皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

先週末に、新大阪にて「本当の自分と出会う2Daysワークショップ」を実施しました。

これは、インナーチャイルドを癒し、マジカルチャイルドに出会う二日間です。

「インナーチャイルドを癒す」というと、なんだかわかった気になりますが、
僕が定義するインナーチャイルドと、皆さんが思っているそれは違うかもしれません。

僕はこう定義します。

インナーチャイルドはあなたのなかに今もある「子ども意識」のことで、「傷ついた
子ども」だけでなく、「怒る子ども」「遊ぶ子ども」「神聖な子ども」「創造的な
子ども」など、たくさんの局面を含む。

インナーチャイルドというとこの「傷ついた子ども」のことを指すことが多いようですが、それは最も狭義の定義です。

僕はもう少し大きくとらえています。マジカルチャイルドを含む概念だと定義しています。
やや広く定義することで、内なる子どもにもっと光を当てることができるからです。

なぜなら、僕たちの「内なる子ども」は僕たちの本質であり、決して捨て去るべきものや
いらないものではないからです。

内なる子どもは、「子ども時代にショッキングな出来事がなかったからいない」と
いうものではありません。

誰にもいて、光のもとに出してもらいたがっています。
それがインナーチャイルドです。


ところで、皆さんは自分が「神聖な存在」だという感覚がありますでしょうか。

「自分は何もできないダメな人だ・・・」なんて思うことはあっても、自分の神聖さ
なんて思いも寄らないかもしれませんね。

ところが、にしきの「本当の自分と出会う2Daysワークショップ」に参加すると、
特にマジカルチャイルドの「神聖な子ども」を感じることができます。

インナーチャイルドを癒して、マジカルチャイルドを活性化すると、
その一部である「神聖な子ども」が現れます。

それは「愛そのもの」。

愛を介して、マジカルチャイルドはハイヤーセルフ、そしてソースとつながっています。

ですから、「本当の自分に出会う2Daysワークショップ」に参加すると、
自分が神聖な存在であると実感できるし、ハイヤーセルフにも簡単に出会えます。

知識で、「人は神聖だ」と思っている方は多いと思います。
しかし、大切なのは体験することです。

このワークショップでは、本当にたくさんのことを体験できます。

例えば、「自分を愛すること」。

インナーチャイルドの概念がないと、「自分を愛することってなんだろう?」と
悩んでしまいます。
しかし、インナーチャイルドを経験すると、自分を愛すること、大切にすることが
実感としてわかってきます。

いや、「そもそも愛ってなんだろう」という質問にも体験で答えてくれるでしょう。

それ以外にも「自分の願望に従うことはわがままなんじゃないか」とか、
「親との間で起こったつらい経験をどう消化していいか」とか、
「インナーチャイルドを守ることができるのは誰か」とか、これまでよくわから
なかったことがすべてつながって理解できるようになります。

また、「自分のなかに答えはある」というけれど、体験ではいまひとつはっきり
しない人も、その本当の意味を腹の底から感じることができます。

グループワークをしていると、例えば「タージマハール」のイメージを共有していたり、
思いがけないシンクロが多発します。

それは、アタマの上でエネルギーで交信が行われていて、同じところに皆がアクセスし、
同じイメージを引き出しているのです。

一種のテレパシーといっていい状態です。

また、高次のメッセージを語り出す方が、必ずいるのも特徴です。

自らの神聖さに戻れば、こういうことはリアルにできてしまうものです。

グループワークでシェアしながら、自分以外の人生をたくさん経験するのも非常に
意義深く、ほかではなかなかお目にかかれないかもしれません。

そしてそのなかで絆をつくりながらシェアして、みんなが笑顔になっていく・・・
2日間で体験した神聖さを、日常生活に持ち帰って生かしていく・・・
すると、人生の質が変わります。

こんなすごいワークショップですが、文字ではなかなか伝えられません。

ですので、巡礼から帰国後には2Daysワークショップの体験会も行えたら
いいなあ・・・と思っています。

インナーチャイルドを癒すと、自発性が出てきます。
心の底から願望がわいてくるでしょう。
それは引き寄せるための強力なパワーになります。

ちなみに次は、8月ぐらいに東京を予定しています。
実は毎回バージョンアップを重ねて、改良を加えています。
参加する準備のできた方、ぜひ会場でお目にかかりましょうね。