今年の9月は総決算の月

今年の9月は総決算の月

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

2016年は「叡智の年」と言ってきたのですが、
9月は「叡智の年」らしさがクライマックスを迎える月です。

復習しておくと、2016年を一桁ずつ足すと

2+0+1+6=9

となり、9となります。

2016年を言い表す数字が「9」で、それをにしきを「叡智」と
呼んでいます。

(詳しくは、「眠れる叡智を呼び覚まし、ハートの声に従って幸せに成長するには?」
をご覧ください)

そして、9月が「叡智の年のクライマックス」というのは、

2+0+1+6+9=18
それをさらに一桁ずつ足すと
1+8=9

となるからです。

わかりますか?

2016年は2008年から始まったサイクルの
終わりに当たります。

このサイクルは、闘争や発展の1000年代を終え
「共生共存・選択・シェア」といった2000年らしい初めてのサイクルであり
2012年を含む大きなターニングポイントでした。

あなたにとってこの10年足らずの年月はどうでしたか?

2016年のクライマックスとなる9月に、ぜひ総決算をしてみてください。

にしきにとっては、2007年にエイブラハムの本を担当して
「普通の人」からスピリチュアルリーダーに進化し始め、
独立起業、そして今年は法人化へと道を進みました。

プライベートでも、本当の意味での愛で生き始め、
離婚再婚といった想像もしない出来事を経験しました。

念願だったスペイン北部の「サンチアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」をはじめ
さまざまな聖地に赴くことができました。

そして、今年はビジネスを法人化して、今も法人らしいビジネスの仕組みを整えているところです。

ビジネスに関しても、スピリチュアリティに関しても学びなおしています。
(こんな時間をとれることに感謝!)
今はジャンプする前に力をためている感覚があり、そしてそれが、2016年後半から2017年に花開くんだろうな~という予感があります。

そして、2016年のにしきでおもしろいと思うのは、
2008年ごろに仕事やプライベートでつきあっていた方と
今年になって再会することが明らかに多くなっていることです。

昔の師匠であり心の友である佐藤伝さん(伝ちゃん)を皆さんにも
ご紹介する機会があったり、
過去の仲間とたまたま行ったパーティーで会ったり、
何年も音信不通だった友達から急にメールが来たりと、
にしき的には2008年の感じを思い出すことがとても多いこの頃です。

一つのサイクルが終わって、また最初に戻る感覚が強いです。

そして、このサイクルで学んだことをひと言で言うと、

「リラックスして生きること」

ということかもしれません。

サラリーマン時代からすごく一生懸命な人で結果を出していましたが、
それを少し緩めて、誰かのサポートに徹することも経験しました。

正直言って、自分のやるべきことができなくてフラストレーションがたまることもありましたが、それでさえ、焦ることはないのでした。

思い返してみると、うまくいっているし、フラストレーションをためる必要はまったくなかったのです。

にしきが思うのはこんなことです。

あなたも、2008年ぐらいから2016年までの自分が経験した出来事を思い出して
みてください。

それを紙に書いてみてください。

すると、そこにどんな「流れ」がありますか?

どんな方向にあなたは向かっていますか?

その流れの延長上に、未来のあなたを無理なく位置づけるとしたら、
どんなあなたになると思いますか?

そして、このサイクルから叡智を引き出すとしたら、
あなたはどんな学びをしましたか?

こんなワークをしてみてください。

気づくことがあると思いますよ。

あなたの達成を、誰かと比較する必要はありません。
善かれ悪しかれ、それがあなたなのです。
「こんなのじゃダメだ」と否定するのではなく、ただ受け入れてみてください。
人生はそういう仕組みですから。

そんなあなたの気づきをコメントしてくださいね。

気づきをもとに、新しいサイクルへ向かって行きましょう。

さて、新しいサイクルではあなたはどんな楽しい創造を行いますか?

■魂の願望
http://online.attraction-method.net/soul-wishing/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

20 Comments

  1. かおる 2016年9月5日 at 7:25 am  返答する

    こんにちは、にしきさん、

    私は、分からなかった事が分かるようになってきてるなと感じています。
    一番大きかったのは、「愛されたい」から「愛する」への変化です。
    「愛されたい」と望む事は自然な事だと思っていたので、何故それが良くないのかが長い間分かりませんでした。
    それはこうだからだよ、と説明されても、心から納得が出来ませんでした。
    それがやっと分かったのです。
    そして「愛する」事も、それがどういう事なのかが、分かりつつあります。
    私の残りの人生は「愛」を学んで実践するためにあるんだなと思っています。
    愛しながら生きていく私は、満たされて素晴らしい時間を過ごすんだろうな、と思います。

    きっかけは、お金が足りないという、低所得者の悩みからスタートしました。
    私はシングルマザーです。
    お金、仕事、と悩みから開放され、今は「愛」です。
    一番理解出来なかったのも「愛」でした。どうしても分からなかった!(^^;

    つまずく日もありますが、私は私で良かったなと思いながら生きています。
    10年前のままでは、こんな事、思いもしなかったです。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年9月5日 at 12:54 pm  返答する

      かおるさん コメントありがとう。成長していますね。そして、「愛する」という行動も素晴らしいけれど、僕たちは何をしなくても本質が愛ですから、「愛さなきゃ」」と思う必要もないのですよね。存在とかあり方が愛なのですよね。

  2. May 2016年9月5日 at 2:46 pm  返答する

    初めまして。

    2009年に私の人生を大きく動かす人との出会いがありました。2012年にはその人との関係性のなかで天変地異が起こり、そこから2年は実に自分との闘いの毎日でした。沸き起こる感情に振り回され、自分が何者かわからなくなり、暗く長いトンネルの中でもがく時間が続きました。でも、光を目指して歩き続けた結果、2015年に差し込んだ一条の光が今では私の太陽です。

    2009年から今日までの日大きく変わってきたことは、外(相手)にばかり向いていた思考や意識がすべて内(自分)に還ってきたことです。自分の人生が手のひらに還ってきた、まさにそんな感じです。

    この期間に学んだこと、それは本当の意味で「自分の人生を生きる感覚」。

    愛も、経済的豊かさも、感情的な充実感も、すべてある、という感覚。

    そうか、ずっと探していた幸せは、ずっとここにあったのか。そんな感覚。

    この流れの延長にいる未来の私、それをひとことで表すなら「何も怖くない」です。

    不安しかなかった2009年から2015年。その6年間を無事卒業した私には、怖いがないのです。
    それは、実に素晴らしい感覚です。

    大きな学びの期間を経て、これからはその学びを活かすサイクルに入っていきます。

  3. 幸二 2016年9月5日 at 3:06 pm  返答する

    にしきさん、こんにちは。
    2008年は出会いの年であり、始まりの年となりました。
    その出会いの中には、にしきさんとの出会いも含まれています。

    ある女性との不思議な感情・感覚を伴う出会いに、追求していく先ににしきさんの引き寄せの法則と出会ったのです。
    それから色々な事がありました。今の自分と過去の自分とを比較すると、まるで別人の様に成長することができたのです。
    特に心(魂)の成長は目を見張るものがあって、昔は「ない」と言うものにフォーカスしてましたが、今は何がなくても満たされている感覚になっていて、「無」の状態になってます。全て宇宙に委ねている感覚といってもいいと思います。

    これもにしきさんとの出会いがあったからだと思いますので、とても感謝しています。ありがとうございました。
    これから自分の人生を人の役に立つことをしようと、夢に向かって進んでいきます。

  4. sara 2016年9月5日 at 3:42 pm  返答する

    「一つのサイクルが終わって、また最初に戻る」
    今なさに そんな感じです。
    私もしばらく連絡を取っていなかった友人たちと再び連絡とったり、再会することが多くなりました。
    (にしきさんにこのように連絡するのも本当に久しぶりです!)
    ここ数年、かなりストレスの多い生活をしていました。
    もうそろそろ その時期も終わりに近づき、解放される時期に来たのかもしれません。
    2008年からの流れを 私も振り返ってみようと思います。
    気付きをどうもありがとうございます!

  5. ITO 2016年9月5日 at 11:00 pm  返答する

    2008年に起こったあることで、その後友人と袂を分つことになる。
    2008年に起こったリーマンショックの影響で数年間で失業、引越し、再就職を経験。
    2012年に瞑想を知り、実践。
    2014年にスピリチュアルや引き寄せ、占い、にしきさん、よしこさんを知り、学び始める。
    2015年にブログ開始。
    2016年もろもろ学び途中。
    2016年9月……学びの何かが結実する?

    今は、占いをメインに、スピリチュアルな知識その他を生かして、人の役に立ちたいと
    願うようになっています。
    以前でしたら考えられなかった自分がいます。

    こうしてまとめてみると、道ができていたように感じます。
    素晴らしいきっかけをくださり、ありがとうございます。

  6. 玉水 2016年9月6日 at 1:17 am  返答する

    にしきさん こんばんは。
    私も2008年の感覚を感じるというか、あぁ似てるな~
    ということがありました。
    そして住居も、今2008年と同じところに呼び戻されてる!
    2008年、転機となった人が夢に出てきて、
    今頃夢で何の用かしら?と思いネットで見ると
    なんと、結構大変な事態のニュースになっていました。
    私に祈りの力を貸してほしい、というメッセージだと思いました。
    私が学んだことは
    自分の中に無限の愛があること、喜びをたくさん広げるために来たこと
    地球がとても大好きなこと
    インナーチャイルドを癒すことetc.
    魂に忠実に生きることへシフトしつつあります。
    今日もありがとうございます。

  7. 愛奈 2016年9月6日 at 8:44 am  返答する

    にしき様 こんにちは
    にしき様に、感情の整理について教えて下さい。

    あの時、もっと気にしてあげていたら、友達が離れて行くこともなかったのかも・・・とか、
    あの時、あの場所に家具を置いていなかったら、車のドアがへこむこともなかったのに・・・等々、生きていれば、後悔することも多々あります。そんな出来事をすぐに忘れてしまう性格の人もいますが、私は、自分の性格が、気遣いに欠けていたり、注意散漫なところが、劣っている、と感じてしまい、低波動になってしまいます。
    あの時、子供から目を離さなかったら、子供が事故に合うこともなかった・・・と言う経験をされた人もいるかと思います。
    そんな時、自分の感情をどのように整理すれば良いのか、にしき様はどのように気持ちを整理されているのでしょう?
    劣っていると感じでしまい、低波動からなかなか抜け出せない時、どうすれば良いのでしょう?

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年9月6日 at 12:01 pm  返答する

      愛奈さん 愛奈さんは過去の人なんですね。だから大切な今を忘れて注意散漫になっているのではないですか。
      なので、感情の整理というよりも、意識をどこに持っていくかで解決できますよ。
      意識を今に持ってきてください。
      自分を観察してみてください。
      愛奈さんは今何を考えてみますか?
      今何を感じていますか?
      おっと過去の出来事ではなく、「今」のことですよ。
      「お腹かが減ったな」
      「お尻が痛いな」
      「あ、これおもしろそう」
      なんて、いろいろなことを今思ったり、感じたりしているはずです。
      この練習を続けてください。
      過去のことをほじくったって、何も変わるわけじゃありません。
      後悔したって、過去の出来事がなくなるわけじゃないですか。
      だったら、もうそういうのやめませんか?
      そしてら、明るくなれますよ。

  8. かおる 2016年9月6日 at 8:07 pm  返答する

    にしきさんへ。

    「愛さなきゃ」と思わなくていい、存在やあり方が愛なのですよね。

    このにしきさんのコメントを読んで、あぁ!と思いました。
    今、まさに、これにつまづいています(^^;

    日々、学びですね(^^;
    この後、記事を読み返すつもりです。
    私は、こうしてつまづく度に、その状況に近い記事を探して読んでいます。
    私ひとりでは立ち直れない事も、記事を読んで立ち上がれた事があるからです。
    本当にありがとうございます。
    今日も活用させて頂きます(^^;

  9. 愛奈 2016年9月7日 at 6:05 pm  返答する

    愛奈です。
    確かに、後悔したって、過去の出来事がなくなる訳ではありませんが、
    自分の行いで、誰かを気づ付けてしまっても、今に意識を向けて今を生きるのですか?

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年9月7日 at 7:39 pm  返答する

      愛奈さん そうです。今に生きるのです。
      人を傷つけたことのない人なんていません。だけど、だから、今に生きるのです。
      だって、「過去○○さんを傷つけた」と過去に生きていたら、注意散漫でまた今目の前にいる人を傷つけちゃうかもしれませんよね。
      もう人を傷つけないためにも、今に意識を全部置いてしっかり生きる。
      それしか方法はないのです。

  10. 青葉萌ゆる 2016年9月20日 at 5:27 pm  返答する

    にしきさん。こんにちは。
    この話題はいつものトーンとかなり雰囲気が異なりますね。カバラ数秘術そこのけのオカルトっぽい
    匂いがして私は好きですけど真正面からはついていけません(笑)
    でも、せっかくだから2007年あたりから、ファイロファクスのダイアリーを見返して
    出来事を箇条書きにしてみました。これ自体は役員を目指していて役職定年で55歳で子会社に再雇用
    されたわが身にとってあまり心地よい記憶の反芻ではなかったですね。
    2007年の数年前に大ばくちを打って失敗した私は、会社に居られるだけましな状況だったのですが
    確かに2008年以降社命により
    ウィーン・ブタペスト・パリ・ロンドン  NY/サンフランシスコ
    ベルリン・マラガ・グラナダ・コルドバ・マドリッド
    アムステルダム・レイキャビック・ストックホルム・プラハ
    オーストラリア
    ニューヨーク・シカゴ・サンフランシスコ
    と都市開発関連の視察を企画し参加者を連れて観て回れたのは、罰ゲームにしては
    面白すぎました。
    それが2014年の春まで。
    >そこにどんな流れがありますか

    組織の中で決められた枠組み外で、自分の感性で選んだものに後付で価値をあてはめる
    そういう仕事の仕方でしょうか。面白いものだけをみつけてきて、それを皆で楽しむ。

    >どんな方向にあなたは向かっていますか

    「皆が興味をもちそうな場所・モノ・コト・人を発見して紹介し、体験を共有する仕事」

    >その延長線上に無理なく自分を位置づけるとしたら

    ジジイのツアーコンダクター??
    旅行会社の嘱託社員??
    トラベルライター???

    このサイクルから叡智をひきだすとしたら?
    あなたの気づきは?

    旅行いくならプライベートでカミさんと一緒が一番だろうということ

    カミさんを置き去りにしちるうつに、2016年5月末にカミさんが大病を患い入院
    たしかに総括的な出来事でした。
    カミさんが、後遺症もなく元通りに回復したので、快気祝いに銀座の並木通りの
    彼女の行きつけのブランドショップで買い物をしました。
    でも、差額ベッド代に比べたら安いもの。
    医療費に使う50万も服と靴に払う50万も同じ50万でも満足感は雲泥の差。
    治るなら、70万が200万でも喜んで払います。幸いにして覚悟していた入院費
    より少なくて済んだから、厄落としにその金は全部使ってしまおう。
    妻が選んだドレスは、前より少し痩せた彼女にとてもよく似合っていました。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年9月28日 at 6:53 pm  返答する

      いい罰ゲームでしたね。
      そしていろんなことを楽しんでいたのですね。
      それでも、ちゃんと奥さんのところに最後は戻ってくる。
      次のランチ会では、海外旅行の写真、特に奥さんの写真を持ってきてくださーい

  11. 青葉萌ゆる 2016年9月21日 at 4:17 pm  返答する

    × カミさんを置き去りにしちるうつに
    〇 カミさんを置き去りにしているうちに

    すみません、どうも老眼でキイボードがかすむようですm(__)m

  12. 青葉萌ゆる 2016年9月21日 at 5:32 pm  返答する

    ついでに

    ラルフ・ローレンの下で修業を積んでいたトム・フォードがブルックス・ブラザーズの
    高級ラインのデザイナーに抜擢されその斬新なアイデアが世界中の注目を集めたのが
    2007年でした。それまで、1990年代はじめまで世界を席巻したルーズフィット・ビッグ
    シルエットのメンズ服は、2008年から徐々にトム・ブラウンの主張する美意識
    「丈が短くタイト」なシルエットにとってかわられました。

    「あんなツンツルテンのスーツなんておかしいよ」そう言いながら、30代、40代の
    ビジネススーツの上着の着丈が4センチ以上も短くなり、裾からはケツが半分見える
    のが当たり前になっていきました。
    「昔は、ジャケットの裾からケツが見えるのはみっともなかったんだぞ。」
    「そりゃ、だぼだぼでドレープだらけのパンツに包まれた男の尻の話だろ。」
    ストレッチの入ったパンツがくっきりと尻の形をうかびあがらせているのを
    見れば、これがアレキサンダー・マックイーンと双璧を成すゲイファッション
    と言われていることに納得がいきます。
    思えば、2007年頃まで私は荒巻太郎のパパスというブランドに傾倒していて
    80年代のBIGIのテイストを引き継ぐ服を、多分一生着続けるだろうと思って
    いました。ところが一枚仕立てのフラノのネイビージャケットや大好きだった
    ジージャンを着なくなり、最後にスモークブラウンのニットのパーカーを残し
    クローゼットから絶滅してしまいました。

    それというのも、サイズの時代感覚。今着ている白いポロシャツは、袖が
    短く、着丈も短い。タックアウトで着てもオフィスで違和感がないです。
    このタイトな感覚を心地よく感じるようになったのはいつからだろう。
    自分がダイエットしたせいなのか服のトレンドが勝手に細くなったせいなのか
    2008年から2016年で鏡に映る自分の姿はまるで異なる様相を呈しています。
    ファッションというものは基本「目の錯覚」ですから目が慣れてくればまた
    ビッグシルエットをカッコイイと思う時代がくるのかもしれません。
    ただ、ライザップが夏冬問わず人気なのと、美脚パンツやアームホールの
    きつい服が売れるのはきっとスピリチュアル的にも何か関連があるのかも
    知れません。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年9月28日 at 6:59 pm  返答する

      青葉萌ゆるさん ホントに博学だな~
      2007年頃にシルエットの大きな変貌があったのですね。
      当たり前だったから、もう忘れてしまいました。
      そういえば、昔はビッグシルエットのスーツを僕も着てました。
      女性はゲジゲジ眉毛だったし。
      懐かしい~

  13. 青葉萌ゆる 2016年9月21日 at 5:34 pm  返答する

    × ラルフ・ローレンの下で修業を積んでいたトム・フォードが
    〇 ラルフ・ローレンの下で修業を積んでいたトム・ブラウンが

    お詫びして訂正いたします。m(__)m

  14. 青葉萌ゆる 2016年9月29日 at 11:04 am  返答する

    >次のランチ会では、海外旅行の写真、特に奥さんの写真を持ってきてくださーい

    にしきさんレスありがとうございます。
    いいんですか?場の主役になっちゃいそうで申し訳ないのですが、人が映っていて
    背景もカッコいいというカットが少ないかもしれません。
    審美眼豊かな編集者のお眼鏡に適いそうなものをみつくろって持っていきます。
    カミさん?もう61歳ですよw 28年前の写真でよければ
    それよりかみさんと知り合った頃に同時並行でつきあっていた美形の恋人の写真も
    持っていきます。にしきさんの奥さんほどではないけど綺麗な人でした。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年9月29日 at 11:13 am  返答する

      青葉萌ゆるさんに注目が集まっているあいだに、僕が料理を食べるという例の策略です♪

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください