皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

2012年12月21日を境にして起こってくる新しい文明。
それは「愛の文明」といっていいものです。
真実の愛=ワンネスに基づく文明です。
地球や宇宙とつながり、他人を尊重しつつ、他人に与え与えられる関係。
それが起こってきます。
「自分は愛そのものだった」という目覚めと、「自分は宇宙そのものだった」
という目覚めに支えられた文明です。

ここでは勝者/敗者、善/悪、自分/他人といった対立はありません。
すべてが平等で同じ命を共有していることが明確に理解されています。
ですから、同じ命の殺し合いとしての戦争はなくなるでしょう。
同じ命の搾取としての地球破壊もなくなるでしょう。

新しい文明では、すべての人が自分の意識で現実を創造していることが理解されています。

しかし、アセンションで言われるように、自動的に誰でもそこに行けるわけでは
ありません。

学ぶべきことを学ぶから、そこへ行けるのです。

今、学ぶべきは「あなたのなかにある犠牲者意識を手放すこと」です。

「自分は弱い」
「自分は愛されない」
「自分はダメだ」
「自分はかわいそう」
「自分は傷ついた」

こういった意識が犠牲者意識です。
犠牲者意識は自分をダメな存在におとしめます。
あなたは「愛されたいのに愛されない犠牲者」と、大声で叫んでいます。
愛してくれなかった人を糾弾します。そして罪悪感を作り出します。
すべては相手が決めたこと。
こうして、自分の力をすべて明け渡しています。

そして、他者を優れた存在だと思い込んで、固定化します。

犠牲者意識は自分に対して暴力を行っています。
マゾですね。
そして、他者を祭り上げます。そこにも隠れた暴力が垣間見えます。

犠牲者意識はあなたが真実の愛に気づくのを止めます。
犠牲者意識があるとき、犠牲者の反対の「加害者」が必要となるのです。
つまり、他人との分離が起きます。
犠牲者意識でいるとき、あなたは本当の命から切り離されています。

なぜ善悪があるのでしょうか?
それはあなたが犠牲者であることを選択しているからです。
なぜあなたはいつもうまくいかないのでしょうか?
それはあなたが犠牲者であることを選択しているからです。
なぜ愛されないのでしょうか?
それはあなたが犠牲者であることを選択しているからです。
なぜあなたは自分がダメだと感じるのでしょうか?
それはあなたが犠牲者であることを選択しているからです。

犠牲者という選択をやめてください。恐れの選択をやめてください。

それができないときは、「自分は今、犠牲者を選択している」
「自分は今、恐れを選択している」と気づいてください。
気づけば、手放すことができます。

まず気づいてください。

「私は今、犠牲者意識を選択している」

こうして、「選択している私」と「それを観察している私」に別れることができれば、
「犠牲者意識を選択して私」は、一つの可能性にすぎないことがわかるでしょう。

「私は今、犠牲者意識を選択している」

そう気づいたら、問い掛けてください。

「私は犠牲者意識から抜け出すことが可能だろうか」
「相手と自分と同じ人間として見ることができるだろうか」

犠牲者意識を抜け出すとき、あなたはゆっくりと成長を始めます。
真実の愛の道を歩んでいきます。
自分の力を取り戻していきます。

それは長い道なのかもしれません。
でも、誰もが辿ってきた道。
その道への扉が、今大きく開かれていますよ。
さあ、入っていきましょう。