無邪気

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

竹田和平さんってご存じですか。
お名前を知らない方でも、「たまごボーロ」を作っている会社の会長さん
といえばわかりますよね。

和平さんは「花咲か爺」と自ら言っていて、実際そんな福々しい方。
一方で上場企業100社の個人大株主として、投資の世界でも有名です。
そんな和平さんと500日寝食をともにしたのが本田晃一さん
その本田さん(こーちゃん)が、和平さんのの言葉をリアルに伝えてくれるのが、
『日本一の大投資家から教わった 人生でもっとも大切なこと』(フォレスト出版)
です。
本田さんも当初は投資ノウハウを学べるかも・・・という下ゴゴロもあったのですが、
和平さんが言うのは「幸せになる考え方」ばかり。
その本質は・・・「与える」ということ。
和平さんの生き方は一から十まで、「与える」ですが、
例えば、こんなことがあります。
和平さんの誕生日である2月4日生まれの赤ちゃんに、
もれなく「純金メダル」をプレゼントしてくれるのです。
本物の純金ですぜ。
ずっしり重いヤツです。
お子さんを産むなら2月4日です!(笑)
これが和平さんにとってはとてもおもしろい投資話に見えるのだそうです。
ほんとにまあ、こんな人がいるんですから、日本も捨てたもんじゃありません。

また見習いたいのは、和平さんが「豊かさを味わう達人」だということ。
多くの人は「純金メダル」をあげたら、自分が貧しくなると思ってしまう。
しかし、和平さんは純金メダルとあげると、自分が豊かになるのです。
これ、皆さんが「既にある」を感じられず、欠乏感に悩んでいるのとは対照的です。
そんな「自分のコップを満たす方法」のヒントが、本書には満載されています。

「引き寄せの法則」についても和平さんは語ります。
こんな言葉です。

「最近、引き寄せの法則ってはやっとるよなぁ。
でもなぁ、あれ、自分のため自分のためって考えてると、我だらけの人が集まってきて、
よーけめんどくさいねぇ。
それよりも、世のため人のためと思っていると、気持ちのいい人が集まってきて
面白いねぇ。わははははー」(p.91)

皆さんには耳が痛い言葉かもしれませんね。

人生の達人、お金の達人のスケールの大きな知恵が詰まった素晴らしい本。
ぜひ読んでくださいね。

■■『日本一の大投資家から教わった 人生でもっとも大切なこと』はこちらからどうぞ ■■

和平さんも無邪気

この本を読んで感じるのは、和平さんには本当に「私心がない」ということです。
「花咲か爺」のようにいつもハッピーで、福々しく、子どものように
無邪気なところがあります。

にしきは、「引き寄せる」というようなレベルから、幸せに生きるというそれより
はるかに重要なレベルまで、子どものように「無邪気」であることが大事だと思います。
無邪気なとき、人に我(が)がないかんじです。
エゴがないかんじ。損得で動かないかんじです。
自分のやるべきことをやっているかんじです。
僕らが目指すのはここだと思います。
この意味で、「真実の引き寄せの法則」は無邪気な生き方へのお誘いでもあります。

思考をすると「本当の自分」から離れる

しかし、多くの人、特に最近このブログの読者になった方にとっては、
「引き寄せの法則」はどこかから何かを持ってきて、自分の我を満足させようとする
ノウハウだと感じていると思います。

本やブログで、「○○○○万円を引き寄せた」「○○な彼を引き寄せた」なんて
言葉を見たら、穏やかではなくなるのもムリはありませんよね。

「よし、自分もやってみよう」

ということでいろいろ本を読んだり、ブログを読んだり、DVDを見たりします。

しかし、この段階では、どんなにいい情報を見つけても、それは結局
知識や思考にすぎません。

知識や思考の正しさを求めると、思考で議論したくなります。
頭のなかは思考で一杯になります。
こうなると、困ったことが起こります。

思考をしているときは、あなたは「本当の自分」から離れているのです。
ですから、正しさを求めて本をたくさん読んだり、議論をしたり、質問をしたりすると、
すればするほど、あなたは「本当の自分」から遠ざかります。

「思考の世界」「本の世界」というまったく違う場所に行ってしまい、
そこから帰ってこないのです。

ホントの変化が起こるのは、「本当の自分」という世界です。
しかしそこにいないのですから、何も変化が起こらないか、むしろ困ったことが
起こってくる。

本の知識で「引き寄せの法則」を知ろうとすると、こういう問題に突き当たりがちです。

内側を見て、無邪気な自分へ

すると、

「やはり、我欲はダメなのか。お金やパートナーを引き寄せようとするのは
いけないことなのか」

「人様のために尽くさないといけないのか」

といった疑問がまた生まれるでしょう。

それは和平さんという達人のステージと、僕らがいるステージをごっちゃにして
しまうから起こることです。

にしきだったら、こういう疑問にはこう答えます。

「いいんですよ。まず最初は、あなたが幸せになることですよ。
あなたがちゃんと『幸せだな~』と感じられるようになってから、
家族の幸せ、世の中の幸せを考えればいいんです。そして、
あなたを幸せにできるのは、あなたしかいないのですから、
まずは自分が幸せになるようにしっかりやることですよ」

「お金が欲しい」
「パートナーが欲しい」

でも、最初はそれでいいんですよ。

でも、しばらくすると「欲しい!」ばかりやっていては、
結局それは実現しないことがわかるはずです。

「欲しい!」を超えて、お客さまのためになる。
周りの人に愛を与える。

つまり我欲を超える

このことにあなたが気づいたとき、あなたの人生は180度変わり、
ハッピーな出来事が起こるし、素敵な人に恵まれるし、
仕事でもおもしろいように結果が出るでしょう。

こうして自分を満たしていく。

ただし、外側に何かが起こるから満たされるのではなく、内側で気づきがあったから
自分が満たされることをお間違えなく。

ですから、見るべきは周りの出来事ではなく、自分の内側です。

あなたの内側はどうなっていますか?

何かが欲しくてしょうがない? (なぜそれは欲しいんでしょうね)
気分が滅入っている? (なぜなんでしょうね)
不安、心配? (それはなぜ)
行き詰まりを感じている? (何を制限しているのでしょうね)
焦っている?
イライラしている?
それとも、満足で、平穏な気持ち? (いいですね)

こういう「感じる訓練」が、成長するためにも必要です。
「感じる訓練」は人それぞれの段階と課題があります。
「感じる訓練」をうまく実行して、自分の感情をどんなことが起こっても
平常に保つことができたら、あなたは幸せをいつも感じるようになるでしょう。

コントロールするのは、他人や外界ではなく、自分の心です。

ここらへんまでくると、「最初は、我欲を実現したいと思っていたけれど、
なんだか違ったな」ということに気づくはずです。

「○○○○万円を引き寄せた」「○○な彼を引き寄せた」という言葉を
どこかで見ても、もう心が揺れることはありません。

なぜなら、それは幸せとはまったく関係ないからです。
幸せであるためには、何かを引っ張るのではなく、
幸せを感じる訓練と叡智が必要なのです。

今募集している「リプログラム・ユア・デスティニー」
そのための大きな機会となるでしょう。

今回は男性の方の参加が増えています
自分の人生をデザインしなおしたい方、本当の自分をみつけたい方、幸せの技術を
体験したい方はぜひいらしてください。
あなたには無限の可能性が待っているんですよ。
あなたこそがシークレット
それを忘れないでください。

↓ 「リプログラム・ユア・デスティニー」はこちらから ↓
http://online.attraction-method.net/reprogram_your_destiny/