人生の行き詰まりは、【前提】が間違っている

人生の行き詰まりは、【前提】が間違っている

引き寄せで大事なのは、願いじゃなく、意識の使い方

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

にしきは、引き寄せの法則をお伝えしています。

だからといって、「人生をよくしたい」という意識は一切持っていません。
「ちょっとラッキーなことを体験したい」とも思っていません。
「モノを引っ張って幸せになりたい」とも思っていません。
「願望を叶えたい」とも思っていません。

なぜなら、それをやるのが「引き寄せの法則」ではないからです。

初心者の方には理解できないことかもしれませんが
「引き寄せの法則」で大事なのはむしろ逆で、

・目の前にはすべてが既にもうある
・今の自分が素晴らしい。あなたはOK。私もOK
・人々はどんな人も愛の存在
・自分には無限の可能性がある

といったことに【気づいていく】ことが大切なのです。

これを「気づき」「目覚め」「悟り」などといいますが、
言葉はともかく、幻想から真実に戻ることが大事で、
それをにしきはお伝えしています。

だから、引き寄せらしく見える実践は一切教えていません。

モノのレベルで何かを満たしても、
それが「人生の目的」や幸せとは関係ないからです。

モノがあなたを究極的に幸せにしてくれるのではない。
それはわかったほうがいいです。
(実際にモノを持ってみればわかります)

究極的な意味での幸せを実現するのは、
「よくなりたい」と願ったりすることではなく、
もっと本質的な意識の使い方です。

でも難しいことじゃないですよ。

それぞれのレベルで、
あなたはもう完璧で幸せになっていいと思って
幸せを感じることが、究極の幸せです。

ひと言で言えば、「受け入れる」というが近いです。
すると、自分には必要なものが十分にあると気づいてきます。

でも、他人と比較しちゃうと、わからなくなります。
「ない、ない、ない!」と欠乏感の奴隷になります。
それがどれだけあなたの人生を狂わせていることか。

その意味での願望を実現したいというなら
やめたほうがいいです。

気づきがなければ、また元のように
「ない、ない、ない」
に戻ってしまうからです。

ですから、にしきの「真実の引き寄せの法則」は
モノを引っ張ることは一切教えません。

むしろ、気づきのヒントを提供しているだけです。

その意味では、「気づきの引き寄せの法則」といっていいでしょう。

人生が行き詰まるときは、【前提】が間違っている

人は無限の可能性があると、にしきは思います。

それは思った願望が叶うなんて小さなことではなく
もっと大きな、とてつもなく大きな「宇宙」に
あなたはサポートされているからです。
量子力学のエッセンスを知っている人は、

「宇宙が存在するのは、私がいるからだ」
「月が存在するのは、私が見ているからだ」
「でも、私が見ていないとき、私の背後には無限の可能性がうごめいている」
ことがおわかりだと思います。

しかし、残念ながら、人は思考の限界以上のことを思いつけません

たまに、「人生行き詰まり」という言葉を言う人がいますが、
にしきはそんなことは絶対にないと思います。

でも、その人の思考が限界となって、
自分の可能性を非常に狭めてしまっています

「人生が行き詰まっている」と思えるときは
そもそもの【前提が間違っている】ことが多いです。

例えばこんな方がいました。

子ども時代に親に理解してもらえなかったことで、

「私は変わり者で親に愛されない」

という信念・ビリーフを持ってしまったそうです。

そして思考は派生して、

→「親に怒られる、理解してもらえない」→「親に邪魔されるのが辛い」
→「自分は自分、人は人でいい」→「私は変わり者でもいい」
→「それでもそんな自分を愛せない、人と付き合うのは恥ずかしい」

というところに落ち着いて、そこから思考が脱出できないといいます。

この方の世界観のなかでは、「自分は自分でいい」と
思っているにもかかわらず、
「それでもそんな自分を愛せない、人と付き合うのは恥ずかしい」
という思考が生まれるのがおもしろい(失礼)ところです。

この方の根本には

「親に理解されず、愛されなかった(と思い込んだ)自分が恥ずかしい」

というのがあるんだと思います。

そのため、異性とつきあっても、自分の本心をさらけ出すことができず
相手に不信感を持たれ、結局いつも関係が長続きしないのだそうです。

そのため、今でも「愛されたい、愛されたい」と潜在意識でやっているのですが
相手を間違えているため、うまくいかないのです。

本当に愛してもらいたいのは「親に」なんですよね

にしきは、この方は親とよくコミュニケーションして
本当は親がこの方を愛していることを知って
ハグすれば、解決することだと思います。

しかし、この方の世界観のなかでは

「自分は変わり者で、愛されない存在」

という信念・ビリーフがあるため、
素敵なパートナーシップを構築する、という可能性を自分で排除してしまっています。

そのため、人生が行き詰まってしまった感覚になっているのです。

「自分は変わり者で、愛されない存在」

という信念・ビリーフで、「自分は愛されない世界」を作り出し
実際、その世界のなかで「自分は愛されないヒロイン」というドラマを演じます。
(こういう方、多いです)

でも、自分で自分の本心をさらけ出さないようにしているのですから
愛されようもないのですよね。
このように、思考が愛されない現実をうまーく創り出すのです。

しかし、さきほど言ったように、

「人生が行き詰まっている」と思えるときは
そもそもの【前提が間違っている】ことが多い

ので、この前提である

「自分は変わり者で、愛されない存在」

を疑ってみるのがいいのです。

多くの場合、それが間違いです。

このとき、あなたならどうしますか?

「愛されたい!」と宇宙に願いをかけますか?

それはうまくきませんよ。

こういうときは、

「自分は変わり者で、愛されない存在」

という根本にある信念・ビリーフ(これは思考です)

そして、それに関連する

「自分は恥ずかしい」

という感情を手放してあげるのが、ベストの方法です。

どんな方法でもいいので、これを手放すと、
うそのように人生が変わってくるでしょう。

この方の場合だと、世界観が変わる感じです。

これまでは「愛されない世界観」のなかで生きて
あるいは親を呪ったりしたかもしれないのですが、
この不幸な世界観から解き放たれて、自由になれます。

「あれ、今まで何をしていたんだろう?」

と、周りをきょろきょろしちゃうと思います。

まるで夢から覚めたようです。

そして、これまでの自分とは別人のように考えて、
行動できるようになります。

これがあるから、実際に「人生が変わった」
感じられるようになるのです。

また、他の例では、「人間関係が苦手で、
お金を稼げない」「もうお金に関して手がない」
「行き詰まっている」
という方もいます。

この方の場合は、

「人間関係が苦手」

という前提が間違っている可能性が高いです。

確かに過去何かあって、「人間関係が苦手」と思い込んだのでしょう。

そして、その結果、「お金に困る世界観」を作り上げてしまった。

「人間関係が苦手でお金を稼げない」という世界観のなかで
「人間関係が苦手」なら、お金に関して手が打てない・・・
そう思い込んでいしまいますよね。

でも、にしきはそのそもそもの前提、

「人間関係が苦手」

が間違っている可能性が高いと思います。

「人間関係が苦手」

という信念・ビリーフを手放したら、
打つ手は必ずあります。

絶対に。

これも、願っても、宝くじを買っても
全然解決できない問題ですが、
手放すことで、まったく別の世界観を手に入れられ
まったく新しい思考と行動で生きられるようになります。

人には無限の可能性があるのです。

こだわらず、柔軟に生きるのが上策

前半が抽象的で中盤が妙に具体的な記事になったのですが、

何かにこだわったり執着するのではなく
いつも手放して
自由な世界観を持ってフレキシブルに生きるのが
最上の策だと言いたいのです。

人生がうまくいかない人の特徴は

「バランスが悪くて、一つのことにこだわってしまう」

というのがあると思います。

「こうでなきゃいけない」

という考え方・生き方は、もろいものです。

だって、人生にはいろいろなことが起こるので、
何があってもそれに対応できる柔軟な心の状態じゃないと
ポキリと心が折れちゃいますよね。

そういう状態の方、多いんじゃないですか?

願望もそうですよ。

願望を実現するのが、最高ってもんでもないんですよ。

なのに、「願望が叶わなきゃダメ」なんてやっていると
本当に心が折れます

願望の結果は手放して、

「○○もアリだけど、そうでないのもアリかな~」

と宇宙に委ねて、柳のように柔軟な思考を持っていると
何事にも対応できます。

そして、執着を手放したときに
願望は叶ってくるといいますが
まさしくそのとおりで、
実際は手放していると、そのほうがラクに実現したりします。

執着しても叶わないけど
手放すとラクに実現する

まあ、実現ばかりを思うとまた逆効果なので
あくまで手放して、手放して。

願いの実現を第一にするのではなく
手放すことを第一に生きる。

古今東西のスピリチュアルな教えと
一致する考え方です。

それをお伝えする希有な1Dayワークショップ。
自分の無限の可能性を試したかったら、
ぜひお申し込みください。

あなたにも可能性はきっとある!

トータルリリース1Dayワークショップ(東京・大阪)
残席あと少しです。
https://www.attraction-method.com/total-release/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

12 Comments

  1. 2017年7月4日 at 10:10 pm  返答する

    にしきさん。いつもありがとうございます。

    私の理解が追いついていないのでしょうか・・・

    目の前に全てのものがあるとなったら、もう何も努力しなくてよいとのことでしょうか?

    なんか違うような気が・・・

    にしきさんの考えをもう少し深く知りたいです。

    人間関係については僕も手放したいと思っていましたが、感覚的な話ですが、うまくいく予感がしています。あくまで予感ですが。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年7月5日 at 1:11 am  返答する

      将さん コメントありがとう。「努力」という言葉で、何を思っていますか?
      努力って、ないものを手に入れる・・・そういうふうにとらえていますか?
      この記事のなかでは「努力」という言葉は出てきません。
      なのに、将さんはなぜ「努力はいらない」と受け取るのでしょうか。
      将さんが「努力」という言葉で、何をイメージしているのか、そこを聞きたいです。
      でないと、話がかみ合わないですよね。

      • 2017年7月6日 at 10:07 pm  返答する

        にしきさん、お返事ありがとうございます。

        僕が、努力という言葉は、やりたくないけどやらなければいけないときに使っています。

        僕の場合は、今の仕事ですかね。もちろん成長できるところもありますが、でも一番は収入が少ないということですかね。

        今回のにしきさんの記事を読んで、全てのものがあるとなったら、収入がこれ以上増えないのではと思ってしまいました。

        借金を返すためにダブルワークまでやっているのに。

        前回のコメントは上記の考えで書きました。

        説明不足で、大変申し訳ございませんでした。

        • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年7月8日 at 12:12 pm  返答する

          将さん
          ここでにしきは悟りの話をしています。
          悟りっていったって難しいことじゃありません。
          気づくことです。
          頭のなかからいらないものを捨て去って
          ちゃんと今ここにあれば、すべてを受け入れています。
          受け入れれば、そこにすべてがあるのがわかる、という話です。

          >今回のにしきさんの記事を読んで、全てのものがあるとなったら、収入がこれ以上増えないのではと思ってしまいました

          この論理の流れから見ると、将さんがなぜそう考えるのかは
          にしきにはわかりません。

          むしろ逆で、すべてを受け入れたら、
          そこに豊かさがあるので、将さんが豊かになるのは当然なのです。
          気づきのレベルの豊かさです。
          しかし、内側が外側に創造しているわけですから、
          将さんの内側が豊かになれば、それを反映して外側にも豊かさが現れるのが
          道理です。

          記事の内容を解説するとこうなります。

          努力とは一切関係ありません。

          でも将さんは努力について話したいみたいなので、コメントしておくと

          「努力=やりたくないけどやらなければいけないこと」

          と思っているのですね。

          それ、ホントですか?

          続けると、

          「努力=やりたくないけどやらなければいけないこと=仕事」

          だと思うのですね。

          で、なぜ仕事がやりたくないかというと
          収入が少ないからなのですね。

          とすると・・・

          もし、仕事で得られる収入が多ければ、
          それは、「やりたくないけどやらなければいけないこと」
          ではなくなるってことですか?

          お金の量が、やりたいことか、やりたくないことかを決めている、ってことですか?

          それ、本当ですか?

          それ違うんじゃないですかね。

          やりたいか、やりたくないかは、お金の量じゃなくて
          自分の関心がそこにあるかないかじゃないですか?

          それはともかく

          将さんが言いたいのは、

          「収入の少ない仕事をやりたくないけれど我慢してやっています。我慢する
          という意味で、努力が必要です」

          ということを言いたいのですか?

          はい。それなら意味はわかります。

          だったら、収入の多い仕事に就けばいいのではないでしょうか?
          同じ努力をするなら、そっちの努力をするほうが道が開けると思いますが、
          どうでしょう?

          また、メンタルを立て直して、借金への誘惑を断ち切る努力も必要です。

          • 2017年7月8日 at 6:15 pm

            にしきさん。コメントありがとうございました。

            表現がわかりずらく申し訳ございませんでした。

            いただいたアドバイスを基に少しでも魂が成長できるようにします。

            まずは、全てを受け入れたいと思います。

          • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年7月8日 at 6:47 pm

            将さん アドバイスってほどではありません。受け入れるとは、「よくなろう」とか「収入を増やしたい」「借金を早く返したい」といった願望を手放すことです。願望のごちゃごちゃを手放して、現実をあるがままに見てみること、そして豊かさに気づくことです。

  2. hilkara 2017年7月4日 at 11:40 pm  返答する

    にしきさん、今回の内容に自分の状況が重なってる気がするのでコメントさせていただきました。
    先週、新天地に引っ越しました!
    「こんなもの、いらないよね~」というものがいっぱい(・・;)
    「どうしてこんなものに、こだわってたんだろう・・・」と今になると感じます。
    これから断捨離ですよ~。これを機に心もクリアにしたいですね。
    たぶん捨てるか古いものをとっておくかによって私の人生大きく分かれるような気がします!

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年7月5日 at 1:15 am  返答する

      hilkaraさん 今があなたの人生を変えるときです! 手放しましょう。

  3. 菜の花 2017年7月5日 at 10:56 pm  返答する

    非常に為になります。
    ありがとうございます。
    読んでいて「無価値」というのが出てきました。
    しかも変わり者って、変わり者と言った人の目で見た変わり者です。
    その人中心の世界に生きていたのかもしれませんね。
    最初読んだ時「親に」というところがわからなかったですが、そういうことなら納得です。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2017年7月8日 at 12:14 pm  返答する

      菜の花さん 親っていったって、スピリチュアル的には子どもなので、至らぬところがありますよね。

  4. Dan(暖) 2018年1月5日 at 7:01 pm  返答する

    Absolutely!

    You can say that again.

    o(^o^)oニコニコ

    • Dan(暖) 2018年1月5日 at 7:04 pm  返答する

      I can’t thank you enough.

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください