引き寄せを仕事に生かす! 企画提案を通す意外な方法

引き寄せを仕事に生かす! 企画提案を通す意外な方法

Meeting-clapping-success-happy-productive-300x200

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

11月22日(土、新月)の「にしきの引き寄せ実践セミナー」はお席がだいぶ
埋まってきました。

全国各地からお越しくださり、うれしく思っています。
北は東北、南は九州
なぜか福島県からお越しの方が目立ちます。
過去のセミナーやワークショップとは違う傾向です。
何かあるんでしょうね。それも楽しみ。
このタイミングでまた引き寄せをしっかり学びたい方のお越しをお待ちしています。

※お申し込みは、最後に「注文を確定する」ボタンを押すのを忘れないください。
チェックボックスで満足しないでね。

↓ お申し込みはこちらから ↓
http://www.attraction-method.com/hikiyose-seminar/vol1/

企画提案を通すには「優しいエネルギー」になる

「引き寄せの法則」というと何かモノを引っ張ることばかりだと受け取られがちですが、
その応用範囲は非常に広いです。

このブログでよく言っているのは、「引き寄せの法則」は願望実現のツールや
ノウハウ(だけ)ではないということ。

「引き寄せの法則」は、実践するとせざるとにかかわらず作用している法則です。
(だから法則なのですが)

「引き寄せの法則」は、波動やエネルギーを扱う法則です。

その法則に毎日意識的にならないのはもったいない!

そこで、仕事場で使える引き寄せ実践を今日は一つご紹介しましょう。

会議やプレゼンで、自分の企画提案を通したい!

そう思うことってありますよね。

ところが、会議のメンバーは必ずしもあなたに肯定的とは限りません。
厳しい目であなたの提案内容を吟味してくるのが普通です。

そんなとき、自分の案を通したいあなたは、
「この案、通れ!」なんて、力を込めて念じますか?

そのやり方をやっても、きっとうまくいかなかったと思います。

むしろ、その案が通るように、力を込めて説明すればするほど、
反対意見が出て、その案が却下されるのが多いのではないでしょうか。

こういうときは、よく言われるように、力を込めて念じたり、イメージしたりしちゃ
いけないんです。

どうしたらいいか、それをお伝えしましょうね。

僕は、会社員時代、編集者として企画を作ってそれを通すのが大事な仕事でした。
企画が通って、ようやく本は動き始めるのです。
その企画にOKをもらうのが企画会議。
おなじような会議は、どこの会社でもあると思います。
プロジェクト、提案・・・会議で何かを通す必要があることは
よくありますよね。
僕はそんな企画を通す名手でした。
企画の数は多くないのですが、通過率が高いタイプでした。
数打ちゃ当たる式の方もいますが、僕の場合はわりと丁寧に、
時間をかけて詰めてから、会議に提出するタイプでした。

もちろん最初からバンバン企画が通ったわけではありません。
最初は、ものすごい逆風のなかで、自分の仕事を始めたので、
なかなか企画が通りませんでした。

あるとき、「こんなふうにしてみよう」とアイデアを思いついて、
それを実行しだしたら、とたんに企画の通過率が高くなりました。

プレゼンの技術を学んだのかって?

いいえ、いいえ。

波動とエネルギーを使ったのです。

会議に出る人、特にその会議の決裁者は「不安」なんです。
だって、自分はその分野のエキスパートじゃないことも決済しなくちゃいけない
じゃないですか。
何かあったら、責任が降りかかります。
それが怖いのです。
だから不安なのです。

なので、僕がやったのは、強く力を込めて、事前に「企画よ、通れ!」と
独り念じることではなく、まったく逆のこと。

こうやったのです。

いいですか?

説明を始める少しの時間に、
イメージのなかで、会議の出席者全員の頭の上に、ふわふわした綿菓子のような
ピンク色の雲が覆い被さっているのを想像しました。

そして、自分は少し笑みを浮かべながら、心の中で全員に向かって、
「大丈夫だよ~」と、子どもをあやすように一人ひとりに声をかけました。
あくまで優しく。

こんな優しいエネルギーを作り上げました。

基本はこれだけです。
あとは、通常どおり、堂々とわかりやすく、説明をします。
堂々と言っても、結論を焦らず、丸いかんじのエネルギーになるのがポイントです。

すると、「これは、理解されにくいかな、ムリかな」と思っていた
企画でさえ、

「いいんじゃない~」

と、すんなり通ることが多くなりました。

僕自身が「あれ?」と、拍子抜けするほどです。

逆に、うまく企画が通らないのは、
自分のなかに「企画と通したい!」という、
「とがった波動」があるときでした。

こういうときは、準備も万端にしているので自信があるし、
つい力が入ってしまう。

すると、波動の法則なので、

「力」には「力」

で、反対意見が続出して、却下・・・なんてことになりました。

ですから、なんでも自分を押し通そうとするのではなく、
もっと柔らかくて丸いエネルギーでいったほうが、お仕事はうまく回ります。

実際にはその場その場のエネルギーなので、それに対応する必要がありますが、
会議で提案や企画を通す立場の方、ぜひ、やってみてください。

きっとうまくいって、驚くと思います。

ぜひレポートしてくださいね~

皆さんが、波動でお仕事がうまくいのを、応援していま~す

■あなただけの「本当の自分」がわかる!
http://online.attraction-method.net/knowing_your_true_self/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

3 Comments

  1. ちいこ 2014年11月9日 at 9:54 am  返答する

    30日のコースもう6日過ぎました。シンプルなことだったりしますがなんか、癒されます。にしきさん。実は普段忙しすぎて1日5分でも力を抜くことができなかったりしてたみたいです。

    やっぱり引き寄せの法則ってあると思います。
    なんかうざいコメントいつもごめんなさい(苦笑

    友人とかでしたらこの人とは繋がっていたいな、お互いに忙しくて
    なかなか会えないけど、と思っていた友人と仕事関係で再会したり
    (昨日の出来事、本当びっくりした。こんな確率で会えるの信じられませんでした。)
    ハワイでずっと会いたいなと思っていた人と会うことが実現したり(これに関しては絶対波動が通じたとしか考えられない)

    にしきさんやよしこさんのところにいらっしゃる方恋愛のことでも
    いらっしゃるんですよね。私なんて三高がもてはやされる時代でしたので女の子は条件の高い男性をゲットするのに必死で競争でしたよ。
    一流大卒で一流の会社勤め、スポ-ツが得意でハンサムだとか、
    なんか書き出すのも恥ずかしい。
    私はその競争社会で負けちゃったんです。20代の頃の私は条件がそろってからじゃないと無理だったんです。

    なぜアメリカ人の夫とはスム-ズに交際が進み結婚に至ったかは
    条件からまったく入らなかったから。この人なんか可愛いとか自分の英語が上達するのが楽しい、意思が通じ合ってるとか。もちろん年齢的に結婚は意識していましたけど、それよりも会えるのが楽しみな感じでした。これも今考えたら引き寄せの法則少し入ってる。

    黄色の引き寄せの本もにしきさんが監修した作者のかたのことや
    メッセ-ジが書かれてましたから近いのかもしれないですが
    オリジナルを読むのが楽しみになってきました。

    新しく始まった仕事も時給が少し上がった分ちょっぴり大変で
    しんどく感じることもあるんです。人間関係は良好です。
    頑張ります。いや、頑張らないでいいんですよね。
    このままいこうって思います。

    • にしき 2014年11月10日 at 6:30 pm  返答する

      ちいこさん いつもコメントありがとうございます。朝の時間ですかね。いつもだいたい、同じ時間あたりにコメントが入っていますよね。
      そんな少しの時間でも、自分にかえる時間を持つのは大切です。
      けっきょく、自分ですから。
      お仕事が忙しすぎると、自分がわからなくなっちゃう。
      そんなとき、「30日」をきっかけに、自分に戻る時間を作るといいですよ。
      そういう習慣を身につければ、30日後には前とは全然違うちいこさんになると思いますよ。
      そして、会うはずのない人と出会ったり、お仕事や旦那様のことに引き寄せの法則、波動を感じているのですね。いいことです。
      そういう引き寄せ現象が起こったとき、自分は何を思っていたか、どんな感情を持っていたかに注意すると、さらにおもしろいですよ。
      「三高」・・・ありましたよね。それに該当する人はすごく少ないし、その人と実際結婚する人は同じぐらい少ないのですが、あふれたからといって結婚できないわけじゃなくて、ちゃんと収まるところに収まっている。旦那様の件もそうですよね。うまくできています。
      そういえば、僕のワークショップのメンバーの女性(名古屋在住)は、なぜか札幌から新千歳空港に行く電車のなかで、「ベルばら」の登場人物と同じ名前の男性に熱烈告白を受けました。しかもその人が名古屋に行く予定があったりして・・・。ホント、こういうシンクロって、波動が上がるとけっこう起こるものです。
      こんなかんじですから(?)、世の中うまくできているので、大丈夫ですよ。
      一息入れながら、お仕事、そしてプライベートに励んでくださいね。

  2. […] 「引き寄せを仕事に生かす! 企画提案を通す意外な方法」 で少しわかったと思うけど、自分の意見を押し通そうとする意外とうまくいかない。 「企画が通った状態」をイメージした […]

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください