自分の真実に従うのがスピリチュアルな態度

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

真実の引き寄せの法則は、【あなたがあなたの真実に従って生きること】を応援します。
自分の真実に従うのが、スピリチュアルな態度です。

あなたの真実

あなたのなかにはあなたの思いや感情がある。
どんなにつまらなく思えても、それはOKです。
誰がとやかく言うものではありません。
誰に申し開きをする必要もありません。
それはあなたのものですから。

あなたの真実は、周りの人の真実とは違うかもしれない。
それでもいいし、そういうものです。

でも、あなたは自分の思いや感情を外側に表現するのは恐れているかもしれません。
なぜなら・・・

・自分の思いを表現すると嫌われる、批判・攻撃される
・自分の思いを表現すると、相手を傷つけてしまう
・自分の思考や感情を知って、周りの人が去って行くかもしれない
・自分を表現するのは自分勝手
・どうせ相手は聞いてくれない、受け入れてくれない

いろいろな理由をあなたは思いついていて、
自分が本当はどう思っているか、内側にしまったままにしているかもしれません。

すると、何かを隠したようになり、周りからは「よくわからない人」
思われてしまいます。

そして、どんどん周りから切り離されて、孤独を味わうようになります。
女性だったら、好きな人と同じ場所にいても、どこか全部自分をさらけ出すことができず、
完全にひとつになれません。

「我慢するしかない・・・」(古風ですね)

そんなふうに思っているのかもしれません。

しかし、結論から言えば、どんなときでも、あなたが自分の真実に従って生きないと
幸せを感じられないし、物事はうまくいきません。

自分が小さくなって、自分を大事にしていないかんじになっちゃうんです。

自分の真実に従っていないと、こんなふうになります。

・無理があります
・苦しいです
・何事もうまくいきません
・物事が前に進みません
・身体が調子悪くなります

一方、引き寄せ現象が起こるのは、あなたが自分の真実に従っているときです。
真実ですよ。
けっこう深いものです。
自分の真実に従うとき、あなたは周りをコントロールしたいなどの思いではなく、「本当の自分」という本質から動いています。
「モノや相手を引き寄せてなんとかしてやれ」
というエゴの思いではなく、愛と情熱から行動しているのです。

自分の周りにはなんの壁もなく、それでいて強い。
それが真実に従っている状態です。

スピリチュアルに生きるとはこういうことです。

自分を偽って執着してもだめ

ちょっと具体的な話にしましょうか。

じゃあ、女性が男性に執着しているというケースを取り上げてみましょう。
とりあえず出会ってはいる。
しかし相手の男性が、普通に考えたら「つきあっちゃいけない男」というケースが非常に多いです。
女癖が悪い、金銭に問題がある、など問題を抱えている男ですね。

でも、恋をすると女性は冷静ではありません。
そんなことも、「自分の愛で変えてみせる」と思い込んでしまいます。

原則を思い出してください。

「他人を変えることはできない」

なので、女性は苦しい戦いを強いられます。
度重なる相手の悪行にも何も言えません。
自分の内側には苦しい思いだけが積もっていきます。

それでも別れないのなら、それは完全に執着ですよね。
もしこんなケースで執着するなら、それは自己虐待のようなものです。
マゾですね。
健康的ではありません。

この状態、いいですかね?

確かに男性とは物理的に一緒にいるかもしれない。
しかし、心は地球と火星ぐらい隔たっている。
むしろ、あなたは相手に支配されている。
自由がない。
楽しくない。

どう考えても健康的ではありません。
健康的じゃないと、関係って続かないですよ。
無理があったら、疲れちゃって続かないんです。

その男性もいいところがあるんだと思います。
しかし、あなたが自分の真実(この場合は、ホントの気持ち)を自由に表現して
ありのままでいられない関係なら、続かないですよ。
いつか破綻します。

あなたの魂がそういう隷属状態を許さないのです。
なぜなら、あなたの魂はあなたが愛される権利があり、それが自然なことだと知っているからです。

でも、あなたのなかには恐れがある。

「もうこれが最後の人かもしれない・・・」

くっついていればいいってもんじゃないです。
その関係だったら、あなたはもうほとんど死んでいるのではないですか?

子どもを作るのが人生の目的ではありません。

あなたが幸せになる選択をすることです。

アサーティブに自分の感情を伝える

それには、繰り返しになりますが、あなたの真実に従って
生きることです。

真実っていっても
「私は○○さんと一緒にいたい!」ってことじゃないですよね。
それは執着です。
そうじゃなくてもっと深いもの。
ハートに手を当てればわかりますよね。
「自分はありのままで幸せでいたい」
ということじゃないですかね。

そして、あなたの真実を、相手に冷静に伝えてください。
ただし、相手を非難するのではなく、あなたがどう感じているかを淡々と伝えてください
「あなたが女癖が悪いから。私はこんなダメな女になった」とか、「あなたが女遊びをやめないなら、私も浮気するから」などと、相手を罪悪感や恐れでコントロールしないことです。
もし相手が防御を始めたら、攻撃しているんじゃないことを伝えてください。
そしてコミュニケーションを続けてください。

「女癖が悪いのを直してくれたら、私はうれしい」なんて言うのはコントロールです。
それは相手を変えようとすることなので、できません。

こんな言い方がいいかもしれません。

「聞いて。私はあなたが女癖が悪いのも見ると、とても嫌な気持ちで悲しくなるの」

「イヤ、それがオレだから変えないよ」と男が言うなら、

「そういうの見たくないから、私は別のところに行くね」

と言って、その場から立ち去るのがいいかもしれません。

またコミュニケーションが始まるなら、続けてください。

そのときのポイントは、相手に「○○しろ」と要求するのではなく
「自分は○○という感情を持っている」という自分の感情を冷静に伝えることです。

主語は「私」です。

このコミュニケーションスキルが「アサーティブ」と呼ばれる方法です。
「アサーティブ」については、

感情を押し込めるのでも爆発させるのでもなく「アサーティブ」でいこう

という記事も参考になるでしょう。

こういうスキルを体得することで、自分も相手も尊重できるようになります。

すると、自分の真実を表現することが怖くなくなります。
自分の真実を尊重し、自分の真実に従って生きられるようになります。

偽りの自分にサヨナラして、ありのままのあなたらしいあなたとして
生き、周りの評価なんか気にならなくなります。

「周りの評価が気にならなくなる」のは
本当の自分に従って生きている証拠です。

自分の気持ちを押し殺してしまったら、
あなたは自分を殺すことになる。

最終的には、自分の真実に忠実に生きるしか道はないと思うんですね。

■たった1時間で、引き寄せ初心者から永遠に脱出する方法
http://landing.attraction-method.net/1hour_to_excellence_bosyu/