Monthly Archives: 6月 2014

//6月

行動は最速の引き寄せ術

By |2014年6月25日|引き寄せの法則|

「引き寄せの法則」最大の誤解 行動。 「引き寄せの法則」最大の誤解がこれです。 多くの人は、「ザ・シークレット」のDVDをどこかで見て、「引き寄せの法則」を 知りました。 よくも悪くも、「ザ・シークレット」が「引き寄せの法則」のイメージを作って しまいました。 残念ながら、「ザ・シークレット」から多くの誤解が生まれたのも事実です。 その最大の誤解が、「行動」。 「ザ・シークレット」を見た人が映像から受け取ったメッセージは、 「そうか、望むモノをずっとイメージしていれば、それは目の前にやってくるんだ」 ということ。と、同時に、 「行動はいらなくて、ただ念じていればいいんだ」 というメッセージも受け取りました。 そこで、「行動しなくていいんだ」と多くの人が決めつけてしまったのです。 そこから、「寝ながらお金を引き寄せる」とか「働かないでお金持ちになる」 などの言葉や願望が多くの人に生まれました。 このブログを読んでいるあなたは、もうそんなこと思っていないと思いますが、 過去にはそういう傾向があったかもしれません。 いったい誰が「行動はいらない」と「ザ・シークレット」のなかで言ったんでしょう? 誰も言っていないはずです。 むしろ、「ザ・シークレット」に登場する人たちは、言葉よりも先に実地で 「引き寄せの法則」(あるいは思考の力)という宇宙の構成原則を理解した 人たちで、それぞれの人たちは「行動」「スピード」を重視しています。 それは正解で、 [...]

「内なる炎」の燃やし方

By |2014年6月23日|願望|

「内なる炎」が、あなたのなかに燃えていますか? 自分のハートのなかに「内なる炎」が燃えているとき、人は行動的になります。 自分が「やりたい!」と思ったことに、一直線で進んでいきます。 やりたくてやりたくて、周りの意見が聞こえなくなるぐらい。 自分でもびっくりするぐらい、エネルギーが出ます。 いろんなことを調べたり、学んだり、人と話したり、商品を考えたり・・・ 何をやっても疲れないし、逆に元気になるほどです。 自分のなかには、やるべきことの見取り図があるから、ただそれを形にしていけばいい。 だから悩まない。 アイデアがどんどん出てくる。 周りから見ると、「どうしたの?」ってぐらいのエネルギーだから、人の視線を 引き付けるし、気になる。 こういうエネルギーが強い状態は、自分が「磁石」になって、アイデア、人、 モノ・・・を引き寄せています。 「内なる炎」が燃えていれば、その炎が光を発して、周りを照らします。 だから、本人も行くべき場所がよく見えるので迷わない。確信を持てる。 「内なる炎」が燃えると、エネルギーが強く放出される。 そうなると、周りの人もその人の光に引き寄せられるのです。 いわゆる「引き寄せ」が起こるのは、「内なる炎」が燃えて、 エネルギーが高まっているときです。 僕たちが地球にやってくるのは、こうした「内なる炎」を燃やすためでもあるんです。 「内なる炎」の実例1 横浜「ヒプノ・スマイル」 こんな「内なる炎」が燃えているな、と思える人を二人ご紹介しましょう。 二人とも「宇宙の法則」エバンジェリスト にしきが行う「繁栄塾」の卒業生です。 最初は、スマイルセラピストEmiさん。Emiさんは昨年12月の1Dayワークショップ [...]

自分を信じるとうまくいく

By |2014年6月19日|引き寄せの法則|

【自分を信じること】。 何かを引き寄せるためにも「本当の自分」に戻る必要があるわけですが、 そのポイントをひと言で言うなら、こうなります。 自分を信じることができたら、問題はすべて解決するはずです。 「何かを引き寄せられない」と思っているのも、 「引き寄せなくては」と焦っているのも、 お仕事で「次の一手がわからない」と思うのも、 「幸せを感じられない」のも、 「愛されていない」と思ってしまうのも、すべて解決。 僕たちが「うまくいかない・・・」と思ってしまうのは、自分を信じることが できないからであり、自分の感覚を疑っているからです。 確かに、僕たちは子どものころから自分を信じることができないように 教育されてきます。 学校教育では、「正しいものは、自分の外にある」と徹底的に学ばされます。 自分の感覚を積み上げて自分で考えるのを援助するのではなく、外側にある 「正解」を鵜呑みにするよう強制されます。 家庭でも、ルールを学ばされます。 「ああしちゃいけない、こうしちゃいけない」と、口やかましく育てられます。 こういう教育のなかで、いろいろな信念を植え付けられてしまいますが、 それもあなたの人生を豊かにするものではないことがほとんどです。 ですから、まじめなご両親に育てられ、親の言うとおり育って生きてきた方は、 自分を信じるための素地がないといっていいでしょう。 これって本当にたいへんなことだと思います。 自分を信じることができなければ、そもそも自発的に何かを行うことができません。 自分を信じることができなければ、おいしいものを食べてもその本当の味は [...]

決定版!「真実の引き寄せの法則」実践方法6つのステップ

By |2014年6月11日|引き寄せの法則|

「引き寄せの法則」で結果を出しにくい原因の一つに、「これ」といった定番の 実践方法がないことが挙げられます。むしろ、さまざまな実践方法があり、どれを 行うべきかわからないというのが本当のところです。そこで、本記事では、「引き 寄せの法則」で踏むべき実践ステップを6つ紹介してみました。本記事で、願いが 叶わない理由も、さらに明らかになってきて、どうすればいいかもはっきり することを願っています。 にしきは「引き寄せの法則」とどうつきあっている? まず最初に、僕自身の話をしましょう。 2007年に「引き寄せの法則」が日本に伝わってきたとき、 その当時の売り文句は、「なんにでもなれる、なんでも実現できる」 というものでした。 本の読者や実践者の趨勢は明らかに「モノをどこかから持ってきたい」というもので、 にしきが書いていた「引き寄せの法則公式ブログ」もそういう視点から書かれています。 願望実現の視点です。 じゃあ今のにしきはどうかというと、願望に焦点を集中して、イメージして、 感情を感じて・・・というような「引き寄せの法則」らしい実践に時間をかける ことはありません。 「自分の望んだものを実現するぞ」という意識はまったくないからです。 僕の望みは、「ソース(後述)と完全に同調(align)すること」であり、「自分のミッ ションを確実に遂行すること」です。そして、人々に「貢献すること」です。 そこには、「お金をもっと持ちたい」とか、「もっといい家に住みたい」とか、 「素敵なパートナーと出会いたい」とか、「健康になりたい」などの個人的・ 物質的な願望はないのです。 なぜなら、ソースと完全に同調し、自分が生まれた意味であるミッションに 楽しく生きたら、そういった物質的なことは結果として引き寄せられるのを知って [...]

ほかの記事