Monthly Archives: 12月 2017

//12月

理由はないけど、幸せ

By | 2017-12-31T20:49:13+00:00 2017年12月29日|引き寄せの法則|

皆さん、こんにちは。 「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 よくなろうとする「自己啓発の世界観」 から、すべてを受け入れる「ノージャッジ の世界観」へのシフトが、 真実の引き寄せの法則を理解するうえで、 求められているというのが 最近の3つの記事でした。 図にも描きましたが、「何かを超える」 「ひとつ上のレベルに行く」 というのが、引き寄せの法則を 理解するうえでも大事だし、 人生がそれを求めています。 にしきがこのブログやセミナー、コース などで語っているのは 結局はこの「何かを超える」 「ひとつ上のレベルに行く」 ということです。 ここに物事の本質があるのです。 元々、引き寄せの法則にこういう 考え方があるのですが、 今はそれが失われつつあります。 だから、にしきが書いています。 「理由があるから幸せ」という考え方 「自己啓発の世界観」と [...]

ノージャッジの世界観を手に入れるには?

By | 2017-12-27T13:43:19+00:00 2017年12月27日|引き寄せの法則|

皆さん、こんにちは。 「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 2回の記事で、いいことを増やそうとする 自己啓発の世界観では、本当の意味での 幸せを感じることができにくいことを お伝えしました。 「○○を引き寄せて幸せになろう」という 発想自体が実現が難しいのです。 ですから、必要なのは何かを 引っ張ろうとする「自己啓発の世界観」から 「ノージャッジの世界観」、つまり 「起こっていることは理由があって起こっている。 だから自分の内側にあるものを手放そう」 という世界観にシフトするのがいいのでした。 「何かを実現するにはそれを 持ち続けなければいけない」というのが 常識かもしれませんが、 実際に物事が動くのは、 願望やら思考やらを捨て去って、 自由になっているときです。 願望やら思考やらを手放して、ノージャッジの 世界観にいることが、 引き寄せの法則を生きるうえでとても大事、 というのがこのブログ 「真実の引き寄せの法則 [...]

「いい/悪い」から「ノージャッジ」の世界観へ

By | 2018-01-25T21:21:46+00:00 2017年12月14日|引き寄せの法則, 目覚め|

皆さん、こんにちは。 「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 前回の記事 「引き寄せの法則は自己啓発ではない」 では、「世界観」が「引き寄せの法則」の 理解を妨げていると指摘しました。 それが、「自己啓発の世界観」です。 世の中には「いいこと」と「悪いこと」 があり、「いいこと」を増やせば、 より幸せになるという世界観を、 仮に「自己啓発の世界観」と呼びました。 「自己啓発の世界観」では、 思ったような成果が原理的に 出にくいことも説明しました。 つまり、「いいこと」を追い求めて、 「よくなろう」と思うだけでは なかなかそうはなれないのです。 世の中には「いいこと」と「悪いこと」 があるという前提があると 実際にはなんなかよくなることができません。 ■ よくなろうとプラス志向でいたり、 夢を掲げたりしても なかなかそれは実現しない。 自己啓発セミナーや願望実現セミナーに [...]

引き寄せの法則は自己啓発ではない

By | 2018-01-25T21:21:46+00:00 2017年12月12日|引き寄せの法則|

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 今回から何回かで、「引き寄せの法則」を本当の意味で理解したい人のための 記事を書こうと思います。 「引き寄せの法則」にあなたがご興味があるのは、 「人生をよくしたい」ということだと思います。 もっともなことです。 しかし・・・ ここに既に、あなたが本当の意味で人生をよくするための ワナが隠れているのです。 もう少し説明しましょう。 「人生をよくしたい」という思いには、「特定の世界観」があるのです。 それは、 ・世の中には「いいこと/悪いこと」がある ・人生をよくするには「いいこと」を増やし、「悪いこと」を減らせばいい ・いいことを増やす簡単な実践ノウハウが存在する というようなことを前提とする世界観です。 この「簡単なノウハウ」の一つとして、 あなたは引き寄せの法則実践をとらえていませんか? 「実現したい現実をビジュアライズする」 「リストにする」 「実現したフリをする」 「宇宙にオーダーする(?)」 こういった簡単な実践ノウハウを求めていませんか。 「いいこと」と「悪いこと」が存在するという前提で、 「いいこと」を増やすのが引き寄せ実践であり、 [...]