皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

「現代のマスター」として著名なエックハルト・トールのDVDが初めて日本語化
され、先行発売されますのでお知らせします。

『イリュージョン 幻想としての時間』

エックハルト・トール

形態:DVD
価格(税込):3,990円
言語:英語
字幕:日本語、英語
収録時間:89分
発売/販売元:アウルズ・エージェンシー
先行発売日:11月22日

↓ お買い求めはコチラからどうぞ ↓
https://www.alchemist-shop.com/products/detail.php?product_id=46

エックハルト・トールといえば、『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる』
『ニュー・アース』で知られる世界的な大ベストセラー作家です。でも、知名度の
わりに日本ではそれほど読まれていない作家でもあります(もっと売れていい!)。

確かに彼の本は日本語版の構成に難があったり、同じところをグルグル回っている
ような冗長さがあり、読まれていない理由はあるように思います。

ところが!

このDVDは、そんなエックハルトの印象を完全に消し去ってしまう明確さと
わかりやすさを持った素晴らしい作品なのです。

ホントにいいです、これ。
さらっと見て判断しないで、二度三度見ると、味わいが深まってきます。

タイトルのとおり、「時間」について冒頭から語っていくのですが、幻想とし
ての時間を語りながら、思考、マインド、そしてそれにとらわれた人間の狂気
を静かにあぶり出します。

これは僕たち全員に関係することです。

なぜ、僕たちは先へ先へと急いでしまうのでしょうか。
なぜ、「未来は今よりもいい、よくなる」と思ってしまうのでしょうか。
なぜ、今の価値を見ず、未来によくなろうとして、何かを引き寄せようとして
しまうのでしょうか。

本当は「今この瞬間」しか存在しないのに、時間を想定して未来に向かおうと
するのでしょうか。

それは「僕たちがありもしない時間に支配されているからだと」エックハルトは言います。

そこで僕たちのマインドはこう反応します。
「え? 時間は確かにあるよ。何を言っているんだ!」

本当は、時間や過去、未来ははなく、「今この瞬間」があるだけです。

いつのときでも、「今」なんです。

でも、時間とよばれるようなものがあるような気がするのは確かです。

なぜ時間があるように感じられるのか、エックハルトはシンプルに解き明かしてきます。
そして時間に支配されると、僕たちが思考と一体化してしまうことを指摘します。

そうでしょう?

僕たちはこれまでいろいろな体験をしてきました。

親に「おまえはダメだ」と言われたかもしれません。
友達に、「おまえってすごいな」と言われたかもしれません。

そんないろいろな体験のストーリーをまとめて、それを「自分」だと思っています
でもそれはストーリー、思考にすぎません。
こうして僕らは「思考」を「自分」だと思っています。

しかし、「思考」と「自分」を切り離すとき、思考の背後にある
「本当の自分」に気づき始める。それが目覚めのプロセスだと、彼は言います。

目覚めへの脱出口が、「今この瞬間」なのです・・・

ちょっと内容を紹介するとこんなかんじで、彼は悟りや目覚めを語っている
わけですが、このブログで語っていることを言っているように、にしきは感じます。

「引き寄せの法則」の前提とインナーチャイルドをエックハルトは語っている
ように、僕には見えるのです。

なぜか僕たちは、今を忘れて、未来によくなろうとします。
そして願望という思考にとらわれてしまいます。
「今の自分にこんなことが起こるのはおかしい」なんて思って。
これも思考ですよね。
「過去の自分はこんなにみじめだった」という自分の過去を作ったりもします。
これも思考。

願望もインナーチャイルドも全部、思考の産物です。

「自分の過去は悲惨だった。でもこの願望が叶って、形あるものを手に入れれば、
自分はよくなるはずだ」

思考に支配されると、こんな不足感を持ってしまいます
こんなワナに、引き寄せの法則実践者ははまっているのです。

「お金を引き寄せれば幸せになるはずだ」
「パートナーと出会えば幸せになるはずだ」

時間に支配され、「早く早く」と焦っています。
そんな狂気を僕たちは生きています。

それに気づくこと。狂気も気づけば、狂気ではなくなります。
そうすると、願望を超えてしらぬまに願望が叶ってくるのです。

このDVDは純粋に目覚めのプロセスを語っています。
でも、僕には「引き寄せの法則」の奥義を語っているように見えていました。
それだけ両者は近いということなんです。

目覚めに興味がある人、真実を知りたい人に格好の入門DVDとなるでしょう。

エックハルトの独特な間のとりかた、乾いたユーモアも見物。
エックハルトを見て、Mr.ビーンを思い出す人も多いでしょう。
しかも内容は同じことを繰り返し語っているようで、意外と無駄がなく、
けっこうな深みへと僕たちを連れて行ってくれます。

素晴らしいDVDだと思います。必見です。

日本語字幕はVastStillnessの平山由紀子さん。
これも話題の一つです。

↓ 予告編 ↓

11月22日から発売元のアウルズ・エージェンシーさんで先行発売されます。
Amazonさんやほかのショップでは、発売は2013年3月以降になるとのこと。
「見てみたい!」という方は、下のバナーからご購入くださいね。
お勧めです!

↓ ご購入はコチラから ↓