに、罰として
    司法書士の勉強でもさせてやろうか

    >自分に制限をつけたり・・・
    カネがないと妻を幸福にできない。海外旅行に頻繁にでかけける
    財力は自分にはないと思い込んでる。
    ネットビジネスやコンサル・講演で飯が食えるちからが自分にはない
    かもしれないと疑っている。

    >小さな自分しか認めなかったり・・・
    まぁ、身長163㎝は事実ですしw

    >「私はダメだ、無価値だ」と決めつけたり・・・
    それはないかな。自惚れ屋ですから。

    >イライラしたり・・・ はい。仰る通り。

    >ジャッジしたり・・・
    やっちゃいますね。

    >争ったり・・・
    はい。

    >他人をなんとかしようとしたり・・・
    マネジメント能力の一つかと思っていました。会社に入って最初に
    読んだのがディール・カーネギーの『人を動かす』でした。

    >理由なく不安になったり・・・
    それを私は楽しんでいるむきがあるのです。
    ひょっとして自分は軽蔑されているんじゃないかとか。(正解は
    誰も俺のことなんか無関心。)
    ひょっとして隣の美人妻は私を嫌っているのではないか。以前は
    「いつもお綺麗ですね。と声をかけていたのに最近言わなくなったから」

    >こういう「生き方」は、ソース、「本当の自分」、スピリットと相いれないものです。
    >そのため、今のあなたはそういったものとズレている。

    >だから、頑張って自分を大きくする必要はなくて、神のごとき無限の力を
    持っていると認めればいいだけです。

    心屋仁之助さんの例に限らず、孫正義みたいな実業家も自分の内なる力に
    気付き活用したのでしょうね。NTTの進藤総裁は孫さんのその力を見抜き
    通信革命の原動力として彼を応援した。それは多分直感的な洞察力に
    よるものだったでしょう。孫さんには会ったことがないけど、当時
    比較されることの多かったアスキーの西和彦さんにはカリスマ的行動は
    あったけど彼自身が自分の持っている力を信じ切っていなかったのでしょう。
    ホテルオークラの事務所でお会いした西さんの暗さがとても気になりました。

    >自分にそんな大それた力が内在するなんて思えない?
    一回やってみると繰り返しその力が使えるようになります。受験勉強を
    引き寄せで突破したと申し上げてもにしきさんは笑って信じてくれません
    でしたが、私の場合「勉強3割、内なる力=神頼み7割」でした。

    昔から、美人の研究というのを続けていますが
    先日にしきさんの会に来られた可愛いモデルさんは、すでに自分の
    内なる大それた力に気付いておられましたね。自分の容姿は自分の
    意識で創れるという事実についてです。

    >あなたがスピリットとともにいるような生き方をしないと、
    それはやってこないのです。

    >スピリットは無限の力です。
    だからあなたも「自分は無限だ」と思える必要があります。

    美人を見ると、その姿の周りに守護霊のようなものが取り巻いて
    いるのがわかります。美しさに臆するというのではなく、その霊気を
    凡人が感じて臆してしまう。

    >「私はソース、スピリット、神と同じだ。自分は無限だし、自分の力も、経験も無限だ」
    >愛、喜び、感謝、平和といった波動でしょう。
    芸能人でも、経営者でも成功した人が身に着けている空気を言葉で言い表せば
    こういう言葉になりますね。
    ただし道半ばの人は何かがかけていたりします。批判ではないですよ。観察です。

  6. Futoshi 2018年2月27日 at 7:10 pm  返答する

    わたしにも理解しやすい内容でした。ありがとうございます。

  7. たま 2018年8月10日 at 7:42 pm  返答する

    昔話の「かさこ地蔵』の おじいさんとおばあさんが、年を越すためのお餅を買うお金がなく自分でつくった笠を売りにいくが一つも売れませんでした。雪降る帰り道で自分で作った笠を道端のおじぞうさんに寒かろうと全部かぶせた。一つ足りなかったので自分の手ぬぐいもかぶせた。その話をおばあさんにすると『それは良いことをしなさった!』と喜んだ。大晦日の夜お地蔵さんたちが、お餅やごちそうをたくさん持ってきてくれた。 という話しがあります。 私は小学2年生の時に国語の教科書でこれを習い、
     人に親切にすれば幸せになれるのだと、理解して(そのように先生から教えられたかもしれません。)それがビリーフになってるので、そのように生きてきましたが、幸せになれませんでした。   でも、今、分かりました。 
    おじいさんやあばあさんが年越しのお餅を引き寄せたのは、二人が愛と喜びそのものだったからです。
    私は、愛の波動ではありませんでした。幸せになれると教わったので、そのツールとして親切にしてきたのです。
    だから引き寄せが叶わなかった。  そうですよね。にしきさん。   何十年わからなかったことが分かりました。有り難うございました。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2018年8月15日 at 11:28 am  返答する

      たまさん そのとおりです。「幸せになるために」と善行を手段にすると、逆の結果になりがちです。今からでも遅くありません。あなたの波動を高めて、愛になることです。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください