引き寄せ最大のコツ

引き寄せ最大のコツ

key

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

あなたは生きています。
「いのち」があります。
それは疑いようがないですよね。
じゃなきゃ、死んでいます。

この「いのち」のことを、「本当の自分」とか「ソース」
とか「源」「魂」「スピリット」「意識」「内なる存在」などと、スピリチュアル
業界では呼びます。

業界用語です(笑)。

これまで何度も書いてきたように、
あなたが必要なものを引き寄せるのは、こういった
「いのち」とか「ソース」「魂」などと呼ばれるものと、ちゃんとつながっている
ときです。

もうちょっと正確に言うと、あなたと「ソース」「魂」「本当の自分」・・・の
波動が同調、共鳴するとき、引き寄せが起こります。願望が実現します。

だから、「ソース」とか「魂」とか、僕の言葉では「本当の自分」と自分がどういう
関係にあるのかが、引き寄せを考えるうえで、とても大切になります。

ここらへんは、「引き寄せの法則」の常識だったんですが、
今は少し忘れられてきてしまいました。

なので、今日も僕は真実を語り続けます。
真実を忘れないように。

大切なのは、あなたとあなたの「本当の自分」の関係です。

ここを十分理解して、腑に落とすことです。
それをしていないと、技術論に走ってしまい、本質を忘れます
「どうビジュアライズすればいいか」「どう手放せばいいか」という
些末な問題に入り込んでしまいます。

大切なのは、もっと大きいところです。
それが「本当の自分」です。

ノウハウではありませんが、引き寄せ最大のコツがあるとすれば、
それは「本当の自分」ということになります。

さて、「本当の自分」は「ソースと同じ」などといわれると、
抽象的な存在だと思われるかもしれません。

僕はそうでもないと考えています。
「本当の自分」は、身体はないけれど、かなり具体的な性質を持っています

それは、あなたに「好きこのみ」があるのと似ています

紅茶が好きなのか、コーヒーが好きなのか、それともワインなのか(それは僕です)。

そういう好みってありますよね。

食べ物だってそう。

人それぞれです。

ひとりのときは、けっこうそうやって自分の好みで生きています。

でも誰かと一緒のときだと、「○○さんが日本茶というから、それにしよう。
本当は紅茶がいいけれど・・・」なんて、譲ってしまって、無理矢理合わせてみたりして。

「本当の自分」の性質は、「本当は、何が好みだっけ?」というのを思い出すのと
似ています。

本を静かに読むのが好きな人もいる。
仲間とダンスするのが好きな人もいる。
PCでいろいろ作るのが好きな人もいる。

どれもそれでいいんです。
どれがいいとか、悪いとか、そういうことはありません。

本を読むのが好きな人が本を読んでいれば、いい感じですよね。
快適だし、楽しいし。
おもしろい本だったら、時間を忘れてしまうことだってありますよね。

願いを叶えるには、「本当の自分」とつながる必要があるといいましたが、
それは実は「本を読む」ということにもあるんです。

あるいは、紅茶を好きな人が紅茶を飲むことのなかにもある。

これが、「本当の自分」につながっていることでもあるんです。

ほら、こう思うと、「本当の自分」につながるのは難しくないでしょ?

でも、誰かに合わせたりしていると、本当は何が好きかわからなくなって
しまうこともありますよね。

やっぱり、好きなものを好きなように楽しむのがいいですよ。

その好きなものを思い出してみませんか?

「え、それで願いが叶うの?」

そうなんです。

そういう「本当の自分」であることが大事なんです。

「あの人がヨガが好きって言うから、私も気にならなくちゃいけないかな」
なんて思わなくていいので、好きなものは好きと言ってください

こんな単純なことを集めると、それでも傾向が人によって随分違ってきます

それがあなたらしさ
本当の自分。

わかりやすく説明すると「本当の自分」はこんなイメージです。

なので、「本当の自分」とつながるのは難しくないです。
もともとそうだったことを、思い出す感じです。

そしてそこにあなたに必要なすべてがある
僕はそう思います。

そんな「本当の自分」の性質を明らかにするオンラインコースを作りました。

それが、「あなただけの『本当の自分』がわかる!」です。

自分を見つめる機会って意外とないものですが、これを
きっかけに、「本当の自分」の性質を明らかにしてみませんか。

このコースをやると、

本当の願望は何か
どういう人をパートナーにしたらいいのか
どういう仕事に就いたらいいのか
自分のミッションは何か
生まれた目的は
自分の「あり方」は
自分が生きてくる分野は

など、さまざまなことが見えてきます。

そして、「本当の自分」として生きていれば、
あなたは引き寄せる。
気分もいい。

「あなただけの『本当の自分』がわかる!」は
そのためのコースです。

お時間のとれる週末に、やってみるといいですよ。

↓ 「あなただけの『本当の自分』がわかる!」はこちら  ↓
http://online.attraction-method.net/knowing_your_true_self/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

8 コメント

  1. ちいこ 2014年10月19日 at 1:55 pm  返答する

    はじめまして、にしきさん。ブログや動画興味深く読ませて頂いてます。引き寄せの法則は表紙が黄色の本のものを読み、解説がほしいなと思ってにしきさんのブログや動画にたどり着きました。もっと読み込んでみて是非オンラインのコ-スも検討したいと思ってます。

    なりたい自分を考えなくていいと書いていらっしゃいました。
    自分の個性そのものを大事にしそのもっているいいものを
    活かせるよう磨いていけばよい、という解釈であっていますか?

    もう1つは引き寄せの法則は願望、こうなりたいとかを具体的に紙に書くといいっていいますが、にしきさんはそうではないようなことを
    書かれていたかも。それは願望や夢を書くこと自体をご否定されているわけではないのですよね。紙に書くことでわくわくした気持ちを感じることができたらそれはいいことなのですよね。

    すみません、初心者の質問でした。

    • にしき 2014年10月19日 at 3:08 pm  返答する

      ちいこさん はじめまして。ようこそいらっしゃいました。伝わるかどうかわかりませんが、答えてみますね。
      まずお読みになった「引き寄せの法則」の本とは、マイケル・J・ロオジェさんのですね。
      これ?
      http://www.amazon.co.jp/%E5%BC%95%E3%81%8D%E5%AF%84%E3%81%9B%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87-%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BBJ%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%AA%E3%82%B8%E3%82%A8/dp/406214381X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1413694706&sr=8-1&keywords=%E5%BC%95%E3%81%8D%E5%AF%84%E3%81%9B%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

      この本はとっつきやすい面がありますが、本質的かというとそうともいえません。
      お勧めはエスター&ジェリー・ヒックスの『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』です。これが「ザ・シークレット」をはじめ、すべての原点です。余談ですが、これを編集したのが僕です。ぜひ読んでみてください。
      『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』を読むと、僕がなぜ「ビジュアライズしたり、リストにしたり、ビジョンボードにしたりすることに力があるわけではない」というのがわかるかもしれません。

      ビジュアライズしたり紙に書いたりすることが悪いことだとか、無意味だとは言っていません。

      なぜ、ワクワクするのが大事だと思いますか?
      ワクワクしたポジティブな感情を味わうとき、願いが叶うからですよね。
      ではなぜ、ワクワクすると願いが叶うのでしょうか。
      それは、ワクワクするという状態が、ちいこさんと「本当の自分」がぴったり重なっていることだからなんです。
      そして、引き寄せとか現実創造の力は、ちいこさんにあるのではなくて、この「本当の自分」にあるからなのです(だから、自分の思いだけでなく、宇宙の力を使う必要があるのです。「本当の自分」は宇宙の力です)。
      例えば、ちいこさんが心の奥底では「歌手になりたい」という深い思いがあるのに、それを偽って、「お金にためには普通に働かなくちゃ」と思っていたら、どうでしょう。
      人生うまくいかないですよね。仕事では失敗するし、いつも上の空で身が入らない。
      この状態で、何かを実現しようとしても、それはムリですよね。
      自分を偽っている状態では、紙に書いて一時ワクワクしても、ほかの99%の時間が生きているか生きていないかわからない無気力な状態では、その願いが叶うのはムリだというはわかりますかね?
      紙に書いて、自分の望みが何かを明確にするのはいいことですよ。そして、それが実現したのを思ってワクワクするのも、落ち込むよりはいいですよ。
      でも、ほかの時間はなんだかつまらなそうにしていたら、ワクワクしていないですよね。
      そちらが圧倒的に長ければ、当然ながら、「つまらない現実」が実現します。ちいこさんがそういう波動だからです。
      だから、願望を紙に書いたとしても、それが実現するとはいえません。
      大切なのは、もっと深いこと。ちいこさんが「本当の自分」とつながることです。
      つまり、ちいこさんがちいこさんを完全に肯定していることです。
      ちいこさんが完全に自分を肯定したら、おそらく願望は浮かばないですよね。
      「あ~あ、もう何も引き寄せたり、願いを叶える必要なんてないな。だって。私って完全で欠けるところがないモン」と思えたら、なんでも実現します。
      「もうすべてある」と思うと、なんでも実現する。
      だから一生懸命願望を紙に書いて、「実現したかな、まだかな」なんてやっている状態では、「願望が叶っていない」という意識が強く、波動は「願望がまだない」というものになります。「ない波動」だと、当然ながら、「ない現実」を引き寄せるのです。
      わかりますか?
      (たいていの引き寄せ成功例が、「願ったことさえ忘れていた」というのもこの説明に合致します)

      おそらくこの説明を聞けばわかると思います。
      でも、どの本にも書いてない説明だと思います。
      だから、世間でざっくり言われていることよりも、本当の「引き寄せの法則」はちょっと複雑です。
      「願っていると叶わない」
      「すべてあると思うと引き寄せる」
      こんなかんじなんです。

      この説明がわかったら、なぜ「なりたい自分」がいらないか、むしろ邪魔になるかが
      理解できると思います。

      「なりたい自分」という理想像を自分が作り上げるとき、
      そこには「それはない」という意識が強くあります。
      「なりたい自分はまだない」という波動です。
      波動が「ない」なので、なりたい自分をイメージすればするほど、波動は「ない」
      になります。ない波動は、ない現実を引き寄せるので、なりたい自分はいっこうに実現しません。
      さらには、「今の自分はダメだ」から「なりたい自分」を実現したいと思うのであれば、それは今の自分の否定です。否定の波動がベースに強くあれば、「なりたい自分」を一時的にイメージしていい気分になったとしても、全体として見れば、明らかに自己否定の波動のままです。否定の波動に共鳴するのは、否定の出来事です。

      だから解決策はさきほどと同じです。
      自己否定、現状否定をやめ、「今の自分は素晴らしい」と完全に肯定することです。
      それを「自分を愛する」などともいいますが、何かが実現するのはこういう愛の波動のときです。

      一時ワクワクするだけでは足りません。
      もっとちいこさんの全人生が愛と光で輝いている状態が、引き寄せるのです。

      ですから、

      「自分の個性そのものを大事にしそのもっているいいものを活かせるよう磨いていけばよい」

      というのは、どういうふうに思っているんだろうな~と考えます。

      僕は「個性」という言葉はあいまいなので使いません。天から贈られた「ギフト」のことを言っているのかもしれませんね。
      で、僕は人は神のようにすべてを持っていると思います。
      原理的にそうなんです(引き寄せたいと思っているちいこさんには難しいですよね)。
      ですから、持っているものは少なくありません。
      「すべて」です。
      ですから、そういう意味ではもう完璧なので、磨く必要さえないと思います。

      だから、もうよくなろうとする必要はなくて、自分がダメだ、足りない、という思いのほうが間違っているです。

      しかし、だからこれで終わるわけではなくて、完璧だから願望がなくなることはないんです。

      アーティストが完璧な作品をもっとよくしようと思うように、
      完璧をさらに完璧にするという生き方があるんです。
      それは足りないからじゃなくて、楽しいからですよね。
      この意味で、「なりたい自分」ではなく、遊びのように、戯れるように
      願望を思うこともできるんです。

      今のちいこさんはOKなんですよ。完璧です。
      なりたい自分になる必要はありませんし、よくなろうとする必要もありません。
      頑張る必要もありません。うまくいっています。
      その肯定性のなかから、願望遊びをすればいいんです。
      (こういう記事もたくさんあります)

      どうです?

      「引き寄せの法則」は人生の魔法なので、ちょっと深いです。
      でも、それをちゃんと知ると、人生が楽しくなります。

      ここらへんの話も、セミナーできっちり伝えないといけないとまた思い始めています。
      機会があったらいらしてくださいね。

  2. まっきー! 2014年10月23日 at 1:36 pm  返答する

    にしきさん。
    はじめまして。今回の件でよくわからないことがありましたので質問してもいいですか?
     完璧なので、磨く必要さえないと思います。もうよくなろうとする必要はなくて、自分がダメだ、足りない、という思いの方が間違っているのです。
    の部分がもう一つよくわかりません。
    というのも最近、私の勝手な(愛を与えるのではなく愛が欲しいとでもいいましょうか)言動行動で回りに迷惑をかけ少し孤立してしまっている状態です。
    こうゆう所は、私が悪いと分かっているのでどうにか自分を修正できないかな、と思っております。
    他の本にも(今回の話と趣旨は違いますが)他人は変えられない自分が変わろう的なことが書いてありました。
    よくわかりません。
    教えてください。宜しくお願い致します。

    • にしき 2014年10月23日 at 6:14 pm  返答する

      まっきー!さん ほかの方へのコメントが気になってしまったのですね。それを知りたいということですね。
      「身勝手な行動や発言をしてしまう自分が完璧だと思えない」ということでいいですか?
      じゃあ説明しますね。ただし、スピリチュアルなことは言葉を超えたことなので、言葉で説明しても、体験が伴わないと理解できないことがあります。なので、言葉や知識に振り回されるのではなく、まっきー!さんがスピリチュアルな体験を積んでいくことが大切です。ですから、この説明も、まっきー!さんが体験を積めばよくわかるようになります。

      まず、「自分」とか「自己」には大きく分けて2つがあります。
      1つめがまっきー!さんが自分だと思っている「自分」。まっきー!さんの顔をして、肉体を持って、「私がまっきー!」という意識のある「自分」のことです。これは誰でもわかりますよね。心理学で言う「自己」とか「自我」はこのことです。
      それと同時に、まっきー!さんという肉体性のない「自分」もいるんです。これがボクが「本当の自分」とよぶものです。それを「ソース」「魂」「スピリット」「ハイヤーセルフ」などともよびます。これは純粋な意識のようなもので、年を取らず、生まれることも死ぬこともない、その人の本質です。愛であり、豊かさであり、喜びであり、健康であり・・・そういったすべてのよきものの性質を「本当の自分」は持っています。また、老賢人のように、これまでの宇宙のすべてを知っている叡智でもあります。
      「自分」というと肉体に限定されているように思うかもしれませんが、実際はそういう肉体性を超えているのが「本当の自分」であり、まっきー!さんの本質です。普通の意味では「宇宙」というエネルギーを想像していただくほうが近いです。宇宙はすべてを含んでいますからね。
      そして、ボクが「まっきー!さんは完璧だ」と言うとき、まっきー!さんの本質である「本当の自分」を見て言っています。「本当の自分」は今言ったように愛であり、喜びであり、豊かさであり・・・宇宙のすべてですから、その「本当の自分」を持っているまっきー!さんは完璧だと言っているのです。肉体で何をしようとも。
      そして、普通、人は肉体を持っていて間違いを犯してしまう自分を自分だと思っていますが、あなたの本質はこの完璧な存在である「本当の自分」のことなのです。僕たちの「本体」はこの「本当の自分」であり、今は「まっきー!さん」という肉体性をまとっていろいろな体験をするために地球にやってきています。「まっきー!さん」という肉体性はいつか滅びますが、だからといっていのちがなくなるわけではなく、純粋な意識となって、もとの「本当の自分」に戻っていきます。これを輪廻転生といったりしますが、「死はない」とはこういう事態を指しています。
      ですから、いまのまっきー!さんはちゃんと意識があって生きていますが、それはいわば「影」のようなもので、本体ではありません。本体は「本当の自分」です。
      だからといって、肉体を持っている「まっきー!さん」がダメかとか未熟かというとそうではなく、本質はあくまで「本当の自分」だから完璧なんです。何も足すことも引くこともないのです。
      ただし、まっきー!さんの思考は間違えることがあり(なぜなら思考は本質ではないからです)、「私は愛されていない。愛が欲しい!」なとと間違ってしまうことがあります。まっきー!さん自体が愛なのにね。
      なぜ「自分だと思っている自分」が思考で間違えてしまうかというと、それは「本当の自分」からずれているからです。ずれてしまうと、「本当の自分」という愛を感じられなくなり、「私は愛されていない」などと間違った思考を持ってしまいます。
      ですから、そういう間違った思考を取り去れば、まっきー!さんは「本当の自分」に戻れます。多くの人の感覚と真実は逆で、至らないからプラスして付け加えるのではなく、間違った考えを持っているから、手放してマイナスすることが大事なのです。
      「引き寄せの法則」も実は同じで、プラスしようという考えではうまくいきません。「プラスしたい」と思うとき、「○○がない」(愛がない)という「欠落」の考え方がベースにあります。思考が間違うと、迷惑をかけちゃうこともあります。それが悪いわけではありませんが。
      むしろ、「本当の自分」は完璧ですべて持っていると思うとうまくいきます。「すべて持っている」と思うときは、「ある」波動なので、すべてを引き寄せるのです。

      言葉で説明すればだいたいこんなことですが、今のまっきー!さんは「本当の自分」からずれていて、愛を欲しがっているみたいですので、「本当の自分がいる」とか、「本当の自分が本質だ」ということは感覚では理解しにくいかもしれません。でもそうなんですよ。
      スピリチュアルは体験を通して学んでいくものなので、学校のように教科書だけですべてを終えるわけにはいきません。いわば家庭科のように実際やってみることが大切です。そこで、いろいろ学ぶ、というか、「気づいていくこと」が必要です。だってもうすべて知っているのですから。
      おそらくまっきー!さんはスピリチュアルのドアを叩いたばかりだと思います。いろいろ体験して、学んで、真実を思い出してください。それがまっきー!さんの目覚めです。
      ご理解いただけましたか。もしわからなくてもOKです。これをきっかけに学びを始めるのですから、うまくいっています。やはり完璧です。

  3. まっきー! 2014年10月24日 at 3:34 pm  返答する

    にしきさん。
    有難うございます。
    理解力不足でスミマセン。
    本当の自分は完璧でそのままでよい。
    が、肉体の自分は(今の自分?)そのままでよいとゆう事ではなく、書いてありますようにいろいろ体験して、学んで、真実を思い出し目覚めよう 修正していこう という事ことなのでしょうか?
    でないと、また同じ失敗を繰り返してしまうと思うのです。
    初心者も質問で本当にすみません。

    • にしき 2014年10月24日 at 8:23 pm  返答する

      まっきー!さん まっきー!さんが思うように、自分を変えていくというイメージでいいのですよ。変えちゃいけないと言っているのでありませんよ。
      でも、そのときに「自分は悪い、足りない」「修正したい」と思っていると、真実からずれちゃうんです。
      「本当の自分」を、「今自分が自分だと思っているもの」と、縁もゆかりもない別物と思わないでくださいね。「本当の自分」はまっきー!さんの本質です。本質ですから、まっきー!さんがどういう状態であろうと、「本当の自分」はもうまっきー!さんのなかにあるし、まっきー!さんであることに疑いはないんです。
      間違っているのは、「今自分が自分だと思っているもの」がやっている「思考」です。その自分に問題があるわけじゃないんです。
      「自分は愛されていない、愛が欲しい」という間違った思考を持つと、困ったことになったのですね。それは「そのままの自分」じゃないんです。ずれちゃった自分です。
      ですから、「自分は愛されていない、愛が欲しい」という余計な思考を取り去ってください。新しいいい考えをプラスするというよりは、このいらない考えを取り去るだけでいいですよ。
      修正という言葉はあいまいで、自分は悪いという「罪悪感」のニュアンスがありますが、まっきー!さんが経験したことは、この世の中では当然あることで、そんなに気にしなくていいですよ。
      他人に「迷惑」をかけるのも、それはありうること。学びはこうやって失敗から行うことが多いんです。そしてもう二度とこういう間違いは起こしたくないなら、どうしますか?
      それを考えて、やってみてください。

      まっきー!さんはこういうことがしたいのですよね。それを「修正」という言葉で表現しているのですよね。だったら、完璧という言葉にひっかからなくていいですよ。ただし、「自分をダメだ、至らない」と思わないでくださいね。

      • まっきー! 2014年10月24日 at 10:15 pm  返答する

        にしきさん。
        ありがとうございます。
        やはり一度読んだだけでは理解出来そうもないので、何度も何度も読みます。
        そして、それ を考えてみます。やってみます。
        ありがとうございます。

        • にしき 2014年10月24日 at 10:25 pm  返答する

          ごめんね~ さらっと納得させられなくて。あまり気にしないほうがいいよ。誰もまっきー!さんのことを否定していませんから。

コメントをどうぞ