心の壁はあなたを守らない

心の壁はあなたを守らない

こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

10月14日の大阪セミナーは、21日申し込み分までが早割でお得に参加できます。
申し込みを忘れないでくださいね!

↓ 詳細、お申し込みはコチラから ↓
http://www.rakuenlife.com/hikiyose14.html


地球は多様な種類の花が咲く場所です。
大きな花、小さい花、背の高いの、派手なの・・・いろいろありますが、
その素晴らしさは格別なものです。

皆さんもその花の一員で、地球というお花畑を美しく飾っています。

そしてそのなかで、花たちは多種多様な学びを今でも行っています。

最近、「人間関係を学びたい」「愛し愛されるとは何かを知りたい」というスピ
リチュアルな学びに興味を持っている方にたくさん出会います。

その人たちは、学びのために、わざと最初は目的とは逆の状態を自ら作り上げます

「人に裏切られた」
「人間関係で心が傷ついた。信じられるのは自分だけ」
「人が怖い」
「誰にも愛情を感じない」
「愛し方がわからない」

この学びのためにさまざまな状況を自ら設定します。

愛し方を知らない親を選んで生まれ、「愛されていない・・・」という感覚を味わったり、
若いうちにひどい失恋を経験したり、
離婚を経験したり・・・

これはすべてあなたが計画し、自ら行っていることです。
学びのために。
そいういう壮大な宇宙の計画、宇宙のシナリオがいついかなるときも動いています。

なので、すべては自分が引き起こしていること。
出口は必ずあなたが用意しています。
だから、大丈夫なんです。

一つヒントをお伝えしたいと思います。

人間関係を学びたい魂は、自分とはまったく違った人間と出会います。
攻撃され、批判され、孤独にさいなまれ、もうイヤだと思うこともあるでしょう。

こういうとき、人は自分の周りに「壁」(ブロック)を作ってしまいます。
他人からの心ない言葉や批判から自分を守るために、自分で意識的に壁を作って
しまうのです。

自分で意識的に人間関係に壁を作って、内側に引きこもっている人は
このブログの読者にも多いかもしれません。

いいこと(?)をお伝えしましょう。

「壁」を作っても、あなたは自分を守ることができません

それは守りではありません。
壁を作ることで、すべての関係からあなたは遮断されるのです。
周りの人、両親、好きな異性、尊敬する人・・・さらには自分自身とも切り離されます。
結局、命の源泉であるソース(源)とも切り離されることになります。

それは何を意味するかというと、端的に言えば「死」です。
ソースから切り離されるのですから。

なので、壁を作った人は半分死んでいる状態で、この地球にいます。
ハートが閉じて、元気がないし、やる気も起きない。病気がち。
生きている意味が感じられないでしょう。

間違った方法をとって、今、さらなるつらい状態を自ら設定しています。

「壁」はあなたを守らない。

では何があなたを守るのでしょうか。

それは、「愛」と「感謝」です。
壁を作るのではなく、心を開いて、恐ろしくてもその人を受け入れるのです。
そして、愛と感謝で再びつながっていきます。

愛と感謝は最も高い波動です。
高い波動はお守りになるのを覚えていてください。
低い波動を遠ざけるか、高い波動へと誘導するのです。

誰かがあなたにきつい言葉をかけてきたとしても、その波動に飲み込まれず、
あなたが愛と感謝で、「ありがとう~。そんなふうに言ってくれて」という波動で
あれば、相手は「あれ? おかしい・・・。通じない」となって、変わるしか
ないのです。
あるいはどこかへ行くかです。

「あんなことを言われた。怖い」
などと怖がってしまうと、波動は下がります。
するとさらに同じようなことが起こります。学んでいないので。

ですから、何が起こっても愛と感謝で、常に心をオープンにしていてください。
「ああ、あんなことを言ってくれて・・・感謝」そんな気持ちでいてください。

そして、そのときの「怖い」という感情を味わってください
だってそれはあなたが味わいたいから設定したのでしょう?
それをしないと学びになりません。

怖いという感情は実は恐れるものではなく、怖いという感情も味わえばちゃんと
消えていきます。だってそれはしょせん幻ですから。

怖いものにフタをしているから、それが腐って、異臭を放って大きくなっている
だけなんです。

あなたが、人間関係や恋愛関係を学びたいのであれば、今がハートをオープン
にするチャンスです。もちろん、徐々に、でOKです。

ここから本当の学びが始まります。

この学びの先に、素晴らしい人間関係、愛し愛される関係があります。
それを経験したあなたは、その素晴らしさにうっとりするでしょう。
「こんな体験ができるとは思わなかった! 地球よ、ありがとう」
そう言いたくなるはずです。

学んでいる皆さん、おめでとうございます!

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

35 Comments

  1. miyachi 2012年9月21日 at 12:31 am  返答する

    今の私の状況にあまりにもぴったりの内容で、びっくりしました。
    おととい内示が出て、来週から、私を無視する苦手な上司のところに移動します。でも怖さを味わいつつも、心をオープンにするんですね。やるしかありません。やっと就職できたパートです。夫と子供を養っていて、後には引けないので前に進みます!!

    • にしき 2012年9月21日 at 12:03 pm  返答する

      コメントありがとうございます。そうですね、そしてもう少し緊張をほどくといいですね。今、必死の形相が伝わってくるので、相手も必死になってしまいます。あなたが笑顔でリラックスすれば、相手もどこかでリラックスできます。こんな贈り物を上司の方に差し上げてくださいね。

  2. 安藤 有紀 2012年9月20日 at 10:27 pm  返答する

    地球よ、ありがとう‼

  3. 安藤 有紀 2012年9月20日 at 10:27 pm  返答する

    地球よ、ありがとう‼

  4. 地球が提供してくれる学びはステキですね♪ コメント感謝。

  5. Ayako Hayes 2012年9月21日 at 6:16 am  返答する

    にしきさんに自分の心を読まれているようです・・・

  6. 小西 亜矢子 2012年9月21日 at 6:16 am  返答する

    にしきさんに自分の心を読まれているようです・・・

  7. ふふふ、人の夢になかにはよく登場するようですが・・・。

  8. しずか 2012年9月21日 at 10:24 pm  返答する

    まさに。
    壁つくってました…。そしてそうすることが最良で、自分では『安心』と感じていました。
    壁をなくしたいと思う自分と、このままがいいと反発(?)する自分が今いる感じです。

  9. Roger Hayes 2012年9月21日 at 5:09 pm  返答する

    Who are You trying to attract?

  10. ごきげんCara 2012年9月22日 at 10:40 am  返答する

    本当にその通りだと思います。ストンと腑に落ちました。
    にしきさん、ありがとうございます。

  11. I want to attract everything I need to serve as a tool of God.
    I'm doing what the Universe told me to do.
    I wish I could keep track on the right way to serve many people who want to grow.

  12. […] 人間関係でも、ビジネスでも、「本質は愛」という話をしています。 もちろん、何かを引き寄せるとき、波動は愛、感謝、悟りなどの高い波動になって いるのはご存じですよね。 […]

  13. ちほ 2012年9月23日 at 1:19 pm  返答する

    辛い状況も自ら作り出しているのですね。なんだか腑に落ちました。学びつくせばちゃんと扉が開ける…なんかうまく言えませんが安心しました。心を開くことは自分でも課題です。ちょっと恐怖や違和感を感じるとすぐに閉じてきましたので。愛と感謝で愛し愛される経験がしたいです。

    • にしき 2012年9月27日 at 10:18 pm  返答する

      あなたがそう思えばできますよ。

  14. 鈴木 悦子 2012年9月23日 at 4:41 pm  返答する

    攻撃されたら、愛で返す。それができるようになりたいです。

  15. 鈴木 悦子 2012年9月23日 at 4:41 pm  返答する

    攻撃されたら、愛で返す。それができるようになりたいです。

  16. できますとも! 試してみてくださいね。

  17. ありはあんぺら 2012年9月26日 at 3:15 am  返答する

    いつも参考になります。
    難しい、、、と思った時点で波動が落ちてるんでしょうか……転換しないと駄目ですね。じぶんはできるんだ!!て。

    • にしき 2012年9月26日 at 12:38 pm  返答する

      なぜ難しいと思うのでしょうか? その理由を考えてみてください。
      そして自分に質問してみてください。
      「自分のハートをオープンにするために今、何ができるだろうか」
      そして実行してください。
      ちなみに、エイブラハムの」いう「転換」は、望まない現実を体験したときに、本当の望みを知るために行うものです。ありはあんぺらさんの「難しい」という思いを否定するために行うのではありません。それは間違ったポジティブ主義につながるので注意が必要です。「難しい」という思いとその原因を完全に取り去るとき、人は本当の意味でポジティブになれるのです。

  18. […] とばかり 心を閉ざして、自分の周りに「城壁」を築いてしまいます。 […]

  19. […] 「心の壁はあなたを守らない」に書いたとおりです。 […]

  20. ユリ 2017年2月13日 at 6:27 pm  返答する

    にしきさん、こんばんは

    先日、同僚から大声で怒鳴られた、といった出来事がありました

    その人とは、今までなんとなく私に依存してくるような態度をとられたことがあり、
    「なんとなく不快」といった感情をもっていましたが、上司でもあるので
    ご機嫌をとったりすることもありました(今思うとここがいけないポイントでしたね)

    まさしく今「あんなことを言われた、怖い」という感情がめぐっています

    今回の事で「相手の顔色をうかがったり、ご機嫌を取ろうとすることは
    もうやめよう、自分が変わらなければ」と思いました
    今回のつらい出来事をいいきっかけにしたいのです

    こういったことも愛や強さに通じるのですか?

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年2月13日 at 8:29 pm  返答する

      ユリさん 状況がよくわかりません。
      ユリさんが怖かったのはわかりますが、男性が怒鳴ったのは理由があって
      正当なことですか? それとも理不尽なことですか?
      それによっても対処は変わってくると思います。

      • ユリ 2017年2月14日 at 8:04 pm  返答する

        にしきさん お返事ありがとうございます。

        怒鳴られた理由は、「書類の渡し方がいつもと違う」という
        ものでした
        私としては理不尽な出来事です

        別の上司に相談し、職場の女性に対する態度として
        不適切だという注意はしてもらいました
        なので、職場環境として対処はしてもらってます

        「大きな声で突然怒鳴られた」というアクションに対して
        すごく怖かったです
        その事に対しての自分なりの克服がしたいのです

        • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年2月14日 at 8:34 pm  返答する

          ユリさん わかりました。その男性の件はもう職場としては終わっていて、終わっていないのはユリさんの内側ということですね。
          「大きな声で突然怒鳴られた」ことで「怖い」というのは、この一件だけでなく、男性一般に持っている過剰反応のように思います。状況は違っても、これと似たような感情を引き起こした出来事で、思い当たるものはありますか?

          • ユリ 2017年2月16日 at 5:29 pm

            にしきさん 返信ありがとうございます。
            今回の事で思い当たる過去の出来事が突然浮かんできました。

            大声で母を怒鳴る祖父の事です。

            祖父は、普段は大人しく、あまり口数も多いほうではなかったと
            記憶しています。
            が、なにかあると大声で私の母(長男の嫁の立場)を叱り、ひどいときは
            物を投げたりとそれは大変な荒れようでした
            幼い私から見ても、母は理不尽に怒鳴られ、でもじっと耐えていました。

            そんな母を、家の空気を何とかしたかった私(4歳が5歳くらいだった)は、
            泣いて母と祖父の間に止めに入ります
            すると母は「お前が泣くとじいちゃんが余計怒る」と言って私を逆に叱ろうとするのです。

            そして私の目の前で祖父の怒りは続きます。私がどんなに泣いて止めても誰も
            聞いてくれないのです。(他の家族はおそらく祖父が怖くて黙ってやり過ごす態度を
            とっていました)

            当時の私は「自分は小さく、泣くことしかできない、自分の大好きな母親を守れない」
            という自分に対する「怒り」すら感じていたかもしれません
            「大きな声で突然怒鳴る」家族を見た事で恐怖、無力感を感じたと思われる幼少の頃の出来事です

            今思ったのですが
            もしかして、インナーチャイルドはこんな感じで形成されるのですか?

          • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年2月16日 at 7:43 pm

            ユリさん シェア、ありがとうございます。ユリさんのなかには、おじいさま、自分、そしてお母様への怒りさえありますよね。この怒りは健康的な形で表現して手放したほうがいいです。ここまでわかっているのですから、意外と簡単です。
            また、おじいさまを「怖い人」だと子どものユリさんは認識していると思いますが、おじいさまもおそらく怖い親に育てられた、おびえる子どもの可能性が高いです。
            ユリさん、お母様と同じです。
            これがインナーチャイルド・・・ざっくり言えばそれでいいですが、本当の意味のインナーチャイルドはあなたの本質で、楽しく遊んだ子ども時代のユリさんに代表されます。
            僕はネガティブにとらえないほうがいいと思います。「かわいそうな自分」を作り上げて人生が行き詰まりますので。それよりはただ手放せばいいんです。

  21. 青葉萌ゆる 2017年2月14日 at 3:28 pm  返答する

    この一文はもっと早く読みたかったです。
    私の母は、15年ほど前に亡くなりましたが、晩年20年間鬱病で心を閉ざしていました。
    「心の壁はあなたをまもらない」
    まさにその通りで、母は自ら命の喜びを閉ざし、逆に糖尿病などさまざまな病を併発し
    75歳のときにインフルエンザをこじらせて亡くなりました。
    父との不仲、兄弟との遺産争い。母が何を怖れて心の壁を作ったのか、今となっては知る
    すべもありません。
    しかし、
    >壁を作ることで、すべての関係からあなたは遮断されるのです。
    周りの人、両親、好きな異性、尊敬する人・・・さらには自分自身とも切り離されます。
    結局、命の源泉であるソース(源)とも切り離されることになります。

    ということは、伝えてあげたかった。

    母の精神病である双極性障害は、遺伝的形質として私もうけついでいます。芸人か
    芸術家でもないかぎり不要な気質であることは間違いないです。
    ただ、それが「壁を閉ざす」ことにならないできたのは、母を反面教師として見てきた
    「人への感謝の気持ち」の重要性を知っていたからかもしれません。
    私のスピリチュアルの源泉が新興宗教の「生長の家」であることは以前お話しました。
    もちろん純然たる信者ではなく、谷口雅春という早大の気鋭が膨大な文献を学びながら
    「チャネリング」の形で書き取った「生命の實相」という教典に出会って、それが
    その後のアウト・オン・ア・リムやエドガー・ケーシー、バシャールにつながっていった
    こともすでにお話しました。

    私にとっては、精神世界はスターウォーズのような長編スペクタクルのようなもので
    面白さは増すもののなかなか完結しない物語であったりします。

    心の壁というのも、悲しい映画で目を閉じ耳をふさぐのと同じですね。それと相対する
    なかから心の動きを感じる・・・それをそのまま味わうことで、精神は豊かになるのかも
    しれません。

  22. ユリ 2017年2月17日 at 5:20 pm  返答する

    にしきさん
    思いがけなく自分の中の「忘れていた感情」と向き合い、
    自分自身驚いています。本当に忘れていた昔の
    出来事だったので。

    職場の件も、このことにたどり着く必要な
    プロセスだったのかな、と(そう思いたいです)

    ありがとうございました

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください