あり方

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

最近、「自信がない人が自信を持つには?」という記事がよく読まれています。
いいことだと思います。
ワークショップで「自分に自信がない人は?」と聞くと、決まって100%の方が
「自信がない」と言います。
あなたもそうですか?
自分の波動に確信が持てない状態ですから、イメージしようが何しようが、
引き寄せるどころじゃないわけです。
そんなあなたが自信を持つにはどうしたらいいか。
意外な方法をお伝えしています。
ぜひ読んでみてくださいね。

「自信がない人が自信を持つには?」

あなたの考え方と真実は違う

「自信がない人が自信を持つには?」を読んでくださってもわかるのですが、
あなたの「自信」についての考え方と、記事でお伝えした考え方はかなり違うと思います。

あなたの持っている考えは、真実とは異なる。

こういうことがたくさんあるんです。

「引き寄せの法則」についてもしかり・・・
生き方についてもしかり・・・
モノと幸せについてもしかり・・・
パートナーについてもしかり・・・

こういった誤解が集まってあなたの人生観を作っているとしたら、
あなたの人生は思うに任せない、不可解で楽しくないものに感じられるでしょう。

だから、あなたは真実を学ぶ必要がある。
その一端として、僕はこのブログを書いています。
だから、イメージをどうしたらいいかとか、手放しはどうするか、といった
技術論が「引き寄せの法則」の実践なのではなく、
このブログに書かれていることすべてが、「引き寄せの法則」に関係しています。
だって、「引き寄せの法則」が作用するのはあなたの波動に対してで、
あなたの波動はあなたの人生すべてで決まってくるからです。

最近、「引き寄せの法則」を知ったあなたには、特にこれを伝えたいです。

また、「引き寄せの法則」に興味を持ったら、その分野をとことん知ること
ホ・オポノポノや悟り系などに首を突っ込んで、いらぬ混乱を起こさぬこと。
これも大事ですよ。

行動の人生観で起こる「選択の恐怖」

このところ、「引き寄せの法則は生き方に関係する」ことを書いています。
イメージするとか、リストにするとか、写真を貼るとか、そういうことが
「引き寄せの法則」じゃないんですね。

でもこの大事な点が、あなたにはなかなか伝わらないかもしれません。

それは、あなたのなかに「大事な考え方」が一つ失われているからなんです。

それが「あり方」の考え方なんです。

「あり方」ってなんでしょう?
日常語では「現在の形、ありさま、あるべき姿」ぐらいの意味で、あまり使う
言葉じゃないですね。
お役所のレポートのタイトルにはよく使うみたいですが。

さて。

あなたが人生で理解しているのは「行動」だと思います。
朝起きて、朝ご飯を食べて、お仕事に行って、電話をとって・・・これはすべて行動です。
あるいは「なんであんなことを言うかな~」というような思考。
脳の活動という意味で、ここでは思考も行動に入れてしまいましょう。
すると、あなたが理解している人生経験はすべて行動で成り立っていることになります。

だから、何をアタマで考え、何を実際に行うかが、あなたの人生ではきわめて
大事だと認識されているでしょう。

人生は毎瞬の選択。
AとBのどちらかが正解で、どちらかが失敗。
見かけではどちらを選ぶべきか判断できない。
失敗はしたくない・・・でもわからない・・・
選べるのはこの1回かぎり・・・

あなたの人生観はつまるところ、こういう「選択の恐怖」になるでしょう。
実際、エイブラハムの『引き寄せの法則』を読んで、「自分の思考が怖くなった」という
感想をお持ちの方がけっこういました。
否定的なことも考えちゃうわけですから、思考で波動が決まるなら、恐ろしいことを
引き寄せてしまうかもしれない・・・
こういう理解が起こってしまいます。

人生に「行動」しか理解していない人は、こう見えてしまうかもしれません。
一瞬一瞬、先が見えないなかで、正解を求めて、よくなろうと、目をこらしちゃっている。
これじゃ人生は緊張の連続で、つらいわな~
リラックスどころじゃない。
もしかしてあなたもこういう人生観?

「あり方」は中期的な波動

ここで出てくるのが「あり方」なんです。
「行動」は一回限りの選択なのかもしれないのですが、「あり方」はもっと
永続的なもので、一回一回の選択とは関係ないものです。

●あり方
・Being
・永続的
・行動の基礎、源
・中期的な波動、感情
・既に選択している

「あり方」は「行動」の基礎なる考え方です。
「あり方」があって、そこから「行動」が生まれる。
その意味では行動の源なのです。

また、「あり方」は中期的な波動であり、そんなに急に変わるものではありません。
だから、一つ一つの行動で人生の成否が決まるのではなく、「あり方」によって
人生の道筋は既に波動によって選択されていると考えることができます。

だから、自分の「あり方」を信頼すれば、そんなに一回一回の行動や選択に緊張しなくて
いいし、人生にリラックスすることが可能になります。

「あり方」を英語で表現すれば「Being」です(行動はDoing)。
昔、某社に「Being」という転職情報誌がありましたけど、「Being」には「あり方」
という固定的な状態だけでなく、「なりつつある」という、ある程度の時間を含んだ
中期的な状態の変化を意味しています。

今のあなたにも「あり方」はあります。
ただ、「あり方」の概念がないから、理解できないだけです。

さて、その「あり方」ですが、例を出したほうがわかりやすいですよね。
例えばにしきの場合なら、

「宇宙の法則を伝えることで、人に奉仕・貢献する」

という「あり方」を持っています。

このブログを書くときにも、オンラインコースを作るときにも、ワークショップで
参加者にお伝えするときでも、遠隔ヒーリングで海外に赴くときでも、
この「あり方」に基づいて行っています。

僕の行動はこの「あり方」から外れることはありません
「20代で大金を稼いでセミリタイア」というようなシナリオは、僕の「あり方」とは
合致しないので、そこに向かうことはないのです。

僕の場合はこんな「あり方」ですが、ほかの方にはほかの方の「あり方」があって
それに基づいて日々行動を選択しています。

この意味では、「あり方」はミッション、使命に近い内容を持っています。
「あり方」がわかりにくい、ピンとこないのは、ミッションや使命に似たところが
あり、特別な方法で言語化しないとわかりにくいからかもしれませんね。

「引き寄せの法則」が実現するのは「あり方」

「行動」しか理解していない人は、人生は行動の選択で善し悪し、成功・失敗が
決まると思うでしょう。また、成功・失敗があるから、自分を信じられないこと
になるはずです。選択に失敗する自分はダメなわけですから。
・・・というように、きわめて三次元的な考え方になります。

ところが、自分の「あり方」がわかると、一つ一つの行動はそれほど重要でないと
わかります。大事なことは、自分が自分の「あり方」をキープし、自分の「あり方」
の実現を目指すことだと理解できます。
だから、行動しか知らない人は、1つの行動の結果によって浮き沈みを味わいますが、
「あり方」がわかってくると、行動の結果によってそれほど影響されなくなります
行動の観点からは「すべてはうまくいっている」のは理解不能ですが、
「あり方」がわかれば、「すべてはうまくいっている」ということもわかります
行動の成功も失敗も、ともに「あり方」を実現するための手段にすぎないからです。

「引き寄せの法則」にも「あり方」は関係してきます
浅い理解だと、「引き寄せの法則」は個々の行動を望む方向へ実現するものだと
考えてしまいます。
こういう理解だと、思った結果がでないと「なぜうまくいかない!」と疑念の渦に
巻き込まれてしまうでしょう。実際、こういう方は多いです。

「引き寄せの法則」の実践で実現するのは、望んだことではなく、
「あり方」だと考えることもできます
「あり方」は中期的な波動なので、コンスタントに波動を放出しています。
ですから、「あり方」に合致する出来事が引き寄せられるのです。
そして、
「あなたがどういう自分であるのか」
「どういう波動、感情なのか」
を実現します。

ですから個々の思考ではなく、「あり方」のほうが「引き寄せの法則」実践でははるかに
大事になってきます。

どういう仕事に就くかなどで悩む方は多いのですが、何をするかは重要ではありません。
大事なのは「あり方」です。
あなたが「あり方」さえちゃんと持っていれば、どういう選択をしてもその「あり方」を
実現することができるでしょう。

例えば、にしきの場合なら、「あり方」を守ってさえいたら、何をしてもいい。

自営業でセミナーをやっても
会社員として本を編集しても
ブログを書いても
本を書いても
巡礼をしても

何をしてもいいんです。

この「何をしてもいい」という自由な感覚を、ぜひ理解してほしいと思います。

「引き寄せの法則」の実践でもそうですよ。
「結果はこうでなくちゃいけない」というのではなく、「あり方」さえ保っていれば
「なんでもいい」というふうになれたら、もっとあなたも自由に「引き寄せの法則」
とつきあえるはず。

そのためには、あなたの「あり方」を見据えましょう。

それにはこんな質問を自分にしていくのがいいでしょう。

「あなたはこれまでどんなことを大切に思って生きてきましたか」
「あなたはどんな人ですか」
「あなたはなんのために地球に生まれましたか」

「あなたは誰ですか」という質問でもいいですよ。

「え? 名前なら○○ですが」という答えは答えになっていません。
名前を聞いているのではないのです。
「仕事は△△ですが」それも違う。仕事や役職は聞いていません。
「信じているのは、引き寄せです」信念を聞いているのでもありません。

あなたの「ハート」に尋ねることです。
アタマで答えると先のような答えが出てきます。

あなたが生まれた意味、ミッション、使命。
そういう神聖なものが出会うのはあなたのハートです。
ですから、あなたのハートに聞くのです。

こんな話、普通の引き寄せ本には書いてないと思います。
でも、「引き寄せの法則」はあなたが思うより、はるかに深いです。
でも難しくはないですよ。
もしあなたがこの文章がわからないとしたら、それはあなたのなかに
「あり方」に対応する人生経験がないからです。

恐れず、もっと人生を経験してください。
そしたら、謎もすんなり理解できるでしょう。

■あり方についても解説した「引き寄せの法則マスターセミナーDVD完全パック」
http://www.attraction-method.com/hikiyosemasterdvd/

■あなたの引き寄せがうまくいかない たった1つの理由
http://online.attraction-method.net/1hour_to_excellence_bosyu/