引き寄せは遊び

前回「引き寄せの法則の功罪」という記事を書きました。
なかには自分と自分が大好きな「引き寄せの法則」が否定されたように感じる方が
いるかもしれません。

そういうことではないんです。

「引き寄せの法則」の悪い点をいくつか挙げましたが、まさにその意識で
「引き寄せの法則」に期待をしている人がいてもいいんです。

それは個人の意識のステージですから、最初はそれでもいいんです。

大切なのは、「モノを引き寄せれば幸せになれる」というような意識に
とどまらないことです。

「引き寄せの法則」の本質をさらに知り、意識を深め、拡大し、それを体験することです。

ゴールは先にあります・・・というか、あなたの目の前にあります

今のあなたは、未来(存在しないですよね)ばかりを気にしたり、「自分から遠く
にいいものがある」と思い込んでしまう思考のパターンを持っているかもしれません。

これから起こること、未来に気を取られて、目の前に素晴らしいものがもうあることに
まったく気づかないのです。

これが「いわゆる引き寄せの法則」の不幸なのです。

しかし、それは「引き寄せの法則」の誤解にすぎません。

「引き寄せの法則」をちゃんと理解すれば、「モノを引き寄せれば幸せになれる」
というような意識から離れることができます

これが大切です。

大切なのは、あなたが意識を変えること、拡大することです。

外側にあるモノや時間があなたに攻め寄せてくるような緊張のあるエゴの感じ方・
考え方を捨てて、真実に目覚めることです。

真実はどこにあるでしょう。

あなたの目の前に、あなたの内側にいつでもあります。

あなたがお金やすてきなパートナーに気を取られているため、気づかないだけです。

いいとか、悪いとか、そうやってジャッジしているから見えないだけです。

それをやめたら、「ありのままの世界」が見えてきます。

「ありのままの世界」は多くの人が見えていません。
だって、ジャッジばかりしているから。

ジャッジをすると、「欠乏の世界」をあなたが作り上げます。
そこは比較の世界なので、どれだけ稼いでも、どれだけすてきな人と出会っても、
モノを引き寄せても幸せになれません。
「上には上がある」世界なのです。

この世界を脱して、幸せな世界、ありのままの世界を見たいなら、
ジャッジや比較をやめることです。
すべてを受け入れることです。
オープンハートになることです。

すると、一瞬で世界がまったく変わって見えてくるでしょう。

「自分に必要なものは既に持っていた、近くにあった。
目の前に起こっていることは、すべてが完全完璧だった。
すべてはうまくいっていた」

「あ~、何かを引き寄せようなんて、バカなことをしていたな。そんなことは
する必要がなかった。だってもうあるし、ないものは引き寄せられないし」

こう思えるでしょう。

こう腹の底から思えたとき、そこに欠乏感はありません。
「もうある」という充足の意識、満足の意識です。

世界に「ある」ことを見る偉大な視点です。

携帯やパソコンも
空気も
家も
食事も
お金も
時間も
愛する人も
本も
情報も
アイデアも
・・・

目に見える映像は変わらないけれど、「もうすべてある」ことに、突然気づきます

このとき、あなたは勝手に必要なものを波動で引き寄せます
意図なんかしなくても、「すべてある」という意識は、すべてを引き寄せます。

そして人々と楽しく交流します。
「引き寄せなくちゃ」という意識を卒業した人たちの楽しいパーティーです。
そこで、思わぬ出会いがあり、素晴らしいアイデアのスパークがあり、
コラボレーションが生まれます。

僕の周りは、そんな人たちがとっても増えてきました。
珍しいことではなく、全然普通のことです。
ネットでつながる方も、最近はそういう方がとても多いです。
自分を浄化して羽ばたく人たちです。

僕らの「引き寄せの法則アドバンスセミナー」や「繁栄塾」の卒業生は、
自分のやるべきことを知って、とっても軽く人生を謳歌しています。
それは「勝手に引き寄せている」としかいいようのない、ダイナミックなプロセスです。
自分の意図を越えた出来事が頻繁に起こってきて、「お~そうきたか!」と
遊園地のように、はらはらしながら楽しんでいます。

「引き寄せ」の本当の意味はこれなんです。
ジャッジに基づくエゴの欠乏の願望でモノに執着し、それをどこかから持って
こようとするのではなく、しっかり自分に定位し、ありのままを受け入れる態度から、
すべてに気づき、その「既にある」という満足の波動で勝手に必要なものが
引き寄せられてくるのです。

こうなると、「引き寄せ遊び」「現実創造は楽しみ」ということに
なります。

こういう世界を見るとき、
「地球は遊び場」だとつくづく感じます。

この意識にシフトしましょう。
モノを引き寄せようとする誤解から卒業しましょう。

ポイントは、あなたの今の意識を超えること。