ベストタイミング

 

「タイミングじゃない」・・・スピリチュアルをちょっとかじった人が
よく使う言葉です。

何かしようとしたとき、何かが不足している。
お金、時間、資源・・・
そんなとき、「今、タイミングじゃないから・・・」なんて
言ったりします。

スピリチュアル関連の人は優しいので受け入れてくれます。
「そうだよね~。今はタイミングじゃないみたいだよね」

「タイミング」という言葉の裏には、「物事には始めていいときと、悪いときがある」
という考え方があります。

なんだか、占いの世界、吉凶の世界みたいですね。

僕が「今、タイミングじゃないから・・・」という言葉を聞いたら、
「あ、この方、勘違いしているな。言い訳ばかりしているな」と感じます。

なぜなら、すべての出来事は必然的に起こっているため、
「いつでもベストタイミング」だからです。
「タイミングじゃない」ことがあり得ないからです。

「え? でも○○が揃っていないから・・・」

と、足りないものをその人は挙げるでしょう。

そうじゃないんです!
何かを始めるとき、必要な条件がすべて揃うことはあり得ないのです!

だから、、「人生はいつも見切り発車」で、足りないなと思っても前に進んでいく
のが賢いのです。

そして、「タイミングは自分で創造する」「自分で決める」。
そういう人に幸運がやってくるのであり、引き寄せが起こります。

「思い立ったが吉日」とはよく言ったもので、
毎日が何かを始めるベストの日です。

願いを叶えるには満月じゃないとダメだと思いますか?
まさか!
いつだって、願いを叶えるためにはベストの日です。
きっかけとして満月を利用するのはいいですが、
「満月じゃないとタイミングじゃない」
と思うのなら、それはまったくの誤りです。

何かに出会ったなら、それはベストタイミング

「タイミングじゃない」とよく言う人は、「待ち」の人生観を持っています
そして悪い意味での完璧主義者です。
「タイミングやお金や時間ができたら、やってみよう」と思っていますが、
すべてが完璧に整うことはありません。

いつも「できない理由」を探していて、「できない理由」にフォカースしたら
「引き寄せの法則」によって、「できない理由」が集まってきます。
ですから、「いつもタイミングじゃない」という、間が悪い人になってしまいます

いわゆる「引き寄せている人」はこれとが真逆で、「できる理由」をいつも探しています
ですから、必要な情報や人を引き寄せて、「あ、これならいけるな」という
結果を受け取ります。宇宙と本当の自分につながっているからでもありますね。
そして、引き寄せている人は、いつでもタイミングがいい。
間違っても、「タイミングじゃない」なんて言葉は使いません。
「いつでもベストタイミング」だと知っているし、もし何かが欠けていたら、
自分で作り出そうとします。

自分で能動的に宇宙に働きかけて、創造のダンスを踊ろうとする人に、宇宙は
ほほ笑みます。

「棚ぼた」や待ちの人生観を持つ人は、創造のダンスは二人で踊るものであることが
わかっていません。

まずは僕らの側が第一歩を踏み出す
創造のダンスは僕らから始まると決まっています。
するとそれに応えて、宇宙が第二歩のステップを繰り出す。
そしてまた、僕らの側が応える。
いわゆる「引き寄せ」も、こういう仕組みになっています。
決して待っていればやってくるのではありません。

「いつでもベストタイミング」。
これが真実です。

「タイミングじゃない」という言葉を使いたくなったら、
「できない理由を探しているな」
「宇宙や本当の自分とつながっていないな」
と思ってください。

そして、ジャッジをやめて、受け入れてください
いいとか悪いとか、ジャッジしずぎです。
悪いことを避けようとしていたら、「引き寄せの法則」で悪いことがやってくるのは
明白です。
ジャッジをやめて出来事を受け入れていったら、人生がどんなに楽に動き出すか!

何かがやってくるには、それ相応の理由があります
もちろん人間の頭ではその理由はわかりません。
そういうときは、宇宙を信頼して、やってみる。
それが大きな展開につながります。

「タイミングじゃない」は全然スピリチュアルな言葉ではありません。
「いつでもベストタイミング」のほうがはるかにスピリチュアル。

賢明に生きるなら、「いつでもベストタイミング」と思っていきましょう。
そんな素敵なサインに、世界は満ちていますよ。

■オンラインコース「現実創造の法則」
http://online.attraction-method.net/creation_bosyu/