皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

ブログの副題をさりげなく変えてみました。
http://truth.attraction-method.net/blog/

「魂の成長ほどワクワクするものはない」

こういう副題にしたんです。

以前は「本当の自分に戻るとき、ミラクルが起こります」でした。

「本当の自分」から「魂の成長」に主張が変わったのかって?

いいえ。にしきにとっては
「本当の自分」に戻るも、「魂の成長」も同じことです。

未来に願いが叶うのがワクワクすることじゃなくて、
今この時に魂が成長していることがワクワクだ、ってことです。

にしきの立場は、「魂の成長が引き寄せ現象をもたらす」というものです。
決して、リストにしたり、イメージしたりするから引き寄せが起こるわけではないのです。
(やってもいいけど、本質的じゃない)
本質的なのは、あなたの波動が変わること。
それはただ思考が変わるというだけじゃない、もっと深い魂の成長の結果、というのが
にしきの立場です。

魂の成長って

「魂の成長」を少し説明しましょう。
僕たちはもともとも、「ソース」「スピリット」と呼ばれるような
まったく欠けるところのない、まったき光のエネルギーです。
(量子力学的な見方では、モノも、実は99.999990…%が光です)

しかし、完璧にどっぷりつかっていると、その完璧さは感じられません。
いつも完璧だと、ちょっと飽きてきちゃう。
そこでソースは自分を細かく分割して、「遊び」を行うことにしました。
「魂の成長遊び」です。
もともと完璧なのに、わざと自分に陰りを作って、それを取り除いて元の自分の姿に戻る
遊びをすることにしたのです。

その陰りを持ったバージョンが魂です。
魂はソースに陰りを持たせて、波動を下げてありますので、
いろいろな次元で遊ぶのに適しています。
なので、魂は光であると同時に陰りもある、複雑な性質を持っています。

そして、僕たちは魂に乗ってこの地球にやってきました。
僕たちはこの地球で、魂の陰りをとる遊びをやっています。
それを「学び」と呼びます。
「血を流して死ぬってこんなにつらいんだな」とか
「すべてを投げ出して人を愛するってこんなにステキなんだな」とか
「お金を得るって簡単だな」とか
「思ったことは実現するな」といった学びをそれぞれがそれぞれの段階で行っています。
魂の学びは「陰りをとる」ことです。
その陰りとは、「愛ってなんだろう」とか「痛みってなんだろう」とか「豊かさってなんだろう」といった疑問だったりします。
言い換えると、魂の陰りとは「愛を本当に体験したい」「痛みを体験したい」「豊かさを体験したい」という願望だったりするのです。
それを体験して陰りを取り去るのが、学びです。

つまり、学びを行うことで、僕たちの魂は重いエネルギーから軽いエネルギーに変容します。
「軽い」というのは「波動が高い」と同じ意味です。
「わからない」という魂の状態から、「悟った」という魂の状態に変化することが学びであり、魂の成長だし、「特定に人にしか愛を与えない」という魂の状態から、「すべての人に愛を与える」という魂の状態に変わることが学びであり魂の成長です。

波動の高い状態は、喜び、感謝、悟りなどいろいろありますが、
それをひと言で言うなら「愛」と言っていいものです。

ですから、魂の成長は愛へ向かっている、といえるのです。

「魂の成長」イコール「本当の自分に戻ること」

魂の成長をこうとらえてみると、それは普通の意味の成長、つまり「ない」状態から「ある」状態へ移行するのとは違うことがわかるでしょう。

もともと、僕たちはソースでありスピリットです。完璧な存在です。
しかしそれをわざわざもう一度自分になろうとしている。

もともとそれなのですから、成長しようとする必要はないはずです。
でもやっている。
不条理といえば不条理ですが、魂の成長はしょせん遊びだからそれでいいのです。
子どもが砂場で遊んでいるとき、作っては壊し、作っては壊しをやっていますよね。
あれと似ていて、魂の成長も遊びのようなものなのです。

魂の成長は、元々の自分に戻ろうとする旅でもあります。
元々の自分、つまりソースとかスピリットと呼ばれる根源的なエネルギーに戻ろうとしている。

ですから、魂の成長は「本当の自分」に戻ることでもあるのです。

にしきにとって、「魂の成長」と「本当の自分に戻ること」はイコールです。

ですから、今回ブログの副題を

「魂の成長ほどワクワクするものはない」

としたのですが、それは以前の「本当の自分に戻るとき、ミラクルが起こります」というのと
ほとんど意味は同じで、違うことを言っているわけではないのです。

魂の成長は「自分を愛すること」を目指している

なかには、魂の成長なんてどうでもいい、それより「恋人が欲しい」「お金がもっと欲しい」・・・そういう方もいるでしょう。

ちょっと立ち止まってみてください。

あなたが恋人と出会えないのはなぜでしょうか。
それは、「私は愛される価値がない」と思っているからではないでしょうか。
あなたが自分をいいと思っていない、自分を愛していないからではないでしょうか。

あなたがお金を持っていないのはなぜでしょうか。
それは、「私はお金を持つ価値がない」と思っているからではないでしょうか。
自分のアイデアに自信がなく、実行できないからではないでしょうか。
「自分の思うことはお金を生み出す素晴らしいものだ」と自分を愛していないからではないでしょうか。

「自分を愛する」とはよく聞きますが、思う以上に深い意味があり、
僕たちは一生をかけて自分を愛してOKを出そうとしていると言っても過言ではありません。
誰かを愛するとか、地球を愛するというのは、そのあとの話なんですね。

「自分をちょっとは愛していない、いいと思っていない」というのが魂の陰りになっていて、僕たちの人生にかかわってきます。

魂の陰りをとるのが、魂の学びであり、成長です。

ですから、にしきにとっては「魂の成長」と「本当の自分に戻る」ことはイコールだし、「魂の成長」と「本当の自分に戻る」は「自分を愛すること」とイコールです。

言葉のラベルは違うのですが、それぞれは関連していて、同じことを違う角度から
言っているにすぎないのです。

本当の引き寄せは魂の成長の結果

「ああ、自分はこれでいいんだな」と自分自身に憩うとき、
あなたは「本当の自分」に戻っています。

自分より素晴らしい誰かになろうとしませんし、
他人と比較することが無意味だとわかっています。

「本当の自分」と今の自分にズレがないので、非常にです。
自分のエネルギーであるとき、人は一番楽なのです。

ズレがないので、インスピレーションやガイダンスがどんどん入ってきます。
ソースという根源のエネルギーが流れていますので、
最強の自分にもなっています。

「自分を愛さなくちゃ」などの義務感ではなく、
こんな自分を心からいいと自然に思え
自分を愛することってこういうことかとわかります。

こんなとき、「自分はここまで」といった制限を手放し
エネルギーが軽くなっています。
なんでもできると思えます。
魂のステージまたひとつ上がって、魂が成長したのがわかります。

本当の意味で引き寄せ現象が起こるのは、
こういう魂の成長の結果です。

魂の成長が伴わないプチ・ラッキーのようなもの(くじに当たった、臨時収入があった、ちょっといい人と巡り会った・・・)は、いずれはあなたの手元からなくなっていくものです。

プチ・ラッキーに一喜一憂する方は多いみたいですが、
このブログではそういうものは教えてはいません。

魂の成長
本当の自分に戻ること
自分を愛すること

こういった挑戦のあとにもたらされるものが、本当の引き寄せ現象です。

「魂の成長」と「本当の自分に戻る」、そして「自分を愛する」。
それはすべて同じことです。

引き寄せを目指すのではなく、
魂の成長を目指しましょう。

それがあなたが地球に生まれた理由だし、
失われることのない達成です。

「真実の引き寄せの法則」はこの立場から語り続けています。

■たった1時間で、引き寄せ初心者から永遠に脱出する方法
http://www.attraction-method.com/online-escape/