つながり

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリスト にしきです。

お金についてはいろんな言い方ができますが、こんな言い方もできます。

「お金はあなたが“つながっている”度合いを示す。
まずは、あなた自身と。
そして、あなたの身近にいる人たちと。
そして、もっと遠くにいる、これから出会う人と。
こうした人たちとつながっている潜在力が、お金として表れてくる」

つながっていないと、お金は循環してこない
だから繁栄塾では、「つながること」にとても時間をかけます。
それはセミナーの数時間では足りません。
懇親会で。
Facebookで。
メールで。
いろいろな機会を利用して、つながっていきます。

あなたはつながっている人ですか。
それとも、自分のワクに閉じこもる人ですか。

スピリチュアルに関心を持つ方は、傷つきやすくてデリケートな方が多いのですが、
それがあまりに高じてしまうと、つながることを拒否してしまい、結果、
お金に困ることになるでしょう。

だって、お金は相手が運んできてくれるのですから。

こういうときは、「つながることを拒否してしまう心の傷」を癒してあげてください
お金や仕事のことを考えるのは、そのあとで十分です。

繁栄塾に来てほしい方は、このステージをクリアした方です。
つまり、自分の内部の問題はそこそこ癒えて、自分の内側にパワーを感じられる
状態の方です。

繁栄塾第一期生の門奈さんが動画で「インナーチャイルドを癒しておくといい」と
指摘していますが、それはこのような事実を指しています。

↓ まだ見ていない方は見ておくといいですよ ↓

大事なのは「誰とつながっているか」

僕らは親からお金についてこう教わってきたかもしれません。

「言われたことを、まじめにやればいいんだよ。一生懸命やれば給料は上がるよ」

そういう時代も過去あったと思います。
サラリーマンが時代を謳歌していました。

しかし、今はどうでしょうか。
まじめにコツコツ、仕事をしても、必ずしも成果は出てこないのではないでしょうか。

実は、「自分がどう頑張るか」ということよりも、「誰とつながっているか」のほうが、
仕事やお金にとっては大事なのです。

だって、お金や仕事は相手あってのことですから、つながる能力の高い人は、
自ずとうまくいくのです。

「つながれない」という方は、ただ「つながりたくない」と思っているだけのはず
ですから、コミュニケーションのノウハウ本を読むより、あなたの心を癒すほうが
成果が出ます

ここらへんのことは、繁栄塾ではやりません。これは、クリアしておくべき条件です。

そして、繁栄塾ではさきほども書いたように、いろいろな機会につながっていこう
とします。

セミナーでお伝えすること以上に、ある意味大切なのが「つながる」ということです。
繁栄塾では、グループワーク、グループシェアを多く設けて、
つながるための機会を作っています。

同じ志を持っている仲間ですから、すぐにつながれるようになります。

すると、つながることのパワーを塾生は知るでしょう。
一人でもんもんと悩んで解決できないことも、仲間の一言で「あ、そうか」
と気づいたり、ビジネス上のアイデアが浮かんだりするでしょう。

ですから、塾生の方はシェアを楽しんでくださいね!
そして、具体的な成果を出してください。

そして、セミナーの外でも、ビジネス上で気になる人、尊敬する人、
目標としたい人、仲間になれそうな人にどんどんつながってください。

第一期生を見ても、非常に活動的・外向的になった方が多いですね。

あなたが繁栄塾に参加して、本気の目標を持てば、人生は変わります。
おもしろいように、いろいろな出会い、アイデア、お金のきっかけを
つかむことでしょう。

「引き寄せ」ということを言うなら、こういう活動的な状態が
何かを引き寄せている状態です。

「起業する」「売り上げを伸ばす」「自分のギフトを生かす」
という明確な意図を設定するから、何かを引き寄せている実感がわくのです。

繁栄塾は本当の意味での「引き寄せ」を身をもって体験する機会でもあるのです。

それには「つながること」。
何を起業のネタにするかよりも、「つながる能力」のほうが大切かもしれません。
それほど、「つながること」は大切です。

皆さんも一度、自分は誰とつながっているか、書き出してみるといいですよ。

仲間
盟友
ビジネスパートナー

どんな人がいますか?

いないなら、どんな人とつながりたいですか?

そのなかで、あなたが誠心誠意尽くせる人は誰でしょうか?
「地獄の底までついていく」と思える人は誰でしょうか?

その人が、あなたのキーマンですよ。

↓ 繁栄塾の詳細、お申し込みは ↓
http://online.attraction-method.net/haneijyuku/