ペルー巡礼に出発!

By |2013年7月11日|巡礼|

こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 いよいよあす12日からペルーに向けて出発します。 日本は酷暑ですが、あちらは南半球なので、冬です。 冬といってもペルーは赤道から近いので、日本の冬ほどの寒さではありません。 しかし、日が落ちると急速に冷えるそうなので(朝方は最低3度)、 ダウンジャケットが欠かせません。 なぜこの時期なのかというと、今ペルーは乾期にあたっていて、 雨や雲が少ないシーズンなんです。 よく、マチュピチュの写真というと、からっと晴れた空のもと、急な山を背景に 遺跡が写っていますが、あれはおそらく今ごろ撮影されたものだと思います。 またマチュピチュを含めアンデスは、動植物の宝庫でもあります。 実際、マチュピチュにはこんな人たちがうろうろしています。 ↑ リャマ(ラマ) ↑ ビスカチャ(うさぎの一種) 食材も豊富で、南米一グルメな国ともいわれています。 アンデスというと、遠い感覚がありますが、国土は以外とアジアっぽいところもある ような気がします。 ちょうどヒマラヤの裾野のあたりの印象です。 そして彼らはとても自然を愛し、崇拝しています。 大地の神のことを彼らは「パチャママ」とよんで敬っています。 「山にスピリットがいる」というのは日本人と同じ発想ですよね。 そして、4つのエレメント(火、土、風、水)が彼らの宇宙観を形作っています。 また、岩を削る精巧な技術を持っていて、岩を粘土のように自由自在に加工しています。 その技術は現在でも謎で、宇宙人とのかかわりをうかがわせるものもあります。 アトランティス・レムリアの末裔がペルーにやってきた、という説もあります。 [...]