11598427_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

人は、死ぬ間際に人生を振り返ります。
「あんなことがあった、こんなことがあった・・・」
そして、

「ああすればよかったな」と後悔の言葉を残す人もいるそうです。

人が死に臨んで何を後悔するかをオーストラリアの末期患者の介護士さんが
まとめたの本があります。(ブロニー・ウェア『死ぬ瞬間の5つの後悔』)

それによると、人生の最後に後悔するものは5つあるそうです。

それは・・・

1.あんなに一生懸命働かなくてもよかった
2.自分自身に忠実に生きればよかった
3.もっと素直に気持ちを表す勇気を持てば良かった
4.友人といい関係を続けていられればよかった
5.自分をもっと幸せにしてあげればよかった

という5つのことです

これはオーストラリアの方のケースなので、日本人だと少し違うのかもしれません。
それでも普遍性のある話だと思います。

これを見ると、「仕事に忙しすぎて、いろんな意味で正直でなかったし、
幸せでもなかった」・・・そんな人生が見えてきます。

人生で本当に大切なもの・・・友達だとか、家族だとか、自分自身だとか・・・を
ないがしろにして、幸せな人生にとって大事でないものを優先しすぎたのです。

死の床で、自分の人生を回顧するとき、人はこんなことを思うのですね。
皆さんはどう思いますか?

2番目の「自分自身に忠実に生きればよかった」というのは、もう少し正確に言うと

「他人の期待ではなく、自分に忠実に生きる勇気を持てればよかった」

と原文ではなっています。

「忠実に」というのは、「true to myself」なので、直訳すれば
「自分に対して真実に」ということです。

そんな「勇気」を持てればよかった。

逆に言うと、

自分に忠実に生きる勇気がなかったので、
他人に期待されることばかりやっていて、自分の心の深いところが求めている
生き方とは違った生き方をしてしまった・・・。

そんな後悔なのでしょう。

あなたはいかがですか?

他人から期待されることばかりをやっていませんか?

「これはやらなくてちゃいけないこと」「我慢しなくちゃいけないこと」と、
自分に制限をつけて、
それで自分を縛ってしまっていませんか?

あなたは、心のの深いところ・・・つまり魂ですね・・・が求めていることに
従っていますか?

「自分はたいしたことない」「人生はつらい」と決めつけて、つらい人生を
小さく生きていませんか?

自分のなかにある、優劣や比較を超えた【本当に素晴らしいもの】に
気づいているでしょうか?

「自分には取り柄がない」と決めつけていないでしょうか?

家族を守り、家族と幸せを味わうために、仕事を頑張っているのに、
いつのまにか家族と疎遠になり、お金を運ぶだけの存在になっていませんか?

「何かが違う、おかしい」と思いながらも、日々の業務の忙しさに流され、
考えたり、感じたりしないで、時間たけがたっていませんか?

上司や会社が自分をどう評価するかばかりに心をくだいていませんか?

会社から左のほほをビンタされ、右のほおをビンタされても、
「しょうがない・・・自分の居場所はここしかないから」と諦めていませんか?

「そんなに人生甘くないんだよ」とうそぶいて、社内の生き残り競争に
一生懸命になっても、自分よりも優秀だと思っていた人が突如コースから外れたりしたら
「明日は我が身」と思えてくるかもしれません。

それでもまだ頑張りますか?

それもいいでしょう。あなたのことですから。

でも、想像してみてください。

今も生き方を続けていたら、死の床で「自分自身に忠実に生きればよかった」
なんて、後悔しませんか?

後悔する人生は送りたくないですよね。

「でも・・・」が出てきたら、こう自分に質問してみてください。

「どうすれば、自分の思いに忠実に生きることができるだろうか? 
何を変えればいいだろうか? どんな思考を持てばいいだろうか?」

自分に忠実に生きるとは、これまでとはまったく逆の生き方をすることです。

世間の価値観や「常識」ではなく、自分のなかからわき出てくる、抗いがたい力に
従うことです。

とするなら、今のあなたの生き方は変わってくるはず。

生き方を変えないで、「簡単に自分に忠実になれました」というものではないはずです。

では、あなたは現状のどこを変えたら、自分に忠実な人生に近づくと思いますか?

週に一日は残業しないで定時に帰宅することかもしれません。
言われたことをそのままやるのではなくて、上司と相談し、さらなる改善を
提案してみることかもしれません。
もっと簡単になら、通勤経路を変えてみることかもしれません。

諦めなければ、やれることは山ほどあるはずです。

「なんでも引き寄せる強い磁石になるには?」に書いたのですが、
何かを引き寄せるには、「本当の自分」に戻るという深い変容が必要です。
イメージしたからどうなるってもんでもないんです。

自分の内側から響いてくるハートの声に従う生き方を始めるとき、
本当の意味でのシンクロや引き寄せ現象が起こってきます

あなたは後悔する人生を送り続けますか?
それとも、少しずつ、自分に忠実に生きるやり方を選びますか?

常識とか世間とか、誰かのせいにできるのは楽な生き方だし、
最後に文句のひとつもたれればいいですよね。

しかし、自分に従い、誰のせいにもできないのは怖いものです。
だって、自分の人生の責任を自分が完全に負うことですから。
もう誰のせいにもできません。
ですから、自分に忠実になろうとすると、恐れが出るのは当然です。

でもね・・・

恐れはエゴの策略です。
実際は、自分に従うとき、本当の人生がラクに開けてくるのです。

にしきもそうでした。

会社員としてのしていく道を選ばず、
宇宙の流れと魂が求めていることを選びました。
「もったいない」とか言われましたが、迷いはありませんでした。
そしたらどうでしょう。
「こんな人生があるんだ」と思うほどです。
誰に気を遣うでもなく、好きなことを好きなように自由にできる。
満員電車で通勤することもありません。
都心に住む必要さえなくて、どこでも仕事ができるので、海外にも行けるし、
海外に拠点を持ってもいい。
最近、海のそばで暮らしたいという欲求というかインスピレーションがやってきて
近いうちにそうなることでしょう。
そしてまた、まったく新しいライフスタイルを作るでしょう。
海と山を感じながら住み、ギターを弾いたり、料理を作ったり、
動物と交歓したり、そして気づきをシェアする・・・
こんなイメージが会社員時代からありましたが、それが現実化
に近づいているのを実感しています。

もちろん、あなたのなかにはいろいろな制限や思いがあるでしょう。
それを手放せば、新しい人生の扉が開きます。

この人生をフルに生きてみたいと思いませんか?

だったら、自分に忠実に、自分自身の真実を大事にすることです。
それが幸せを感じる理由だし、引き寄せが起こる理由です。

さあ、あなたはどうしますか?
ハートに尋ねてみてくださいね。

■30日で本当の自分と出会う方法
http://online.attraction-method.net/30days_bosyu/