皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

今日は友人の牧野内大史(まきのうち・ひろし)さんのことを紹介させてくださいね。

personalpower1

 

 

 

 

 

 

 

牧野内大史、通称マッキーと初めて会ったのは、2012年3月のこと。
僕が2012年3月9日に行った文京シビックセンター小ホールで行った「真実の引き寄せの
法則 委ねる」という講演会に来てくれたのです。

奥さんのよしこさんが昔、マッキーのポッドキャストを聞いていて、
「あの人を講演会に呼びたい」ということで、声をかけたら、僕のことは何も
知らないはずなのに、わざわざ長野から駆けつけてくれたのです。

よしこさんはマッキーのポッドキャストで『小さな宇宙人アミ』のことを知って、
大好きになったことがありました。それで声をかけたのです。

それにしても、面識もないのに来てくれたマッキー、いい人だ~

実はこの出会いにも伏線があって、これに先立つこと数ヶ月、ある
スピリチュアルな集いで、来場者から「マッキーって知ってます?」
尋ねられていて、「ああ、あの『イメージの法則』の著者ね」と印象に
残っていたのです。

そのころは現役編集者でもあったので、スピリチュアルの棚に並んでいる新刊は
だいたい知っていました。
しかし、マッキーの『イメージの法則』は、僕にとっては手に取りにくい装幀
だったので、中身は読まずじまいでした(ごめんね、マッキー)。

そんなシンクロめいたことがあって、講演会当日。講演会がはねたあと、いろいろ
お話をさせていただくなか、共感・共鳴できることがたくさん互いにあることが
わかってきたのです。

例えば、引き寄せ・現実創造系の話なら、

「外から持ってくるんじゃない。内側にあるものが実現する」

とか、「イメージすること自体に力はない」とか、たぶんそんな話をしていたと
思います。

そういういわば深い話を理路整然と、しかも温かいトーンで語れる人は少ないし、
しかもその語りの周波数が自分の内側にあるものと共振すると感じる人はさらに
少ないです。

マッキーはこの意味で希有な存在だと感じました。
マッキーとの出会いはこんなかんじでした。

彼の最初の自著、『人生のシナリオを書き換える イメージの法則』は、

「誰でも内側に【イメージ】を既に持っている。それをただ解放すれば、それが
実現する」という考えに貫かれています。

にしきも実は同じ考えです。
にしき流に言えば、

「本当の自分には本当の願望、ハートの願望がある。あなたが本当の自分に戻れば、
それは実現する」

となります。

「外側のものを引っ張ってくる」(世間でよくある「引き寄せの法則」の誤解

のではなく、

「内側にあるものを解き放つ」

というところが、互いに共感する部分だと感じています。

マッキーの『イメージの法則』に関する非常にわかりやすい書評がありますので、
これも読んでみると、すごくよく本質がわかりますよ。

「イメージを使った自己実現、牧野内大史『イメージの法則』」

本質的でいい本です。お勧めします。


今はほんとに穏やかで、優しい語り口のマッキーですが、とっても正直な人でもあります。

過去の自分についても、飾ることなく『イメージの法則』に書いているし、話して
くれました。

マッキーは成功に憧れ、なんでもやる人でした。実際、できたし、何でも手に入れた
そうです。でもその陰でいつも緊張し、「何かやらなきゃ」と強迫観念のように感じて
休まるときがなかったといいます。皆さんと同じですね。

独立の準備をしているときだったかな、マッキーは手持ち資金もかなりあったのですが、
あれよあれよというまに貯金が底をつき、ついにホームレスになっちゃいました。

ホームレスですよ、信じられますか?

そして、ホームレスが集まる場所に行ってみたのです。
するとホームレスの先輩おじさんが新入りに「ほら、にいちゃん、これ使いな」
と段ボールを分けてくれたのです。

そのおじさんの優しさをリアルに感じながら、段ボールのなかで翌朝目覚めたとき、

「今日はもう何もしなくていい。なんて心安らかなんだろう」

とマッキーはいい知れないすがすがしさを感じたそうです。

この体験がマッキーの原点になっていて、ここから彼の生き方は大きく変わった、
ということが『イメージの法則』に綴られています。

その自然体な姿には、会うたびに心が洗い流されるような感覚を受けます。

それに、スプーン曲げや、身体を調整して花粉症を楽にしたりとか、
いろいろ蓄積のある人(笑)。

近年では、『ソウル・オブ・マネー』(名著です)を英語を知らないのに
「手かざし」で翻訳したりとか、悟り系で雲黒斎さんとトークライブを行ったり
とか、巨石遺跡を訪ねたりとか、突然外国に旅したりとか、思考を進化させ、
活動の幅を広げています。


そんなマッキーとの初めてのワークショップが

「ニッキー・マッキーのワンダフル・ワールド
~2014年は子どもの好奇心にダイビング!」

です。

そこでのテーマは「内なる子ども」。

僕らは大人のフリをして毎日を過ごしています
そこで大切なのは、「ルール」だったり、「役割」だったり、「周りからの期待」
だったりします。

あなたは確かにまじめに、一生懸命に、そのルールを覚え、周りからの期待に
応えるようがんばっています。「会社員」「課長」「夫」「妻」「○○ちゃんのママ」
「ダンナ」といった役割をうまくこなしています。

しかし・・・

それで幸せかというと、?がついてしまう。
ストレスが多いし、自分の人生でないような感じがするし、冷たい風があなたの
ハートの穴を吹き抜けていくようです。

なぜでしょうか?

それはあなた本来の人生を歩んでいないから
本当のあなたは、ルールや役割、期待などとはまったく違うところにいます。
本当のあなたは、あなたのハートのなかにいるのです。

でも大人のフリをしているあなたは、本当のあなたを見ないことにしている。

それが、「人生がうまくいかない」「つらい」「つまらない」「ワクワクしない」
といった否定的感情につながっています。

解決策は簡単。

本当のあなたに戻ればいいのです。
そして、その本当のあなたとは・・・・

それが「内なる子ども」です。
本当のあなたは「子ども」の性質を持っているのです。

(インナーチャイルドといってもいいのですが、それだと「癒される必要がある」
というニュアンスが日本では強くなるので、あえて「内なる子ども」と言っています。
「引き寄せの法則」も「インナーチャイルド」も、日本ではたぶんに誤解されている
概念です)

やりたいことをやってキラキラ輝いている人って、どこか子どもっぽいところが
ありませんか?

仕事も遊びも同じ。
やると思ったら、考えずにすぐやる。
かと思うとすぐ次のネタに興味が移っている。
そして、すごく楽しそう。

そんな人、周りにいない?

だったら、ぜひ会場にお越しください。

僕もマッキーも、どこか少年らしさを残しています。
そんな僕らが話す「内なる子ども」を軸とした話を聞いてみてください。
テーマは「子ども」だけど、共振しあうニッキー&マッキーですから、
かなり深い話のなるのは必定。
気づきもたくさんです。

そしてワークで「内なる子ども」を体験してみましょう。
親になっても、子どもを「教育すべる存在」としか見ていないと、
意外と子ども、そして、「内なる子ども」がわからないものです。

あなたのハートの深いところには、明るくて、何でも勝手に始めてしまう自発性を
持ち、遊びながら何かを作り上げる天賦の才を持った「内なる子ども」がいます。

あなたが「自分は子ども時代からネガティブだった」と過去を真っ黒に塗ろうとしても、
そのあなたにさえ、純心な子どもは必ずいます。

だって考えてみてください。
生まれたときに「ネガティブだ」と言って生まれてくる子どもはいないんですよ。
しゃべれないし。
全員ちゃんと、初めての息をして、この地球に驚いたのです。
「わあ、これが地球か~、ビックリするなあ」
そんな好奇心=ワンダーの塊でした。

親御さんもそうですよ。
「生まれてくるな!」と言いながら、子どもを産む親はいないのです。
痛いし。
生まれたとき、どんなに親が安心したか。愛を感じたか。

「ハートの願望」で誘導瞑想をしていただいたとき、自分が生まれたとき
どんなに愛されていたかがありありと感じられました。ほかの参加者にも
そういう方がいました。

そして、生まれた僕は、「お、これが母親か」とまじまじと母親の顔を見て
いました(笑)。ワンダーです。

地球って本当は、こんなに愛に満ちた、驚きにあふれるビューティフルな世界なんですよ。

ほんとはね。

でもあなたがズレちゃって、感謝を忘れ、愛や美しさを感じることを忘れている。

ワークショップでは、それを戻していきましょう。

その手がかりを、あなたはハートのなかに必ず持っています。
それが「内なる子ども」。
だから大丈夫なんです。もういるから。

1月13日は成人の日。
何年か前に、あなたが大人になった日です。
その大人の記念日に、あなたは子どもにかえる。
そして、2014年は子どものように、ワクワク・ドキドキ生きていく。

すごく意義深い日になると思いませんか。

僕たちも体験を踏まえながら語り、ワークをしていきます。
僕はマッキーと息のあったトーク、ワークができて、とってもワクワクです。

マッキーとのコラボはそんなに簡単に実現できるものではありません。
これを見逃す手はないですよ~

2014年をワンダーに満ちた、素晴らしい年にするために、
会場でお目にかかりましょう。お待ちしていますね~

↓ 「ニッキー・マッキーのワンダフル・ワールド」はこちらから ↓
http://www.attraction-method.com/wonderfulworld/

※クリスマスが近づいています。
子どものころ、あなたもきっとこの季節が好きだったのでは?
サンタクロース、プレゼント、ごちそう、ケーキ、そしてろうそくの炎に
照らされる家族の顔。
そのときの幸せな気持ちを思い出してください。
あなたの「内なるこども」が喜びますよ。

そんな経験したことないという方。
あなたには素晴らしいギフトがありますよ。
あなたは、そんな絵に描いたような幸せを自分で創って経験するのです。
これほど感動することがあるでしょうか?

あなたがどうジャッジしようと、すべては大いなる計画のもと
うまく行っていますよ。