周りに「合わない人」がいるとき、引き寄せ的にどうする?

周りに「合わない人」がいるとき、引き寄せ的にどうする?

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

熊本でまたM7.3の本震があったそうです。
僕らの仲間も、被災された方がいます。
どうか恐れず、強い気持ちを持ち続けてください。
これはバランスで、九州から何かポジティブなものが始まる予兆に感じます。
また、ほかの地域の方は、ぜひ富士山に癒しのエネルギーを送ってあげてください。
富士山は日本の「つぼ」に当たっていて、富士山を癒してあげれば、
日本のエネルギーが整ってきます。
僕も富士山に祈っています。

さて、かつては著者・編集者の間柄であり、今ではビジネスの先輩でもあり、
生き方が共鳴する方に、マツダミヒロさんがいます。
ミヒロさんは「質問家」として多数の本を出版し、世界を股に掛けて活動する方。
最近は奥様といつも海外にいて、旅するように生きる「ライフトラベラー」を提唱しています。
にしきは「与える」をミヒロさんから多く学んでいます。

http://ameblo.jp/mihiro/

さて、そのミヒロさんが書いたメールに、引き寄せにもかかわるとてもいい話が
あったので、今日はシェアします。

ミヒロさんは「ライフトラベラーカフェ」という人気のPodcastをなさっていますが、
ミュンヘンのピアニストTOMOKOさんを招いて公開録音をなさったそうです。

そのとき会場からTOMOKOさんに質問がありました。

「会社などで、その人と合わない場合、自分はどのような関わり方をすればいいですか?
 アンサンブルなどでそのようなことはないですか?」

というような質問だったそうです。
確かに、アンサンブルで演奏を行うとき、演奏の癖とか味わいとか、ちょっと違っていることってあると思います。

どうやってそれをうまくまとめるんでしょう?

それにTOMOKOさんは、

「いい音」を出すと
人はそれに共鳴されてその人の音も、いい音になっていく

と答えたそうです。

「人はいい音に自然と合わせたくなる」

ものなのです。
(以上ミヒロさんの4月12日のメール「好きなことでは売上はあがらないのか?」より。感謝)

これ、すごくいい話だな~と思いました。

ピアニストとして「まず、自分がいい音を出す、するといい音に揃ってくる」
というのは、経験に裏打ちされた当たり前の感覚なのだと思います。

それでもさすがです。

この感覚がまさしく、引き寄せ実践者の姿だと僕は思います。

「何かを引っ張る」という意味での引き寄せではなくて、
「周りのエネルギーに影響を与える」という意味での引き寄せ実践です。

僕たちは、周りの人と合う、合わないを気にしすぎています。
「波動が合わない」などと言うこともできます。
でも、波動はそれぞれの人で違うので、「合う、合わない」を気にすると、
「誰とも合わない」ことになってしまいます。
こんなとき、「波動が違うから」と、そういう人から離れようとするのも
場合によってはアリなのですが、そうじゃない対処もあります。

それが「いい音」を出すことです。

引き寄せの法則の言葉で言えば、「いい波動」を放出することです。

合う合わないよりも、まずは自分が正しくチューニングされた美しい「いい波動」を出す

すると、周りのズレている人たちも、「いい波動」に揃ってきます

僕たちは波動で周りに影響を与えることができるのです。

こういうことは僕もいくつも体験しました。

例えば、勤めていた出版社には当初はけっこうキツイ人もいました(笑)。
それでも、僕が愛と癒しの波動を出し、実際に実績を上げたら、
キツイ人はもういなくなってしまいました。

会社全体がいい感じの波動になってきました。
使用前と使用後が全然違う波動になったのです。

もちろんそのときだって「イヤな人だな」と思いましたよ。
それでも(ここ大事)、自分はその人に対し理解の波動を持ち、
「大丈夫」という波動で応えました。

そういう人はただ、不安だったり、恐れていたりするだけです。
だから、「大丈夫だよ」とこちらがいい波動でいれば、
物事はうまく進むのです。

だから、にしきはひとりの人の波動の大切さがよくわかりますし、
たったひとりの波動が、すべてをがらっと変えることができるのです。

「合う、合わない」を気にするのではなく、
まずあなたが「いい音」を出す。
「いい波動」を出す。

そしたら全体が変わります。

ホントです。

自分の波動で周りの人の波動に影響を与えられたら、
本物の実践者です。

難しくないです。
ただ、いい波動を出すだけです。

相手を恐れて、こわごわした波動を出すんじゃなくて(するとつけ込まれる)、
「ホラ、私の波動を見て! 心配しなくて大丈夫だよ」という波動を出してください(境界線も必要)。

すると相手が変わってきます。

合わない人がいると思ったら、いい音を出す。
いい波動を出す。

やってみてくださいね。

※よく音楽になぞらえて波動や引き寄せの法則を説明することがありますが、
「音」と「波動」は実は同じで、入れ替えても意味が通じます。
宇宙は音でできているし、波動でできているのです。

■引き寄せの法則マスターセミナーDVD完全パック
http://www.attraction-method.com/hikiyosemasterdvd/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

8 Comments

  1. Yoko Nobuhiro 2016年4月22日 at 8:37 am  返答する

    コメントいっぱい書いて済みません、(>_<)

    【穏やかな波動】と言う言葉で、思い浮かんだ人物に、韓国の時代劇のトンイ(スッピン・チェシ)と言う実在の人物がいます。

    宮中の女官の世話をする下働きから 李氏朝鮮の第19代国王粛宗の側室なり、22代王の生母となった、淑嬪 崔氏(スッピン・チェシ)は、第19代国王粛宗の寵愛を受けたとされています。

    彼女は、美人とは言えなかったけれど、とても穏やかで相手のことを思いやる性格だったそうです。身分制が厳しかった、韓国のあの時代に王の側室にまでに出世することは、奇跡だったと思います。

    彼女は【穏やかな波動】そして【思いやりの愛の波動】で、自分の人生を切り開いたんだなぁ~ って、思います・・・

    性格的に穏やかではない人にとっても【穏やかな波動】を維持することは、試練に等しいことだと思いますが、【穏やかな波動】でいるよう 心がけたいとしみじみ思います。

  2. コメント、ありがとうございます。「穏やかな波動」は僕なら「平和の波動」といいます。っそいて、【思いやりの愛の波動】は、Compassionの波動で、愛の大切な要素です。僕たちが人生をかけて成し遂げようとしているのは、こういった波動になることなんです。そして、試練から逃れず、向き合うときにいらないものが手放され、信念が変わり、波動が変わります。試練が来たら「ああ、来たな」と思ってちゃんと取り組むことが大事なんです。逃げないで。

  3. Tomoko 2016年4月23日 at 10:50 pm  返答する

    はじめまして、にしきさん。
    ライフトラベラー関係の記事を辿って、こちらにやって来ました。
    とても共感するところが多く、嬉しかったので、コメントをお送りします。
    記事にも取り上げてくださって、どうもありがとうございます。
    これからも、どうぞよろしくお願いします。

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年4月25日 at 6:17 pm  返答する

      Tomokoさん  ご本人のピアニストさまからコメントがくるとは思いませんでした。失礼しました。僕もミヒロさんとは仲良くさせていただいていて、勝手に取り上げさせていただきました。それにしても、質問へのステキな回答に、ほれぼれしました! 感謝!

      • T 2016年4月26日 at 4:40 am  返答する

        失礼だなんて、とんでもないです 笑 ミヒロさん、本当に地球のあちこちに仲間がいらっしゃいますね。
        引き寄せの法則、耳にした事はありましたが、自分の発言がその法則に則っていたとはつゆしらず。
        音楽、音を通して、実践できたら良いなと思っています。聴いている方が無意識のうちに、心に働きかけて。
        形は違えど、同じ波動で生きている方をみつけると、宇宙からプレゼントをもらったような気がします。感謝です!

        • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年4月28日 at 6:22 pm  返答する

          Tさん そうですね、にしきの見方からすると、とっても引き寄せ的な発想に思えました。そして、音楽とスピリチュアルってとっても関係があるんです。どちらも、波とか音(つまり波動です)を相手にしているので、似たところがあるのです。音には人を癒したり成長を促したりする効果も高いです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

  4. roykun 2016年4月24日 at 1:48 pm  返答する

    「試練から逃れず、向き合うときにいらないものが手放され、信念が変わり、波動が変わります。試練が来たら「ああ、来たな」と思ってちゃんと取り組むことが大事なんです。逃げないで。」

    今まさに、にしきさんのこの言葉が私に必要なことです。
    何回も何回も読み返しています。

    私にとっての試練がきて、大きな気づきがありましたが、まだ解決には至っていません
    「解決」とは私解釈の「解決」です。
    その証拠に私の中にまだ不安や恐怖があります
    意味のない昔にまでさかのぼり後悔や懺悔の気持ちまで出てきてしまい、ただ涙が出てきます。
    自分=宇宙を信頼して、自分の中の要らないものを捨てなければ物の解釈の仕方、即ち解決にはならない
    にしきさんの言われる
    恐怖を見返りのない愛に、本当の愛の波動に変える、ということを心に落とし成長する為の試練だと思います。
    まだ、その途上であり心も揺れ動いている状態です。

    でも、こうやってにしきさんの言葉や色々なところからちゃんとインスピレーションが届いているので宇宙はちゃんと応援してくれているんですね。

    熊本も小学校の頃に2年間ほど生活していました。
    素晴らしい自然と本当に熊本の方々は温かくて優しくて幸せな時間でした。
    ので、自分のことと合わせて熊本九州に感謝と愛の波動を送っています。
    こうやって聞いて頂けただけで感謝です。

    ありがとうございましたm(__)m

    • 「宇宙の法則」エバンジェリスト にしき 2016年4月25日 at 6:30 pm  返答する

      roykunさん 試練なのですね。うん、それは、ご自分で解決するしかなさそうですね。こんなときは、「恐れ」をしっかり見るのがいいですよ。「自分は何を一番恐れているんだろう」と自分に問い掛けてください。その「恐れ」がroykunさんの限界です。それがあるから、解決しないのです。恐れをよく見てください。よく見ると、それは存在しなかったりします。山のように立ちふさがったりしても、脇道があったりします。そしていよいよ、恐れと取り組むなら、恐れをなくそうとしないでください。恐れはroykunさんの小さな子どもなので、子どもに聞くように優しく対話してあげてください。「恐れさん、いていいよ」「何が怖いの?」などと対話すると、氷のような恐れが溶けて、なくなるかもしれません。そしたら、前に進めますよね。いずれにせよ、恐れを否定せず、よく見ることです。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください