こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。
いよいよあす12日からペルーに向けて出発します。

日本は酷暑ですが、あちらは南半球なので、冬です。
冬といってもペルーは赤道から近いので、日本の冬ほどの寒さではありません。
しかし、日が落ちると急速に冷えるそうなので(朝方は最低3度)、
ダウンジャケットが欠かせません。

なぜこの時期なのかというと、今ペルーは乾期にあたっていて、
雨や雲が少ないシーズンなんです。

よく、マチュピチュの写真というと、からっと晴れた空のもと、急な山を背景に
遺跡が写っていますが、あれはおそらく今ごろ撮影されたものだと思います。

またマチュピチュを含めアンデスは、動植物の宝庫でもあります。
実際、マチュピチュにはこんな人たちがうろうろしています。

iStock_000003860977XSmall

↑ リャマ(ラマ)

???????????????????

↑ ビスカチャ(うさぎの一種)

食材も豊富で、南米一グルメな国ともいわれています。

アンデスというと、遠い感覚がありますが、国土は以外とアジアっぽいところもある
ような気がします。

ちょうどヒマラヤの裾野のあたりの印象です。

そして彼らはとても自然を愛し、崇拝しています。
大地の神のことを彼らは「パチャママ」とよんで敬っています。

「山にスピリットがいる」というのは日本人と同じ発想ですよね。

そして、4つのエレメント(火、土、風、水)が彼らの宇宙観を形作っています。
また、岩を削る精巧な技術を持っていて、岩を粘土のように自由自在に加工しています。
その技術は現在でも謎で、宇宙人とのかかわりをうかがわせるものもあります。
アトランティス・レムリアの末裔がペルーにやってきた、という説もあります。
巨石文明はエジプトとの親近性を感じさせます。

いろいろな意味で、ペルーは地球のスピリチュアルにっても大切な場所であるのは
間違いありません。

そこへ行ってきます。

そして、7月の満月の日、そして「時間を外した日」によしこさんと共同で、
ペルーから遠隔ヒーリングを行います。

詳しくは特設ページを作りましたので、どうぞご覧になってくださいね。

↓ こちらが特設ページです。エネルギーを感じて下さい ↓
http://fairyhealing.attraction-method.net/dreamgateway/

ヒーリングが行われるのは日本時間の夜2200-からですが、
あちらでは朝の8時、9時。
冬の高山ですから、かなり冷えます。
冬の寒さのなか、いにしえの神殿で、皆さんの名前を読み上げながら、
ぶるぶる震えてヒーリングを行います。

皆さんから承った願いごとを唱えながら、ゲートをくぐる儀式も行います。

そんなにある機会ではありませんので、遠隔でエネルギーを受け取りたい方は
ぜひお申し込みくださいね。

※なおお申し込み受付は7月19日12:00事務局入金確認済み分までです。それ以降
のご入金はキャンセル扱いとなりますので、どうぞお早めにお申し込み・ご決済
くださいね。

*****

まだやることを残っていて、本当にあした出発できるのか?
というかんじですが、一生懸命パッキングします。

では、いってきまーす