皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

いよいよ完成しました!

よしこさんの新しいオンラインショッピングサイト

「パワーストーンのフェアリー・マジック」
http://powerstone-fairy.com/

です。

パワーストーンのフェアリー・マジック

 

 

 

 

 

 

お約束を大幅に超過しましたが、5/2にようやくオープンにこぎつけました。

「パワーストーンのフェアリー・マジック」は、よしこさんがピックアップした
石たち、そしてそのパワーストーンをあしらったジュエリーを皆さんにご提案する
サイトです。

ちなみによしこさんは石とは呼ばす、「クリスタル」といっています。
日本語で「クリスタル」というと、「クリスタルガラス」(カットされた高級系
コップなど)や透明な水晶が思い起こされます。
しかし、よしこさんはクリスタルのことを石や鉱物全般(ミネラル)をさして
使っています(英語ではこういう使い方がよくあります)。

現状では、掲載アイテムのほとんどがクリスタルの原石や加工品(タンブルなど)
そのものです。

ほとんど全部が、今年の2月に米国アリゾナ州ツーソンで仕入れた高品質なクリスタルたち。

しかし、今後はこうしたクリスタルを使ったブレスレットを含めたジュエリー
増えてくるはずです。

ほんとは「パワーストーン」という言い方は、あまり好きではありません。
パワーがある石とそうでない石があるように誤解してしまうからです。
そして、その石から何かいいものをもらったり、ゴリヤクを期待したりしてしまいます。

「パワースポット」という言葉も同じ発想ですよね。
しいて言うなら、あなたが今いるところが、最高のパワースポット
一番力をくれるのは、そこです。

これはにしきの考え方ですが。

もちろん一般的な考え方も否定しませんが、クリスタルの真実を
お伝えしたい

そして、他力本願でゴリヤクを期待するのではなく、
魂を成長させるためのティーチャー、パートナー、よき相棒として
のクリスタルを紹介したい

そういう思いで、よしこさんはこのサイトを始めました。

クリスタルたちの紹介文を読んでみてください。
クリスタルの特徴をはじめエネルギーや、その石とのワークについても
触れているはずです。

そこが現役ヒーラーならではの見方だと思います。

それを飾る写真も圧倒的にいいです。
これ、雑誌の撮影の仕方なのです。
「昔とった杵柄(きねづか)」ってヤツです。

よしこさん本人も、「思った以上にいいサイトになっちゃった」と言っていました。

あ、そうそう。忘れていました。
「パワーストーンのフェアリー・マジック」にはポイントサービスもあるんです。
お買い上げ100円につき1ポイント差し上げます。
ただし、会員登録しないともらえませんので、
お買いもののさいには、ぜひ会員登録をなさってくださいね。
事前に登録してからそのIDとパスワードでログインしてお買いものをされてもいいですし、
お買いものの途中で会員登録してもいいですよ。

これ、忘れないでくださいね~

ただ読んでいるだけ、見ているだけでも癒されます。
ぜひいらしてくださいね。

「パワーストーンのフェアリー・マジック」
http://powerstone-fairy.com/

バシャール流の地球意識、惑星意識とのつながり方

おもしろいことに、このタイミングで、バシャールの「Stone Speakers」という
セッションがサンフランシスコで行われました。バシャールがクリスタルや石に
ついて語るなんて珍しいですよね。にしきはこの動画をいち早く入手
したので、これはきっと内容をシェアせよ、ということだと思います。
なので、ここでお伝えしましょう

話はエササニ星(現在では別次元にシフトして「シャカーニ」(?)とかいう
名前になったようですが)でのことです。

エササニ星は地球とよく似た緑豊かな星です。
バシャールたちは空中に都市を造っているため、地上に建築物はあまりないそうですが、
そんなかに石造りの古代の遺跡があるといいます。
「ストーンヘンジ」とちょうどよく似ている遺跡で、名前は「シャドック」といい
ます。ストーンヘンジは円形に石が積まれていますが、「シャドック」はらせん状に石が
配置されています。

ストーンヘンジの写真は見たことありますか?
これです。

640px-Stonehenge2007_07_30

 

シャドックもこれと同じように、石が間隔を置いて置かれています。
かなり大きい石だと思います。

そして石と石の間はほとんどがただの空間のままですが(実はこれが別次元への
ゲートウェイなのですが)、いくつかは上から薄い石板(実際はいろいろなクリスタル)
がつるしてあるそうです。

そしてこの石板をゴーン、カーンとチャイムのように叩くと特定の音が出ます。
こんなかんじですか。

シャドック

 
この特定の音、波動が、「石の意識」につながっていて、それぞれの文明に特定の
石の意識と石の波動があるというのです。

石に意識があるなんて思えない?
ガイア、地球意識っていう考え方があるじゃないですか。
地球意識があるなら、「石に意志」があってもおかしくない、いや当然あります
よね(笑)。

ストーンヘンジも、実はこうやって石を叩いて、その波動を使って別次元にアクセスして
情報をダウンロードするための場所だったと、バシャールは言います。

地球ではレムリアやアトランティスのテクノロジーだったのですが、
もうそれは忘れられてしまいました。

でもバシャールはまたこうしてその話を伝えてくれています。

で、おもしろいのは、クリスタルを叩いて石の意識につながると、「自然」にも
つながると、バシャールは言います。

海や山、動物、川、空、空気・・・そんな意味での自然です。

なぜなら、海も川も動物も、よくよく考えると地球のミネラルでできていて、
石の意識、ミネラルの意識につながると、海や川、動物の意識につながるのは
簡単だと言うのです。

クリスタルを叩いてその振動、波動のなかにいると、「森の言葉」や「動物の言葉」、
「空気の言葉」が聞こえてくるそうです。

そんなに驚く必要はないですよね。
もともと僕らは同じ存在ですから。
僕らのなかにはミネラル、クリスタルがあるのですから。

クリスタルは石のなかでもとってもピュアな構造をしていて、
いわば石の代表、「親善大使」みたいな存在です。

こういうクリスタルに親しみ、その波動のなかにいることで、
地球という自然と仲良くなれます。

そしてそれと同時に、別次元の世界、別次元の文明とも波動を共鳴させることが
できるようになり、テレパシーで交信できるようになります。

森を散策すると、誰かに話しかけられた気がすることってありますか。
それは勘違いではなく、自然の言葉をあなたが聞けるようになったからです。

薄いクリスタルをつるして叩くのもいいのですが、別の方法もあって、
薄いクリスタルをコーンと叩いてから、水のなかにクリスタルごと
つかってしまうのもいいとバシャールは言います。

なぜなら、僕らはほとんどが水なので、水を利用するほうが石の波動が
入ってきやすいからだそうです。

・・・ざっと紹介すると、バシャールのメッセージはこんなところです。

ストーンヘンジでクリスタルを叩くというのはおもしろなと、にしきは感じましたが、
古今東西の文化で大切にされるのは音楽であり、音です。

それは「つながるため」「パラレルリアリティを経験するため」、という意味です。

実際、インカの遺跡には必ず音に関する仕組みがありました。
石の部屋のなかに50×30cmぐらいのくぼみがいくつかあって、その近くで音を出すと
響き渡るようになっていたり、100mぐらい離れた遺跡どうしが、音の反響で結び付
くような演出がされていることがありました。

マヤでも、ピラミッドの前でぱんぱんと拍手をすると、ピラミッドに反響して、
音が変わって聞こえたりしました。

クリスタル・シンギング・ボール(クリスタル・ボール)はピュアなクリスタルを
使っているので、その音を身体に響かせると癒しが起こったり、つながったりするのも
うなずけます。

楽器を演奏したり、歌を歌う方が最近周りに増えていますが、
音によって周りを楽しませることもありますが、自分が引き寄せられる音を
自分の身体に響かせることで、目覚めを促進することもあると思います。

音はほんとに大事にしたいです。
あなたが出している音、波動を、大事にしてくださいね

こんなバシャールの話からも、ピュアな石の代表選手であるクリスタルに
触れ、その波動を楽しむのはとっても意味あること。

「どうせなら信頼できるところで・・・」というのであれば、
手前味噌ですが、「パワーストーンのフェアリー・マジック」
はいいと思います。

ご興味あれば、あなたが引き寄せられる特別なクリスタルを探してみませんか。
こちらからどうぞ。

「パワーストーンのフェアリー・マジック」
http://powerstone-fairy.com/