こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

10月14日の大阪セミナーは、21日申し込み分までが早割でお得に参加できます。
申し込みを忘れないでくださいね!

↓ 詳細、お申し込みはコチラから ↓
http://www.rakuenlife.com/hikiyose14.html


地球は多様な種類の花が咲く場所です。
大きな花、小さい花、背の高いの、派手なの・・・いろいろありますが、
その素晴らしさは格別なものです。

皆さんもその花の一員で、地球というお花畑を美しく飾っています。

そしてそのなかで、花たちは多種多様な学びを今でも行っています。

最近、「人間関係を学びたい」「愛し愛されるとは何かを知りたい」というスピ
リチュアルな学びに興味を持っている方にたくさん出会います。

その人たちは、学びのために、わざと最初は目的とは逆の状態を自ら作り上げます

「人に裏切られた」
「人間関係で心が傷ついた。信じられるのは自分だけ」
「人が怖い」
「誰にも愛情を感じない」
「愛し方がわからない」

この学びのためにさまざまな状況を自ら設定します。

愛し方を知らない親を選んで生まれ、「愛されていない・・・」という感覚を味わったり、
若いうちにひどい失恋を経験したり、
離婚を経験したり・・・

これはすべてあなたが計画し、自ら行っていることです。
学びのために。
そいういう壮大な宇宙の計画、宇宙のシナリオがいついかなるときも動いています。

なので、すべては自分が引き起こしていること。
出口は必ずあなたが用意しています。
だから、大丈夫なんです。

一つヒントをお伝えしたいと思います。

人間関係を学びたい魂は、自分とはまったく違った人間と出会います。
攻撃され、批判され、孤独にさいなまれ、もうイヤだと思うこともあるでしょう。

こういうとき、人は自分の周りに「壁」(ブロック)を作ってしまいます。
他人からの心ない言葉や批判から自分を守るために、自分で意識的に壁を作って
しまうのです。

自分で意識的に人間関係に壁を作って、内側に引きこもっている人は
このブログの読者にも多いかもしれません。

いいこと(?)をお伝えしましょう。

「壁」を作っても、あなたは自分を守ることができません

それは守りではありません。
壁を作ることで、すべての関係からあなたは遮断されるのです。
周りの人、両親、好きな異性、尊敬する人・・・さらには自分自身とも切り離されます。
結局、命の源泉であるソース(源)とも切り離されることになります。

それは何を意味するかというと、端的に言えば「死」です。
ソースから切り離されるのですから。

なので、壁を作った人は半分死んでいる状態で、この地球にいます。
ハートが閉じて、元気がないし、やる気も起きない。病気がち。
生きている意味が感じられないでしょう。

間違った方法をとって、今、さらなるつらい状態を自ら設定しています。

「壁」はあなたを守らない。

では何があなたを守るのでしょうか。

それは、「愛」と「感謝」です。
壁を作るのではなく、心を開いて、恐ろしくてもその人を受け入れるのです。
そして、愛と感謝で再びつながっていきます。

愛と感謝は最も高い波動です。
高い波動はお守りになるのを覚えていてください。
低い波動を遠ざけるか、高い波動へと誘導するのです。

誰かがあなたにきつい言葉をかけてきたとしても、その波動に飲み込まれず、
あなたが愛と感謝で、「ありがとう~。そんなふうに言ってくれて」という波動で
あれば、相手は「あれ? おかしい・・・。通じない」となって、変わるしか
ないのです。
あるいはどこかへ行くかです。

「あんなことを言われた。怖い」
などと怖がってしまうと、波動は下がります。
するとさらに同じようなことが起こります。学んでいないので。

ですから、何が起こっても愛と感謝で、常に心をオープンにしていてください。
「ああ、あんなことを言ってくれて・・・感謝」そんな気持ちでいてください。

そして、そのときの「怖い」という感情を味わってください
だってそれはあなたが味わいたいから設定したのでしょう?
それをしないと学びになりません。

怖いという感情は実は恐れるものではなく、怖いという感情も味わえばちゃんと
消えていきます。だってそれはしょせん幻ですから。

怖いものにフタをしているから、それが腐って、異臭を放って大きくなっている
だけなんです。

あなたが、人間関係や恋愛関係を学びたいのであれば、今がハートをオープン
にするチャンスです。もちろん、徐々に、でOKです。

ここから本当の学びが始まります。

この学びの先に、素晴らしい人間関係、愛し愛される関係があります。
それを経験したあなたは、その素晴らしさにうっとりするでしょう。
「こんな体験ができるとは思わなかった! 地球よ、ありがとう」
そう言いたくなるはずです。

学んでいる皆さん、おめでとうございます!