皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

熊本でまたM7.3の本震があったそうです。
僕らの仲間も、被災された方がいます。
どうか恐れず、強い気持ちを持ち続けてください。
これはバランスで、九州から何かポジティブなものが始まる予兆に感じます。
また、ほかの地域の方は、ぜひ富士山に癒しのエネルギーを送ってあげてください。
富士山は日本の「つぼ」に当たっていて、富士山を癒してあげれば、
日本のエネルギーが整ってきます。
僕も富士山に祈っています。

さて、かつては著者・編集者の間柄であり、今ではビジネスの先輩でもあり、
生き方が共鳴する方に、マツダミヒロさんがいます。
ミヒロさんは「質問家」として多数の本を出版し、世界を股に掛けて活動する方。
最近は奥様といつも海外にいて、旅するように生きる「ライフトラベラー」を提唱しています。
にしきは「与える」をミヒロさんから多く学んでいます。

http://ameblo.jp/mihiro/

さて、そのミヒロさんが書いたメールに、引き寄せにもかかわるとてもいい話が
あったので、今日はシェアします。

ミヒロさんは「ライフトラベラーカフェ」という人気のPodcastをなさっていますが、
ミュンヘンのピアニストTOMOKOさんを招いて公開録音をなさったそうです。

そのとき会場からTOMOKOさんに質問がありました。

「会社などで、その人と合わない場合、自分はどのような関わり方をすればいいですか?
 アンサンブルなどでそのようなことはないですか?」

というような質問だったそうです。
確かに、アンサンブルで演奏を行うとき、演奏の癖とか味わいとか、ちょっと違っていることってあると思います。

どうやってそれをうまくまとめるんでしょう?

それにTOMOKOさんは、

「いい音」を出すと
人はそれに共鳴されてその人の音も、いい音になっていく

と答えたそうです。

「人はいい音に自然と合わせたくなる」

ものなのです。
(以上ミヒロさんの4月12日のメール「好きなことでは売上はあがらないのか?」より。感謝)

これ、すごくいい話だな~と思いました。

ピアニストとして「まず、自分がいい音を出す、するといい音に揃ってくる」
というのは、経験に裏打ちされた当たり前の感覚なのだと思います。

それでもさすがです。

この感覚がまさしく、引き寄せ実践者の姿だと僕は思います。

「何かを引っ張る」という意味での引き寄せではなくて、
「周りのエネルギーに影響を与える」という意味での引き寄せ実践です。

僕たちは、周りの人と合う、合わないを気にしすぎています。
「波動が合わない」などと言うこともできます。
でも、波動はそれぞれの人で違うので、「合う、合わない」を気にすると、
「誰とも合わない」ことになってしまいます。
こんなとき、「波動が違うから」と、そういう人から離れようとするのも
場合によってはアリなのですが、そうじゃない対処もあります。

それが「いい音」を出すことです。

引き寄せの法則の言葉で言えば、「いい波動」を放出することです。

合う合わないよりも、まずは自分が正しくチューニングされた美しい「いい波動」を出す

すると、周りのズレている人たちも、「いい波動」に揃ってきます

僕たちは波動で周りに影響を与えることができるのです。

こういうことは僕もいくつも体験しました。

例えば、勤めていた出版社には当初はけっこうキツイ人もいました(笑)。
それでも、僕が愛と癒しの波動を出し、実際に実績を上げたら、
キツイ人はもういなくなってしまいました。

会社全体がいい感じの波動になってきました。
使用前と使用後が全然違う波動になったのです。

もちろんそのときだって「イヤな人だな」と思いましたよ。
それでも(ここ大事)、自分はその人に対し理解の波動を持ち、
「大丈夫」という波動で応えました。

そういう人はただ、不安だったり、恐れていたりするだけです。
だから、「大丈夫だよ」とこちらがいい波動でいれば、
物事はうまく進むのです。

だから、にしきはひとりの人の波動の大切さがよくわかりますし、
たったひとりの波動が、すべてをがらっと変えることができるのです。

「合う、合わない」を気にするのではなく、
まずあなたが「いい音」を出す。
「いい波動」を出す。

そしたら全体が変わります。

ホントです。

自分の波動で周りの人の波動に影響を与えられたら、
本物の実践者です。

難しくないです。
ただ、いい波動を出すだけです。

相手を恐れて、こわごわした波動を出すんじゃなくて(するとつけ込まれる)、
「ホラ、私の波動を見て! 心配しなくて大丈夫だよ」という波動を出してください(境界線も必要)。

すると相手が変わってきます。

合わない人がいると思ったら、いい音を出す。
いい波動を出す。

やってみてくださいね。

※よく音楽になぞらえて波動や引き寄せの法則を説明することがありますが、
「音」と「波動」は実は同じで、入れ替えても意味が通じます。
宇宙は音でできているし、波動でできているのです。

■引き寄せの法則マスターセミナーDVD完全パック
http://www.attraction-method.com/hikiyosemasterdvd/